SOUR新曲『Life is Music』ミュージックビデオ制作プロジェクト

PLAY

みなさまのご支援のおかげではじめの目標金額に達成し、これによってミニマルな撮影が可能となりました。そして残りの日数で、どこまで制作費を増やせて、どこまで撮影のクオリティを上げられるのか。引き続きより多くの方の支援をいただけるよう、少し上のゴールも追加で設定いたしました!

70万円達成...SOURメンバー3人がアニメーションになって、ミュージックビデオに登場!(アニメーションは、ロトスコープで作画します)
90万円達成...メイキングムービーを撮影し、制作の裏側をみなさまにお届けします!

SOUR」というバンドのミュージックビデオを制作している、ディレクターの川村真司と申します。

彼らの新曲『Life is Music』のミュージックビデオの制作資金を、クラウドファンディングで支援してもらいたいと考えプロジェクトを立ち上げました。今までSOURのために制作した「日々の音色」や「映し鏡」などのミュージックビデオは、アヌシー国際アニメーション映画祭、UK MVA、One Show Design、カンヌライオンズなどを含む海外の賞で認められ、YouTubeなどで合計500万回以上再生されました。この2つのビデオについても、予算が全くありませんでしたが、Kickstarter(米クラウドファンディングサイト)でプロジェクトを立ち上げ、同様に資金を集めてきました。今回は、ぜひ日本のファンのみなさまにもご協力いただけたらと思っています。

どんなミュージックビデオか?

新曲『Life is Music』は、音楽のようにサイクルする人生について歌っています。このコンセプトを聞いたとき、CDのディスクをフェナキストスコープとして使い、CDの表面に描かれた絵が回転することで生まれるアニメーションだけでミュージックビデオを作るというアイデアが浮かびました。実際に約300枚のCDにそれぞれ違った絵を描いてアニメーションを作り上げます。

 
▲フェナキストスコープ参考画像
(Muybridge, Eadweard, 1830-1904, artist.)

フェナキストスコープ:軸に垂直に取り付けられた回転する円板。円板にはアニメーションのコマに相当する絵が順に描かれており、コマとコマの間にスリットがある。この円板を回転させ、絵を鏡に映し、動くスリットから透かして見る。残像現象を利用し、スリットを通すことでブレがなくなり、絵が動いているように見えるのである。(出展:wikipedia
更に、このミュージックビデオで使用したCDは、それぞれ一枚限定でナンバリングし「アート・ディスク」としてLife is Musicサイトで販売いたします。ファンの方々に、ミュージックビデオの一部を実際に手に入れられる仕組みにしたいと考えています。

制作にあたって

今回のミュージックビデオは、PARTY 清水幹太さん、TYMOTE 井口皓太さん、そして川村真司でディレクションを行います。
そして集まった資金は、
・CDを一定のスピードで回すための、専用CDプレーヤー制作費用
・約300種類の柄をCDにプリントする費用
・制作スタッフへのギャランティー
に使用させていただきます。

この曲とミュージックビデオのアイデアが、あなたの支援に値するくらい刺激的なものであることを願っています。どんなに小額でも構いません!ご協力よろしくお願いいたします。


▲ミュージックビデオ モーションロゴ

リターン

【500円】
・お礼のメッセージ

【1,000円】
500円のリターンに加え、
・ミュージックビデオを先行して見られる権利
明確な日時は制作状況にあわせ、後ほどお知らせします。

【1,500円】
1,000円のリターンに加え、
・『Life is Music』のMP3データ
SOUR新曲『Life is Music』のMP3データをお送りします。

【3,000円】
1,500円のリターンに加え、
・アルバム全10曲のMP3データ
SOUR新作アルバム『LIFE AS MUSIC』全10曲のMP3データをお送りします。

【5,000円】*限定100個
3,000円のリターンに加え、
・限定ポスター[SOURサイン入り]
川村真司と井口皓太がデザインした限定ポスターにSOURメンバーのサインを入れ、お送りします。

【7,000円】*限定50個
3,000円のリターンに加え、
・ナンバリングされた限定アートディスク[SOURサイン入り]
ミュージックビデオに実際使用した世界に一枚の絵柄のCDにSOURメンバーのサインを入れ、お送りします。

【10,000円】
3,000円のリターンに加え、
・スタッフクレジットにお名前を掲載
スタッフクレジットに、お名前または団体名を掲載します。

【30,000円】*限定20個
10,000円のリターンに加え、
・12月7日(土)開催のSOURエクスクルーシブライブ@PARTYスタジオにご招待!
時間は決まり次第、後ほどお知らせします。

【50,000円】*限定10個
30,000円のリターンに加え、
・SOUR飲み会にご招待!!
12月7日(土)開催のSOURエクスクルーシブライブ後、レモンサワー等サワーだけのSOUR飲み会にご招待します。

【100,000円】*限定5個
50,000円のリターンに加え、
・SOURライブの年間フリーパス!!!
SOURのライブを1年間何度でもお楽しみいただけるフリーパスを特別に発行します。[有効期間:2013年12月11日より1年間]

今までの作品


▲『日々の音色』(2009)


▲『映し鏡』(2010)

ミュージックビデオ解禁

みなさま、

先ほど18時より、SOUR「Life is Music」ミュージックビデオが一般公開となりました!https://www.youtube.com/watch?v=RE3Ydz9ld_A

同時にhttp://lifeismusic.jpにてビデオに登場するCDを限定一枚ずつで先行予約販売がスタートしました。こちらでは動画では動いて見えたそれぞれのディスクが静止した状態をご覧いただけます。またみなさまのご支援のおかげで実現したメイキング映像もサイト、YouTubeにアップしました。

楽しんでいただけた方は、ぜひ周りへ広めていただけたら幸いです!引き続きよろしくお願い致します!

 

ミュージックビデオ完成!

先ほど、やっとミュージックビデオが完成いたしました!

支援者の方々へは限定公開リンクをお送りさせていただきましたので、一足お先にお楽しみいただけたら幸いです!まだ一般公開前ですので、くれぐれもリンクはまだシェアしないようにお願い致します。一般公開日は明日明後日を予定しております。こちらも決まり次第ご報告させていただきます!

一般公開と同時にhttp://lifeismusic.jpからディスクの先行販売も開始致します。ビデオ内に登場するディスクはすべて一枚限定で販売致します。7000円以上ご支援いただいた方には、お返しとしてこちらで選んだディスクにサインを入れてお送り致しますので、どれが届くか気にしながらお待ちくださいませ。

撮影無事終了!

ご報告が遅くなってしまいましたが、無事にミュージックビデオの撮影が終了致しました!みなさまのご支援のおかげでREDカメラを導入でき、かつSOURのロトスコープによるアニメーションパートも無事盛り込むことができました。ただいま絶賛編集中です。完成まで今しばしお待ちください!

目標達成!

先ほど募集期間が終了し、みなさまのご支援のおかげで、900,500円もの支援金を集めることができました!本当にありがとうございます!これで希望していたフルスペックの撮影を行うことができます…。

たくさんの応援コメントもいただき、スタッフ一同嬉しくも身が引き締まる思いでおります。個別にお返事ができずにいるので、この場を借りて改めて感謝の意をお伝えしたいと思います。みなさまのご支援を無駄にしないよう、できる限りの力で皆さんが楽しんでいただけるような作品に仕上げたいと思います。引き続き活動報告で進捗を書かせていただきますので、フォローしていただけたら幸いです!

ディスクたち

撮影に向けて、CDがプリントされ始めました!

明日でファンディング期間が終了です!これまでに支援してくださった皆様、本当にありがとうございました!ギリギリまで募集を受け付けていますので、引き続きのご支援よろしくお願い致します!

制作チーム

残り3日というタイミングで、さらにたくさんの方にご支援いただき、支援額が70万円を越えることができました!ありがとうございます!これで無事SOURのロトスコープアニメーションを発注することができます(涙)どんな感じのアニメーションになるかは乞うご期待!


 

ミュージックビデオでは、とかくディレクター(僕やかんたさんや井口さん)に脚光が集まりがちですが、僕らだけじゃ絶対に作れなくって、たくさんの優秀な制作スタッフが手伝ってくれているからこそ、なんとかここまでやってこれています。特にこういう細かくて、誰もトライしたことのないような難しい撮影をするときにお願いできる制作チームってかなり限られているのですが、そのうちの一つが太陽企画の相原さんチーム。僕の細かいディレクションやらテスト撮影などにも根気よくつきあってくれて、かつどうすればさらに良くなるのかをちゃんと考えて動いてくれるという神のようなプロデューサー率いる素敵なチームです。andropのMVなどでもいつもお世話になっております。過去の一緒に作った作品でもいえることですが、僕は「やったことないことをやりたい中毒」のようで、そういう作品の場合撮影はもちろんのこと、事前の検証に相当な時間とトライ&エラーを要します。そこにどれだけ時間を割けるかによって完成度が相当変わってくるので、そういう制作プロセスを共有できる人じゃないといっしょにお仕事することが難しかったりするのです。

 
 

今回もご多分にもれず、そもそもフェナキストスコープってどういう原理なんだというリサーチをはじめ、モーターでのテストや回転数の計算、どんな機材でそんな風に撮影すれば良いのかといった撮影プランまで一緒に考えてくれています。最近ではTYMOTEで合宿して中島みゆきを聞きながら一晩中ディスク制作をしてくれたとか…。引き続きよろしくお願い致します!

 

かんたデバイス&プログラム

今回も一緒に作っているカンタさんが担う超重要なデバイスとプログラムのパートをご紹介します。彼はアニメーションを円盤上にしてどう見えるかを試すプログラムやモーターの制御、はたまたサイトの制作などなど技術的な部分をほぼ一人で担当してくれています。(サポートはPARTYの見習いTD渡島さん)

まず井口さんが作ってくれるアニメーションを連番のpngで書き出して、かんたさんのプログラムにぶち込むと、フレーム数に応じて自動的に円形に配置してくれます(現在は基本17コマで構成)。背景が透明のpngになっているので、違う動きのループを追加したいときはさらにその上から重ねるように配置します。そして左の方にあるパラメータをいじると、回転スピードなどなどいじれるようになっているという優れもの。最終的にはプリント用に出力するデータもこのプログラムから書き出しできるようになっています。

そして肝心のモーター。こちらはベースをTaskoの木村さんにお願いしつつ、制御プログラムなどをカンタさんが書いています。かなり細かく、かつ一定のスピードでCDを回転させなくてはいけないので、PCから細かくスピード調整できるように工夫されています。現在はみなさんのご支援のおかげでモーター3つでテストできるようになりました!これが70万くらいまでいただけるようになると、あと数個増やして同時にもっと多くの枚数を回転させられるようになります。引き続きのご支援よろしくお願い致します!

海外クラウドファンディング

何件か海外の方からも支援をできないかというご要望をいただき、試しとしてGreen Fundingさん経由でフランスのMy Majour Companyというクラウドファンディングにもプロジェクトをアップしてみました。

http://www.mymajorcompany.com/projects/sour-life-is-music-clip-video

こちらは日本と違って、どのくらいのファンベースがいるのか判らないので本当にテストケースという感じはありますが、どのくらいサポートがいただけるのか見守って行けたらと思っております。

 

50万円達成!!!!!その先へ…

みなさま、

昨日のB&Bでのトークでなんとか50万円を達成できればと祈っていたら、なんと本当に叶ってしまいました!!!ご支援している見なさま、そして最後の一押しをしてくださったおりえさん、ありがとうございますー!!!!!!!

はじめの目標金額は達成したので、これによってミニマルな撮影が可能となりました。そして残り13日あるので、どこまで制作費を増やせて、どこまで撮影のクオリティを上げられるのか。引き続きより多くの方の支援をいただけるよう活動を続けて行きたいと思っております。

トークで話したのですが、さらにお金がかかるのが追加モーターの制作と、REDカメラを導入することと、それにともなう編集室での作業となります。現状ディスクを回すモーターが一個とスペアしかなく、複数を同時に回すことをするのが中々困難だったりします。これを複数個作れることで、さらなる複雑な演出が可能となります。またREDで4Kで撮影できるようになることで、クロースアップにしたときの歪みの軽減ができ、さらには編集での寄り引きを検討しやすくなります。ただその場合デスクトップでの編集は難しく、編集室に入っての作業となるためコストが上がっていきます。

今後さらに支援額が増えることで、上記のことがちょっとずつ可能となっていきます。ですのでご協力いただいた皆様にも引き続きこのプロジェクトの拡散と応援をよろしくお願い致します!

 

 

井口さんアニメ

みなさま、おかげさまで44万円まで来ました!もうちょっとで目標金額が達成できそうです。引き続きのご支援、よろしくお願い致します!本日下北沢のB&BでGreenFundingの沼田さん、TYMOTE井口さんとトークがあるので、そこでなんとか50万円達成できることを祈りつつ…。

 

今回の活動報告はアニメーションを一手に引き受けてくれているTYMOTEの井口さんについて。いつ見ても井口さんのアニメーションは素晴らしいですね。多分最初にTymoteそして井口さんのアニメーションを知ったのってAPMT5で喋るために日本に一時帰国したときだった気がします。APMTのロゴをすごく気持ちよく回してる人たちがいるなーと思って、サイトみてすげー!と思って、その後もことあるごとにお誘いしてきたのですが、個人的にがっつり一緒に作品作りをできるのははじめてだから超嬉しいです。生理的に気持ちのいい動きをちゃんと判って作れる人なので、かなり動きやデザインはお願いしてしまっています。悔しいけど、自分でやるよりいいものになるからしょうがないww

 
 

前にも書きましたが、僕が書きなぐったベースのコンテを元に、井口ワールド前回で絵に起こしてさらに素敵なモーションをつけていってくれます。曲のBPMが大体105 BPMなので、カメラのフレームレートなども考慮して、そのリズムに合わせるために一周17コマのループでアニメーションを作っています。以下のビデオのような形でアニメーションを作っていただき、それをかんたさんのプログラムで円形のディスクにレイアウトし直していきます。このプログラムについては次の活動報告でご説明いたします!

絵コンテ

今回のミュージックビデオは、アニメーションを超信頼している井口さんにお願いしているので、僕は企画コンテというか大きな流れとモチーフをまず描いて、それを渡してアニメーション化してもらうという作業の流れになっています。ということでそんな企画コンテの1ページをご覧ください。

僕のミュージックビデオのコンテの体裁は大体いつもこんな感じになっています。人によってやり方は違うと思うのですが、僕の場合結構細かく音や歌詞に合わせるようにアイデアを考えていくので、ざっくり左に歌詞と秒数を書いたフレームをまず用意して、そこに書き込んで行きます。一度通してコンテができたら、そこから2、3周して、弱いところを補強したり、流れを見ながら順番を変えたりして調整していきます。

このコンテに見られるイントロのパートについては「Life is Music」にちなんで音符のモチーフからスタートし、それが変形していくようにしています。こういったモチーフや展開のプランをベースに、さらに井口さんが斜め上なアニメーションに仕上げていってくれます。この後の展開は乞うご期待!

 

 

フェナキストスコープ

みなさま、3万円以上のご支援で参加いただけるスペシャルライブの日程が決まりました!12月7日(土)に代官山にあるPARTYのスタジオで行います!

 

さて、今回は僕らが日々頭を悩ませているフェナキストスコープとそのややこしさについてご説明します。実際には円盤に描いた絵をスリットを通して覗くことでストロボ効果でアニメーションが見えるのですが、それを今回は撮影するフレームスピードと円盤の回転速度を同期させることによって実現しています。そのまた以下のような表を作ったりしながら、撮影するfpsや、回転スピード、盤面を何コマに分割すれば音楽のBPMにシンクロするか、といっためんどくさい計算をして、基本フォーマットを決めました。撮影スピード15 fps、回転は手動制御、円盤は基本17コマ分割、そして絵をスクロールさせたいときは回転させるときはコマを増やして18コマ分割にすると、なぜか逆回転していきます。(この辺の理由は不明です。頭のいい人に教えて欲しい…。)

 
 

計算するだけだと本当にそう見えるのかどうか判らないので、結局それを確認するために以下のビデオのように太陽企画のチームの皆様に検証テストをしてもらって初めて納得するという作業の繰り返しが続いております…。(太陽企画の皆様、いつもありがとうございます!)

 
 
 

制作日誌1: プレゼン企画書

みなさま、たくさんのご支援とご声援、ありがとうございます!支援希望額を越えられることを祈りつつ、日々コンテやアニメーションを着々と裏で進めております。

 

今回はちょっと進行を遡って、バンドに最初に提案した企画書の1ページをお見せしちゃいます。だいたいプレゼンをするときはこういった体裁で、シンプルな絵とコンセプトで提案をするようにしています。時間があるときはちゃんとカンプを作るのですが、今回は気心の知れたSOURのみんなということもあり僕のポンチ絵となっています。

最初は壁全面に数百枚をずらっと並べてまわしたり、横一列に並べたものをカメラで追っていくような感じの絵を想定していました。2000枚とか書いてありますね。めちゃくちゃですね(笑)今は撮影の実現性や展開のしやすさなどを考慮してちょっと違う方法にしていますが、その辺りはまた今度ご説明します。また、最初はレコードでやるかCDでやるか迷っていたのが見れます。レコードの方が面が大きし回転スピードを調整しやすいのですが、実際に面全体に印刷するのはお金と時間と技術的に日本ではほぼ不可能ということが判り、CDでの制作となりました。むしろその方が通常皆さんが購入するフォーマットなので、より「ビデオで見たものをそのまま購入する」という新しい購買の形としてはその方が良かったように思います。

さっそくのご支援ありがとうございます!

ファンディングをスタートしてまだ3日ですが、早速たくさんの方々に支援していただき、ありがとうございます!目標額にはまだまだですが、今後も様々な形で広報をしたり、みなさんに進捗を共有したりしながら、共に目標額を目指せたらと思っております。

ファンディングを始められてホッと一息ではありますが、実際の制作自体も急ピッチで準備が進んでおります。ご支援いただける額によって、カメラが選べるようになったり(RED使いたい…)、作れるモーターの数を増やしてもっと派手なシーンを増やせたり、より頭の中に思い描いている映像に近いモノを作れるようになっていきます。ですので既にご支援いただいた方も、そのお金がマックス有効活用されるよう、ぜひとも周りの方々にシェアしていただいて、より良い作品を作るお手伝いを引き続きしていただけたらと思います。

いろいろお願いばかりで恐縮ですが、必ず良い作品を作ることをお約束します!今後もできる限りこちらで活動報告をしていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。