川栄李奈・小野塚勇人 出演
映画「恋のしずく」応援プロジェクト

F9d8ded00a49aed87d8df8fe6ea3e0de82c497020a74d76eca721f3d1589?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180717%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180717t131124z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=20486ecdbab680862a8cac03a4159108657c1f88f5e4dddeed291aa495a9cc6f

はじめまして、映画「恋のしずく」で監督を務めました瀬木直貴です。
監督作品としては本作が16本目となります。

今回の作品は、三大銘醸地のひとつ、東広島市西条を主な舞台としています。
地域の皆様と映画や芸術について語り合い、共に汗をかき、知恵を絞ってひとつの作品を作り上げていく経験は何ものにも代えられません。
作品にリアリティを持たせるよう『地域のお住まいの皆様のメンタリティや文化を色濃く反映させよう』と意識して作り上げています。
今回も、地域のみなさんと交流を重ねるうちに、この方々とならどんな苦労があっても大きな山を登ることが出来ると思うに至りました。
本作を全国に届け、多くの人に映画を身近に感じていただきたいと思っています。
応援宜しくお願い致します。


 


自分は本当に映画が好きなのか、向いているのか、
自問自答し2年で映画会社を辞め、世界放浪の旅に出たこともありました。

学生時代、私は新聞記者になりたいという希望を持っていました。
それはかつて公害で汚名を馳せた三重県四日市出身ということと無関係ではありません。

子供の頃から自然への憧れが強く、公害をはじめとする社会の問題を広く人々に伝える仕事に就きたいと思っていました。しかし、勉強嫌いが災いして受験した新聞社は全て落ち、小さな映画会社に就職しました。

自分は本当に映画が好きなのか、向いているのか、自問自答し2年で辞め世界放浪の旅に出ました。7か月の旅の中で、次第に映画を欲している自分に気づき、映画の可能性を信じるようになって行きました。

映画は夢です。現実に有り得ない世界を夢想したり、辛い現実を一瞬でも忘れさせてくれたり、
夢に向かって進む勇気を与えてくれるものでもあります。

映画は夢です。現実に有り得ない世界を夢想したり、辛い現実を一瞬でも忘れさせてくれたり、夢に向かって進む勇気を与えてくれるものでもあります。
映画は人の心を活性化させる素晴らしい芸術でありツールです。しかし、映画は人々の暮らしからずっと遠くに行ってしまった気がしています。

本作を全国、世界に届け、
郷土愛を胸に活動する地域の皆さんの最高の笑顔を見たいと切に願っています。

初めて東広島市を訪れた時、駅前に大きな酒蔵がいくつもあり、白壁の路地を入るとその向こうにレンガ造りの煙突が見えるその旅情は、ここにしかない特別なものに思えました。

また、そこで造られるお酒の品質が高く、同じ地下水を使っていると思われるのに、各蔵のお酒の個性が際立っていることが、更にこのまちの魅力を増幅しています。

いずれの蔵も、酒造の近代化を図りながらも、伝統の技術と自然の摂理に則った酒造を大切にしています。
私は地域の魅力は人が作るものであり、人に魅力がないといけないと思います。

このまちで出会った若い経営者の皆様は、大きな郷土愛を胸に、明るく、強く、活発に活動していました。彼らとの交流の輪が広がり、交流を重ねるうちに、この方々とならどんな苦労があっても大きな山を登ることが出来ると思うに至りました。本作を全国に届け、彼らの最高の笑顔を見たいと切に願っています。


△西条の酒蔵群

中でも特別このまちが燃えるのは、毎年10月にある「西条酒まつり」。二日間で25万人以上が集う、日本一の酒まつりです。
まだ30年余りの歴史しかありませんが、新しい伝統がこの現代に始まったのだと思います。市民の皆さんは自宅を開放して出店を開いたり、自分たちが楽しまなくては損とでも言うように盛り上がっています。
広島カープがかつて「樽募金」で市民に支えられたように、市民パワーを肌で感じる素晴らしい祭りです。


△地域キャストとのワークショップも行いました。


△撮影中の食事は地域のお母さんたちが担ってくれました。

酒と恋を二重写しにしながら編み上げた物語、それが「恋のしずく」です。

かつて、バクテリアの存在すら知られていなかった時代、お米と水が出会い、そこに神が降りてきて酒が生まれると考えられていました。人知を超えた不思議な世界。恋もまた同じ。男と女が出会い、何故そこに恋が生まれたり生まれなかったり、きっとそこには神様の力が作用しているに違いない…という妄想をもとに本作が生まれました。

酒と恋を二重写しにしながら編み上げた物語、それが「恋のしずく」です。日本の伝統文化を全国に、世界に発信して行こうという作品ですので、メインキャストの皆様も役作りに懸命でした。

蔵人さんたちのチームワークを学ぼうと毎晩のように酒を酌み交わし、
毎日が新しく輝いていた現場でした。

酒蔵での体験、杜氏の指導、半年もの間共同生活をする蔵人さんたちのチームワークを学ぼうと毎晩のように酒を酌み交わしたり(これを私は自主トレと呼んでいました)、毎日が新しく輝いていた現場でした。

中でも先日逝去された大杉漣さんは、待ち時間に散歩をすることが映画界では知られていましたが、その意味がよくわかりました。大杉さんが演じたのは生まれてからずっとその町で暮らしてきた蔵元役。蔵元を演じるに当たって、彼がどんな風景を見て、どんな匂いをかいで、どんな音を聞いて来たのか、それをご自分の中に取り込もうとされていたのです。


▲映画「恋のしずく」主演の川栄李奈さん(左)小野塚勇人さん(右)

散歩中、近所の老婦人が「あんた、大杉漣に似とるね」と話しかけたそうです。その際、大杉さんが返した言葉が「そうですか。いやぁ、嬉しいなぁ」でした。大杉さんのお人柄が偲ばれるひとコマでした。

川栄さんはいつも明るく、笑っているイメージが今も残っています。
笑いが止まらず、撮影を中断することも度々ありました。しかし、役に向かう集中力、爆発力は流石でした。現在、毎日どこかで川栄さんのお顔を見るほどの大活躍ですが、多くの監督やプロデューサーから請われる理由がわかります。

小野塚さんは初めて会ったのがクランクインの2か月前、ワークショップ会場にふらりと現れたその佇まいが、すでに役である「乃神莞爾」になっていました。役に対するアプローチはお二人異なりますが、素晴らしい役者であることを確信しました。
難しい役どころを悩みながら頑張った宮地真緒さん、この映画で唯一のヒール的存在を演じた蕨野友也さん、そして、ベテランの小市慢太郎さん、津田寛治さん、それぞれの役の方向性、個性が際立った作品になっていると自負しています。

さいごに

本作は「地方創生ムービープロジェクト」と位置づけられています。人口減少時代の地方創生には交流機会をできるだけ多くもつことが大切だと言われていますし、地域の皆様との交流が映画の可能性を最大限に引き出します。


△東広島で開催した公開オーディションの様子。1000人近くが全国から来場されました。

先に「映画は夢」と書きましたが、映画を身近に感じていただくことで「夢」に向かう皆様の心の活性化につながっていくことを願っています。
この度のクラウドファンディングは、映画を全国各地に広くお届けするための配給経費、通常の宣伝ではなかなか出来ない、各地でのトークショーや日本酒関連イベント出展など、映画を通した皆様との交流を中心に使わせていただきたいと思っています。
応援宜しくお願い致します。

リターンについて

*エンドロールは6/15で締め切りとなりますのでご注意下さい。

3000円 お礼のメールプラン
・瀬木監督からのお礼のメール

5000円  「恋のしずく」全国共通チケットプレゼントプラン
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 1枚
・チラシ5枚

7000円 日本酒プラン
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 1枚
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本

13000円  映画鑑賞プラン
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 2枚
・DVD 1枚 (発売開始後の郵送になります)
・チラシ 5枚
・ポスター1枚(四つ折りでの郵送となります)※劇場に貼られるB2版のもの
・プレスシート(報道関係者向けリーフレット・非売品) 1部

20000円 「恋のしずく」公開記念・トークショーご招待プラン 限定50名
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 1枚
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本
・「恋のしずく」公開記念・トークショーご招待
美酒鍋など東広島市の郷土料理を食べながら、日本酒のうんちくや撮影秘
話が聞ける席数限定のトークショー。監督と東広島の蔵元の登壇を予定。都内開催予定。

30000円 「恋のしずく」公開記念限定ボトルプレゼントプラン 

・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 2枚
・DVD 1枚 (発売開始後の郵送になります)
・チラシ 5枚
・ポスター1枚(四つ折りでの郵送となります)※劇場に貼られるB2版のもの
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本
(未成年の方は、東広島の酒蔵が作ったあま酒)
・プレスシート(報道関係者向けリーフレット・非売品) 1部
・エンドロールにお名前掲載

50000円 クラウドファンディング限定「恋のしずく」撮影日記プレゼントプラン 限定100名
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 2枚
・DVD 1枚  (発売開始後の郵送になります)
・チラシ5枚
・ポスター1枚(四つ折りでの郵送となります)※劇場に貼られるB2版のもの
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本
(未成年の方は、東広島の酒蔵が作ったあま酒)
・プレスシート(報道関係者向けリーフレット・非売品) 1部
・エンドロールにお名前掲載
・クラウドファンディング限定「恋のしずく」撮影日記(場面写真集)1冊
・「恋のしずく」公開記念・限定手ぬぐい 1枚

80000円 舞台あいさつ付き上映会ご招待プラン 限定30名
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 2枚
・DVD 1枚   (発売開始後の郵送になります)
・チラシ5枚
・ポスター1枚(四つ折りでの郵送となります)※劇場に貼られるB2版のもの
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本
(未成年の方は、東広島の酒蔵が作ったあま酒)
・プレスシート(報道関係者向けリーフレット・非売品) 1部
・エンドロールにお名前掲載
・クラウドファンディング限定「恋のしずく」撮影日記(場面写真集) 1冊
・「恋のしずく」公開記念・限定手ぬぐい 1枚
・舞台あいさつ付き上映会ご招待(登壇者は未定・場所は都内を予定)1名

100000円 「恋のしずく」スペシャルプラン 限定10名
・瀬木監督からのお礼のメール
・「恋のしずく」全国共通チケット 2枚
・DVD 1枚   (発売開始後の郵送になります)
・チラシ5枚
・ポスター1枚(四つ折りでの郵送となります)※劇場に貼られるB2版のもの
・東広島の酒蔵が造った日本酒
「恋のしずく」公開記念限定ボトル(4合ビン)1本
(未成年の方は、東広島の酒蔵が作ったあま酒)
・プレスシート(報道関係者向けリーフレット・非売品) 1部
・クラウドファンディング限定「恋のしずく」撮影日記(場面写真集) 1冊
・「恋のしずく」公開記念・限定手ぬぐい 1枚
・舞台あいさつ付き上映会ご招待(登壇者は未定・場所は都内を予定)1名
・エンドロール及び撮影日記で、「Special Thanks」など、特別な位置づけでお名前を掲載


△美酒鍋