トランジスタと4個の真空管の組み合わせで新次元の高音質を実現!
小型ハイブリッド真空管アンプ「M18」で温かみのある音を楽しもう!
【Bluetooth5.0・コンパクト・複数のデバイスに接続可能/アルミ合金ボディ】

image paypay banner

デジタル全盛の時代だからこそ、真空管ならではの深みのある暖かな音を出来るだけ手軽にお楽しみいただける商品をお届けしたい。スマホやイヤホンとは一味違う、アナログならではの上質な音体験を実現します。
真空管アンプ「M18」 はそんな思いから誕生しました。

オーディオマニアや音楽ファンなどが愛用する真空管アンプをご存知でしょうか。
真空管アンプは、音楽の音質、特にボーカルの復元を非常にうまく復元することができます。
趣味性の高い一部のオーディオマニアや音質にこだわるギタープレーヤー、レコーディングエンジニアが使う「真空管アンプ」、真空管式にこだわる理由は「真空管を使うことによる独特の音質の良さ」にあります。
バー、コーヒーショップなどいくつかの場所では「真空管アンプ」が使われていることも多いです。しかし、自宅でもコンサートを始めてみませんか?

真空管は電子機器の「心臓部」と呼ばれています。20世紀半ば以前はトランジスタ(半導体)がまだ普及していなかったため、基本的に当時のすべての電子機器は真空管を使用していました。その後、トランジスタ(半導体)技術の発展、普及により真空管は半導体に取って代わられました。しかし依然としてオーディオ業界では、真空管が特にハイエンドオーディオ製品になくてはならない存在となっています。

真空管アンプは音楽に新たな活力を吹き込み、オーディオマニアを音楽の雰囲気に浸らせることができます! 真空管アンプを購入するオーディオマニアにとって、真空管アンプを手に入れるということは、美しい音を聴くだけでなく、懐かしい気持ちとライフスタイルの追求でもあります。

Hi-Fiの音質に関する10年以上の研究開発により、真空管アンプ「M18」を開発したR&Dチームはトランジスタと真空管を組み合わせました。 以前のトランジスタの強力なパワーを統合し、前置増幅器とフィルターとして真空管を使用することで、繊細で甘く、透明でクリアな音質を実現し、没入型のオンサイト体験をお届けします。

真空管アンプ「M18」の高調波エネルギーは、2次高調波、3次高調波、4次高調波の順で、強いものから弱いものへと、最後に消えるまで続きます。このような倍音(ばいおん)エネルギーの配置は、人々の聴覚の楽しさを高め、音質のレベルを高め、豊かな倍音を持ち、サウンドをより人気のあるものにします。音は甘く、柔らかく、透明で自然であり、真空管アンプ「M18」の優れた中周波性能は、ソフトなボーカルを持つクラシックな曲に特に適しています。 同時に、ダイナミックレンジが広いため、聴覚は非常に独特であり、ジャズや交響曲などのオーケストラや声楽にも非常に適しています。

サウンド作品の元の音を正確に復元し、細部を見逃さないように努めています。
真空管アンプ「M18」のサウンド特性は「リアル、自然、透明感がある」であり、交響曲と弦楽器の音楽を忠実に復元するため、音楽を聴くだけでなく、映画を楽しむためにも欠かせないものとなります。

2つのスピーカーが2.0ステレオシステムを形成し、家全体で没入型の音楽体験を楽しむことができ、通常のスピーカーにはない没入感を味わえます。

前段は6K4と6U1の真空管を組み合わせ、後段はダイナミックなパワーに満ちた東芝トランジスタを採用。東芝トランジスタは温かみのある出力トランジスタで、音質は柔らかく温かく、低周波は太いです。

真空管アンプ「M18」は、真空管を使用してパワーアンプのプリアンプ部分の音声信号を増幅します。これにより、入力音声信号は、優れた音響性能と高いダイナミックレンジを持ち、自然でリアルな音の特性を備えることが可能です。 後段パワーアンプにトランジスタを使用することで、出力サウンド信号の速度とパワーを確保できます。
真空管アンプ「M18」の低音は強くてしっかりしていて、中音はまろやかで、高音は広いです。「艶がありつつも華やかで爽やかな音」を加えることで、音楽は非常に素晴らしく、豊かになるでしょう。

トロイダルトランスは、使用時の磁気干渉が少なく、シールドを追加することなく高感度の電子機器に使用できるため、一部の医療機器や精密機器への電磁干渉の影響を低減するように設計されています。 設置がより便利で、振動音も少なく、電磁干渉が小さいため、真空増幅器が鳴っているときの「ブーンブーンという音」を効果的に減らすことができます。
従来の変圧器に比べて電力使用効率が高く、通常の変圧器の電力使用効率は約80〜90%に過ぎません。 トロイダルトランスで電気エネルギーを使用すると、95%と高効率であるため、電子機器の加熱問題を大幅に解決できます。
電力効率は従来の変圧器よりも高いため、電力と使用コストを大幅に節約できます。

従来の真空管アンプは4つ以上のトランスを必要としますが、真空管アンプ「M18」は最新技術の組み合わせを採用し、真空管アンプのニーズを満たすために1つのトランスのみを使用し、コストを大幅に削減できました。

フロント真空管とリアトランジスタのデザインは、真空管が持つべき「匂い」と「温かい」リスニング感覚を維持しながら、コストを大幅に削減します。同時に、推力の増加は、スピーカーの要件が高い従来の真空管アンプとは異なり、さまざまなタイプのスピーカーによく適合しています。

真空管は、内部を真空にしたガラス管の中に設けた電極間に電子を飛ばして増幅する、という実に原始的なデバイスです。電子を飛ばすためにヒーターを必要とするので、ほのかに赤くなり熱を持ち、また、スイッチを入れても直ぐに動作せず、少し待たなければならないという特徴があります。そして、真空管を使ったアンプの音は「華やか、艶やか、透明感がある、聴き疲れしない、立体的」といえるでしょう。

小型で安価なトランジスタ(半導体)の登場で、一般の電子機器に使われなくなって久しい真空管ですが、音響的にはトランジスタ(半導体)では表現できない、独特の魅力を持っています。
真空管ならではの暖かく艶っぼい音色を存分にお楽しみください。

6U1真空管と6k4真空管は、最も音楽的でパワフルな真空管の1つであり、高、中、低の周波数帯域はより純粋で透明です。6U1と6K4は相互作用して、音色効果を最大化します。

暖かい音質だけでなく、デザイン面でも設置するお部屋をノスタルジックに演出します。
リビングのTVボ一ドやダイニングのサイドボ一ド、書斎のデスクトップ等にも無理なく設置できるコンパクトサイズなので、場所を選ばず、じっくりと音楽の世界に浸ることが可能です。
4個の真空管には、真空管を保護するための装置が装備されており、スマートフォンなどを誤って落としても、真空管を無傷で保護することができます。

*通常の使用では安全ですが、高圧で危険ですので真空管を分解しないでください。

表面はブラッシュド加工とグレーのアルマイト処理によりマット加工されており、大面積にアルミを使用することで放熱効率を向上させるだけでなく、CNC加工で伸線テクスチャーを作ることができます。デザインの各ステップは繰り返し洗練されており、全体がエレガントに仕上がりました。

より多くの家庭用デジタル電子機器との接続に便利な豊富なオーディオ入出力端子、光ファイバー、同軸、USB、Bluetoothおよびその他の入力端子をサポートします。
また、ヘッドホン出カ(Φ3.5mm)も備えており、ヘッドホンアンプとしてもお楽しみいただけます。

今回、真空管アンプ「M18」でぜひ鳴らして頂きたい、真空管アンプ「M18」との相性が良いスピーカー「SQ5083」を用意致しました。もちろん、お手持ちのスピーカーを鳴らす用途でもご利用頂けます。

HARLAND社は、真空管アンプ「M18」商品に対し、2年間のメーカー保証をお約束しております。国内サポート体制(京永株式会社)による、アフターサービスに万全を期しておりますので、ご安心ください。(明らかに故意の故障と判断できる場合は保証対象外となります。)

Q: 保証期間はありますか?

A: 製品を受け取ってから2年間の保証が受けられます。お客様自身の過失による損害による返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。

 

Q:真空管の寿命は?

A:真空管の寿命は通常5000時間です。仮に、真空管アンプを毎日2時間使用しても約7年程度となります。さまざまな環境や外部要因によって変更される場合があります。通常の使い方では5年〜10年以上と長く使っていただけると考えています。

 

Q:真空管は壊れやすいですか?
A:真空管は、真空ガラス管内に電極を形成する電子部品です。一見壊れやすくみえますが、ガラス管の強度がとても高く、各真空管には保護装置が付いているので、真空管の破損を気にせず安心して使用できます。


Q:交換用の真空管は手に入りますか?

A:HARLANDでもメンテナンス用にストックしていますし、DIYのが得意な方は、Amazonとオーティオストアで交換用の真空管を購入し交換することもできます。注:真空管ピンは一貫しており、DIYで交換できます。真空管をDIYで交換した後は、保証サービスは提供されません。

 

リスク&チャレンジ

お客様の都合により、返品はお受けできません。サポート数量が予想を超える場合、製造工程上の理由により納期が遅れる場合がございます。開発中の製品のデザインや仕様は変更になる場合があります。皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。クラウドファンディングの性質上、事前に上記の注意事項をご理解の上、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

京永株式会社は2020年創業された京都市に本社を置く総合貿易会社です。今回の商品真空管アンプ「M18」の日本正規輸入販売代理店として、商品を応援者の皆様にお届けいたします。

弊社は国内外のパートナーと共に日本の環境や日本人の嗜好性に基づいた魅力的な商品を発掘し、日本に届ける活動を続けています。製品自体に関するアフターサービス等の質問は、Harlandtec@gmail.comにお送りください。

HARLANDは、ハイエンドオーディオ分野の製品の研究開発、生産と販売に専念するハイテク企業です。
専門研究開発HiFiシステムは、HiFiプレーヤー、真空管アンプ、デジタルアンプ、DAC、HiFiスピーカー、オーディオコンソール、HiFiヘッドフォンやモニタリングヘッドフォンなどが含まれています。
伝統に基づいて、絶えず革新します!HARLAND常にハイテクの最先端に追い、世界各地の新しい技術を絶えず吸収し、自主的に革新的な開発を行っています。製品は、HARLANDブランドのお客様のさまざまなニーズを満たすために絶えず革新しています。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト