Vibone nezu HYPER|高度〜軽度まで幅広く「聴こえ」を届ける骨伝導集音器
骨伝導イヤホンとしてや、シーンに合わせて補聴器との使い分けもできる!

image

【Vibone nezu バイボーン ネズ 】は聴こえに不安を感じる方々のため、2020年にファーストモデルを投入しました。多くのご支持をいただいた前作から、もっとも強いご要望のあった「さらなる音量」の獲得に向けて改良を重ね、約30倍の振動量による高効率な音量性能を実現しました。

圧倒的な進化を遂げた今回のモデルは【Vibone nezu HYPER バイボーン ネズ ハイパー】と名称を改め、さまざまな新機能を搭載!みなさまのお手元にお届けいたします。

まずは難聴うさぎさんによる動画でのご説明をぜひご覧ください。

▍難聴の症状とバイボーン ネズ ハイパーについて

難聴には、軽度から重度までさまざまな症状の状況があります。バイボーン ネズ ハイパーでは、軽度、中度、高度難聴の方や、高齢難聴の方にも幅広くご活用いただけるような集音器を目指して開発されています。

すこし聴こえに不安をお持ちの方は、ご友人やご家族との会話時や聴き逃したくない会議や大勢の人が集まる場面などで、バイボーン ネズ ハイパーをぜひお試しください。これまでの大音量の機器とは違い、独自骨伝導方式を採用しておりますので、鼓膜への影響が少なく耳の機能を消耗しません。毎日でも安心してお使いいただけるデバイスとなっています。

また、すでに補聴器をお使いの方には使い分けをお勧めします。
例えば、これまで聴こえをあきらめていた耳で音楽を聴いたり、映画館やコンサート会場で自然な音を聴きたいときはバイボーン ネズ ハイパーを使い、普段の生活では補聴器を使う、というように使い分けていただくことで、生活の質を更に向上させることが期待できます。

バイボーン ネズ ハイパーは、集音マイクで拾った周囲の音に変更を加えることなく、自然な形で耳奥に伝えるように作られているため、面倒な定期メンテナンスや聴こえ調整が一切不要。とにかく気軽にお使いいただくことができる様に作られました。
『夫婦で1台使用する』なんて使い方も可能です。外観はスタイリッシュなデザインでまとまっており、いわゆる集音器にも見えにくい仕様です。首掛けタイプなのでメガネやマスクの脱着時に落として無くす心配もありません。

さらに、音楽プレイヤーなどの外部機器とも接続可能で、これまであきらめていた音楽を楽しむことができるデバイスになっています。独自骨伝導方式を採用していることによって、音漏れもほとんど気になりません。

▍難聴youtuber「難聴うさぎさん」に 視聴のご感想をいただきました!

難聴youtuberの 難聴うさぎさんに、バイボーン ネズ ハイパーのデモ機を使っていただきました。
普段は補聴器を使っている難聴うさぎさんですが、パワフルになった集音器バイボーン ネズ ハイパーでも聴こえを体験でき、またバイボーン ネズ ハイパーならではの使い方にも丁寧に迫っていただきました。
「音が聴こえる!」「音楽プレイヤーを聞くのにとてもよい!」など嬉しい感想をいただきました。

難聴うさぎ さん
聴覚障がいをものともせず世界一周するなどの行動力が口コミで広がり、幅広い層から支持されるYoutuber、TikToker。障がい者支援や難聴者用補助機器の開発に携わるなど実業家としての一面も持つ、障がい者系インフルエンサーの看板的な存在です。

▍デモ機をお試しいただいた 方々の試聴レポート

開発段階のバイボーン ネズ ハイパーのデモ機を試聴していただいた方々から、聴こえ方についてのご感想をいただきました。たくさんの方々から「聴こえた!」と多くのご支持をいただけました。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

難聴は放っておくと社会生活に支障をきたし、認知症のリスクが大きくなるなど、さまざまな危険を招くことが問題視され始めています。バイボーン ネズ ハイパーは、このような難聴による影響を軽減させ生活のクオリティを向上させることにも役立ちます。
骨伝導の世界に足を踏み入れてから10余年。商品開発を進める中で知ったのは、片耳が聴こえにくい方をはじめ、障がい者認定を受けられない方たちの存在です。

「日常生活に不自由は抱えているけれど、支障をきたすほどではない。 」
「補聴器は高価すぎて、なかなか手が出せない。もしくは、自分には合わない。 」

そんな方々の「聴こえ」を改善し、人生を豊かにする一助になれば、との思いで骨伝導技術を追求してきました。
2008年の創業以来、これまでの14年間は、耳が聴こえにくい方々の「聴こえるようになりたい」「聴けるようになりたい」という切なる願いを現実のものにしたいとの一心で、試行錯誤を繰り返した時間でもあります。

バイボーン ネズ ハイパーはこんなシーンであなたの聴こえをサポートします

骨伝導集音器の出力不足(最大音量が小さい)という弱点を解消しました。【SSDD(ソリッドソニック ダイレクトドライブ)TM】を新たに開発。従来モデルの30倍の音量とクリアな音量調節が可能になるとともに、最大音量がアップしました。

端末下部の3.5インチの入力端子から外部の音楽プレイヤー等と連結することができます。圧入方式の骨伝導方式だから周囲への音漏れを驚くほど軽減でき、混雑した電車内などでも音漏れの心配なく、安心して音楽を聴くことができます。

新たな駆動方式を採用することで、これまでにないマイルドでクリアな音質を実現しました。圧入方式だからこそ聴きたい音に集中ができます。首からぶら下げるネックストラップ方式で前方からの音を意識して集音でき、音楽演奏や映画鑑賞での使用に活躍します。

左右の耳の聴こえの違いに合わせて、左右それぞれ独立した音量調節が可能です。また、本体内蔵の高性能マイクで集音した音は、前方180度内の人の声を特に良く拾うように作られておりますので、複数人が参加する会議の場などでの聴こえのサポートに最適です。

耳の聴こえにはさまざまな個人差があります。それだけに、なかなかご自身では気づきにくい場合もあります。
難聴などで、すでに補聴器や集音器をご使用の方だけではなく、最近なんとなく聴こえに不安を感じるようになってきた方にこそ、新しいバイボーン ネズ ハイパーをぜひお使いいただきたいと考えています。

以前は聴こえていたものが聴こえにくくなってきたという体験はありませんか?
実は、耳は使えば使うほど消耗を続けていると言われています。歳を重ねるごとに、耳の聴こえが衰えていくことは仕方ない自然なこともであるのです。
「Japan Track2018」の調査によると、現在の日本では国民の約10人に1人以上が聴こえに問題を抱えていると言われています。

難聴は放っておくと社会生活に支障をきたし、認知症のリスクが大きくなるなど、さまざまな危険を招くことが問題視され始めています。
難聴者にとって、その聞こえを補助する機器として頭に浮かぶのはやはり補聴器でしょう。JapanTrak2018によると、日本における補聴器の普及率は14.4%で、イギリス・スイスが40%を超え、ドイツ・フランス・アメリカが30%を超えていることを考えると、かなりの低水準という事になります。
その理由としては、補聴器購入の際に助成が受けられる聴力レベルの基準の違い、商品共有体制の違い、補聴器のイメージや知識不足の問題などが挙げられるようです。
バイボーン ネズ ハイパーは、このような補聴器を保有せず、なんらか生活において我慢を強いられているような軽中度難聴による影響を軽減させ、生活のクオリティを向上させることにも役立ちたいと考えています。

新たな駆動方式を採用。30倍になった マイルドでクリアな音質

従来モデルでは圧電セラミックス振動子で音の解像度を追求し、骨伝導ながら優れた音質が特徴でした。
バイボーン ネズ ハイパーでは、音質を損なうことなく振動パワーを得られる新しい振動デバイス「SSDD(ソリッドソニック ダイレクトドライブ)TM」を搭載することで、従来モデルに比べ約30倍の圧倒的な音量とクリアな音質を実現。骨伝導イヤホンの概念をさらに進化させました。
また、振動子パーツの変更により大きくなりがちなイヤホン部は極力まで小型化されており、お子様や耳の小さな方々にもフィットする骨伝導イヤホンとなっています。

イヤーパッドとイヤーチップを 組み合わせて、最適なフィット感に

バイボーン ネズ ハイパーで音を聴いていただくためには、振動デバイスで発生した振動エネルギーを耳でしっかり受け止める必要があります。そのため、イヤホンの形状が耳にフィットしている事がとても重要です。
そこで、耳の小さな方から大きな方まで、使う方の耳にぴったりとフィットさせるための付属パーツを豊富にご用意。イヤーパッドを4種類、イヤーチップは3種類、そして、聴こえの度合いや装着感の好みに合わせて耳穴を塞がずに振動を伝えるバンパーを新しく追加しました。

これらのパーツの組み合わせによって、最適なフィット感が得られ、振動デバイスの発する振動エネルギーをもれなくキャッチして聴くことができます。
直接耳に触れるパーツの素材は、皮膚への刺激や負担を最小限にとどめるシリコンを使用。特長である密着度の高さは、慢性的な冷水刺激により鼓膜のまわりに腫瘍ができる「サーファーズイヤー」から耳を守る耳栓にヒントを得ました。

※画像は開発中のものであり、色や仕様変更する可能性があります。

直感的でシンプルな操作パネル

バイボーン ネズ ハイパーの操作は、フロントパネルに配置された3つのボタンと側面の下部に設けられたダイヤルで行います。一番下のボタンは電源のオンオフを行うメインスイッチ。
真ん中のボタンは集音機能とスマートホンや音響機器との連携機能、さらに集音しながら音楽が同時に聴ける機能を切り替えるモードスイッチ。
一番上のボタンは状況に応じてマイク感度が切り替えられるフォーカススイッチ。さらに、筐体の下部には左右それぞれ独立して音量調節ができるダイヤルがあります。

▍バイボーンネズハイパーその他の特徴

▍骨伝導の音の伝わり方

私たちが生活の中で耳にする様々な音は、音の元となったもの(音源)が起こした空気の振動です。
音が聞こえる仕組みは、空気の振動が外耳、中耳、内耳へと伝わり聴神経がこの情報を脳に伝え、音として認識されます。この通常の音の伝わり方を気導(きどう)と言います。対して、骨導(こつどう)による音の伝わり方は、音の元となったもの(音源)で発生した振動が、皮膚や骨などの人体組織に伝わり、直接内耳へと到達します。その後は気導と同様、聴神経がこの情報を脳に伝え、音として認識されます。
一般的に骨伝導は、外耳や内耳の伝音器官に障害のある方に有効な方式といわれています。

▍耳穴に入れる骨伝導方式は Vibone nezuだけ

バイボーン ネズ ハイパーの 『耳穴に振動子を装着する』 方式の骨伝導イヤホンは特許取得の他にはないテクノロジーです。振動エネルギーをしっかり受け止めることができる装着方法は、健聴者用のながら聴きができる骨伝導イヤホンとは異なり「しっかりと音を聴きたい」ニーズを満たす唯一の骨伝導イヤホンなのです。

6月13日(月)夕方6時〜6時半のテレビ番組「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所」(BS12チャンネル)で「Vibone nezu HYPER」を取り上げていただきました。
幅広い層の「聴こえ」を手助けする画期的な商品として「Vibone nezu HYPER」に注目していただいています。
番組では、商品の多様な機能やメリットが解説されるほか、YouTuber・難聴うさぎさんも登場して商品の使用感も紹介しています。

放送内容はYouTubeで公開中ですので、ぜひご覧ください。

関西大学北陽中学校の児童の方々にも授業の一貫で体感してもらい、すばらしいSDGsのとりくみとして評価をいただきました。生徒や先生にもバイボーン ネズ ハイパーを試してもらい、骨伝導の音の伝わりの凄さを体感してもらいました。

学生のみなさまにもバイボーン ネズ ハイパーの音の聴こえを体感していただきました。

関西大学北陽中学校での、SDGsのとりくみの発表の様子。

Q.補聴器と集音器って何が違うの?
補聴器は厚生労働省が定めた一定の基準を満たし、医療機器として認定されたものです。また、医療機器に認定される為には、別途時間と費用をかけて認証を取得する必要があります。薬機法に定められる事項の遵守、認証試験のクリアを経て製造販売に辿り着く事の出来るもの、それが補聴器になります。
一方で、集音器は医療機器ではありません。厚生労働省から製造や販売について制約が設けられていませんので、家電と同じように、量販店や通販販売で手軽に購入することが出来ます。マイクで拾った音を等しく増幅する機能だけが搭載されている商品が多く、その分補聴器と比較してもリーズナブルな値段で購入することが出来ます。

Q.バイボーン ネズ ハイパーはなぜ、集音器なの?
弊社に寄せられるお問い合わせの多くは、片耳が聞こえにくい方からです。彼らは片耳が聞こえるということで、障がいを抱える者としての補助や特典を受けることが出来ません。
そして、補聴器は医療機器のため、厳しい審査をパスする必要があり価格も高額になります。また、販売には資格が必要で販売店も限られます。
『できるだけ安価で、どこでも試して買える製品にしたい。』
そんな思いからバイボーン ネズ ハイパーは集音器としての道を選択しました。

Q.量販店でよく見る骨伝導イヤホンと何が違うの?
一般的な骨伝導イヤホンは、色々なタイプがありますが、どれも共通して言えることは、耳穴をオープンな状態にしているという事です。これは、何かをしながら音楽を聞きたいというニーズを満たすためのものだからです。

一方で、ソリッドソニックのイヤホンは耳穴に圧接する形で差し込みます。振動源で発生する振動を、ロスなく耳奥に伝達させるための技術がここにあります。このことによって、よりクリアに音を感じることができるため、『しっかり音を聞きたい』という方にぜひお使い頂きたいと思います。

Q.一体型のヘッドホンにしないのはなぜですか?
骨伝導ヘッドホンは筐体自体が音(振動)を発振します。一体型にした集音機はスピーカーにマイクを取り付けたことになります。これではハウリングは避けられません。マイクとスピーカーを離す、物理的に考えて分離型を採用しました。

Q.私にも、聞こえる?
聞こえない、聞こえにくくなっている原因や症状は人それぞれですので、一概にはお答えできかねます。ご試聴につきましては、現在開発中のため個別に貸出できる機器のご用意はございませんが、クラウドファンディング期間中の2022年4月15日(金)~5月14日(土)まで、東京の二子玉川〚蔦屋家電+』にてデモ機の展示と試聴をおこなっております。
その他にも試聴イベントの開催を予定しております。開催場所と日程は決まり次第活動報告にてご案内いたしますのでご注目ください。

Q.いつごろ届くの?
クラウドファンディング終了後、2022年の10月ごろみなさまのお手元に順次お届けしていく予定です。

我々は、 『ソリッドソニックテクノロジー』 を活用し、世の中の 『聴こえ』 に関する
問題解決に取り組み、人々が人生をより豊かに楽しむことの出来る世界の実現に貢献します。

https://solidsonic.co.jp

私は、2020年2月に神戸市仲介のもと、第三者事業承継を実施し、それまで勤めていたパナソニックを退職し、当社の代表に就任しました。

それは、先代の田中が10年以上にわたって地道に研鑽を重ねてきた独自骨伝導技術が、
聴こえに悩み、苦しむ多くの方々の希望の光になり得ると思ったからです。

就任以降は、これまで培ってきたものづくりの知見を発揮し、同年12月に第1号商品であるVibone nezu(バイボーン ネズ)を発売し、
この商品を手に持ち、聴こえに悩む500名以上の方々と直接お話をしてきました。

そこで見たものは、生まれつき片耳が聴こえない方、若くして突然両耳が聴こえなくなった方、
高齢になられてから急激に聴こえが悪くなってしまった方など、様々なきっかけで聴こえが不自由になり、悩み苦しむ人々の姿です。

また、『聴こえない』ことは見た目には全くわからないため、周囲の人からのケアが受けにくく、精神的に孤立しやすい状況にあったり、
『聴こえない』ことそのものが、生活の質に多大な影響を及ぼし、人生を楽しむことが難しくなってしまうという事がわかりました。

この様な状況にある人々にお会いするたびに、
『当社の骨伝導技術を磨き続け、聴こえに困っている人々に福音を届け、人生をもっと楽しんで頂きたい』
という就任当初の思いに立ち返り、これまで事業を進めてきました。

事業上の理由から、第1号商品は、聴こえの対象を軽度中度の難聴者に設定しました。
しかし、当社を訪れた多くの高度重度の難聴者の方々から『もっともっと音量が出るようにして欲しい』
という数多くのご要望を頂き、今回の『Vibone nezu HYPER』は、音量と音質を『圧倒的に』改善しております。

上記でも一部ご紹介しましたが、本商品のデモ機で、既に約30名の高度重度の難聴の方に聞いて頂きましたが、
全く聴こえなかったという方は1人もおらず、『あきらめていた耳で聴こえた!』という多くの感動の声を頂き、
私も自信を深めております。もちろん、軽度中度の難聴の方にも安全にお使いいただけますので、その点はご安心ください。

1人でも多くの方々に、このVibone nezu HYPERをお使いいただき、今後の技術開発を更に前に進め、
より多くの方々に人生の喜びをお届けする、そんな企業を目指して今後も取り組んで参りますので、
応援のほど、どうぞ宜しくお願い致します。

【ご支援にあたっての注意事項】

▼開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。
▼リターン品の発送は日本国内への発送のみとさせていただきます。
▼商品の使用感は個人によって異なります。このため、使用感が理由での返品・交換は承りかねます。
▼クラウドファンディングの特性上、支援者様都合でのキャンセル・返品・交換はいたしかねます。慎重なご判断の上、ご支援いただけます様お願い申し上げます。
▼万が一、お届けした商品に不良箇所がございましたら、商品到着から7営業日以内にご連絡をお願い致します。送料は弊社負担にて交換対応させていただきます。

▍開発チーム

▼ プロジェクトリーダー:ソリッドソニック株式会社 (兵庫県神戸市)

▼ プロダクトデザイン:ガモウプロダクトデザインスタジオ (大阪府 大阪市)

▼ 電子部品組立加工:株式会社ビーアンドケイ (神奈川県海老名市)

【お届け時期について】

プロジェクトが成立した場合、2022年10月頃を目処としたご支援順のお届けを予定しています。クラウドファンディングではプロジェクト終了後に生産個数が確定となります。そのため、期間終了時の生産状況によって、お届け時期に変更や遅れが生じる場合がございます。恐れ入りますが、予めご了承ください。
お届け時期に変動が生じる場合は、随時「活動報告」を通してご報告させていただきます。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト