6fceee4de303e40f34809c8571ee87298821178f0e9662f40853b3da6a36?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181117%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181117t172908z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=22e991757a87dcbc0e34da2e54591c848528743cb415094156c45761cddac390

軽井沢をこよなく愛したアメリカ人女性の思いを未来に!
「軽井沢 森の音楽祭2017」

80c675a88af82d4190e96c4ddcf12ff92aca4779c70be2ddd678b1b69c34?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181117%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181117t172908z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=9f25968399b560dfb4510fc18eea0df1e9e0af70bc41149411ea45741abcb5d3

♪ 音楽ホールとして建てられた歴史的建造物で音楽祭を継続的に開催したい!

ページをご覧いただきましてありがとうございます。
軽井沢の歴史的建造物ハーモニーハウス保存プロジェクトを運営する株式会社軽井沢総合研究所の土屋勇磨と申します。

 

私たちが運営するハーモニーハウスという建物は、アメリカ人で音楽教育家のエロイーズ・カニングハムさん(1899-2000)が青少年のための音楽ホール兼合宿所として1983年に建てられた歴史的建造物です。音楽に造詣の深いモダニズム建築の巨匠・吉村順三氏が設計したため、素晴らしい音響を誇る施設です。残念ながらハーモニーハウスはカニングハムさんの没後、その利用頻度が極端に減り、老朽化著しく、所有団体が処分を検討していました。そこで私たちが借り上げ、カフェ・シェアハウス・貸別荘という3つの事業で保存するプロジェクトを立ち上げました。

ハーモニーハウスは吉村順三氏が設計し、エロイーズ・カニングハムさんが私財を投じて建設されました。

 

吉村順三 氏  

東京美術学校建築家(現東京芸術大学)卒業後、1931年にアントニン・レーモンド建築事務所に入所。モダニズム建築を体現するとともに、レーモンドに日本建築を伝え、日本の伝統とモダニズムの融合を図りました。エロイーズ・カニングハムの西麻布の自宅はレーモンドが設計を手掛けています。軽井沢のハーモニーハウスと旧カニングハム別荘は吉村順三氏が設計し、師弟に受け継がれる建築様式や精神性が窺えます。主な作品として奈良国立博物館新館や八ヶ岳高原音楽堂が有名です。

 

エロイーズ・カニングハム 氏

宣教師の両親とともに明治時代から軽井沢を訪れ、戦前まで毎夏を軽井沢で過ごしてきました。戦時中はアメリカの大学で音楽教育を学び、戦後再び来日、音楽教師を務めました。1939年、「若き人々のための交響楽演奏会」を開催、子供達のために毎月無料コンサート活動を行いました。1983年、音楽を学ぶことを目的とした若者たちのために、合宿所兼音楽ホール「ハーモニーハウス」を建設し、人種、宗教に関わりなく、大切に使われることを希望していました。

 

♪ 音楽ホールに眠る希少なピアノ「BELTON」

ハーモニーハウスの音楽ホールには、世界に100台もないと言われる「BELTON」という国産メーカーの貴重なグランドピアノが置いてあります。

 

「BELTON」はフジコ・ヘミングさんの師匠としても有名はピアニスト、レオニード・クロイツァー氏によって命名されたもので、特にグランドピアノは現存するものが少ない大変希少価値の高いものと言われています。ベーゼンドルファーなどに代表される総一本張りという調弦方法を採用し、白鍵に象牙が使われるなど、クリアな伸びのある音色が特徴です。

ハーモニーハウスが完成する前からカニングハムさんが西麻布の自宅で愛用していたこの素晴らしいピアノも、軽井沢の多湿な状況にしばらく放置されたため、鍵盤の戻りが悪いなど傷みが激しく、正常な状態に戻すためには大掛かりな修理が必要となります。

 

♪ ハーモニーハウスは音楽ホールとしての役割を果たして初めてその価値が生きる!

2016年夏、私たちの活動に共感してくださったある別荘所有者の方が共同で音楽祭を企画してくれました。その名は「軽井沢 森の音楽祭inハーモニーハウス2016」です。

 

この音楽祭は入場チケット代金収入のみで運営されました。芸大出身者を中心としたレベルの高い演奏家たちが趣向を凝らした素晴らしい企画でしたが、立ち上げたばかりの音楽祭で認知度が低かったこともあり、昨年は赤字計上となってしまいました。もともと営利を目的とした音楽祭ではありませんが、今年、来年と続け、みなさまに長く愛される音楽祭にしていきたいと考えております。

皆様からいただいた資金は、演奏家の方々の交通費や宿泊費、ピアノの改修費の一部として使わせていただきます。 支援してくださった方には感謝の気持ちとリターンを送らせていただきます。

 

♪ リターンについて

リターンとして、8月25日より開催される「軽井沢 森の音楽祭2017」のコンサートチケットをご用意いたします。コンサートのS席はこのクラウドファンディング限定シートとなります。(ホール2階のソファー席でグラスシャンパンもしくはスペシャルティコーヒー(紅茶)付き)

また、10,000円のご支援をくださった方には、コンサート後のパーティーにもご招待させていただきます。

 

 

1,000円のご支援

・サンクスレター
・公式HPに記載

 

5,000円のご支援(各日15名限定)

・サンクスレター
・公式HPに記載
・8月25〜27日のうちお好きな日程のコンサートへS席にてご招待

 

10,000円のご支援(各日5名限定)

・サンクスレター
・公式HPに記載
・8月25〜27日のうちお好きな日程のコンサートへS席にてご招待
・コンサート後のパーティーにご招待

 

15,000円のご支援(5名限定)

・サンクスレター
・公式HPに記名(大)
・コンサート3日間通しチケット

 

♪軽井沢 森の音楽祭2017 in ハーモニーハウス プログラム

8月25日 19:00〜
「月に寄せるオペラな夜」
『椿姫』 愛と犠牲の狭間で消えていった一つの命。。。

 

出演(写真左から)

ソプラノ 中川京子
ヴァイオリン 佐原敦子
チェロ 灘尾彩
ピアノ 今川恵美子
ゲスト バリトン 大山大輔

Program

ドヴォルザーク オペラ「ルサルカ」より「月に寄せる歌」
ガーシュイン オペラ「ポーギーとベス」より"サマータイム"
ヴェルディ オペラ「椿姫」よりハイライトシーン

 

8月26日 17:00〜
ブエノスアイレスの夏 in軽井沢 Vol.2
~オール・ピアソラプログラム~

 

出演(写真左から)

ピアノ 松村秀明
ヴァイオリン 佐原敦子
チェロ 灘尾彩
ゲスト ソプラノ 中川京子

Program

ピアソラ
・リベルタンゴ
・ブエノスアイレスの四季
・天使の組曲

 

8月27日 16:00〜
「カルテット!?」in 軽井沢
 ~森に融けこむ素朴なチェコの調べ~

 

出演(写真左から)

ピアノカルテット・クレオ
・ヴァイオリン 佐原敦子
・ヴィオラ 阿部哲
・チェロ 豊田庄吾
・ピアノ 斎藤龍

Program

・スメタナ 「わが祖国」よりモルダウ
・ドヴォルザーク ユーモレスク
・ドヴォルザーク ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調

 

▲ 軽井沢 森の音楽祭2017 総合プロデューサー 高山信彦さん

 

♪軽井沢 森の音楽祭2017 in ハーモニーハウス 奏者一覧

ソプラノ 中川京子(25 , 26日出演)

大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。寺松光子、田口興輔各氏に師事。ミラノ、フィレンツェ、ローマにて学ぶ。03年「マダムバタフライ」04年「ラ・トラヴィアータ」でオペラリサイタル開催。海外では イタリア、アメリカ、カナダ、アイルランド、上海で演奏会に出演。深みのある叙情的な声、音楽性には定評がある。

 

ヴァイオリン 佐原敦子(25〜27日出演)

東京藝術大学卒業、同大学大学院修士課程修了。文化庁在外研究員として2年間ウィーン国立音楽大学大学院にて研鑽を積む。ウラルスク国際コンクール優勝。イギリスのQuartzよりデビューCD、Toccata Classics より知られざるオランダの作曲家ユリウス・レントヘンの室内楽作品集をリリース。現在、東京藝術大学大学院室内楽科非常勤講師及び芸大フィルハーモニア管弦楽団、アンサンブルofトウキョウメンバー。
公式ブログ:http://ameblo.jp/atsukosahara/

