7cca84d8695a9d0b22115a7de28e3b79b5b179ce4453e89d003717004cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190522%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190522t065728z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=7dfc1e961f2d3e0ce5436c807bc5d177a901145077c63e2a4ff4189690705186

「これを使ったらモトには戻れない」
驚きの解像度と200度の広視野角を誇るVRヘッドセット
「Pimax(パイマックス) 8K」

1f1d0377f92afee335cce1764dd232b189a00705d72fdb7d774be4de8b07?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190522%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190522t065728z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=e00227ebc009d2f7823be7c57f404017f0d8d26edfd9e6264098d36b6e837e0b

今のVRでは満足していないあなたへ。 

 

いろんなVRを試したけど、サイバー酔いが酷かった…

大好きなゲームをもっと高画質でプレーしたい…

VRに興味はあるけど、まだまだ映像のクオリティが低いと思って敬遠してた…

 

もしそんなお悩みをお持ちなら、最先端のバーチャルリアリティデバイスでVRコンテンツをもっと楽しんでみませんか?

 

Pimax(パイマックス)8Kは、200度の広視野角を有した片目4K(3840 x 2160)の高解像度を持つVRヘッドセットです。

従来のVRでは改善されなかった長時間使用による“サイバー酔い”※注1 を解消した唯一のヘッドセットでもあります。

現在市販されている主流のVRコンテンツもほぼほぼカバーできるよう設計されているので他に類をみない次世代VRヘッドセットです。

(※注1) 画像内のピクセル間に見える細かい線(スクリーン・ドア・エフェクト)を長時間見続ける事により、乗り物酔いに似た現象を引き起こす事の呼称です)

1、人間の視野にほぼ近い200度の広視野角

Pimax 8Kは、200度の視野(FOV)を提供します。これは220度の視野をもつ人間の視野にほぼ近い数値となります。

従来のVRでは頭を動かさないと見れなかったビジョンも、瞳を動かすだけで周辺のビジョンを確認できるので、より直感的な体験が可能となります。

 

2、片目4Kが成せる高画質

片目4K(3840x2160)の驚異的な解像度のおかげで、粒状感と「スクリーン・ドア・エフェクト(SDE)」が再びあなたの邪魔をすることはありません。

SDE と呼ばれる現象は、画像内にピクセル間の細かい線が見えてしまう現象です。これまでのVR技術では解消する事ができなかった重要な欠点の1つであり、SDEを長時間 見続ける事でサイバー酔いを引き起こす事もありましたが、それらを解消したのがPimax 8Kです。

 

百聞は一見に如かず。

以下の動画は、カメラレンズを通して映し出された動画になりますが、もしこれを肉眼で見たとしたらどれだけ高画質なんだ… と感じていただける動画です。 

それではPimax 8K の鮮明な世界を少しだけご体感ください。

3、ブレインワープ技術を採用

Pimax 8K は8K映像を直接再生できるわけではありません。ですが「ブレインワープ」という技術を採用することによりユーザーが8Kレベルの映像と認識することができます。

方法としては、両目のディスプレイに一度に映像を投影するのではなく、4K画質の映像を片方ずつ、2つのディスプレイに交互に表示することでそれを可能としています。

これを1秒間に150〜180回繰り返して行うことで、ユーザーはフレームレート150〜180fpsで8K映像を観ていると認識することができます。また、ブレインワープ技術によってGPU消費を抑えることができるため、高解像度のグラフィック描写を可能にしながらも、通常のゲーミングPCでも動作可能になります。

8K未満の入力信号(4Kなど)の場合、Pimax 8Kは、ヘッドセット内の特別なビデオ処理モジュールを使用して、4K信号を8K解像度にアップスケーリングできます。 

 

4、正確なポジショントラッキング

5、優れた互換性

Pimax 8K は、Steam VRを含む現在市販されている主流のコンテンツをサポートするように設計されています。

開発を仕事とされている方にも最適

Pimax 8K SDKはUnityとUnreal Engineを統合し、C ++ APIをサポートしています。既存コンテンツの可能性を発見するのに役立ちます。また、新しいアクセサリを開発するための8KデバイスドライバSDK/HDKも公開済みです。Pimaxチームはデジタルチュートリアル/活発なフォーラム/Skype / Eメールであなたをサポートします。


「これは、最も軽いVRヘッドセットの1つです。余分なサイズが使用中に知覚できなくなり、フェザー・ウェイトは長いセッションを無痛で使用することを約束します。私は眼鏡でPimaxヘッドセットを着用しても問題ありませんでした。イメージは今日のトップエンド製品より明らかに優れていました」 WifiHifi  2017.10.19


「ヘッドセットを装着するとすぐに、私のビジョンの中に黒い境界線がないことに驚きました。 初めて、VRヘッドセットを着用していないような気がしました!
期待どおり、非常に高い表示解像度のおかげでサブピクセルを見ることができず、ゴーストも気になりませんでした」Engadget  2017.10.12


