年150時間の探し物時間を減らす。整理整頓力が高まる収納ボックス型時短リュック

image paypay banner
  1. 1年で150時間もあると言われる探し物時間を減らす。整理整頓力が高まる「時短リュック」
  2. 中がきっちり区分けされている収納ボックス型。探し物に手間取ることもありません
  3. 無駄な時間を減らして、自分のやりたいことに集中する時間を増やせる時短アイテム

 

 

「探しものにムダな時間を費やしたくない」
「整理整頓に時間やエネルギーを使いたくない」

バッグからライフスタイルを見直してみませんか?

「KABAG ボックス」は、リュックの中のモノをすぐに見つけられる「時短リュック」です。

中がきっちり区分けされている収納ボックス型なので、探し物に手間取ることもありません。

デスク周りにせよバッグの中にせよ、整っている方がモノを見つけ出しやすく、生産性が高まるもの。

無駄な時間を減らして、自分のやりたいことに集中する時間を増やせる時短アイテムです。

仕事に取りかかろうと思ったのに、
書類や文具、ファイルがどこに行ったか見つからない。

バッグの中に入れたはずのイヤホンやカギ、ケータイをどこに入れたか忘れてしまった。

探し物をしなくて済むなら本望だけど、かといって整理整頓に時間をかけたくもない……。

そう思っている方におすすめしたいのが、整理整頓力が高まる「時短リュック」こと「KABAGボックス」です。


・探し物時間を減らしたい

・整理整頓に時間やエネルギーを割きたくない

・見た目は大事だけど、使い勝手が悪いのはイヤ
 

 

見た目はどこにでもあるような普通のリュックですが、

バッグ研究家として培ってきたノウハウを駆使した「時短」ポイントが隠されています。

「時短」を通して1年で150時間もあると言われる探し物時間※1を減らす本商品の特徴をご紹介します。


「バッグの中の迷子」問題は、往々にして、いろんなものを一箇所にまとめて入れることで起こるもの。

メインスペースの分類しやすさがKABAGボックスの特徴です。

荷物がバッグの中で散乱しにくく、小物をたくさん入れてもすっきり収納することができます。

また、立体的な収納構造により、バッグのスペースをバランスよく活用できるため、バッグの中で起きる荷物の偏りも抑えられます。

バッグの背中側にはパソコン(16インチまで)を収納できるスペースを設けています。

メインスペースから独立しているため、他の荷物と干渉することはありません。

バッグの背中側にあるメインスペースはA4ファイルやタブレットといった小物もすっぽり収納できます。

日常的に使用するものはメインスペースの上段に入れておくと便利です。

内側にもポケットが3つがあるので、用途に合わせた収納が可能です。

背中側の右サイドポケットには500mlペットボトルが入ります。

メインスペースの下段は上段と干渉しないセパレート設計。

重い荷物を上段に、軽い荷物を下段に置いても押し潰されにくくなっています。

また、登山用リュックのように、重い荷物を上段、

軽い荷物が下段に入れることで重心が安定し、軽く感じるため疲れにくいというメリットもあります。

背中側の左サイドポケットには折り畳み傘を収納できます。

手帳や文庫本の収納に便利なフロントポケットはメインポケットから独立しているので、背負ったままでもスムーズに出し入れできます。

 

「KABAGボックス」は、バッグの中にさまざまな形状やサイズの小部屋があるので、入れるモノに適した場所選びが可能です。

あらかじめ入れておく場所さえ決めておけば、おのずと整理整頓力が高まります。

ポケットが多いバッグは仕分けしやすい反面、どのポケットに入れたかを忘れてしまうと、結局探し物に時間を費やすことになりますよね。

「KABAGボックス」は、中に入っているものがひと目でわかる観音開きなので、探し物にムダな時間を費やすこともありません。

自立するボックス型のバッグなので、スムーズなモノの出し入れが可能です。

バッグの角に引っかかって中のものを出し入れしづらい、

バッグが型崩れしないように片手で抑えておかなければいけない、といったイライラとも無縁です。

KABAGボックスのアクセスのしやすさは、ガバッと開いたときに限りません。

チャックがぐるっとバッグを1周するので、仕分けされたスペースに個別にアクセスすることができます。

これまで「ありそうでなかったもの」をテーマに商品開発を進めてきましたが、

もう一段階、そのテーマを掘り下げたとき、私は「世の中の不満を解決できるもの」をつくりたいのだと気づきました。

ここ1年近く、インスタグラムで「バッグ研究家」として他社のバッグの魅力を発信したり、

モニター企画でユーザーの方々の意見を聞いたりしながら、アンテナの感度を高めてきました。

そうしてキャッチしたのが、「探しものにムダな時間を費やしたくない」「整理整頓に時間やエネルギーを使いたくない」という不満です。

デスク周りでもバッグの中でも、整っている方がモノを見つけ出しやすく、生産性が高まります。そして何より、気持ちが晴れやかになります。

ぜひこの「時短リュック」を活用し、自分のやりたいことに集中する時間をすこしでも増やしていただければ幸いです。

 

 

□□商品仕様


・KABAGボックス:カラー

ダークグレー(オレンジ)

 

グレー(ブルー)

容量 :18L
耐荷重:60kg
重さ:650g
サイズ:高さ 42cm、横 34cm、 マチ17cm

素材 :ポリエステル(はっ水加工)・リップストップ
生産地:中国

多機能な中身とは対照的に、シンプルな見た目が特徴です。

KABAGの顔となるデニム風生地は、カジュアルな服装からビジネスシーンまで対応可能。

内側の生地には、軽くて薄いのに耐久性に富んだリップストップを使用しています。

カラー
ダークグレー/オレンジ

・グレー/ブルー

 

共通仕様

はっ水加工

 

・使用イメージ

【注意事項】

・モニター環境により実際の商品の色合いと異なってみえる場合がございます。
・屋内、屋外を問わず、光の当たり具合により商品の色合いが違って見えます。商品仕様の色味を参考になさってください。
・一部、試作品を使用している商品写真があります。最終商品は『商品仕様』をご確認ください。

 

 

□□リターン一覧

 

ひとりでも多くの方にご使用いただき、そのご意見やご感想を次の商品開発に活かしたいとの思いで、各リターンをご用意しました。

お届け予定は2022年4月ですが、プロジェクト終了後、発送準備が整い次第、順次発送いたします。

 

【リターン写真】

□□起案者

株式会社エルグラン

1995年創業。自社で生産企画したミセス・ハイミセス向けバッグをスーパーや量販店等に展開。

使い勝手のよい商品を提供するブランドとしてファンを獲得している。

「何かが新しく、何かが便利」なものづくりをモットーに、

初のBtoC商品として2015年に開発した「KABAG」シリーズラインナップの拡大を目指して、新たな商品づくりに取り組んでいる。

□□さいごに

 

KABAGはこれからも、ユーザーの方々と直接つながれるクラウドファンディングを通して、「一緒につくる」商品開発を続けていきます。

今回の「KABAGボックス」も、よりよい商品にするためにみなさんの力をお借りできれば幸いです。

インスタグラムで「KABAG」の横顔を発信していますので、よかったらのぞいてみてください。

バッグ研究家【林明大】

応援、よろしくお願いします!

 

□□FAQ

 

Q:収納できるパソコンサイズを教えてください。

A:16インチサイズのパソコンを収納できます。

 

Q:荷重はどのくらいまで耐えられますでしょうか?

A:60kgまで耐えられます。
(検査機関:一般財団法人ボーケン品質評価機構)

 

【引用元】
※1:「探し物で使う年間150時間は、どうしたら減らせるか」

リスク&チャレンジ

・販売予定数を大幅に超えた場合、またはカラーの偏りが出た場合、

再度オーダーする必要があるため遅れる可能性がございます。

・同様に、販売予定数を大幅に超えて生地の在庫がなくなった場合、新たに作るものに関しては、生地の色合いが多少異なる可能性もございます。

・ご支援いただいた方には、アンケートをお願いする場合がございます。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

クラウドファンディングの性質上、以上の点についてあらかじめご理解、ご了承の上ご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト