image

【今冬お届け】ウィンタースポーツの新定番!
超身軽・新感覚スノーギア『snowfeetⅡ Mint Blue』

image paypay banner

2019年GREENFUNDINGにてプロジェクト成功を収め、日本初上陸した新感覚スノーギア『snowfeet』

この度、新しいモデルカラーsnowfeetⅡ Mint Blueが登場しました!

snowfeetは今年で上陸から4シーズン目となりますが、すでに累計4500足以上の販売実績があり多くの方に新しいウィンタースポーツとして楽しんでいただいております。

初めは0だった滑走可能なスキー場も、地道な活動により今では全国265以上のスキー場で滑走可能になりました。※スキー場リストはこちら

SNSでも体験した皆様から「めちゃめちゃ面白い!」「スキーブーツでもスノボーブーツでもできるのがいい!」「家族でシェアして使っています!」など、大変多くの声をいただいております。

Twitterの急上昇ランキングにも入り込んだチェコ発祥の全く新しいウィンタースポーツ。スノーフィートは雪上をスケートのように滑ることができ、コンパクトで持ち運びも楽だから、気軽にゲレンデに行ける!

素晴らしいゲレンデが沢山ある日本だからこそ、ウィンタースポーツシーンをもっと盛り上げたい!その思いを形にするべく、私たちはsnowfeet Japanチームを立ち上げました。

 

✔︎もっと気軽にゲレンデに行きたい

✔︎スキーやボードは少し飽きた

✔︎雪上で自由に動き回ってみたい

✔︎大人も子供も一緒に遊びたい

✔︎スキーやスノーボードは値段が高い

✔︎新しいスノーギアに挑戦してみたい

✔︎スノーボードやスキーは難しい

✔︎リフトの乗り降りが怖い

 

 

スノーフィートは靴のままゲレンデを滑る感覚。スキーとスケートが混ざったような滑り心地で雪上を自由に動き回ることができます。

重量は片足わずか678gなのでスキーやスノーボードに比べて非常に身軽です。

スノーフィートは非常に軽くて小さいので、バッグに入れれば簡単に持ち運びができます。気軽にスキー場に行くことはもちろん、雪山登山でも大活躍!

スノーフィートはビンディング形式なので、簡単にブーツに取り付けができます。

スキーやスノーボードに比べ、板が大きくないので転んでも足が巻き込まれることもなく、受け身が取りやすく安全。その上コントロールしやすいので初心者でも比較的すぐに滑れる様になります。

スノーフィートはあらゆる防水性を備えたシューズに取り付け可能です。

ハードブーツ(スキーブーツ)、ソフトブーツ(スノボブーツや防水性ウインターシューズ)で乗るも良し。お好みの防水シューズでもOK!!

スキーやスノーボードと一緒にスノーフィートも持っていけば1回で2度楽しめる!

ワンサイズで22.5cm 〜 30.5cmまで対応

友達とシェアして使ったり、午前中はお子様がライドして午後からはパパが。なんてお使い方も可能です。

 

サイドにある金属製のエッジを蹴り込むだけで簡単に曲がったり止まったりすることが可能。 初心者の方であればヒールのブレーキを使うことで安全に減速することもできます。

 

上陸して3シーズンがすぎ、もはやプロとも言えるほど乗りこなす人たちも増えてきました。

 

足のスノーギアが重いし大きすぎてジャマだなぁ。と感じたことありませんか? スノーフィートはすべてにおいて身軽なので、リフトの乗り降りもラクラクです。

 

スノーフィートは、スキーやスノーボードに比べて、すべての装備品がリーズナブルです。グループで1足あればシェアして使うことも。

これは試してみたいかも。自由度の高いシューズ型スノーボード「Snowfeet」
(Lifehacker)

スノーボードやスキーではなく、新しいウィンタースポーツをしたい方やより安全に体を動かしたい方は、このSnowfeetを試してみては?

この冬に試したい!自由度がハンパない滑走ギア(GIZMOOD)

靴の上に装着するだけで雪上が滑られるチェコ生まれの新ウィンタースポーツ「Snowfeet」(@DIME)

スキー、スノボの次は「スノーフィート」だ!(Livedoor News)

これは新しい!ゲレンデを靴のまま滑る感覚が話題のアイテム“スノーフィート”(ニコニコニュース)

スキーやスノーボードよりも身軽。チェコ生まれの新たなウインタースポーツ。(ロイターco.jp)

靴でゲレンデに飛び出す感覚。スキー板代わりにスノーブーツに装着して滑る、コンパクトな「スノーフィート」の楽しみ方です。(日本経済新聞 電子版)

素人がスノーフィート に初挑戦!!

商品詳細

snowfeetⅡ Mint blue

snowfeetⅡ black 

 

★snowfeetⅡ

■従来モデルからビンディングがアップグレードしロゴも入りました。今回の新色に加えてブラックもご購入いただけます。予備ベルトの付属、専用バックも高品質に。

長さ:48cm

幅 : 14cm

高さ:3cm

重さ:1.24kg(片足:712g)

カラー:ミントブルー、ブラック

 

今回、Snowfeetやウィンタースポーツに初めて挑戦する方にも安心頂けるように「snowfeetレッスンチケット」を全ての支援者様に特典としてお付けします。

特典及びリターンのレッスンにつきましては2023年1月ごろより各県のスキー場で毎週末行う予定のsnowfeet体験会にてグループ形式で受けることが可能です。

体験会の日時、場所につきましては指定箇所となりますが、出来るだけ多くのお客様にご参加いただけるよう、1月〜3月にかけては各県のスキー場様と連携を取りながらほぼ毎週開催予定となっております。

万が一悪天候の為開催できなかった場合や、主催側の不備で参加できなかった場合はその他日程の体験会にご参加いただくか、運営よりsnowfeetステッカー(非売品)をプレゼントさせていただきます。

体験会の開催を予定しているスキー場

北海道エリア(スキー場は11月頃確定予定)

長野県エリア(スキー場は11月頃確定予定)

新潟県エリア(スキー場は11月頃確定予定)

群馬県エリア(スキー場は11月頃確定予定)

関西エリア(スキー場は11月頃確定予定)

家族、友人と一緒に楽しんでいただきたい!その思いから2ペア以上のペア割が最もお得なプランにさせていただきました。是非知人にシェアして一緒にご支援いただけますと幸いです。

私たちはチェコに本社を構えるSnowFeet(スノーフィート)と申します。

私たちが開発したスノーフィートは、全く新しいウィンタースポーツです。

おかげさまで、日本でも初お披露目してからというもの、大変多くの方々がこの新しいウィンタースポーツに興奮されているのを実感しております。

snowfeet team japanでは、毎年人口が減っている日本のウィンタースポーツシーンをもっと盛り上げたいと強く思っています。日本には素晴らしい雪山が多く、海外から来られるお客様も年々増えています。これは海外には無い日本の魅力であり、もっと積極的に日本も発信していくべきだと考えています。

その為にも日本人がもっとスキー場に気軽に行けて楽しめるような取り組みをsnowfeetを通して行っていきたいと考えています。

是非、日本の皆さんにも気に入っていただければ嬉しい限りです。

ご支援お待ちしております!


-- スケジュール --

2022年

7月15日 クラウドファンディング 開始

8月31日 クラウドファンディング 終了

11月下旬 リターン品 送付予定

 

Q.どんな靴を使うべきですか?

A.もっとも理想的なブーツはスノーボード用のスノーブーツですが、スキーのハードブーツや一般的なウィンターシューズでもご使用可能です。(足首をしっかりと固定する防水性のシューズを推奨しております)

Q.どのようにブレーキをかけますか?

A.スキーやスケートで止まるのと同じくサイドエッジで停止することができます。さらに、インラインスケートのようにヒールブレーキで減速することもできます。

Q.日本のゲレンデで使用可能ですか?

A.現在確認できている滑走可能スキー場リストをサイトに載せておりますのでご確認ください。もしリストにない場合は、スキー場にご確認されると良いでしょう。現在不可となっているスキー場も今後可能となる可能性がございます為、順次ご確認いただけますと幸いでございます。
https://snowfeet.co.jp/pages/snowfeet_ok

Q.ワックスは必要ですか?

ワックスは必要です。またホットワックスを塗っていただくのが理想ですが、簡易的な液体ワックスでも滑りがよくなりますので是非お試しください。ワックスの種類は雪質や気温に合わせて適したものを選ぶといいでしょう。

 

Q.お手入れは必要ですか?

エッジ部分は金属になっているため保管はオイルアップをしていただくことで錆びにくくなっております。

Q:並行輸入品について
A:並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

並行輸入品や模倣品をご購入頂き、品質等に問題があったとしても弊社では保証致しかねますので、予めご了承願います。

Q.難しそうですが、初心者でも出来ますか?

体験レビュー動画を見ていただくとお分かりいただけるかと思いますが、コントロールが非常にしやすい為、スキーやスノーボードよりも短期間に乗りこなすことが出来ます。また転んだ際に足が板に持っていかれることもありませんので安全です。スピードを出した滑走にはある程度の練習が必要です。

Q.サイズはありますか?

サイズはワンサイズのみで22.5cm〜30.5cmまでの対応となります。

リスク&チャレンジ

私たちは「snowfeetⅡ」を予定通りお届けできるよう迅速且つ丁寧に進めるよう最善の努力を尽くしますが、以下記載にあるような事情により止むを得ずお届けが遅れる場合があります。予めご了承ください。 ・海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合があります。 ・仕様/デザインを変更させていただく可能性がございます。 ・並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。 ・ご支援後のご支援者様都合によるキャンセルや返金はお受けできませんのでご了承くださいませ。

 

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト