「今、この瞬間」を体感できるアートとサイエンスが融合した浮遊する球体「Buda Ball(ブダボール)」

image paypay banner

宙に浮く電球で一躍話題となったスウェーデンを拠点とするFLYTE社の新商品BudaBall(ブダボール)が日本に初上陸となります。 喧騒の現代社会を駆け抜けるリーダーシップを発揮するすべての人が実践するマインドフルネスとその大切さが注目されています。 サイエンス×アート×インテリアの新たな提案として、この宙に浮くクロム球は、新たな生活シーンの一部となるでしょう。メリハリ、ON/OFFの切替が難しい「おうち時間」に、ひとつのスパイスを与えてみませんか?ホームインテリアだけでなく、オフィスに、ヨガスタジオなど、多くのシーンを彩るニューアイテムです。しかも!水平方向だけでなく、垂直方向(壁掛け)にも設置可能。 これまでになかったタイプのインテリア故に、唯一無二の存在感を放つでしょう。

 

多様な日常シーンを彩るニューアイテム「Buda Ball(ブダボール)

ワークスタイルが多様化し、時間の使い方もみんな様々な現代。効率よく仕事をするために集中力を上げたり、適度なリフレッシュをする方法ってとても重要ですよね。GoogleやAppleなどの企業が導入して注目を集めている「マインドフルネス」というメソッドがあります。これは「今この瞬間に集中する」という、リラックスしながら研ぎ澄まされた状態を作る方法です。目の前のタスクをこなす事に終われ、PC画面から離れられず、キーボードの手を止める事ができない、、、家に帰ってもついついPCを開いてしまう、、そんな仕事中毒な状況がついつい続いてしまうことってありますよね。1日のどこかでデジタルツールから離れ、ゆらゆら浮遊する球体を眺めながら「今この瞬間」を感じ、自分自身の心の内側と向き合う時間を作ってみる。もしかしたら、今までにないアイデアが閃くかもしれない、、そんなキッカケを作るのに一役買ってくれるアイテムが「Buda Ball(ブダボール)」なんです。

 

ポイント1:アートとサイエンスが融合したプロダクト

ポイント2:インテリアとしてのキネティックなオブジェ

ポイント3:「今、この瞬間」を体感できるアイテム

 

ポイント1:アートとサイエンスが融合したプロダクト

空中でホバリングしながらゆっくりと回転するBuda Ball(ブダボール)は、まるで無重力のように浮遊しています。重力に逆らい磁場を通して空中に自由に浮かんでいる様は、私たちの既成概念を視覚的に簡単に裏切ります。 当たり前と思っていることををあらためて捉え直す、そんな機会を眺めるたびに与えてくれます。

平衡状態でバランスを保つように設計されたBuda Ball(ブダボール)は、その中心が重力に抵抗することを発見しました。両手で15 cm(6インチ)の距離を置いて、ゆっくりとボールを下げます。ベースの正確な中心点を目指します。ボールが押し上げられたのを感じたら、軽く離すと浮遊しながらゆっくりと回転します。

サイエンスを駆使して作られた磁気浮上技術によってBuda Ball(ブダボール)は、垂直方向だけではなく水平方向の両方にも浮上するんですよ。ベース部の底面には、ネジをかけられる凹部があり、壁掛け対応も可能です。これまでになかった景色を住まいに創り出します。

科学者ニコラ・テスラが発明した技術

エジソン社に入社し交流電気方式を開発、蛍光灯などを発明したニコラ・テスラをご存知でしょうか。科学技術の歴史的文脈において、とても重要な人物の一人と言われ、電気自動車メーカー「テスラ」は彼の名をオマージュしているほど。そんなニコラ・テスラが発明した技術を駆使して「Buda Ball」は作られているんです。まさにサイエンスとアートが融合したプロダクトといえます。

 

ポイント2:インテリアとしてのキネティックなオブジェ

浮遊しながら回転するクロム球は、時が過ぎる一瞬一瞬を感じさせその空間を演出してくれます。様々なシーンで使えるインテリアとしてオススメのアイテムです。

 

オフィス環境をアップデート

オフィス環境を整える事って大切ですよね。Buda Ball(ブダボール)はデスクに気軽に置けるサイズなので、集中して作業をした後のリラックスタイムに眺めてみたり、会議での会話のピースにも一役買ってくれそうです。リモート会議中の画面に映り込んでいたら、お相手がBudaBall(ブダボール)の存在にきっと驚かれることでしょう!

 

おうち時間にアートを取り入れよう

おうち時間をどう過ごすか?どのように気分転換をするか?みなさんにとって、身近なテーマではないでしょうか?アートの力を借りることは、有意義な生活を過ごすための手段の一つと私たちは信じています。リモートワークでおうちの中に仕事が舞い込んできた今こそ、自分らしい生活・自分らしい時間を見つけることの大事さが問われています。ホームエクササイズやティータイムなどの時間をあえて作ったり、お気に入りのインテリアで居心地の良い空間を演出することで、あなたの「おうち時間」は、ワンランクアップするかもしれません。このBudaBall(ブダボール)は、あなたらしい空間、あなたらしい時間を演出するアクセントとして、お役立ちできる逸品となるでしょう。

 

和モダンな空間にもマッチ

凛とした佇まいがどこか日本の美意識の一つである侘び寂びをも彷彿とさせます。和室や畳といった空間にもマッチして和モダンな空間も演出してくれます。焚火やキャンドルライトのように、思わず見入っていまう魅力がそこにあります。

 

ポイント3:「今、この瞬間」を体感できるアイテム

慌ただしく過ぎていく毎日の中で、少しでも自分と向き合える時間を作れたら、脳のリフレッシュや心のデトックスもできるかなって思ったりしますよね。

 

思考をクリアにする朝のルーティンとしてヨガやランニング、読書を取り入れているビジネスマンも多いんじゃないでしょうか。多忙な人ほど、自分と向き合う方法と時間を大切にしているものです。 BudaBall(ブダボール)もまた、そんなあなたの新しい味方になってくれそうです。

 

マインドフルネスとは

そして現在ビジネスシーンにおてアップルやグーグルが取り入れている事で注目されてるマインドフルネスという瞑想方法があります。マインドフルネスとは今、この瞬間に集中するというメソッドです。思考をクリアにすることで集中力が高まったり、ストレスを軽減させるというような効果があると言われています。

このBuda Ball(ブダボール)を眺める時間には、そんなマインドフルネスのような「今、この瞬間」を体感することができます。脳のリフレッシュをして思考がクリアになったら、今までより仕事がスムーズになったり、新しいビジネスのアイデアが閃いたり、Buda Ball(ブダボール)はそんなきっかけを作るアイテムとして一役買ってくれそうです。

 

FLYTE社について

FLYTE社は、北欧スウェーデンのストックホルムを拠点とするメーカーです。「照明」や「プランター」やを磁力で浮かせるという革新的なプロダクトを発表し世界中から注目を集めています。

 

それぞれに意味を持つ4つのカラー

 

名前の由来は「四大元素」

「四大元素」とはこの世界の物質は「水」「火」「土」「風」の四つの元素から構成されるという概念です。古くから“この世にすべては、「水」「火」「土」「風」の四つの元素(エレメント)から成り立っている”という考え方が存在しています。“この世にあるものすべて”というのは物質だけではなく、人間の身体や感情・気質なども含まれており、古代ローマやギリシャ時代からこの考え方は支持されてきました。日本では四大元素、四大、四元、四原質ともよばれており、古代インドにも同様の考え方があります。医学やアロマの精油、ハーブのブレンド、星座などはこの四大元素の理論からあてはめて考えられることがよくあります。中国には五元素という類似した考えもあり、東洋医学や漢方、鍼灸の治療理論の基礎となっています。

「水」「火」「土」「風」の本質の特徴

「水」の特徴は、【流動的、受容、創造、感覚、つなぐ】

「火」の特徴は、【熱、力、光、モチベーション、方向性】

「土」の特徴は、【安定、基盤、支え、実在、重い、固い】

「風」の特徴は、【動き、軽い、速い、変容、思考】

 

製品内容

 

注意事項

・製品の仕様変更が行われる可能性がございます。ご了承ください。

・発送は日本国内に限ります。

・製造状況によりお届けが遅延する場合がございます。

・万が一初期不良製品がお届けされてしまった場合、返品交換をさせていただきます。

・大変恐縮ではございますが、お客様都合の返品はお受付しておりません。

・生産状況によっては交換対応にお時間を有する可能性がございます。

 

蔦屋家電+にサンプル商品の展示がございます!

プロジェクト期間中、蔦屋家電+(二子玉川)にて、サンプル商品の展示をしております。
既に支援をいただいた方も、これから支援をご検討いただいている方も、実物を見ていただけるチャンスとなります。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りいただければ幸いです。


「蔦屋家電+」へのアクセス:
住所:東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
二子玉川 蔦屋家電1F
最寄駅:東急田園都市線(東急大井町線) 二子玉川駅
アクセス方法の詳細は蔦屋家電+のホームページにてご確認ください。

 

Q&A

Q・コンセントは必要になりますか?

はい、ご使用時は、付属の電源アダプターを使って、家庭用コンセントに接続する必要がございます。

 

Q・球が落下することはありますか?

停電、通電の瞬断などにより落下しますので、ご使用時は、付属の電源アダプターで電源供給をしてください。

 

Q・球が落下して他の物品の損傷があった場合の保証はありますか?

弊社の保証範囲は、製品自体の故障に限ります。したがって本商品の設置は、破損の心配のあるものが近傍に無い状況でご使用をお願いします。また、球が自然落下する場合、木製ベース部に磁力で引き寄せられますので、転がり落ちることは、通常使用においてはほぼほぼございません。

 

Q・壁への取り付けもできますか?

はい、壁掛け設置も可能です。木製ベース部の底面に2箇所のネジを引っ掛ける孔が空いております。但し、壁に取付ける際は、お客様の判断と責任の元で行っていただくこととなりますので、ご注意ください。不完全な設置による本体の落下や傷害などにつきましては、メーカー及び販売代理店は何等責任を負いません。

 

Q・クレジットカードなどを近づけるのはNGですか?

はい。本商品は、磁石が内蔵されておりますので、磁気の影響を受けやすいクレジットカード、腕時計などの商材・物品は近くに置かないでください。

 

Q・PSE(電気用品安全法)に対応していますか?

はい、PSE対応品となります。付属の電源アダプターがPSE対象品となります。

 

Q・保証はありますか?

御購入(同封する御納品書の期日)より1年間の製品保証が付帯しています。保証内容及び規定については、商品に同梱する保証書にてご確認いただけます。

※返品交換時の送料は、弊社で故障診断の上初期不良品と判断される場合を除きご負担頂きます。
※正規代理店以外でご購入、およびその購入証明(弊社の保証書及びご納品書での確認)が為されない場合につきましては、日本国内での保証・サポートは受けられません。

 

お届け時期について

プロジェクトが成立した場合、2021年3月初旬からご支援順にお届けを予定しています。プロジェクト終了後に即配送する予定をしておりますが、メーカー側の生産状況や物流事情によっては、お届け時期に変更や遅れが生じる場合がございます。恐れ入りますが、予めご了承ください。お届け時期に変動が生じる場合は、随時「活動報告」を通してご報告させていただきます。

 

プロジェクト起案者【株式会社THT Japan】

ずっと一緒に居たいと思える電気製品を考える会社です。
2013年4月に設立して以来、インテリア家電やデザイン家電の輸入代理店として、このBuda Ball(ブダボール)をはじめとする新進気鋭のスタートアップ企業の商品を取り扱っています。国内正規代理店として、10カ国以上から選りすぐりの商品を輸入・販売しています。
また、電気安全法や電波法などの国内導入におけるコンサルティング業務やOEM受託開発業務も事業化しており、クリエイティブとテクノロジーの側面から新しいプロダクトの世界をサポートする会社です。お客様にご安心してご利用いただける商品をお届け致します。

 

Buda Ball(ブダボール)の日本上陸を応援しませんか?

Buda Ball(ブダボール)は、FLYTE Light やSTORYなどのユニークかつ唯一無二の商品を提供してきた、スウェーデンを拠点とするFLYTE社による新商品です。グローバル市場に展開する同メーカーの日本での活動を、是非応援していただければ幸いです。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト