image

 橘川幸夫の新刊「企画書ver2020」(仮)プロジェクト

image

新刊の書き下ろしを自前で出版します。

「森を見る力」(2014年 晶文社)から6年。橘川幸夫の新刊発行のためのクラウドファンディングを行います。「ロッキング・オン」「ポンプ」などの参加型雑誌創刊から、インターネットの時代を迎え、現在は「未来フェス」という参加型トークライブフェスを各地で展開しています。本書は、そうした活動の現場で考えた論考です。

「企画書」(1981年 JICC出版局)「メディアが何をしたか?」(1984年 ロッキングオン社)から、遠く離れて2020年。これまで、たくさんの書籍を出してきました。ただ、僕の場合は、新刊も、常に最初の本のバージョンアップという認識でいました。あるいはバリエーション展開だと。つまり、人生で一冊だけ本を出したのです。今回の本も、その最新バージョンということになります。この6年間で、見たこと感じたこと考えてきたことを凝縮します。もう戦後の出版流通による書籍発行は、僕のような者には限界に来ています。今回は既存の出版社に頼らないので、皆様のご協力をお願いします。

●仕様案

四六版変形。150から200頁。

定価・2200円


タイトル未定(橘川幸夫の新刊)
サブタイトル 22世紀のためのコンセプトノート

 インターネットの登場により、土地資本制の社会構造が根本的な変化を促しています。本書は、来たるべき本格的な情報化社会において、どういう社会的シクミやサービスが可能なのかをプランニングした本です。

 読んでくれた人と一緒に具体的に未来を創造する作業に入れたり、私の発想を勝手に具体化してくれる人が現れることを夢見て、原稿執筆を行っています。

 本書は、1981年に発行した「企画書」(1999年のためのコンセプトノート JICC出版局)を、2020年にバージョンアップしたものです。

●企画趣旨
(1)時の流れ
(2)メディアの流れ
(3)社会構造の流れ
(4)インターネットの意味
(5)よはとつ図形2020

●企画書集2020

◇ネット
記憶の骨董屋
炎上しない掲示板
おしゃべり放送局
自分放送局
Facebookダ・カーポ
ソーシャル檀家
我が家の食卓ルーレット
未来フェス・クラウドファンディング

◇出版
ポンプ21
レコメンド・ブックコンテスト
文壇バー
作家別図書館
名刺広告
広告の未来
未来図書館創造会議
クラウドファンディング出版
7掛け神田村

◇地域
Fishing & Eat
地域キーマン養成講座
なんちゃって宿坊
デメ研一座
チューブシティ
もちより屋台
予約購入による災害者支援
美術館の可能性
古代中国を探る旅

◇コミュニティ
未来フェス
記憶の未来フェス
コンセプトバンク
Heart party
大喜利シンポジウム

◇国際
アジアの学校に図書館を
アジア子ども未来研究所
世界校長サミット
P2P観光協会

◇教育
無限教師
カラダ検定
若者人間ドック
ODECO
ODEBU
ODECO型オンデマンド・スクール
先生の卒業式
非常勤講師養成講座
リーフラスの可能性
地域スポーツ
寄付講座
教科書と学生服
社会実装ハウス論

 



推薦と声援の言葉



●久恒啓一(多摩大学特任教授)
橘川幸夫の本は以前も、そしてこれからも未来を生きようとする人の必読の書です。    


時代のテーマと次世代の動きを素早く吸収し、常に進化を続けるロックンローラースタイルの我らが橘川幸夫。 地ベタを這いずり回る行動力と、未来を見つめる鳥瞰的なまなざしと、そこから紡ぎ出される名言の数々は見逃せない。


●久米信行(iU 情報経営イノベーション専門職大学 教授)
今の日本に一番必要な「改革の企画書」
 

 今から30年近く前にオリジナル版「企画書」を初めて読んだ時、「私がやりたいこと、やるべきことが、ここに書かれている」と衝撃を受けたことを思い出しました。そこから私の人生が急展開を始めたのです。

 私が新しい大学で起業家教育に挑戦する時に出る橘川さんの新しい「企画書」。これから10年で私が成し遂げなければならないTO DO LISTを提示されているようです。


●田口ランディ(作家)
常に20年先を読んできた橘川さんの新刊に期待! 35年のつきあいなのでその先見性に太鼓判です!    

橘川さん、いつも先を走ってくれてありがとう。


●岡崎太郎(株式会社itm 会長)
 橘川さんの新しい本を早く読みたいです。
 

 オリンピックイヤーである2020年に橘川さんの6年ぶりの新作を読めることに今からワクワクしています。しかもテーマは教育というので、これはザワザワします。教育といえば、橘川さんが『インターネットは儲からない』の中でネットのコンテンツで教育こそが最キラーコンテンツであるという名言を残されていますが、この本が2001年の6月発刊と約19年も前のことという。まさに慧眼。先を見通す眼力に唸ってしまいます。

 20年代に入り、社会はさらに進歩していく様相です。まず世界は5G接続が普通になり、テスラが自動運転を実装し、ついでに火星行きのロケットも開発がはじまり、MRが導入され、量子コンピュータの夜明けも見えます。バイオ3DプリンターにiPS細胞、医療ロボットもさらなる進化をしています。僕らの寿命も10年単位で伸びていくかもしれません。そして、そんな未来を見通す必読の一冊となると感じています。

 みなさまのご支援とともに、ぜひともクラウドファウンディングを成功させて橘川さんの出版を早期に実現していきましょう。

 僕もいっぱい支援します!


●鈴木敏行(アキバテクノクラブ・事務局長)
橘川スタイルの古希以降の人生の過ごし方を期待します。

21世紀の企画書の著者を講師として勉強会に招聘してはや45年、思えば随分と長い付き合いになったものだ。新しい企画書の刊行の暁には、今度はアキバテクノクラブでの講演をお願いします。


●伊藤清隆(リーフラス株式会社代表取締役)
企画書ver2020 楽しみです^_^


●山崎春美(バンドマン)
非ユークリッド幾何学みたいなヒトです。絶対に社会弱者を見捨てられない人です。

ご無沙汰してます。お元気そうで何よりです。ぼくはぼくで、いろんなことをやってます。新コロナの影響でてんやわんやしたものの、なんとか世界最貧国ハイチにまでは、行けそうですが、無事に帰れるかどうか。


●浅田一憲(熱中小学校江丹別分校校長)


 師匠の橘川幸夫さんは書くことのプロで、これまで様々な本や雑誌を書いて出版してきたが、今回何を思ったのかクラウドファンディングで本を出版することにしたらしい。 師匠はここ数年、なんだか少し気弱であるように見えた。「人生の最後にこれをやる」といった発言が多くて少し心配していたのだが(それでも何もやらないよりはずっと元気だけど。)、次に出す本のタイトルを見る限り、また元気を取り戻したように見える。そのタイトルはずばり「企画書ver2020」。あの1980年に出版された「企画書」の進化版である。 旧バージョンは多旧バージョンは多くの人に影響を与え、この本を読んだことで自分の人生が変わったとか、今この道を歩んでいるのはあの本に出会ったからだ、と言って憚らない人が多数存在する。
その新作書き下ろしがまた出てくるとはね。
 企画っていうのは実現しないと存在しないのと同じ。企画書を書くということは、また仲間と一緒にそれらを全部実現するぞ!という師匠の強い決意の表れだと、不詳弟子1号の私は感じるのである。なので、なんだかうれしいと同時に、お前ちゃんとやるんだろうな?受信するばかりでなく、同じくらい皆が発信する新しいネット社会を作るためにちゃんと考えてるんだろうな?という無言のプレッシャーを感じるのだ。
 本人からは何も聞いてないし、(まだ)何も頼まれてないけど、まだ出してもいない新刊のタイトルだけで、これだけ僕にプレッシャーを与える師匠はやはり大したものだ。(笑)

 クラウドファンディングへの参加は以下。きっと素晴らしい本になると思うので、参加よろしくお願いします。

 P.S. 橘川幸夫さんは、熱中小学校の先生もやっていて、今年8月に熱中小学校江丹別分校で授業もしてくださいます。そちらも参加をぜひ!


●妹尾みえ(ライター)
今度も間違いなく走り出したくなる一冊。

<人には「よりそう段階」「はじける段階」「とどまる段階」があり、はじけた地点で群れることなくとどまった者同士が、次の「つながる段階」に進める>――

1980年発行の『企画書』の中に描かれた「よはとつ図形」は、人と人との関係にこそ未来があることを鮮やかに見せてくれました。「さぁ!行け」と背中を押された私は、崖からだったか、舞台からだったか、とにかくえいやっ!と飛び降り、時に立ち止まりながらも走り続けています。

自分探ししなんかしている暇はありません。メディアのロックンローラー橘川さんの言葉を胸に、走り出すなら今!


●前田眞人(株式会社サイアス 代表取締役)

天才橘川の半生のけじめの書。

橘川さんの人生の終結に向けた号砲になるのではないかと期待しています。
令和という時代が持つ意味、大きな変革の時が来ていることを橘川流に語ってくれると思います。



●島根義夫(島根歯科医院 院長)

楽しみです

かねてより橘川さんの本を読んでいるが、全てが予言書のよう。さてさて、今度はいかなる予言が飛び出すか楽しみです。


●熊野英介(アミタホールディングス株式会社代表取締役/公益財団法人信頼資本財団理事長)

子どもの顔をした参加型メディアの巨人

 お会いした日から、未来を生きる人、教育、若い頃に出逢った人生の師、参加型メディア、そして出版への溢れる愛を感じました。
 何年経ってもそれは変わらず、どこまでもフラットな橘川さんの対応で膨れ上がった人脈と、深い思考の上に湧き出す嬉々とした好奇心で、とめどなく拡張を続けているように見えます。

 どこかで形になることはあるんだろうかと見ていましたが、2013年誕生に立ち合わせてもらった参加型リアルメディア「未来フェス」が、各地で芽吹き始めましたね。

 そして、愛する出版を参加型でやると決めた橘川さんの次の本『企画書ver2020』が、未来に遺すものは大きいことこの上ないだろうと、今から期待をしています。


●筒井文彦(飯田市役所)
ロックな人生だから見える未来がある

 ライブ感と関係性を常に大切にしている橘川さん。変わることを恐れず、しかし、変わらないものを大切にしている。ロックな人生を歩んできた橘川さんが、何を企てて、どんな未来を予見しているのか。橘川さんの新刊は、ラブレターであり、現代版寺子屋の教科書でもある。今を生きるみんなで手にとって、学び合う教材になることを期待したい。


●仁上幸治(図書館サービス計画研究所(トサケン)代表)

「改訂第二版」じゃなかった!?

 2020年に出る新刊のタイトルが『企画書ver2020』だそうだ。バージョンというのは改訂版なので普通は骨子は元のままで部分的な変更を加えた本を指す。そうか、『企画書』(1981年,JICC出版局)から40年だから年50回、つまりほぼ毎週改訂版を出し続けた・・・って、んなわけないな(笑)。常識人なら「改訂第二版」が正しいと考えるところだ。しかし、よく見たらホームページに「新刊の書き下ろし」って書いてある。つまり『企画書』というタイトルは同じでも中身は初版とはまったく別な新著なのだ。「新刊は常に最初の本のバージョンアップ」のつもりで書くと言う著者は「人生で一冊だけ本を出した」ことになると述べている。名言だ。タイトル中の「ver2020」にはそんな深い意味が込められていたとはね。買うしかないな。個人の感想です。m(Θ‥Θ)m

 


●赤田祐一(『スペクテイター』編集者)

推薦します

橘川幸夫さんの『企画書』は大切な本です。JICC出版局から出た最初の版を発売直後に読み、当時19歳のぼくは多大な刺激を貰いました。約10年後、『クイックジャパン』というサブカルチャーの雑誌を飛鳥新社で創刊したのですが、そのとき参考にしたというか、心の支えになったのが、同書所収の文章(「ジャーナリストは誰だ!」「フィクションの死滅」「モノの見方の数」)だったりしたことを思い出します。いま手元にある『企画書』はメタ・ブレーンから再刊された復刻版ですが、思考が行き詰まったり迷いのあるときなど、見返すとヒントをもらえたりするので、ありがたいですね。いつでも手の届く場所に置いてある”座右の書”だったりします。
「2020年版」刊行のニュースにワクワクしています!


 

推薦メッセージをいただける方は、下記のフォームでお願いします。

この頁に公開させていただきます。
みなさんの応援をお願いします。

●橘川新刊の応援メッセージ登録サイト