Orbital2 STERNA:クリエイティブ制作をより楽にする左手デバイス

image

2016年に発表を行ったOrbital2は、クリエイター科学から生まれた「倒す・回す・押す」の3動作であらゆるショートカットキー操作を実現する、クリエイターの為の左手デバイスです。

データサイエンスをベースとする入力操作を最適化する研究は、これまでにない全く新しいアプローチを生み出しました。

BRAIN MAGICの特許技術を活用した複数の独自機能を搭載したOrbital2は、左手デバイスとして世界最小クラスでありながら登録できる機能数はクリエイター向け左手デバイスにおいて世界最高数を実現しております。

圧倒的な機能登録数のみならずコンパクトな筐体は操作時の動作を最小限に抑制する目的で設計されており、作業の加速とクリエイターの肉体にかかるストレスの軽減を両立します。

2019年の一般販売以降、ハイエンドの左手デバイスとして世界のトップクリエイターからご支持をいただき、様々な制作現場に導入されると共に現場からの意見を積極的に取り入れ、最新のバージョン1.6.0まで35回のアプリケーションバージョンアップと機能改善を実施いたしました。

プロ向けの機材として磨かれてきたOrbital2ですが、学生やカジュアルにクリエイティブを楽しみたいというクリエイターの方からも触ってみたいという要望を多数いただきました。

そんなクリエイターの皆様の声にお応えする為にスタートしたプロジェクトから生まれたのがOrbital2 STERNA(オービタルツー スターナ)です。

Orbital2のエントリーグレードシリーズを開発する目的から生まれたSTERNAですが、純粋な低価格モデルを超える仕様を実現した意欲作となっております。

一部のパーツや機能の削減によって、Orbital2では理想としつつも実現できなかった人間工学から計算された最適なフォルムを追求し、操作感の向上を実現しています。



更に驚くべき点は、エントリーグレードながら、現行のOrbital2からセンサーの耐久度や解像度を維持している点です。Orbital2 STERNAはプロのユーザーの求める耐久性に応えるスペックを持っています。

今後よりハイエンド志向を強めたアップデートを行っていく現行のOrbital2と共に、実現するには今後数年間の研究を要するBRAIN MAGICの次世代デバイスとを繋ぐ架け橋の役割を果たすデバイスとなります。

 

Orbital2はイラストレーター、漫画家、ビデオグラファー、フォトグラファー、グラフィックデザイナー、 サウンドエディター、ミュージシャン、モデラーなど、さまざまな分野のクリエイターに愛用されております。 また多くのクリエイターの活用法も豊富に掲載しております。

広島の限界集落暮らしの映像屋さん。 廃校に事務所を構え、TVやWebのCMをメインにエフェクト・モーショングラフィックス・コンポジット業務を行っている。 AfterEffectsのチュートリアルを主に発信しているYouTubeチャンネル『ダストマンTips』を運営。

作業の相棒Orbital2!その見た目が白く!値段はコンパクトになったSTERNA。
普段はプログラムマクロ機能を使ってモーション作業を半自動化させています。
STERNAでも使えるモーション自動化プロファイルを配布してますので 値段が理由で手が出せなかった方は是非この機会に使ってみてください!

・Flat Ringのスイッチの押しやすさ
・Type-Cケーブルで接続できる

・まずは必要最低限の機能でOrbital2を試してみたい方には十分な機能数

 

大手制作会社にて、テレビCM・WebCM制作等を経験。2016年よりABEMA、2019年より6秒企画に参加。モーションデザイナーをはじめ、エディター、コンポジターを務める。映像系イベントにも多数登壇、記事も執筆している。

Orbital2は、私にとって無くてはならない頼れる相棒です。映像編集作業はもちろんのこと、表計算やプレゼンテーション、さらにはウェブブラウジングするときに使用しています。
ブラッシュアップが加えられた「Orbital2 STERNA」、ぜひ多くの方の手に渡りますように!応援しています!

・Type-Cケーブルで接続できる
・キレイな筐体(ナチュラルな白)
・Flat Ringのスイッチの押しやすさ

 

AftereffectsチュートリアルYouTube ラクーンエフェクト マサキ
Aftereffects特化型LINEOpenchatコミュニティ『Aechat』運営
映像制作会社取締役
独学で映像を学びつつ、動画マーケティング・ディレクション・撮影・編集・アニメーションまで幅広く対応している。大手から中小企業まで様々なプロジェクトを動画を活用し成功に導いている。「魅せる」だけではなく「伝わる」映像制作をモットーに、日々動画を中心に多くの活動を行う。映像講師やサービスの立ち上げ・プロモーションに係るコンサルティングも担当している。

以前からOrbital2を利用させていただいております!クリエイターをサポートするデバイスとしてとても期待しております。
機能面だけではなく、見た目もスタイリッシュでおしゃれです!使い方次第で無限の可能性があるデバイスで、映像編集のみならず様々なクリエイティブで効果を発揮してくれると思います。 応援しております!

・Flat Ringのスイッチの押しやすさ
・Type-Cケーブルで接続できる
・キレイな筐体(ナチュラルな白)

 

TwitterやInstagramなどSNSでの作品発表を中心に活動中。
アパレルメーカーFavorite、サンキューマート等のコラボグッズ制作やアイドル生誕祭のコラボイラスト、『魔法少女まどか☆マギカ 10th Anniversary Book vol.1』(芳文社)に寄稿した『魔法少女☆大運動会』など漫画制作も行っている。

ここ数年作業にはOrbital2が必須デバイスになっています。 新型機「STERNA」の使用感はOrbital2と引けを取らないことにおどろきました。マクロを組んだり様々なコマンドの組み合わせで、ソフトごとに臨機応変なアクションが出来ますし、シンプルな割り振りでもボタンが余るような心配はないです。そしてSTERNAはマットなホワイト最高にかわいいです。ピンクやパープルの光をセットするのが好きです。ガジェットのデザインにこだわりがある方には嬉しいですよね。 是非手に入れてほしいです。応援してます!

・エルゴノミクスデザイン(手首の疲労軽減)
・持ち運び可能なコンパクトさ
・まずは必要最低限の機能でOrbital2を試してみたい方には十分な機能数

 

2Dデザイナー・3Dモデラーとしてコンシューマーゲーム開発会社に勤務した後、フリーランスとして独立。現在はポケモンカード公認イラストレーターとしての活動をはじめに、ソーシャルゲーム、書籍等のイラスト制作業務を主軸とし学校講師なども行なっている。業務外では美術展や同人等での作品発表もライフワークとしている。

あちこちのボタンを触るために手首や指先を大きく動かすことが無く、どんなデスクにもスマートに置けるOrbital2。その洗練されたデザインをそのままに、機能も外装もよりコンパクト、 よりスマートに精鋭化されたOrbital2 STERNAは、左手デバイスに興味をお持ちのクリエイターの方、学生の方にぜひおすすめです!

・持ち運び可能なコンパクトさ
・スマートなデザインでインテリアに馴染む
・まずは必要最低限の機能でOrbital2を試してみたい方には十分な機能数

 

TURBO DESIGN 代表
大阪モード学園他非常勤講師やAdobe CreativeResidency CommunityFund 選出クリエイターとして活動。パターン柄とデザインを軸に、商品/グラフィックから空間演出まで、展開性のあるデザインを行っている。

普段よりOrbital2を愛用しており、以前レビュー記事にも載せていただきました。 今回のOrbital2 STERNAではシンプルに活用するには十分な機能が備わっており、クリエイティブの向上や作業の効率化に非常に役に立ってくれます。
スタイリッシュな見た目&価格的にもお手頃で初めての左手デバイスを検討されている方にオススメです!

・まずは必要最低限の機能でOrbital2を試してみたい方には十分な機能数
・持ち運び可能なコンパクトさ
・シンメトリー設計(利き手が気にならない)

 

 

ブラシやキャンバスのコントロールはもちろん、ツールやレイヤーの切り替えなど様々な操作を直感的に行えます。

■ ブラシサイズ

ダイヤルを回転させることで、ブラシのサイズを拡大・縮小や流量を調節することができます。

 

■ キャンバス操作

キャンバスの拡大・縮小や回転をその場で直感的に行えるため、画面に集中し続けられる、スムーズなイラスト制作を実現します。

 

■ 消しゴムとペンの切替

ラフ画や線画を描く際に消しゴムとペンのスピーディな切替により、効率的な制作ができます。

 

様々な動画編集ソフト上での、タイムラインのクイックな移動やコマ送り、拡大縮小などをダイヤルひとつでシームレスに操作できます。

■ タイムライン操作

ダイヤルを回転させることで、タイムラインのコマ送りやクリップ移動、トラックの高さも自由自在に調整することができます。

 

■ リップルトリミング

カット編集作業において多用するリップルトリミングも、左側を詰めるなら左回転、右側を詰めるなら右回転、というように直感的に実行できます。

 

■ モーションのプリセット化

よく利用するモーションをテンプレート化し、スイッチに登録。登録したスイッチを1回押すだけでモーションを適用。キーを手動で打つ必要が無くなるので、モーション制作が驚くほど楽になります。

 

デザイン作業において、多用するツールへの素早い切り替えを実現したり、カーニングや不透明度などの調節をダイヤルで行うことで効率的に政策を行うことができます。

 

■ ツールの切り替え

多数のツールを使い分けなければならないデザイン制作も、スイッチ長押し+カーソル移動によってツールをその場で素早く切り替えることでより効率的に。わざわざツールパネルからクリックして選ぶ手間が省けます。

 

■ 不透明度調節

レイヤーやブラシの不透明度調節をダイヤル回転で素早く行えます。スライダーを正確にドラックしたりキーボードを連打して体力を浪費する必要はもうありません。

 

■ テキストアウトライン化の自動化

データ入稿時に必須なテキストのアウトライン化作業を、スイッチひと押しで完結できます。

 

オーディオ編集やアレンジ作業などで使用する機能をダイヤルやスイッチに割り当てることで、作業速度を格段に飛躍させることができます。

■ マーカーを挿入して名前をつける

曲の構成によって、ボタンひとつでマーカーを挿入し、編集効率を向上することができます。

 

■ ソロ&ミュートの切り替え

トラック内で選択したリージョンのソロやミュートを瞬時に切り替え、トラックの確認ができます。

 

■ リテイク

レコーディング作業時のリテイクをワンアクションでスピーディに行うことができます。頻繁に行う一連の作業を登録することで効率を上げることができます。

 

スライダーやパラメーターの細かな調整もスピーディーにダイヤルを回転させるだけで行うことが可能になります。

■ パラメータ調節

露光、コントラスト、シャドウ、ハイライトなどの色調補正に必要なパラメーターをジョイスティックを倒して選択し、ダイヤルを回転させることでで調整可能です。

 

■ レーティング

多くの写真を一気に確認し、スピーディにレーティングして、写りの良い写真だけを抽出することができます。

 

■ ツールをダイヤル回転で切り替え

ダイヤルを回転させることで、たくさんのツールを瞬時に切り替えられます。またキーローテーションを使うことでよく使うツールをピックアップし、より効率的に選択が可能になります。

 

モデリングやアニメーションなど使う用途に合わせてツールをシームレスに切り替えることができます。また複数のキーを入力して特定の機能を呼び出す際も、ワンアクションでラクに効率化が図れます。

■ ツールの切り替え

キーを複数回入力して呼び出す機能も、マクロを組むことによって、ワンアクションでとてもラクに切り替えが可能になります。

 

■ ブラシの変更

よく使うブラシをリストに登録し、ボタンひとつで呼び出し、選択することでブラシを切り替え使用することができます。

 

■ マニピュレーターの変更

キーローテションを使うことでダイヤルやボタンの操作でシームレスに変更が可能になります。

 

 

■ Orbital Engine

オービタルエンジンは、「倒す」「回す」「押す」の3つの動作を組み合わせた、複数のパラメーター調整などの操作をシームレスに実現するインターフェースです。
ディスプレイから目線を外さず、作業に没頭することができます。

 

■ Flat Ring

ジョイスティックの周囲には8つのスイッチを搭載。それぞれに単独の機能を設定するのはもちろん、ひとつのスイッチに頻繁に使用する機能をまとめて登録し、マウスカーソルのそばに表示してすぐに実行することも可能です。

 

■ リストメニュー(1メニューにつき、7つのショートカットキー登録上限あり)

マウスやトラックパッドを使用してクリエイティブ作業を行う際におすすめの機能です。よく行う操作を登録しておくことで、マウスの右クリックメニューのように、よく利用するツールをグループ分けして、リストからワンタッチで実行可能にします。マウスやトラックパッドを使い、メニューバーの深い階層に位置する機能を多用するクリエイターに好まれます。

 

■ フリックメニュー

ペンタブレットを使用してクリエイティブ作業をする方にお勧めの機能です。マウスカーソルを中心に展開するリング状のメニューをフリックすることで様々な機能を実行可能です。 イラストレーターだけでなく、マスク機能を多用する映像クリエイターやペンタブレットでモデリングを行う方からも好評をいただいている機能です。

 

■ プログラムマクロ

目的の処理を記録した後、ワンアクションで実行可能にする機能です。After Effects上で「エフェクトの追加」やCLIP STUDIO PAINT上での「複数枚のレイヤー作成」などの操作がワンアクションで可能です。

 

■ キーローテーション

最大10個までのショートカットキーをローテーションで呼び出すことを可能にする機能です。よく利用する複数のツールを素早く切り替えるときに、よく活用されます。

 

 

その他にも利用できる様々な機能も搭載していますので、ご確認ください。
詳しくは こちら

 

クリエイティブソフトウェアに基本的に登録されているショートカットキーは、Orbital2 STERNAに割り当てることができます。
また、登録可能な「キー・マウス対応マップ」を公開していますので、ご確認ください。
詳しくは こちら

 

 

Orbital2 STERNAに実装しているスイッチ、ダイアルセンサーは品質と耐久性から国内のメーカーのものを選び使用しております。製造自体も品質管理の観点から完全国内にて生産を行っております。基板の構成、電子部品同士の半田付け、組み込みまでがほぼ一直線で実行されるようラインが構築されています。

 

※1:専用アプリケーション内に保持できるプロファイル数は5つまでですが、外部への書き出しについて制限はございません。
※2:テキスト入力機能が利用できません。また、Orbital2 Loggerで取得したロガーファイルの読み込みができません。
※3:将来的に対応アプリケーション追加を検討しております。
※4:推奨・動作確認OSの変更やUI改善、不具合修正などは継続的に対応を行います。

 

① 同梱されているUSBケーブルをOrbital2本体とPCに差し込み、専用のアプリケーションから接続してください。グロウリングが光れば接続完了です。

② クリエイターが使う一般的なクリエイティブソフトに関しては、推奨設定を組み込んだ「推奨プロファイル」をご用意しています。面倒な設定をスキップし、Orbital2をすぐに使用することが可能です。

 

POD SPOTは、手や腕の重さを分散し、机と手の接触ストレスを減らすことでOrbital2 STERNA操作時の手の疲れを軽減できます。また専用スペーサーと併用することで、より安定した操作感と疲労軽減を可能にします。

 

 

 

ご支援いただいたクリエイターの方々のお力になれたらと思い、クリエイティブ制作に関する特別講座を無料で受けられる特典をご用意しました。

講師は上記クリエイターの方々です。講座内容は決まり次第、随時活動レポートにて配信しますので、楽しみにお待ちください。

 

■ 蔦屋家電+

〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット 二子玉川 蔦屋家電 1階
03-5491-8550

 

■ ワコムブランドストア新宿

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス3F

 

プロジェクトの目標金額を100%達成した場合、支援者様を対象にしたプレゼントキャンペーンを実施します。各社様よりクリエイターを応援したいという私たち想いに賛同いただき、以下豪華商品を提供いただきました。

応募方法含めた詳細は、目標金額を100%超えた際に、達成活動レポートにてお知らせします。
※ご支援いただき、且つキャンペーンに参加された方々全員に上記商品をご提供できるわけではございません。
※応募する際に、応募期間内に非公開ではないTwitterアカウントを利用する必要があります。

 

「Creating Re-Creation ~テクノロジーの力で世界のクリエイティブを加速させること~」をミッションに据え、クリエイターが今ある複雑なインターフェースから解放され、誰もが自然とクリエイティビティーを発揮できる未来を実現するためのプロダクトを世界へ発信しています。
・Twitter :@Brain_magi
・Facebook: @Brainmagi
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCI270ft9Cvp9IStW4g8QTBA
・LINE@:https://lin.ee/YQhhodZ (※ID検索の際は「@brainmagic_jp」で検索してください。)


■沿革
2017年10月、Makuakeにて「O2」プロジェクトを公開しました。

2018年9月、Kickstarterにて「Orbital2」プロジェクトを公開しました。
2019年3月には、Orbital2を一般販売を開始しました。

2022年4月、若年層やクリエイターの一歩目として踏み出しやすい形を実現し、 新たにより洗練されたデザイン性を追求したエントリーグレードとして、Orbital2 STERNAが誕生しました。

 

保証期間はお届け日から1年になります。
製品に対してご不明な点がございましたら、o2_support@brainmagic.tokyoまでお問い合わせください。

下記情報が保証を受ける際に必要になります。
1.製品の底面のシールに記載されたシリアルナンバー
2.GREEN FUNDINGで支援時に発行された支援番号または支援完了メール

なお、ご支援の証明や製品の不具合を確認するための動画や写真などの証明が必要な場合がございます。予めご了承ください。
キャンセル・返品:利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

 

 

Q. Orbital2 STERNAは何ができますか?

A. Orbital2 STERNAには、ソフトウェアのショートカットキーを割り当てることができ、「倒す・回す・押す」のたった3操作で、より直感的にソフトウェアを操作することができる、作業効率化に最適なプロダクトです。
Orbital2 STERNAを使うことでさまざまなパラメーター調整やツール切り替えを素早く行えます。 またエルゴノミクス設計に基づいて、クリエイターの長時間作業でおこりうる腱鞘炎を抑えることを目的として開発されたプロダクトです。
 

Q. ジョイスティックを倒すだけで機能を実行したいのですが、そういった機能やモードはありますか?

A. ジョイスティックを倒すだけで機能を実行できるモードがあります。詳細は弊社プロダクトページのジョイスティックモードをご確認ください。
※上記プロジェクトページで紹介されている、倒して機能を選択し、回すことで機能を実行するモードをオービタルエンジンモードといいます。
 

Q.Arm版Windowsで利用できますか?

現時点で Arm版Windowsは使えませんが、利用できるように今後対応予定です。
 

Q. 対応言語を教えてください。

A. 現在は日本語・英語・中国語(簡体字)になります。
 

Q. Orbital2が対応しているクリエイティブソフトは何ですか?

■動作確認が行われているイラスト制作ソフトは以下になります。
Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Clip Studio(クリップスタジオ)、MediBang Paint(メディバンペイント)、SAI2など。
■動作確認が行われている映像編集ソフトは以下になります。
Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Premiere Rush、Adobe Animate、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Filmora、Power Director など。
■動作確認が行われている画像編集ソフトは以下になります。
Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Capture Oneなど。
■動作確認が行われている音楽編集ソフトは以下になります。
Pro Tools、CUBASE、Logic Pro, GarageBandなど。
■動作確認が行われているオフィス系ソフトは以下になります。
PowerPoint、Excel、Wordなど。
また上記ソフトウェア以外も、基本的にはショートカットキーが割り当てられているソフトウェアでは操作することができます。
 

Q. クリエイティブソフトが使い慣れてなくても、Orbital2を使うことはできますか?

A. クリエイティブソフトを使い慣れていない方でも、ショートカットキーを覚えることなく、より直感的にクリエイティブ制作を行うことができます。
また推奨プロファイルを利用することで、クリエイティブソフトのどういったショートカットキーを割り当てるべきかの煩わしい設定を考えることなく、すぐに利用することができます。
※推奨プロファイル:クリエイティブソフトのショートカットキーがあらかじめ設定されたOrbital2のアプリケーション内に同梱されているプロファイル

Q. Bluetooth対応はしていますか?

A. Bluetoothに関しては、現在プロ用機材としてのクオリティーを保持するため、有線接続のみとなっております。
 

Q. 海外発送いたしますか?

A. 本製品は海外発送はいたしません。日本国内のみ対象となります。
 

Q.製品保証について教えてください。

A. Orbital2 STERNAの製品保証期間は1年間となっております。製品に付属する保証書は大切に保管してください。
 

Q.キャンセル、返品、および修理や交換について知りたいです。

A. GREEN FUNDINGの「利用規約」内の「支援金について」に明記されておりますように、支援金支払い後のキャンセル、返金要求、その他支払いの撤回等は一切行うことができません。なお、製品到着後、製品の不具合がございましたら、保証期間内に弊社サポート窓口「o2_support@brainmagic.tokyo」にご連絡ください。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト