⼈間⼯学に基づいたバイク専⽤エアパッド【immerse pad BIKE】

image paypay banner
  • 【接地⾯最⼤80%減圧】独⾃のエアパッド設計が⾻盤を⽀え衝撃に合わせてフィットします。
  • 通気性抜群で暑い⽇にも蒸れにくい、断熱性が⾼いので寒い⽇はお尻が冷えません。
  • ベルトで簡単に装着可能!難しい作業は必要ありません。

世界中のバイカーの悩みは、お尻の痺れ、痛みです。お尻が痛くて、⾛⾏距離に制限がかかっている⼈も多いはず。エンジンの振動や険しい道の衝撃、⻑時間同じ体制でいる事で同じ場所に負担がかかり続ける事が原因です。

  1. 接地面最大80%減圧エアパッド設計

  2. 人間学に基づいた⾻盤を⽀える設計

  3. 対流式浅溝設計で通気性抜群

  4. 簡単にベルトで装着可能

  5. 厳格な国際基準をクリアした⼯場品質

圧⼒が掛かると27個のエアパッド全体に空気が均⼀に分散し、衝撃に合わせて空気が流動し、お尻の接地⾯にかかる負担が最⼤80%軽減されます。

優れた耐荷⼒、耐衝撃性、および衝撃吸収性を備えた特殊な素材「TPUライクラ材がこの減圧を可能にしました。実際に接地⾯の圧⼒を測定機で測定してみたところピーク圧⼒の値が80%減少しており、これにより圧⼒が分散されている事が分かります。
普通に座った場合のピーク圧⼒(110.31kpa)に対し、immersepadBIKEの上に座るとピーク圧⼒(22.58kPa)が80%減圧しています。

バイクの運転中にシートに最も触れるのは中⼼部と外側です。エアパッドは柔らかいだけではなく、「中⼼部は低く、外側は⾼い」設計で様々なライディング姿勢にフィットします。


男性と⼥性の、それぞれのライディングスタイルの圧⼒に合わせて設計されました。

柔らかいエアパッドが圧⼒にフィットし⾻盤を⽀えます。

エアセルとエアセルの間の空気が通る隙間で空気が循環し⾼い通気性を保ちます。断熱性と通気性で下半⾝の蒸れや暑さを防ぎ、暑い⽇のツーリングも快適なライディングを楽しめます。

⻑さ調節可能なクロスワインディング⽅式の固定ベルトで様々なサイズのシートに着⽤することが可能です。

シートとimmerse pad BIKEの接地⾯には滑り⽌め加⼯がされておりシートのズレを防ぎます。

※ベルト⻑さ約36cm〜72cm×2本 で様々なシートにお使いいただけます。実際にお使いのシートの⼤きさをメジャーで測ってベルトが装着可能かご確認ください。

immerse pad BIKEを⽣産している⼯場は多数の国際特許を取得しており、素材や細部までこだわり、設計されています。

①製品を裏にして、吸気バルブを上にします。
②バルブに専⽤ポンプをセットして空気を⼊れてください。
※全体の60%以上の空気量を⽬安にしてください。

③シートの形に合わせてクロス/平⾏にして緩みが無いようにベルトをしっかり締めてバイクのシートに固定して下さい。

 

immerse pad BIKE はこんな時におすすめです。

ロングツーリング時

配達時

険しい道を通る時

通勤・通学時

【装着例】

Ninja 400 ネイキッド

エリミネーター400 アメリカン

GS1200 ネイキッド

Let's 4 スクーター

リターンについて

 

Q&A


Q)お⼿⼊れ⽅法を教えてください。
A) ⼿洗いで洗ってお使いいただけます。


Q)⾼さが変わって違和感がありますが慣れますか?
A)  厚さが4cmございますのでミラーの位置も合わせてお使い下さい。
⾼さが変わるので最初は慣れない場合がありますが数回乗っていると馴染んできます。


Q)お尻が滑る気がします。
A) 滑りやすい素材のジャージやボトムスはご使⽤をお控え下さい。


Q)空気はどのくらいのペースで⼊れれば良いですか?
A) 空気漏れ防⽌⽤に2重弁を採⽤しております。個⼈差によりますが3か⽉に⼀度空気量を⾒直して下さい。


Q)保証期間はありますか?
A) キャンペーンでは価格に保証費⽤を含めておりませんので、保証サービスを提供しておりません。


Q)海外へ発送できますか?
A)  海外発送は承っておりませんので⽇本国内への発送のみとなります。

海外情勢、ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合があります。 デザイン・仕様は予告なく一部変更になる可能性もございます。

 

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト