762c01e5c372d1cfbc931d5cc9ae35e3541bdf6714e4fd0c565e73754d13?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190922%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190922t103754z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=0217a51265d4ebbc249b68748e7b6479774290d1af78ebcb81fdaf2a6b336c16

Go to GOTO with Goat〜ぴたらファームの仔ヤギを五島列島へ!

C36da35af06012bec6f7d94978401c279bca500b5fccd69899f0df07f889?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190922%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190922t103754z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=088ad77421546a98066a538f096127e487f03e1c6ba989cc220436116c018467

 

こんにちは、ヤギ男です。
僕は現在山梨県北杜市にある「ぴたらファーム」という農場で暮らしています。

 

 
まだ赤ちゃんの僕ですが、3月20日 長崎県五島列島へ移住することとなりました。
 

 

僕が移住するのには訳があります。
五島列島はかつて芝ヤギという品種のヤギの産地、ヤギ界でも有名な、まさにヤギの島でした。しかしながら、最近はめっきりと芝ヤギを見かける事が少なくなってしまったようです。ヤギの生態系を守る為にも、僕は移住する決意をしたのです。
僕は五島列島でアイドル的存在になりたいと思っています。

今回は付き人二名を伴って軽トラックでのんびりと旅をしながら移動する事にしました。
その際に必要な移動費、食費、宿泊費は付き人の自己負担になり、それでは余りにも付き人が可哀想です。
そんな時『クラウドファンディング』というサービスがある事を知り、今回のプロジェクトに必要な資金を募集しようとプロジェクトを立ち上げました。
皆様、何卒付き人にご協力の程宜しくお願いします。めえ。
 

◆なぜ五島列島へ移住するの?

ヤギの付き人の1人、真吾です。2012年6月某日、「ぴたらファーム」で3頭の仔ヤギが生まれました。「ぴたらファーム」では、循環を意識した暮らしを目指し、その一環としてヤギを飼っています。ヤギのお乳はミルクとして飲む事も出来るし、発酵させてチーズに加工する事も出来ます。豊かで持続可能な暮らしを叶えてくれる、とてもありがたい動物なんです。ただし、ファームでは、現在他に2頭のヤギを飼育しているために、これ以上ヤギを飼う事は出来ないのです。

そんなヤギが産んだ子供達、3頭のうち2頭は近所の方が貰い受けてくれましたが、残った1頭、それがヤギ男です。
 

さて、どうしたものか。
そこで別の仔ヤギを貰い受けてくれたパーマカルチャリストの四井真治さんに相談したところ、四井さんの携わる五島列島福江島にあるエコビレッジ「大丈夫村!」でヤギを欲しがっているというお話を頂きました。

五島列島 - 九州の最西端、長崎港から西に100kmに位置し、北東側から南西側に80kmにわたって大小あわせて140あまりの島々が連なる列島。 かつてはヤギの産地として有名でたくさんのヤギが暮らしていた場所。ヤギ男からご説明のあった通り、今はどんどんヤギが減ってしまっているのです。

遠く離れたヤギの島の、ヤギの生態系を守りたい。
そしてヤギ男に、元気に幸せに、育って欲しい。
そんな想いから、ヤギを五島列島へ送り届けるプロジェクトを発足しました。
 

◆どうやってヤギを連れて行くの?

とは言うものの、一体どのようにして仔ヤギを山梨県から五島列島まで連れて行くのか。
バイクの後ろにリヤカーをつなげ、その上に小屋を作って牽引して行くか?ヒッチハイクをして他力本願で進んで行くか?はたまたトコトコのんびり歩いて行くか。。。
色々と模索をした結果、仔ヤギの負担の事を一番に考え、今回は車に乗せて連れて行く事にしました。
せっかくなので道中は知り合いのファームなど様々な土地に立ち寄り、色々な人達(動物達とも)と交流を取りながら、その様子をみんなにご紹介していこうと思っています。

『ぴたらファームと五島列島をつなげたい。』
大それた事かもしれませんが、クラウドファンディングを使ってこのプロジェクトに関わる人達とつながり、日本を少しでも元気にしていければ良いな、と思っています。
 

◆旅のメンバー

 
・真吾
2012年に勤めていた会社を辞めて農のある暮らし方を求めて山梨県北杜市へ移住。
現在ぴたらファームのスタッフとして毎日を楽しく過ごしています。

・海鳳(かいほう)
近所に住む小学校5年生の男の子。
自然と冒険が大好きな子で、とっても頼もしいパートナーです。

・ヤギ男
ファームで飼育しているヤギのユキちゃんの子供。
生後9か月。少し乱暴者。物凄く食いしん坊。
 

◆リターン

【1000円】
・お礼のメール
・道中に撮影した写真を使った絵ハガキ1枚

 

【3000円】
・お礼のメール
・道中に撮影した写真を使った絵ハガキ1枚
・五島列島のおみやげ

 

【5000円】
・お礼のメール
・道中に撮影した写真を使った絵ハガキ1枚
・ぴたらファームで出荷している野菜セット(10種類程度の野菜詰め合わせ)レギュラーサイズ1ケース※5月出荷予定
 

 

【10000円】
・お礼のメール
・道中に撮影した写真を使った絵ハガキ1枚
・ぴたらファームで出荷している野菜セット(10種類程度の野菜詰め合わせ)レギュラーサイズ2ケース[週一回発送 x 2回]※5月出荷予定

 

【30000円】
・お礼のメール
・道中に撮影した写真を使った絵ハガキ1枚
・ぴたらファームで出荷している野菜セット(10種類程度の野菜詰め合わせ)レギュラーサイズ4ケース[週一回発送 x 4回]※5月出荷予定
・ぴたらファームイベント参加費一回無料(味噌作りイベント・田植えイベント・稲刈りイベント・収穫祭 など)
 
 

◆集まった資金の用途

ガソリン代(山梨→長崎までの往復の距離約2,000km):50,000円
フェリー代(長崎→五島列島までの往復):7,000円
ヤギのエサ代:5,000円
その他雑費:18,000円
※目標金額を上回った場合は、五島列島エコビレッジの活動資金として運用させていただきます。
 
 

◆ぴたらファームって?

ぴたらファームは、山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームです。
 

ぴたらファームの理念は、
1. 持続可能な暮らしのデザインを描く
2. 自然のリズムに寄り添った健康な野菜をつくる。そして動物を育てお肉や卵をいただく
3. 自然の巡りに学び、楽しむ、そしてそれを他の人と共有する

“You are what you eat.(身体は食べたものからできている)”と言うけれど、食べものは何からできているんだろう?
わたしたちの食べものは穀物や野菜、お肉。お肉になる豚や鶏の食べものは、草や穀物。
野菜、穀物、草といった植物は、土からできています。

土のあるじはたくさんの微生物。
土から植物が育ち、動物や昆虫の命の源となり、命を終えた生き物は微生物によって土に還る - こうして巡っていくことを大切にしたい。

おいしい野菜は豊かな土の生態系のなかでつくられます。
そのバランスを崩してしまう農薬や化学肥料は使わないことが大切なのです。

分断されてしまった横のつながりを、丁寧によみがえらせたいと思っています。