岡山県発国産テントサウナブランド誕生!
”MIMASAKA SAUNA(ミマサカサウナ)”

image paypay banner

本格ロウリュの国産テントサウナ"MIMASAKA SAUNA(ミマサカサウナ)"ー大自然で整おう

MIMASAKA SAUNA(ミマサカサウナ)は「自然と共に」を理念に岡山県の美作(ミマサカ)地域で、複数のものづくりを得意とする会社で立ち上げたコンソーシアムサウナブランドです。岡山県北の豊かな自然を活かし、自然と共存していくことを目的として、サウナイベントなどを開催しています。今回、そうしたサウナ体験のノウハウを生かして、オリジナルのテントサウナやサウナグッズを制作しました。約一年以上かけて試作を繰り返し、完成したものばかりです。

MIMASAKA SAUNA(ミマサカサウナ)の特徴

1. ストーブ、サウナストーン、ペグなどテントサウナ一式がもれなく付属

2. 安心の国産品質で保守やパーツ交換が容易

3. 簡単な組み立てとトランクに収まるコンパクトな設計

 

テントサウナに必要な設備一式をパッケージ!

国内生産で補修やパーツ交換が容易でアウトドアストーブとしての併用が可能なツーウェイサウナストーブ

修理補修が難しい海外製のテントサウナに比べ、全てのパーツが国内生産である”MIMASAKA SAUNA”では丁寧な補修や修理のサービスを提供します。ストーブは分解可能なコンパクトな設計となっており、パーツごとの交換・修理可能な設計にしています。また、効率のいい二次燃焼を求め内部機構の改良を繰り返し、最高のロウリュ体験をつくりだすオリジナルストーブに仕上げました。
もう一つの特徴としてはストーブを囲むように人が座ることができ、ストーブの外から火の様子が確認できるようにして火のゆらめきを眺めながら、一体感のあるサウナ体験を実現します。

キャンプストーブで調理や暖房にも使えます

またオリジナルストーブはサウナ後のサ飯に、またはキャンプのアウトドアストーブにとマルチに活躍できるよう設計されています。雨天時にもテント内でサ飯が楽しめます。

充実のサウナギアーをパッケージしたプランを多数用意!スムースなテントサウナデビューをサポート!

MIMASAKA SAUNAではサウナベンチ、サウナウェアー(Tシャツ、ハット)、薪と薪台を初め大小様々なサウナギアーを取り揃えスムーズなテントサウナデビューをサポートします!

サウナギアー詳細:

オリジナルサウナベンチ ー 美作産のヒノキを使用したサウナベンチです。高さによって熱さの感じ方が変わります。脚が置けるようになっており、体全体が温まりやすい、コンパクトなサウナベンチです。

薪台 ー 美作産のヒノキを使用した、組み立て式の薪台です。コンパクトに持ち運びができ、組み立ても簡単です。 40cmx40cmx高さ50cm

銘木屋さんの薪 ー 岡山県津山市にある銘木屋さんの薪。水分含有率15%以下となっています。主に広葉樹のケヤキ、トチ、サクラ、クリなどを使用しており、針葉樹と比べて成長に時間がかかるため重く硬いのが特徴です。火持ちが良く長時間使えるため薪の消費を抑える事が出来ます。 お手製の着火用ウッドブロックもおまけしております。

 

こだわりポイント①
テントサウナ内外にあるポケットで便利と安心なサウナ体験を

ロウリュの際のエッセンシャルオイルやタオルを入れるためにテントサウナの内側にポケットを用意。さらにテントサウナ外側にも人数分のポケットを用意しました。窓の下についているのでサウナの中からでもチェックできるので安心してサウナを楽しめます。

 

こだわりポイント②
サウナー向けエクストラテントで120℃のサウナを体感!

エクストラホットを体感したいサウナー向けのカバーテントでテントサウナ全体を覆うことでサウナ温度を底上げ!ロシア製テントサウナ"Morth"に匹敵する最大120℃まで温度を上昇させることが可能です。(サウナ内部の温度は外部の環境によって変化します。)

 

こだわりポイント③
他ブランドテントサウナに比べ明るく開放的な100cmX98cmの窓を備えた空間

比較的内部空間が暗いことの多かったこれまでのテントサウナに比べ、白く透過性のあるテント地と大きく取った窓により圧倒的に明るい内部空間を実現!明るく顔の見えるコミュニケーションを演出します。

 

こだわりポイント④ふだんづかいのサウナウェアー

サウナーのためのオリジナルサウナウェアーも用意しました!

オリジナルTシャツ United Athleの原点とも言える「6.2オンス プレミアム Tシャツ」にオリジナルのロゴをプリントしました。首がよれや洗濯縮みが少なく、色あせも少ないTシャツです。 サイズ:XS/S/M/L/XL

タオル地サウナハット ー タオルの用に広げたり、輪っかで留めてサウナハットのように使用できる、サウナで大活躍するアイテムです。ベージュとグレイの二色を用意しました。 サイズ:約90cm×約34cm

 

 

岡山県美作地域津山発祥のものづくり会社が集結!国産サウナコンソーシアムブランド"MIMASAKA SAUNA"をよろしくお願いします!

改めまして、"MIMASAKA SAUNA"は岡山県美作地域津山の発祥の国産サウナブランドとして2020年に発足しました。岡山県美作地域のものづくり会社が集まって美作(みまさか)の「美しい大自然で整いたい」という思いを胸にテントサウナとその他のサウナギア&ウェアの開発と改良をおこなってきました。今回のクラウドファンディングは私たちが一年以上かけて丁寧に開発してきた自信作をお届けします。どうぞMIMASAKA SAUNAをよろしくお願いいたします!


仕様詳細:

サイズ

テント:W205 D205 H180cm(設営時)

ストーブ:W23.5 D60 H42.5cm(煙突除く)

重量

テント:5kg

ストーブ:20kg

材質

テント:ポリエステル

テント内部煙突付近:ガラス繊維(耐熱温度500度)

窓:TPU(熱可塑性ウレタン)

ポール:アルミ

ストーブ:鉄、耐熱塗料、耐熱ガラス(耐熱温度700度)

 

ご使用における注意事項

・ストーブに施されている耐熱塗料ははじめに火入れをしてガスを抜く必要があります。ご使用前に屋外にてストーブの火入れと空焚きをお願いしております。

・テント生地は耐熱性ではないため、ストーブや火の粉に触れると一瞬で穴が空きます。テントロープやペグで固定し、テントの幕がきっちりストーブから距離が取れていることをご確認下さい。

・テントは風に弱いため、風が強い場所やテントが固定できない場所での使用はご遠慮下さい。

・石を含めストーブは大変高温になります。火を落としたあとも蓄熱ししばらく熱いためしっかりと冷却してから片付けをしていただくようお願いします。

・不完全燃焼による一酸化炭素中毒を避けるために、通気口が開いているかの確認と一酸化炭素チェッカーをご準備してご使用下さい。

・サウナストーンは専用の石をお使い下さい。川原の石などは高温で爆ぜる事があり危険です。

・野外に設置したままにしたり、濡れたまま収納されると劣化が進みます。できるだけ、テントはしっかり乾燥させて収納して下さい。

・煙突が温まるまでは排気能力(ドラフト)が低いため薪に火をつける際には換気できる状態で行って下さい。

・飲酒をされた方、妊婦、体調のすぐれない方、持病のある方、小学生以下のお子様のサウナ使用はお控え下さい

 

保証

サウナ用薪ストーブの保証は購入後1年間となります。ただし、使用によって生じる変色(焼け)や機能に支障の無い歪み、耐熱ガラスに関しては保証の対象外とさせて頂きます。 基本的には修理可能な仕様にしてありますので、故障した箇所の写真をお送り頂ければ有償でパーツ交換致します。交換、修理に伴う送料はご負担頂けますようご了承ください。 テント、ポールの保証は購入後3ヶ月となります。ただし、使用によって生じる変色、シミ、焼け、溶け、カビ等については保証の対象外とさせて頂きます。また、テントも修理可能ですので破損した箇所の写真をお送り頂ければ有償で修理致します。

免責事項

サウナストーブはかなり高温になります。ご使用に際し万が一起きてしまった事故、火傷などの外傷、サウナ時の体調不良及び、一酸化炭素中毒などについてMIMASAKA SAUNAでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、薪ストーブを焚くことによる、周辺への延焼、山火事などに付随する如何なる責任についても同様です。ご自身のご責任でご使用ください。

Q&A

Q.使用に際しての健康上のリスクはありますか?

A.高温になりうるテントサウナでは10分間で約500mlの水分が汗として体外に排出されます。テントサウナ使用に際しては十分に給水しながらおこなうようにしてください。特に飲酒時のサウナには脱水症状や熱中症などのリスクを伴いますのでおこなわないようにしてください。またサウナ後の冷水浴も「掛け水」などで体に冷水温を慣らしてからおこなうことをお勧めします。

Q.テントサウナに他に必要な物はありますか?

A.薪の着火剤としてはゲルネンなどのアルコール系や「ハイチャッカー・L」など必要な分だけ使えるものがお勧めです。また一酸化炭素チェッカー、ライターやチャッカマン、火箸、耐熱グローブ、ロウリュのための桶と柄杓などが必要となります。また薪に関してはMIMASAKA SAUNAの「銘木屋さんの薪」「家具屋さんの角材」などをぜひご検討ください。

Q.テントサウナに適した環境は?

A.テントサウナの設置にはある程度平(たいら)な4x4mほどの土地が必要になります。また風によってテントが倒れる、飛ばされる、煽られてテント地がストーブに触れて穴が空くなどの事故を防ぐため強風の日はご使用をお控えください。真夏日などは熱中症のリスクが高まります、給水や冷水浴がおこなえる環境をお選びください。

Q.テントに穴が空いてしまいました。

A.テントは耐熱仕様ではないため、例えば、熱くなったストーブや火箸が触れるとテント生地は溶けてしましす。小さな穴であればテント用の補修テープなどで内側と表側から補修が可能です。

Q.耐熱ガラスが割れました

A.耐熱ガラスは熱には強いのですが、衝撃などには通常のガラスと同様に割れることがあります。割れた際は、有償にて修理が可能です。まずは連絡ください。なお、耐熱ガラスは保証の対象外とさせて頂いておりますので、通常の使用で割れた場合でも修理費がかかりますのでご注意ください。