image

歴史やオリンピックから気象学まで
スキーに関するすべてが一冊に
フランス発のスキーBOOK『100%Ski』を翻訳出版したい!

image

✴︎クラウドファンディング期間中は、お得で楽しい先行予約特典がございます。
✴︎目標金額に未達成の際はプロジェクトは非成立となり書籍は制作されません。
✴︎発行予定時期:2024年秋以降

※クラウドファンディングの参加方法について

※ヘルプ・よくあるご質問
 


スキーの世界がまるわかり
スキーがもっと好きになるストーリー

世界中で楽しまれているスキーやスノーボード、さらにはクロスカントリースキーも含めたスキーにまつわる内容がぎっしり詰まった一冊。
フランス本国では子ども用に出版されている本のため、かわいいイラストとわかりやすい文章でとても読みやすい。また技術書ではなく、第1章はスキーにまつわる物語から始まり、第2章からは見開き1ページごとに完結した内容で、例えば世界の山々とスキーリゾートの特徴、スキー発祥の歴史、スキー板の製造、雪崩やヘリでの救助など18のカテゴリーに分けて紹介されています。最後の第3章は特に大切な部分をクイズやクロスワードなどを解きながら楽しく学べる学習ページになっています。

雪があるところなら、世界中どこでもスキーをする!
大きなリゾートでも小さなリゾートでも、大自然の中でもスキー場でも、スキーにはさまざまな形がある。
そして、ご存じだろうか。
スキー人口が最も多い国はドイツ(1,460万人)、次いでフランス、アメリカ。
次いで日本、イギリス、ポーランド、イタリア、ロシア、オーストリア、スイスとなっている。 (本文[世界の山々]のページより)



3人の子どもたちが宝物を探して雪山を冒険するストーリーが描かれています。 氷河を滑る場面では雪崩のレベルを事前に確認することや、オフピステを滑る時にはビーコンとショベルとプローブが必要など【雪山に関する知識】が一緒に学べるように構成されています。


スキー発祥の起源から現代に至るまでの【スキーの歴史】がわかりやすいイラスト付きで説明されています。


児童書ではなかなかお目にかからない【スキーの構造】が子どもでもわかりやすい内容で説明されています。大人でも勉強になる内容です。



第3章は様々なクイズが用意されています。条件にあったファッションを探し出すクイズ、スキーレースを舞台にした簡単な計算クイズ、間違い探しなど。
 


書名:100% Ski
文:Guillaume Desmurs
絵:Laurent Audouin
発行国:フランス
発行年:2019年
ジャンル:実用/スポーツ
ISBN:‎ 978-2344036778

文:Guillaume Desmurs(ギョーム・デスムール)
アウトドア専門ジャーナリスト。アウトドアとフランス通信社でキャリアをスタートさせ、その後、フランスのスキー・山岳雑誌の編集長を務める。著書に『L'Épopée des stations de ski』『Une histoire du ski』『La Revanche des hauteurs』(Glénat社刊)などがある。また、ブランド映画の制作も行っており、Autrans Mountain Film Festivalで審査員賞を受賞したほか、文学に特化したブログ(motsacredit.com)を運営する。

絵:Laurent Audouin(ローラン・オードゥアン)
Arts appliqués卒業後、広告、プレス、出版に携わる。多作なイラストレーターであり、フィクション、ノンフィクションを問わず、多くの子ども向け出版社(Nathan、Hatier、Milan、Lito、Hachette、Flammarion)で常に新しいプロジェクトに取り組んでいる。現在、彼の作品は世界の子ども達にカラフルな世界を楽しんでもらいたいと中国、メキシコ、ギリシャなどでも翻訳されている。また、これまでの出版物でいくつかの賞を受賞している(Prix Chronos, Prix des Incorruptibles, Prix Molière, Prix Cordage)。
 


スキーの新しい魅力を再発見!!
スキーって広くてすごい世界だと改めて実感
(発起人・翻訳:清水幸子)

この本との出会いは、フランスのバルディゼールスキー場の書店で見つけた1冊の本を購入したことからスタートしました。帰国後、本を読み、子ども向けの本とは思えない内容で、世界中のスキーについて書かれていることに驚きました。もちろん日本のことも紹介されており、「こんな本は日本でみたことがない、スキーを何十年と滑ってきているのに知らないことがたくさん書かれている」と 読めば読むほど知識が膨らみ、これはぜひ日本の子どもたち、そしてスキー愛好家の方々にも伝えたい内容だと思い、フランスの出版社にレビュー投稿したところ、「日本で翻訳出版してみたら」と一通のメールが届き「ハッ」と思い立ちました。

日本にはスキーやスノーボードに関する技術書や、スキー場へ出かけるための情報誌はこれまでたくさんありましたが、この本のように、スキーを楽しむ側、スキー産業で働く側など多方面からスキー界をまるっとちょうど良くまとめられている本は見たことがありません。

この本では、世界のスキーリゾート、スキーの歴史、気象学(雪崩など)、スキー場の仕事・運営・乗り物・ルール、スキー用品(材質や構造)、競技の種類、選手の1日、スキーに関する様々なクイズ(リフトの最終営業時間、乗車時間、コースレベルが記載されたコースマップから時間までに目的地へ行くルートを考える)などがわかりやすく説明されています。ぜひスキーに出かけた旅先の部屋で、またご家庭で読んでいただきたい、スキーがもっとしたくなるそんな一冊です。

小さな一歩ですが、本書はスキーをレジャーとして捉えるだけでなく、スキー産業を全方位的に学べる学習書になっており、スキー業界の今後の人材育成や産業発展に少なからず寄与できるのではないかと思っています。
すでにスキーライフを楽しんでいる方、これからスキーをはじめてみたい方、そしてスキー業界関係者の方など、様々な方々からのご支援をよろしくお願いいたします。



発起人・清水幸子(しみず ・さちこ)
幼少期は関西で育ち、父親の影響で3歳からスキーをはじめる。スキー技術の習得と研究のため上越教育大学大学院へ進学。スキーのバイオメカニクスの研究に打ち込むとともに、スキー技術選にも挑戦。その後専門学校や短大、大学でスポーツ科学の教員として勤務しながら子どものスキーやジュニアスキー選手の指導に携わる。2021年から北海道にある名寄市立大学保健福祉学部教養教育部に所属。スポーツ理論やスポーツ実技、スキー実技などで教鞭をとる。現在は名寄のスキーの歴史や、クラシックルートの調査研究も行なっている。また名寄新聞、道北ネットでスキーコラム「シュプールを描いて」を連載中。
ホームゲレンデは名寄ピヤシリスキー場とHAKUBAVALLEY。

サウザンブックスと支援金の使途について
サウザンブックスは、言葉や文化の壁を越え、読者の心に響く1冊をクラウドファンディングを活用して翻訳出版しています。クラウドファンディングを活用する理由の1つには、翻訳出版には、原書の版権取得費用や出版エージェント手数料などが必要で、日本語の本を出版するよりも制作費がかかり、そのため、売れ筋のタイトル以外は発行しにくいという状況があるためです。このプロジェクトの支援金については、「版権購入費」「出版エージェント費用」「翻訳費」「編集・デザイン・DTP費」「印刷・製本費」「発送・流通・宣伝費」など、本の制作からお届けにかかる費用に使用させていただきます。完成した書籍は、日本中の書店・ネット書店、図書館などで流通する書籍となります。一般的な出版社が発行する書籍と同様です。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト