4a50bf1b109410bf63a9453574c221d3b3cf65282a1934c0db7dab507779?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190823%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190823t154141z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=9ad094c55f42eb2247aa87f820e88d15aaf80c51eb49baecf8fc0cb9aa742071

今注目のチカーノ・ソウルの魅力に迫る、
ファン垂涎のアメリカ発ガイドブック『Chicano Soul』を翻訳出版して、
著者ルーベン・モリーナ氏来日イヴェントを実現させたい!

F357a6a4ec2d328d74286e897c056ec01c03d0535eb1657a9b773067b89e?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190823%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190823t154141z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fb788a1bf40008f9a7c7f1039843716867bb4c2d87ffb34acdd33c664b3145ad

このプロジェクトは、世界の面白い本、本当に必要とされている本を翻訳出版するサウザンブックスの翻訳出版プロジェクトです。

✴︎クラウドファンディング期間中は、お得で楽しい先行予約特典が多数ございます。
✴︎10月31日(木)までに目標金額に達するとプロジェクトは成立し決済されます。
✴︎目標金額に未達成の際はプロジェクトは非成立となり決済はされず書籍も制作されません。
✴︎発行予定時期:2020年夏頃


クラウドファンディングの参加方法について

 


メキシコ系アメリカ人たちによる魂の音楽=チカーノ・ソウル
全音楽&レコード・ファンも必読! 
アメリカ・ポピュラー音楽史に隠されてきたもうひとつの音楽ストーリー!

黒人音楽とメキシコ伝統音楽の狭間で密かに生まれた、至宝の音楽文化であるチカーノ・ソウル。
ロサンゼルスのメキシコ系居住区=バリオで育ったヴァイナル・ディガーのチカーノで、
本書著者のルーベン・モリーナ氏は、アメリカ南西部を廻り今まで広く知られることなく残されていたチカーノたちによる珠玉のR&Bを次々と発掘する。
ルーツである40年代のパチューコ音楽から70年代公民権運動を背景に登場したラテン・ロックまで、その膨大な鉱脈を紹介する入魂の音楽ガイドブックが本書である。

※当時の貴重なジャケット/アーティスト写真など多数掲載。
※品切れ入手困難である初版ハードカバー版(全ページカラー)を翻訳し完全復刻!






目次&主に登場するアーティストなど

1. Rollin With The Beat ~ Early Influence & Pioneers
ラロ・ゲレーロ、チャック・ヒギンズ、ザ・ジャガーズ、リトル・ジュリアン・ヘレーラ、チャック・リオ、リッチー・バレンズ、ザ・リリックス、ザ・ロイヤル・ジェスターズ、フレディ・フェンダー、ザ・サングロウズ

2. Somethings Got A Hold On Me ~ San Antonio
ザ・ウエストサイド・サウンド、ルディ&ザ・リノ・バップス、ソニー・エース、ジョー・ブラボー、サニー&ザ・サンライナーズ、ディマスⅢ、ダニー&ザ・ドリーマーズ、リトル・Jr.・ジェシー&ザ・ティア・ドロップス

3. Shake, Shout and Soul ~ Southern California
ロージー、ペーレス・ブラザーズ、クリス・モンテス、ザ・ロマンサーズ、ザ・ブレンデルズ、カンニバル&ザ・ヘッドハンターズ、ジ・ミッドナイターズ、リトル・レイ&ザ・プログレッションズ、ザ・プレミアーズ、エル・チカーノ

4. Crazy, Crazy Baby ~ Texas Soul
Jr. & ザ・スターライツ、ラテン・グロウズ、リトル・ジョー&ザ・ラティネアーズ、アグスティン・ラミーレス、アルフォンソ・ラモス、ロス・ディノス、クエッション&ザ・ミステリアンズ、サム・ザ・シャム&ザ・ファラオス、ジャイブス、ロッキー・ジル&ザ・ビショップス

5. Soul Side of The Street ~ Phoenix and Albuquerque
フレディ・チャベス、アル・ハリケーン

6. Yo Soy Chicano ~ Brown Pride
ザ・ヴィレッジ・カラーズ、リル・ウィリー・G、リトル・ジョー・イ・ラ・ファミリア、ジョニー・チンガス、マコンド、ティエラ
 

 

「序章」より 一部を翻訳したもの

この豊穣な音楽は、アルバカーキ、フェニックス、サンアントニオ、ロサンゼルス大都市圏、そして南西部の諸々の都市部にあるメキシコ系アメリカ人たちのバリオで開花しました。そのルーツは、アーバン・ブラック・ミュージックに対するチカーノたちの熱き情熱です。しかしながら、60年代前半から中盤に南西部から登場したチカーノ・バンドたちが受けた影響は実に多岐にわたっています。チカーノ・ソウルの誕生と発展は、多彩なジャンルの音楽に晒された若い演奏家によってもたらされました。チカーノたちのハイブリッドな文化的状況、二重にもつ社会的、文化的自己証明が彼らの音楽表現に唯一無二の特徴を与えたのです。 


日本語版の翻訳を手がけるのは、
チカーノ音楽を中心にした洋楽レーベル、MUSIC CAMP, Inc代表の宮田 信


 

書名:Chicano Soul Recordings & History of an American Culture 
著:Ruben Molina
発行国:アメリカ
言語:英語
発行年:2007年
ジャンル:芸術・音楽

 


チカーノ・ソウルの時代がやって来た!
発起人・翻訳者 宮田 信より

 

本書著者のルーベン・モリーナ氏は、バリオが生んだ偉大なる音楽文化人類学者です。ロサンゼルスという多様な文化が重層する大都市に広がるメキシコ系アメリカ人が暮らす地域=バリオを舞台に、ローライダー、仲間、ストリートという関係軸のなかで、音楽を愛してきた一人のチカーノです。書き手がハードコアな音楽ディガーであり、同時にストリートの事情通=ベテラーノであるという事実こそが、なによりこの本の絶対的な価値を生み出しています。

ルーベンは自らの出版社、ミクトラン(アステカ文明の神話から)を立ち上げて2002年『The Old Barrio Guide To Low Rider Music 1950-1975』を記していますが、主に黒人演奏家グループを中心に、ロサンゼルスやテキサスのある程度知られたチカーノ・グループも紹介したユニークなアーティスト・ガイドブックになっています。


ルーベン・モリーナ氏

私がルーベンにコンタクトをとったのは、その本を仕入れるためでした。日本からの問い合わせに、とても親切に対応してくれたのをよく憶えています。その数か月後、ロサンゼルスに滞在中、「BBQに招待するから来るように」と誘い受けたのです。向かったのは、チャイナタウンの北側、LAリヴァーに面した「フロッグタウン」でした。昔、川岸にはカエルが沢山いたらしく、その風情がそのままローカル・フッドの名前になっていった小さなバリオです。青春時代をそこで過ごしたルーベンと共に陽光降り注ぐロサンゼルスの午後、いぶし銀のローライダーに囲まれながらメキシカン・スタイルのBBQをちょっと緊張しながら楽しんだのですが、もちろんバックには、珠玉のR&B~オールディーズが流れていました。ローライダーの合言葉は”LOW & SLOW”ですが、貧困や暴力に晒されてきたバリオの住人たちは、全員ではありませんが、音楽においてもクルマにおいても、こうしたゆったりとしたメロウな世界観を伝統として大切にしています。


70年代、フロッグ・タウンで撮影されたルーベン氏と仲間たちのローライダー
 

その後、雑誌『ローライダー・マガジン・ジャパン』の記事執筆の為に有名なカークラブを紹介してもらったり、ルーベン自身へのインタビュー取材をお願いしたりするなかで、彼はチカーノ・バリオの深い世界を何度も教示してくれたのです。また、テキサス・サンアントニオで往時のスターたちが演奏するからと連絡をくれて、本書の取材も兼ねた彼の旅行に少しばかり同行させてもらったこともありました。そうしたルーベンの熱心な調査は、テキサスからアリゾナ、ニュー・メキシコなどにも及んでいったのです。当時の演奏家や関係者を探し当てては話を聞きに行く、さらに彼らのとの話のなかで初めて聞いた演奏者に会いにいく。存在さえ知らなかった驚きの音源とも出会いながら、チカーノ・バリオのなかの小さなブロックで起きた小さな音楽のトピックスを繋いでいった結果、当時のチカーノたち自身も掌握し得なかった豊穣な音楽シーンを発見していったのです。ルーベンはそれを「チカーノ・ソウル」と呼ぶことにしました。

「チカーノ・ソウル」とは、「序章」にあるように唯一無二の生い立ちをもつ音楽スタイルを指してはいるのですが、それだけではありません。多様な文化に晒されながら、農民運動から始まったチカーノ公民権運動の体験など、自身のアイデンティを希求してきた、彼らメキシコ系アメリカ人固有のレガシーのことも意味しています。さらに、チカーノたちと音楽の関係についても示唆していると考えます。甘いメロディと美しいハーモニーは、時にバリオの重い空気の裏返しでもあるのです。そこには政治性を帯びた複雑な物語が通低音のように響いています。一筋縄ではいなかいチカーノ音楽の魅力はまさにそこなのです。誰が誰に向けて演奏しているのか、という関係性です。

21世紀に入って加速するテクノロジーの発達は、音楽という文化を大きな混乱に陥れているように思えます。粉飾に満ちた演奏と過剰なストーリーに演出されたデータだけが目まぐるしく消費され続けている現在の音楽マーケットは、正気の沙汰ではありません。

バリオを舞台にした音楽と聴き手の物語である本書『チカーノ・ソウル』は、音楽の普遍的な価値を伝えています。今、カリフォルニアを中心に若いチカーノたちの間で起きているヴィンテージの甘いサウンドのリヴァイバルの背景には、現在の音楽シーンからほぼ消滅してしまったストリートやローカルの匂いをぷんぷんと感じさせていた当時の生々しいR&Bへの憧憬があるのです。その人気は、ヨーロッパや日本にも飛び火しています。本書に記された、アメリカ音楽の知られざる側面として連綿と続いて来た音楽シーンの事実、またこれからさらに大きな勢力となるチカーノたちの文化を伝えることが今回のプロジェクトの主旨です。が、もうひとつ。ここに綴られた貴重な物語を通じて、「音楽とは何か」を熟考する機会を沢山の人とシェア出来ればという願いも込めております。どうか、皆さまにご賛同戴けることを心から願っております。

2007年頃、ルーベン氏と宮田。自宅にて
 


 


発起人:宮田 信(みやた しん)

MUSIC CAMP, Inc.代表
1985年イーストLAに留学。卒業後はWAVE、BMGジャパンなどに勤務。1999年、チカーノ音楽を中心にした洋楽レーベル、MUSIC CAMP, Inc.をスタート。以来、新旧200以上のCDやアナログ盤を発売する他、ジョー・バターン、チカーノ・バットマン、オマール・ソーサ、ボンバ・エステーレオ、エル・ハル・クロイなどを招聘。また、16年間続いた『ローライダー・マガジン・ジャパン』連載の他、雑誌や書籍にチカーノ文化や音楽について多数執筆している。2014年から2年間、InterFMでUSラテンを中心にした『スエニョ・デル・バリオ』の企画・DJ・選曲を担当。2017年、LAの全米日系人博物館で日本人とチカーノ演奏家を集めたショーをプロデュース。そうした活動は『Our Man In Tokyo』(監督:アキラ・ボック)として短編ドキュメンタリー映画にもなり「ショート・ショート・フィルム・フェスティバル」や「ラテン・ビート映画祭」など日米の映画祭で上映されている。最近では、チカーノの他に日系やアルメニア系コミュニティのアーティスト紹介なども手掛ける。また代官山『晴れたら空に豆まいて』のスタッフとして、内外アーティストのライヴを企画している。
http://www.m-camp.net/
https://www.facebook.com/shin.miyata.7
 


サウザンブックスと支援金の使途について

サウザンブックスは、言葉や文化の壁を越え、読者の心に響く1冊をクラウドファンディングを活用して翻訳出版しています。クラウドファンディングを活用する理由の1つには、翻訳出版には、原書の版権取得費用や出版エージェント手数料などが必要で、日本語の本を出版するよりも制作費がかかり、そのため、売れ筋のタイトル以外は発行しにくいという状況があるためです。このプロジェクトの支援金については、「版権購入費」「出版エージェント費用」「翻訳費」「編集・デザイン・DTP費」「印刷・製本費」「発送・流通費」など、本の制作からお届けにかかる費用に使用させていただきます。
また、このプロジェクトは、企業・団体のみなさまからも参加いただく予定です。それを考慮した上での目標金額や支援コースの価格設定となっております。

http://thousandsofbooks.jp