小学6年生の少女が動物殺処分について
真正面から向き合った作文を絵本化したい!
『78円の命プロジェクト』

User default image
maa
78円…とてもショックをうけました。 猫を迎えるとき、いろいろな覚悟をしました。 動物との生活はたくさんの愛情であふれています。 命が簡単に消されてしまうようなことが、どうかなくなりますように。
2016/04/24 12:45
User default image
watergirls
ずっと前からどうにかしたいと思っていた殺処分のこと。 同じように考えている人たちと一緒に、日本全国に広げていけたらと思います。
2016/04/24 16:35
User default image
revlis_37
人間の勝手で飼われ、捨てられ、殺される、不幸な道を辿る動物がいなくなることを心から願っています。
2016/04/24 09:15
User default image
ryo-12.6-shiro
たまたま見つけた携帯サイトの「78円の命」という記事の見出しが気になり、内容を読んで思わず涙が溢れました。 私が幼い頃から我が家は転勤族でしたが、昔から野良猫がよく通るような家に住み、野良猫を家猫として飼ってきました。 私もある時保健所の存在を知り、何か自分にも出来ることはないか考えた時期があります。 今小学4年生の娘と生まれてくる新しい我が子に、この絵本を読んで何かを感じてもらえたらと思っています。
2016/04/24 13:47
User default image
conure2020
涙が止まりませんでした。うち も長年インコを飼っていますが引越の度に許可が取れる家を探すのにいつも苦労します。犬や猫であればもっと大変でしょう。人それぞれペットを捨てる理由はあるかと思いますが、パートナーである動物達のことを真摯に考えられる土壌がもっ と育つ事を切に祈っています。
2016/04/24 16:37
User default image
rieppe.e
子どもの頃から私も犬や猫が大好きだった。 学校の帰りに見つけては遊んでいた。 家でも犬をもらってきたり、ひらったりしてずっと一緒に暮らしてきました。 けれど、その頃の私はまったく知らなかった。。 保健所の実体と愛護センターという名前、 殺処分されてしまう、今の状況を知ったのは大人になってからでした。 小学6年生でどうしたんだろう?、、どうなっていったんだろう、、って心配して知ろうと行動した谷山千華さん。 私は彼女を心から尊敬します! 千華さんが知ろうと動いてくれたこと、 そして作文に想いを表現してくれたことに 私は感謝します。 ほんとうに、ほんとうにありがとう。 すごく嬉しかったです。 そして、 ひとりでも多くの子どもたち、私たち大人へ この絵本を知ってもらえる事を願います。
2016/04/24 15:45
User default image
Piyopiyo
応援しています! 動物の殺処分が無くなりますように
2016/04/24 15:00
User default image
hitomi999s
ごめんなさい、入金が遅れてキャンセルになってしまいました。改めて支援させて頂きます。
2016/04/24 12:56
User default image
kazupapa-8053
子供達に【命】について伝えてください。
2016/04/24 14:38
User default image
Mariko Mizukami
この世から殺処分が無くなりますように。
2016/04/24 07:40
User default image
大賀香榮
命に重い軽いはない、と思います。 素晴らしい取り組みを応援しています。
2016/04/23 17:56
User default image
komaj
私も保護猫を飼っているので、1匹でも多くの猫達の命を助けるお手伝いになればと思って、プロジェクトを支援しました。
2016/04/21 16:09
User default image
berryberrypj
幸せなニャン生を、全ての猫が全うできますように。
2016/04/21 20:28
User default image
Makino Masami
最後まで頑張ってください。
2016/04/21 19:19
User default image
akym
不幸なワンちゃんやネコちゃんがこの世からいなくなりますように。
2016/04/21 16:25
User default image
yukie0611
命の重みを、これからの作る子供たちや大人にもたくさん知ってほしいと思います。 応援しています。
2016/04/20 12:35
User default image
haru
このプロジェクトが成功して殺処分ゼロになりますように( ̄人 ̄)
2016/04/20 21:36
User default image
Yasushi Nagata
素敵な絵本が出来上がるのが楽しみです
2016/04/20 20:27
User default image
k-ueno
応援しています。早く発刊されることを望んでいます。道徳の授業で生徒に紹介し、命の授業をしたいと思っています。
2016/04/19 23:15
User default image
y-tumu
応援しています! 早期の絵本化を期待します。
2016/04/18 10:31
User default image
catsgo28539
少しずつでも人々の意識が変わって行き増すように。
2016/04/16 22:41
User default image
chaser-6002-pb.
一年前に我が家にも親猫と仔猫二匹が物置に住み着きいつの間にか二匹の仔猫が居なくなり親猫の悲しんでる鳴き声が今 でも耳に焼き付いて離れません。この作文を読み終えた時の悲しい気持ちが今でも頭をよぎり心が張り裂けそうな思いで した。親猫は我が家に定着し今では家族の一員です。少しばかりですがお役に立てば幸いです。
2016/04/17 18:19
User default image
yu8mrm8ka
私のうちのねこちゃんは20年生きて死ぬときも大往生でした。家族皆に見送られとてもしあわせだと思います。しかし野良猫たちは同じ猫なのにこんなに違う人生かと思うと悲しいです…
2016/04/15 11:44
User default image
ka13ta4.9-312
人間の勝手で、命に金額を決めて なんの罪のない動物が殺される。 一人一人の考え方が変わりますように。 意味を理解してもらえますように。 応援してます。
2016/04/13 20:48
User default image
sea2style
言葉にしてしまうと 軽く感じてしまう程、この作文は 切なく 深く 重く【命】について書かれていると思いました。 子供を持つ親として 1人の人間として この作文が絵本になる お手伝いをさせて下さい。
2016/04/13 16:56
User default image
okeiko615
多くの人に知ってもらって、ペットを飼うということへの意識が高まり良い方向へ向かっていくことを願っています。
2016/04/15 18:33
User default image
azusa_otsu
私も以前、捨て犬を拾って育てましたが、昨年亡くなりました。命と向き合う覚悟がなければ生き物を簡単に飼ってはいけないという作文に感動しました。
2016/04/13 17:08
User default image
Chiharu Hayashi
皆が自分の欲を優先するよりも、命の大切さを自覚し殺処分0の社会になることを願って・・・応援します。
2016/04/14 18:09
User default image
aiko_y_shizuoka
私も、野良ネコさんのTNR活動や、福島の被災地でも、殖え続けるネコさん達の不妊手術の捕獲をしています。 「『殺すこと』で減らすのではなく、『産ませないこと』で減らしてゆく」 殺処分を無くすことにTNRは、とても有効です。
2016/04/14 21:46
User default image
kiyomi-s
猫2匹飼ってます 常日頃より野良ネコちゃん気になっています 大変な活動だと思いますが、少しずつ一歩ずつ一つの命が助かり 幸せになることを願います 活動を始められた方々に感謝いたします
2016/04/14 17:47
User default image
naaatsu.c-m03
私も猫と一緒に暮らしています。最近よく殺処分に関しての話をテレビや雑誌などでよく見かけ、何かできないかと思っていました。 少しずつではありますが、協力できればと思います。 少しでも多くの命を救ってほしいです!応援しています!
2016/04/13 16:52
User default image
alfa0429
犬や猫の殺処分が少しでも減るように
2016/04/14 17:42
User default image
daiya-ashi
一匹でも多くの命が救われるためのプロジェクト応援しています。
2016/04/13 18:16
User default image
kupikupi1974
作文読んで涙が出ました。
2016/04/14 15:16
User default image
tectec4379
一匹でも多くの命が救われますように。
2016/04/14 14:52
User default image
smilelove26m
家の周りにも、沢山の野良猫がいます。どこから来たのか。 最初は丸々として優しい顔をしていた子も日が経つにつれ険しい表情に変わっていきます。ご飯をあげたり、軒下に寝る場を作ったりしても全ての猫たちにできるわけではありません。どうか生き延びて、と祈ることしかできないのです。ある日突然命を断たれてしまう犬猫がなくなることを願い僅かながら支援させていただきます。
2016/04/13 17:48
User default image
kumizou0906
news.everyで拝見して涙しました。少しの協力しかできませんが、多くの人の力でこの問題が少しでも良い方向に向かうことを祈っています。
2016/04/14 10:59
User default image
e_manbou
がんばってください
2016/04/14 10:12
User default image
kyara0729
命の重さをあらためて教えていただきました。わが家にも捨て猫から家族になった雌猫がいます。避妊手術もして、元気に暮らしています。個人で飼える動物には限界があります。応援しか出来ませんが、頑張って下さい。
2016/04/13 16:59
User default image
marilynt3200
操作が非常に分かりにくいです。
2016/04/14 01:18
User default image
access_elekashi_love_rena.0613
テレビで拝見させて頂きました。
2016/04/13 16:47
User default image
polo.and.clara
家の猫のためにも、小さな命を守りたい!
2016/04/13 23:05
User default image
kumi93haya1020
猫ブームと言われる今、猫の命を簡単に扱う人が増えてきているようにも思います。動物も人も植物も命いっぱい生きる権利がある。自分よりも弱い命を大切にすることはきっと自分を含めたもの全てを愛することに繋がるはず。どんな命も大切にしたいですね。
2016/04/13 21:35
User default image
りづこ
さすがに値段までは知りませんでした。なかなか殺処分のことを知ってもらう機会は未だに少ないので、これがきっかけにもっと広まり考えてくださる方が一人でも増えてくれればいいなと思います。
2016/04/13 21:21
User default image
Frec Pop
頑張ってください。少しでも命を救えると嬉しいです。
2016/04/13 20:43
User default image
hnhr.a_a
口のきけない子達が辛い一生を送る事のないよう少しでも力になれたらと思い、参加させていただきました。1人1人力がとても大きなものを生み出せるように願っています。
2016/04/13 17:10
325b40df613a198887206b4bb550abe97388062d5c4f51e1a12303f9d008?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170624%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170624t070639z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fde9300d24554b02516dd061e91a18689a207c6b4aa44afbbe773d33976e0404
danmas813
ペットを 飼っている方、また これから 飼おうとしている方に この プロジェクトを 知ってほしい。   そして、その ”命” について、考えて欲しい。
2016/04/13 17:05
User default image
tmk.star_bibimei
小さい頃から気になっている問題。 胸が苦しくなります。 少しでも不幸な猫が減りますように。
2016/04/13 17:02
User default image
Manami Ogawa
動物が大好きです。 でも飼える環境ではなく野良猫を外で飼っていたら近所の人達から苦情がきてその猫もいつの間にか居なくなってしまいました。 この作品を読んですごく心が痛く、苦しく、 悲しくなり共感しました。 私も何かしたいとの気持ちで 少ない募金ではありますが参加させて頂きました。 絵本になるのを楽しみにしています。
2016/04/13 16:54
User default image
萬田成史
私も自宅で猫と犬を1匹づつ飼っています。 あの子たちだけでなく、他の小さな命を守らせてください。 少しばかりの支援ですが、お役に立てれれば幸いです。
2016/04/13 16:52