「…あなたが海底に突入する受動的なVR体験であるtheBluを起動すると、8Kヘッドセットの追加範囲が本当に分かります。視覚的にはもっと自然な感じがしました…私は以前HTC Viveでこの経験をしました。ですが、スキーゴーグルを通して見ていない、ここで海の生活をしているように感じました。その周辺部がブロックされていても、後でViveに戻り、間違いなく後退のように感じました…実際にVRの水準を引き上げたのは8Kです」Wareable 2017.10.09


「...これは本当に次世代ヘッドセットのように感じます。私は200度のFOVは絶対にゲームチェンジャーであると言わなければなりません。私が使用したものとは全く異なるレベルです(Oculus / PSVR、さらにはPimax BE)。私はFruit Ninjaを大画面のデスクトップでやらなければなりません。
ディスプレイの明瞭さは、Fruit Ninjaで私の武士の剣よりも鮮明で流動的でした。私はそれを使用するときSDEまたは神の光線を感じませんでした。
とにかく高解像度のヘッドセットを持っています(Rift / Viveと比較して)が、それを取って余分なFOVを追加すれば、それはどのようなものなのかを知ることができます。実際、4:3からワイドスクリーンテレビに変えたのと同じです。それは『劇的』なものです。」Elite Dangerous forum 2017.10.06


「200°FOVはあなたが元に戻ることができないものです。Oculusを使用すると、私はスキューバマスクで世界を見ているように感じます!スクリーン/レンズのコンボは現在のOculusとViveより馬鹿げた程ずっと先駆けています。スクリーンドアはなく、光線やゴーストはほとんどありません。フレネルレンズからの色収差や波紋はなく、目に見えるサブピクセルは見えません。 
ヘッドセットはViveよりも軽く、私の頭が素早く回ってもぐらつきませんでした」Reddit  2017.10.05


「さらに、私は色が非常に強く感じられ、私には一種のポップアウト効果があり、本当に涼しかったし、鮮やかなイメージも私には非常に明白だったと言います」DaHillersen 2017.09.08


おかげさまで 「Pimax 8k」 はKickstarterにおけるクラウドファンディングで約5億円の出資を達成し、以下を受賞しました。

ラインナップ、スペック

8Kと5Kの違い

今回は特別な5K版もご用意しております。Pimax 5Kシリーズは、解像度と価格はもちろん違いますが、Pimax 8Kと同じ機能をすべて備えています。

もし8Kか5Kかでお悩みでしたら、解像度は低いですが総合パフォーマンスは優りますので、5K Plusをおすすめいたします。

5K Plus と 5K XRの違いは、有機ELを採用しているか否かの違いとなります。

 

付属品

さらに今回は、ご支援いただいた皆様だけの特別パッケージとして下記3つが同梱されております。

特典1

Pimax専用収納ケース

特典2

Pimax特製トートバック

特典3

Pimax特製マウスパッド

 

 

Pimaxチームを代表して

日本の皆さんはじめまして。

私たちは上海に本社を構え、シリコンバレーに支社があるPimaxと申します。

私たちは、VRヘッドセットのR&Dおよび製造における長年の経験を含め、スマートデバイスで数十年の経験を持つ開発者のグループです。

我々グループは最初に 4K VRヘッドセットを発売しました。おかげさまで4K VRヘッドセットはBEST OF CES ASIAの賞をいただくほど当時最高のVRとして評価いただきました。

しかしながら仮想現実を現実に近づけるには、まだまだ課題がある事をたくさんのユーザー様からフィードバックいただきました。

そこで我々グループは4Kモデルの要素を洗練し、従来のVRで今まで解消されなかったスクリーン・ドア・エフェクト問題にメスを入れるべく Pimax 8Kを製作しました。つまりこのPimax 8Kは、現時点で我々グループが考えうる最高傑作だと自負しております。

是非、日本の皆さんにも気に入っていただければ嬉しい限りです。

 

ご支援お待ちしております!

 

スケジュール

5月14日 クラウドファンディングスタート

6月15日 クラウドファンディング終了

8月頃 リターン品お届け予定

 

Q&A

Q. 眼鏡をかけたままでも高画質を体感できますか?

A. もちろん可能です。フェイスクッション部分にはメガネ用のブラケットスペースを確保した設計となっておりますのでご安心ください。

 

その他ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ

 

Pimax(パイマックス)8Kは、200度の広視野角を有した片目4K(3840 x 2160)の高解像度を持つVRヘッドセットです。

従来のVRでは改善されなかった長時間使用によるサイバー酔いを解消した唯一のヘッドセットでもあります。

現在市販されている主流のVRコンテンツもほぼほぼカバーできるよう設計されているので他に類をみない次世代VRヘッドセットです。