 

チェロ 灘尾彩(25,26日出演)

鳥取県米子市生まれ。 9歳よりチェロをはじめる。洗足学園大学ソリストコース修了。札幌ジュニアチェロコンクールにて優秀賞。鳥取県管弦打楽器人材発掘オーディションにて県知事賞受賞。大阪センチュリー交響楽団、東京弦楽合奏団、ポーランド室内管弦楽団と共演。これまでにチェロを倉田澄子、山内俊輔、藤森亮一、木越洋、毛利伯郎の各氏に師事。現在、ソロ、室内楽、オーケストラ、レコーディングなど幅広く活動中。

 

ピアノ 今川恵美子(25日出演)

4歳よりピアノを始める。東京都立芸術高校卒業。東京藝術大学を経て、同大学院修士課程室内楽科修了。2006年ロゼピアノコンクール第一位。2007年仏クールシュベール夏期セミナー受講。2009年日本演奏家コンクール第一位。2012年霧島音楽祭にて室内楽アカデミー受講。2014年津田ホールにてヴァイオリンとピアノのデュオリサイタルを開催。現在、合唱伴奏、ソロ、室内楽でも活動中。聖パウロ学園高等学校、文京学院大学非常勤講師。

 

バリトン 大山大輔(25日出演)

東京藝術大学首席卒業。同大学院修了。“井上道義✖️野田秀樹”コラボレーションオペラ《フィガロの結婚》全10都市公演や、宮川彬良作曲の歌劇《ブラック・ジャック》等で主役を数多く演じる。演劇経験も多い他、劇団四季ミュージカル《オペラ座の怪人》でもファントム役で客演するなど幅広く活動。その多彩な舞台経験と独自の表現力から、台本執筆、MC、ナレーション、歌唱・演技指導にも定評がある。洗足学園音楽大学講師。

 

ピアノ 松村秀明(26日出演)

慶應義塾大学法学部卒業。洗足学園音楽大学附属指揮研究所マスターコース、アフィニス夏の音楽祭、紀尾井シンフォニエッタ東京(新日鉄文化財団指揮研究員)で研鑽を積む。秋山和慶、河地良智、増井信貴、湯浅勇治の各氏に師事。第11回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第3位入賞。これまで国内主要オーケストラの他、イタリアのハイドン管弦楽団へ客演。洗足学園音楽大学非常勤講師。コンサートイマジン所属。

 

ヴィオラ 阿部哲(27日出演)

東京藝術大学附属音楽高校、東京藝術大学卒業、同大学院修了。ヴィオラを菅沼準二、川﨑和憲、市坪俊彦の各氏に師事。室内楽を岡山潔、クロード・ルローンの各氏に師事。クァルテット・レオーネ、ピアノクァルテット・クレオのメンバーとして室内楽演奏に取り組む他、在京のオーケストラを中心に客演奏者として活動している。現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(藝大フィルハーモニア管弦楽団メンバー)

 

チェロ 豊田庄吾(27日出演)

長野県出身。東京藝術大学卒業。 小沢征爾音楽塾オペラプロジェクト、赤穂音楽祭、等に出演。これまでにチェロを北口大輔、上森祥平、河野文昭の各氏に師事。  室内楽を松原勝也、山崎伸子、岡山潔の各氏に師事。現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(藝大フィルハーモニア管弦楽団メンバー)

 

ピアノ 斎藤龍(27日出演)

東京藝術大学を経て同大学大学院修士課程修了。チューリッヒ芸術大学大学院コンサートディプロム課程及びソリストディプロム課程修了。第16回ブラームス国際コンクール第3位及び審査員特別賞をはじめ受賞多数。友愛ドイツ歌曲コンクール最優秀共演者賞。2013年「Ryu Plays Schumann, Schumann, Brahmsをリリース(レコード芸術準特選盤)。演奏活動の傍ら、東京藝術大学、沖縄県立芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。
公式HP:https://www.ryusaito.com