RECOMMEND おすすめプロジェクト

ぼくは「ゆっくりと死んでいく」ように生きていた。月曜の朝。学校に着く前から、オスカルの地獄は始まっている。後ろから叩かれ、「おかま」とののしられる。教室に入っても、椅子にガムがはりついていないことを確かめてからでなければ座れない。オスカルに面と向かって話しかけてくるクラスメイトはだれもいない。今やたったひとりの親友となったフェルを除いては。 ことの始まりは、もうひとりの親友だったダリオに「好きだ」と告白したことだ。彼の「気持ち悪い」という言葉、そのときの目つきに、オスカルは傷ついた。おまけにダリオは、告白されたと他人に言いふらした。ゲイだという噂が広まるとすぐ、みんなのいやがらせが始まった。(本文より)
2,640,784
97%
330人が支援 あと5日

SUCCEED 達成したプロジェクト

スキー・スノーボード、自転車、ランニング、クライミング、釣り、カヤック、サバイバルゲームなど、様々なシーンでつながることのできるウェアラブルトランシーバー「BONX」の開発プロジェクトです
25,512,130
2551%
1344人が支援 終了
prev next