<圧倒的コスパ>初心者でも簡単に使える!
GPS搭載のサイクルコンピュータ「M2」
【2.5インチ大画面・IPX6・68g・30時間連続使用可能】

image paypay banner

 

読みやすい画面アンチグレアディスプレイ

M2はLCD液晶ネガティブディスプレイスクリーン、防眩FSTNプロセス材料を使用。
優れたディスプレイコントラストを持ち、屋外の日光の下でも数値をはっきりと確認することができます。

大画面で一目でわかりやすく、表示項目も豊富。バックライトは手動で操作できます。
 

自転車に乗るときには数字が読みやすく、正面から目を離さずに簡単にボタン操作が可能です。

高速で正確な測位

M2はスイスのUBLOXチップを採用し、4つのグローバル衛星ナビゲーションシステムをサポートしています。
*4つのグローバル衛星ナビゲーションシステム:GPS、GLONASS、BDSとGalileo。

市場に出回っているほとんどのサイクルコンピュータはパッシブアンテナを使用していますが、M2はアクティブアンテナを使用しており、通常のアンテナよりも高速にGPS信号を受信でき、データはより正確になります。
いわゆるGPSアクティブアンテナは、基本的に2つの部分で構成されています。GPSパッシブアンテナ+ LNAパワーアンプです。LNAパワーアンプは受信したGPS信号電力を数倍に増幅できるため、同じ環境下でGPSアクティブアンテナの受信性能がパッシブアンテナの数倍になるため、測位がより正確になり、データがより正確になります。

IPX6防水

IPX6防水機能を搭載しているので、雨の中でも故障の心配がありません。

国際認証取得済み

データの同期と分析

M2は、スピード、ケイデンス、心拍数、パワー、積算距離、高度などのさまざまなデータの同時記録をサポートするだけでなく、Bluetoothを介した迅速な同期とAPPへのデータ分析もサポートします。

※「M2」は医療機器ではありません。計測されたデータはあくまで健康管理の参考用です。

ライディングダイナミクスを表示し、トレーニング強度を定量化する

STRAVAアカウントをXOSSアプリに追加すると、データはサイクリストが一般的に使用する2つのアプリ、StravaとTrainingpeaksに自動的に接続されます。
XOSSアプリを入手するとライドデータを簡単に同期できます。アプリはStravaに自動的に同期し、アプリ自体を介してライドデータを表示するように設定できます。

サイクルコンピュータ「M2」はスポーツ科学分析と対になっており、2つの機能がリンクされています。これはサイクリングで理解する必要のある正しい科学的概念です。また、プロのサイクリストが限られた時間で体力を向上させるために必要な装備でもあります。
したがって、純粋な速度に加えて、サイクルコンピュータ「M2」には新しい役割もあり、科学的な分析と共有を提供します。 わかりやすいデータでサイクリングの強度とパワーを向上させます。

ANT+センサー対応&Bluetooth接続

スピードセンサー、ケイデンスセンサー、心拍計、パワーメーターなどANT+センサー(別途購入)に対応しています。
ANT+では、ANT+に対応したどんなメーカーのデバイスも相互に通信できます。Bluetoothで「XOSS」というスマホアプリを接続して、サイクリングデータデータを同期します。

大容量バッテリー搭載で月に1回の充電でOK

スマホにはすでにいくつかの同様の機能がありますが、ナビゲーションを使用することでバッテリーが低下します。
M2を使えばスマホのバッテリーを気にする必要がありません。

1100mAhの大容量USB充電式バッテリーを内蔵しており、フル充電後30時間連続で動作します。 


 

①正確で様々な記録をメモしたいプロのサイクリスト。

②初めて自転車を始めてみたい愛好家。

③サイクリング中の体調を知りたい方。

サイクルコンピュータ「M2」は、プロのサイクリストと普通の愛好家の両方に役立ちます。

m2はサイクリングに体の各データ、例えばスピード、心拍数、ステップ数などに注目することができ、お客様が現在の体の状態をよりよく確認するのに役立ちます。それによってお客様はトレーニング中に自分がどれだけの力を発揮できるかを知り、トレーニングの質を向上させます。

また、どれだけの時間、距離を走ったか、どのくらいの坂を登っているかなどがレクチャーできるので、サイクリングが終わった後に達成感が得られる。

明確で直感的なグラフは、運動プロセス全体での身体的状態を知るのに役立ち、次の運動でより良いパフォーマンスを発揮するのに役立ち、運動強度が妥当かどうかも知ることができます。

スマホを使って記録してみませんか?

①サイクルコンピュータ「M2」は軽くて便利で、スマホよりもはるかに小さいサイズです。

②スマホのGPS速度測定と比較して、サイクルコンピュータ「M2」の速度測定はより正確で、応答はより敏感です。

③スマホにもナビ機能はありますが、サイクリング中に操作すると危険性が増します。

 

実際、自転車に乗るときは、サイクルコンピュータ「M2」を使うこととサイクリング装備を身につけることも同様に重要であり、それらは必要な安全製品の1つです。複雑な道路状況の道路や下り坂では、事故の可能性を回避するために、M2だけが速度の合理的な制御を示すことができます。

Q: 保証期間はありますか?

A: 製品を受け取ってから1年間の保証が受けられます。お客様自身の過失による損害による返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。製品自体に関するアフターサービス等の質問は、steven@cycplus.comにお送りください。

 

Q:専用アプリ「XOSS」はiPhoneとAndroid両方対応していますか? 

A:iPhone/Androidに対応しております。 

 

Q:専用アプリ「XOSS」は日本語対応していますか?

A:はい、「XOSS」は日本語対応しています。

 

Q:スマホがなくても使えますか?

A:はい、M2自体はデータを保存することができます。

 

Q:TELEC技適認証とヨーロッパのCEの認証を取得していますか?

A:ヨーロッパのCEの認証があります。また、現在TELEC技適認証は申請中です。製品発送前に取得完了予定です。

 

Q:音が鳴らないのですが計測されていますか?

A:GPS衛星は受信まで約35秒かかります。受信してから、左ボタンを押して計測を開始しすることで計測中のアイコンが表示されます。
走行中は自転車の動きに合わせて自動で計測を行います。

 

Q:一度電源を落とすと途中の記録は消えてしまいますか?

A:自動的に保存されるので消えません。残量をご確認ください。
10分間、センサー信号やボタン操作がないと自動スリープ表示になります。自転車が動き出すと計測画面に戻り、前回の計測を続けることができます。

 

Q:ラップ機能はどう使いますか?

A:手動でラップナンバーを記録します。オートラップではありませんのでご注意ください。

 

Q:室内トレーニングで使いたいのですがGPSの受信できない室内でも利用できますか?

A:はい。サイクルコンピュータはスピードセンサーと組合せば、GPSを利用するのではなく、ANT+経由でスピード、距離のデータを自転車に送信できます。ローラー台を利用して、屋内でもライドが可能です。自転車のタイヤ周長をトレーニングする前に設定してください。

*本体のスピード測定はGPSで行いますので、森林やトンネル内ではGPSが捕捉出来なくなり、安定したデータを提供できない場合があることをご了承ください。より正確なデータを提供するためにはスピードセンサーをご利用ください。

 

リスク&チャレンジ


お客様都合の返品はお受けできません。サポート数量が予想を超える場合、製造工程上の理由により納期が遅れる場合がございます。皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。クラウドファンディングの性質上、事前に上記の注意事項をご理解の上、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

京永株式会社はクラウドファンディング支援のプロチームです。工場、デザイン会社、商社、国境を超える電子商取引などの顧客に対して、アメリカ、日本、韓国、ヨーロッパ、台湾、東南アジアなどの国と地域でオンラインクラウドファンディングサービスを提供しています。

「CYCPLUS」は、非常に革新的なハイテク企業です。長年にわたり、スマートサイクリング、サイクリングパワーメーター、GPSサイクルコンピュータ、心拍数メーターなどのプロ仕様のスマートデバイスの研究開発に注力しており、年間売上高は8000万ドルを超えています。海外でも販売されており、アジア、欧米などをカバーする市場で高い評価を得ています。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト