76696f02c30609684da77162e4e317783110f4f0be16bbd3a223601a8189?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190216%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190216t072841z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=68ddb212f22d368a7120d44bf3a3f6cc039bac98a17bb8b49d06b8fd58dd799e

刃物の産地「関」で生まれた、
女性のための包丁と男性のための包丁「ゆり」と「やまと」

Aabacf61274c3fd9dd72fa4deb5df86f2ccbd4423fd65fc6b78292e090ef?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190216%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190216t072841z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=e68f98b94759d059f60ef09da28641efe3d291f2ab9025f64826c07e51268de2

スタイルストアというセレクトショップでバイヤーをしている柳沼周子です。スタイルストアは、間もなく12周年を迎えるオンラインショップ。2014年末から代官山でショップも運営していますが、その歴史のほとんどはインターネットの「通信販売」でした。このプロジェクトでご紹介するのは、刃物の産地・岐阜県関市で作られる「包丁」。通販で包丁といえば、「完熟のトマトもスパスパ切れる!」というテレビ通販のCM、皆さんの頭にも浮かびませんか?包丁はいつの時代もよく売れる、通販業界での定番アイテムです。にもかかわらず、スタイルストアでは、ほとんど包丁を取り扱ってきませんでした。出会う包丁は、すべて平均点以上をクリアした、モノとしては申し分ないもの。けれども、これぞ!というほど心に響く何かはない・・・一人のつかい手としてもそんなふうに感じており、間に合わせで選んだものをなんとなく使っている状態でした。

意外となかった、女性が作る「女性のための包丁」

そんな中、久々に出会った心惹かれる包丁。それが、岐阜県関市の包丁屋さん『志津刃物』のものです。志津刃物にある数々の包丁の中で、私がいいなと思ったものには、ある共通点がありました。それは”女性が作った包丁”だったということです。



こと刃物の世界は、職人さんはもちろん、モノを考える人も売る人も、総じて男性が中心。昔は職業としての料理人も、ほぼ男性だったためか、とにかく包丁は男性によって作られることがほとんどでした。そんな状況に疑問を持ったのが、志津刃物の女性社員たち。社長の奥さまをはじめ、営業さんからパートさんまで、包丁づくりに携わる女性たちと、同じく関市を拠点に活動するプロダクトデザイナー山本愛子さんがタッグを組み「自分達の手になじみ、心から使いたいと思える包丁を作ろう」とプロジェクトがスタート。今回ご紹介するのはその集大成ともいえる本格派包丁『ゆり』と『やまと』です。

イメージは大和撫子、凛とした美しさを持つ包丁「ゆり」

皆さんは、料理人の方が使う「和包丁」をご存知でしょうか?刃は鉄製で、持ち手にほうの木を使い、『菜切(なきり)』や『刺身』など用途別にサイズや仕様が決められています(一般的に包丁と聞いてイメージする『三徳』いう種類は、和包丁にはありません)。料理の味に差が出ると言われるほど、格段に切れ味が鋭い一方、錆対策をはじめ手入れが大変で、家庭で使うにはハードルが高い包丁でもあります。

女性のための本格包丁「ゆり」が目指したのは、和包丁のようなスペックと佇まいを持ちながら、気負わず普段使いできる包丁。持ち手に白木を配し、スマートにしとやかに使える、でも一通りの料理シーンを網羅する3本、「三徳」「菜切型」「ペティナイフ」が誕生しました。いずれも刃のサイズや細かな仕様は、「女性の手で使いやすいかどうか」を基準に、一から作られたオリジナルの包丁です。

家を出る娘に持たせたい3本の包丁

デザイナーの山本さんは、刃物の産地近くに暮らしながら、自分の欲しい包丁がなくて、いつか自分で作りたいと考えていたそうです。志津刃物さんとの出会いがあり、本プロジェクトが進む中、自身の娘さんが独立して家をでることになりました。「娘に持たせたいと思う包丁もやっぱりなくて、『ゆり』は彼女に贈ることもイメージしながら制作しました(デザイナー山本愛子さん)」。つまり「三徳」「菜切」「ペティナイフ」は、「これさえあれば間違いない」という基本の3本が厳選されたもの。商品開発に関わった女性達が、各家庭や自分の母親が愛用してきた包丁の種類を見直し、「結局これをよく使うよね」という包丁から導き出した3種類です。

【1】ゆり ペティナイフ ¥7,020(消費税&送料込)
大は小を兼ねるという意味では「三徳包丁」があればいい?と思いきや、小回りのきくペティナイフがあると便利なシーンというのは確実に存在します。サラダのためにトマトときゅうりをさっと切る、果物を剥くなど、作業する手元まで美しくみせてくれそうなペティナイフです。

【2】ゆり 三徳包丁 ¥8,100(消費税&送料込)
ゆりの包丁3本の中から1本選んで、と言われたらおすすめしたい、基本のキともいえる包丁です。一般的な三徳より刃が細長くなっており、キャベツなどボリュームのある野菜をざくっと切るのにぴったり。

【3】ゆり 菜切包丁 ¥8,100(消費税&送料込)
昔は普通にあったのに、最近見かけなくなった菜切包丁。改めて使うと、無駄のない機能性にはっとさせられます。玉ねぎのみじん切りや、さいの目切りの豆腐など、幅広の刃に切ったものをのせて鍋に入れるシーンでは実に便利。菜切りというだけあって、白菜など大ぶりな刃物を切るときの安定感も秀逸です。

「ゆりとやまと」の『やまと』って何!?男のための包丁誕生秘話

さて、冒頭で『ゆり』と『やまと』とお伝えしながら、ここまで「ゆり」についてお話をしてきました。先にお伝えしたとおり、女性が使うのに男性の意見だけで包丁が商品化されるのはどうなのよ、ということで『ゆり』シリーズの開発がスタートしたわけですが、その過程でやっぱり男性が意見してくるわけです(笑、もちろんよかれと思って)。それで「分かった、じゃあ男性用は男性用で作るから、思いの丈はそこにぶつけてよ、ということになり、『やまと』という男性のための包丁も一緒に誕生することになりました」(志津刃物女性チーム)。

女性陣と男性陣のせめぎあいが目に浮かぶようですね。しかし、これが結果的にすごくよかった。それぞれが、心からいい!使いたいと思えるものを貫いて、最終的なカタチにできたからです。「和包丁なみの本格派」というスペックの高さは男女共通。大和撫子な「ゆり」に対し、サイズと重量感を男性に最適化、食材の刃離れがよく、見た目に粋な槌目模様が施された「やまと」。質実剛健なにっぽん男児、というよりは、「ゆり」にも通ずる品のある佇まいで、和だけれどもジェントルマンな雰囲気の包丁が誕生しました。

【1】やまと 三徳包丁 ¥9,720(消費税&送料込)
オールマイティに使い勝手のいい一本。関の包丁のしなやかな切れ味を体感して頂けます。

【2】やまと 出刃包丁 ¥10,260(消費税&送料込)
男性には釣りを楽しむ人も多いことから、魚をさばくのにぴったりの出刃包丁は「やまと」のラインナップに欠かせない一本でした。もちろんお肉用にも。男の料理で活躍する包丁です。

【3】やまと 柳刃包丁 ¥10,260(消費税&送料込)
刃の付け根から先端までを使って、すっと刺身を切ることができる柳刃包丁。プロユースの柳刃より刃は短めですが、家庭で刺身を楽しむには充分なサイズです。

産地のメーカーだからこそ、深い思い入れのある包丁

『ゆり』と『やまと』をつくる志津刃物さんは、もともと包丁の研磨職人さんだった現社長のお父さんが立ち上げた会社。関はもともと刃物の中でも量産の包丁が得意な産地で、一時は数万という単位で包丁を海外へ輸出していました。しかし、昨今は関のブランドをもってしても、包丁だけでは事業として厳しいという時代。彼らも、刃物の仕事ではあるけれど、釣り道具や自転車工具など、包丁以外の仕事をしてきました。けれども一方では、せっかく刃物の産地でもの作りをしているのだから、いつか自分達の包丁を作りたい、という想いがずっとあったのだそう。そのため、だいぶ前から職人の育成に力を入れており、もともと分業だった包丁作りの多くの工程を自社でまかなえる体制作りをしてきました。



私は仕事柄、包丁のパーツを見ると「あ、これは型から作ったはずだから、かなりお金がかかっているな」という感じで、なんとなく原価が分かるのですが、そのわりに「ゆりとやまと」は想像したよりも買いやすい価格でした。これは、彼らが自信を持ってつくった包丁を「なるべく多くの人に届けたい」という想いがあって価格を設定した、というのもありますし、それを実現できるだけの製造体制を作ってきたことも大きいと思います。
デザイン、スペック共に妥協なく作った今回の包丁は、製品化までに2年を費やしました。その分、文句なく満足のいく仕上がりになった『ゆり』と『やまと』。料理を愛する人に、暮らしの道具を愛でる人に、ぜひ手にしてほしい包丁です。



お届けは4月下旬を予定しています。『ゆり』と『やまと』、いずれも和紙のような紙に包み、木箱に入れてお届けしますので、贈り物としても充分見栄えのするパッケージ。ちょうど母の日も近いタイミングですし、料理好きな方へのギフトとしてもおすすめです。
支援を検討頂く中で、包丁に関する疑問やご質問等ありましたら、お気軽にメッセージを頂ければと思います。皆さんのご支援はもちろんのこと、シェアして頂いたり、質問・メッセージなど、アクションを頂けることが、私たちにとっては貴重な機会であり、大きな励みになります。どうかよろしくお願い致します。


ラインナップ一覧

ゆり ペティナイフ
¥7,020(消費税・送料込)
・長さ25cm、刃14cm、重量65g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定

ゆり 三徳包丁
¥8,100(消費税&送料込)

・長さ31cm、刃19cm、重量90g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・5月初旬発送予定


ゆり 菜切包丁
¥8,100(消費税&送料込)

・長さ29.5cm、刃17.5cm、重量110g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定


やまと 三徳包丁
¥9,720(消費税&送料込)

・長さ31cm、刃18.5cm、重量130g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定


やまと 出刃包丁
¥10,260(消費税&送料込)

・長さ29cm、刃16cm、重量150g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定


やまと 柳刃包丁
¥10,260(消費税&送料込)

・長さ33cm、刃20.5cm、重量130g
・刃 三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム
・持ち手 積層強化木
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(1,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定


ゆり包丁3本セット
¥21,000円(消費税&送料込)

・スペックは各包丁をご参照ください
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(4,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定


やまと包丁3本セット
¥27,700(消費税&送料込)

・スペックは各包丁をご参照ください
・日本製(岐阜県関市)
・本プロジェクト限定で無料砥ぎ直し券つき(4,500円相当)
・木箱入りでお届けします
・5月初旬発送予定

上へ戻る


他にもあります。現在公開中のTSUKURITTE LABの新商品

 

伝統の彫刻を活かし、現代の生活にアクセントを加える。彫刻プロダクトブランド『Obil』立ち上げ先行販売。

 

森で生まれた炭で、お部屋に森をつくる。天然素材の特許技術で空気を浄化する『森の炭の森』開発プロジェクト

 

日本人が気づいていない豚革の魅力!オールメイドインTOKYOの豚革財布「Decibell」先行販売プロジェクト

 

愛知の知多木綿×京都の草木染めで作る「breezy blue」のベビーアイテムを先行販売

 

ミラノサローネで評価されたデザインが日本上陸! 栃木の工房が曲線フェチとタッグを組んで 世界ブランドを目指すHana tableプロジェクト

 

初めて使う時でも、楽しく持てる?!お箸の練習にもなる自然と人差し指を添えたくなるスプーン!

 

賃貸でもインテリアを楽しくしたい!手軽にお部屋のコーディネートを変えるいいとこ取りルームテープ

 

上へ戻る