ワイヤレスのリモート会議などの長時間利用でも耳への負担をかけないオープンイヤーイヤホンが登場!音を集中させて音漏れを緩和。「デュアルマイク × ENC」 で雑音や騒音を除去してクリアな音声を。高音質、低音漏を実現したBluetooth5.3搭載 耳を塞がない空気伝導イヤホン FUTURE MATE 日本初登場!

image paypay banner


 

 

 

リモート会議 / 長時間装着に最適なワイヤレスイヤホン登場

2020年より圧倒的に利用頻度が増加した「リモート会議」。

長時間イヤホンを装着する機会が増えている中で、リモート会議の快適性が求められています。

 

これまでの挿入型のイヤホンや骨伝導ヘッドフォンなどでは、

 

「耳に長時間挿入した際の痛み」

「両側を圧迫する必要性」

「骨伝導システム搭載による重量」

 

など、長時間の会議にとってのデメリットがありました。

 

Future MATE 空気伝導イヤホンは、

 

● 長時間の装着でも耳に負担をかけない

● 超軽量

● 振動などの違和感を感じない

 

などの特徴を持った、

 

リモート会議などの長時間の利用を想定し、耳を負担を軽減させたワイヤレスオープンイヤーイヤホンです。

 

本体重量を圧倒的に軽量化、音量の大小に関わらず振動を感じず、耳にかけるだけのデザインで圧迫も不要となり耳を塞がない状態で軽量で快適な着用感を実現しました

 

● 集中したい大事な会議や外出先での通話に

会社以外の環境での会議の場合、「自分以外のご家族や外部から聞こえる雑音を相手には聞かせたくない」、ケースが多々発生します。

「洗濯やキッチン周りのでの音」「自宅の外から聞こえる雑踏の音」「風などの風切り音」などは、自宅の環境によって「防ごうとしても防ぎきれない」ものです。

Future MATEは、そんな ” 相手へ届ける音声の質 ” に着目した製品です。

 


 

相手に伝わる音のノイズをカットする  デュアルマイク通話システム×ENCノイズキャンセリング

FutureMATEに搭載された「 ENC = 環境ノイズキャンセリング 」機能と、無指向性(全指向性)のデュアルマイクノイズキャンセリングシステムによって、周囲の騒音を最大35dbまで低減し、環境音を90%抑制

音源の位置を正確に計算し、「人間の声」以外の雑音を除去します。

相手に伝わる音を、より正確に、クリアな音声で届けることを可能にしました。

 

● 弊社実証実験を実施

 実証内容:低階層マンションバルコニーで、リモート会議を実施。Future MATE着用時とPCマイクを使用時の外部要因音声が相手先にどこまで聞こえるかを実証。

 実証結果:

  ・Future MATE使用時:声以外のほとんどの雑音を相手先で感じない

  ・PCマイク利用時   :実施場所近辺に停車する車の発信音外部の人の声などが相手的に伝わることを確認


 

実証内容 ②:リモート会議を実施時にFuture MATEの近くに動画配信サイトの "街の雑踏音" の音声を再生

 実証結果:

  ・Future MATE使用時:動画配信サイトの音が相手先に伝わらない

  ・PCマイク利用時   :配信サイトの再生音声が相手先に伝わり、マイク音声が伝わりにくくなる

 

 


 

耳をふさがない オープンイヤーサウンドシステム

Future MATEは、これまでのイヤホンのように耳に挿入する必要がないため、「周囲の音」や「ご自分の声」も自然に聞こえる状態でご利用が可能です。

ショッピングの際に店員さんから話しかけられても、イヤホンをわざわざ外す必要もなくご自身の声もクリアに聞こえるので日常生活の中に溶け込んだ状態でご利用できます。

また、自転車や車の音などもしっかりと聞こえますので、背後から車両が近づいていても安全に環境を把握することができます。

 

音漏れやボリュームアップを軽減 「ビームフォーミング技術」

Future MATE 空気伝導イヤホンは、音を特定の方向に送信する「ビームフォーミング技術」を搭載。

これまでの音漏れの原因であるドライバー(音の発信口)から他方向に流れる音を、耳の方向に流すことで「必要以上のボリュームアップを不要」にさせ、音漏れが起きにくい環境をサポートします。

* ご注意 )  ビームフォーミングが音漏れの軽減は可能ですが、ボリュームを非常に強くする場合に完全に無くすものではありません。

 


 

 

長時間のリモート会議でも快適に

耳をオープンするイヤホンといえば「骨伝導」が思い当たるケースが多いと思いますが、Future MATEは、骨伝導イヤホンで発生する「両側からの圧迫」の必要がなく、ボリュームを大きくした場合でも「振動も発生しない」という大きな特徴があります。

新型コロナウイルス以降、急激に増えたリモート会議などにおいて長時間装着をしていても、耳に負担をかけずにご利用いただくことが可能です。

スポーツなどでのご利用でも、落ちてしまうなどの心配もなく快適にご利用いただけます。

 


 

Bluetooth 5.3搭載 / 低遅延&LE Audio対応

Future MATEは、Bluetooth5.3を搭載しており、低遅延で高音質なサウンドを提供します。

完全ワイヤレス仕様のため、わずらわしいコードは不要です。また通信距離も10mまで対応しています。

 


 

安心のIPX5の防水仕様

あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない防水性能。

雨や汗などからもしっかりとガードします。

 

 

激しい運動でも外れない高い柔軟性と耐久性

 

Future MATEは、超弾性メモリーワイヤーを採用し、360度曲げまで可能な柔軟性を持ちます。

トレーニングジムやランニングなど、激しい運動の際も、イヤホンが外れずにご利用可能です。

また非常に高い耐久性を持っていますのでバッグなどに無造作に入れても壊れることなく使用が可能です。

 

 


 


フル充電でのご利用可能時間は最大8時間

勤務時間中、フルタイムでオンライン会議が入っていても安心です。

また充電は約2時間ほどで完了。マグネットタイプの充電器のため、充電器に近づけるだけの簡単充電システムです。

 


誰もが手に取れる高パフォーマンスをイヤホンを

Future MATEは、一般販売予定価格5,980円お求めやすい価格設定となりました。

急速な円安が進む中で物価高騰が行われていますが、「誰もが手に取れる高パフォーマンスのオーディオ機器を届けたい」という理念から開発側とも協議の上、

さらにお求めやすいGREEN FUNDINGだけの特別価格を設定し、3,000円台からのリターンを数量限定でご用意いたしました。

是非この機会にお試しください!

 

すぐにお手元に届く製品を!2022年12月中から出荷をスタートします!

Future MATEへの関心を事前にいただけたことを受けて「1日でも早く届けたい」「すぐに使ってほしい」という要望を製造元と協議を行い、

なんと、プロジェクトスタートの翌月、2022年12月中に皆様にお届けができることになりました!!

 

ご支援いただいてからすぐにご利用いただける Future MATE を是非この機会にご利用くださいませ。

 


 

 

Q:音楽再生時はイヤホンのみで操作可能ですか?
A:可能です。Bluetooth接続を行なっていただければ本体のボタンを押すだけで「再生」「停止」が可能です。

Q:通話をする際はスマートフォン操作は必要ですか?
A:原則不要です。Bluetooth接続がされている状態であれば本体のボタンで受電を行うことが可能です。初回のBluetooth接続を行う際はスマートフォンを操作する必要があります。

Q:ノイズキャンセリングには対応していますか?
A:外音を除去して相手側に届けることが可能な、ENC=環境ノイズキャンセリングに対応しています。

Q:パソコンなどでも利用可能ですか?
A:はい。パソコンとの接続も可能です。リモート会議などにおいても「マイク」「イヤホン」どちらもFutureMATEで対応可能です。

Q:防水性能はありますか?
A:IPX5相当(いかなる方向からの水の噴流水によっても有害な影響を受けないレベル)の防水性能となります。

Q:本体の掃除は可能ですか?
A:IPX5防水は、水の噴流水からも製品を守ってくれる防水性能ですので、水洗いをいただいても問題ありません。但し、水に長時間浸かってしまうことは故障の原因となりますので避けていただくようにお願いいたします。


Q:キャンセル、返品、返金は可能ですか?
A:原則として返品、返金は非対応となります。製品保証が1年ございますので、万が一、不良が起きた場合は修理もしくはご交換の対応を行わせていただきます。

 

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト