<銀座ロックフィッシュ>の新たな挑戦。試練に負けない、進化し続けるバーへ。

image paypay banner

6/1(月)12時からいよいよROCKFISHオープンします!
「お食事処ロックフィッシュ」。
呑める軽食をご用意しております。クラウドファンディングも引き続き応援よろしくお願いいたします!間口一就


追伸:新たなリターンを追加しました!

 

 


 

銀座で18年、最初は店で寝泊まりしながらハイボールを売ってまいりました。おかげさまで多くのお客様に支えられて今があります。本当にありがたいことです。

 

 

今、当店も営業を自粛しています。
業務や雑務は変わらず続いているとはいえ、店を閉めている以上、恥ずかしながら自宅にいる時間も多くなってきました。それと同時に落ち着いて考える時間も出来てきました。

 

 

 

自分の本来の仕事である「お客様に美味しいハイボールを届ける」ことが難しい今、自分に出来ることはなにか?
それと同時に、今だから出来ることはなにか?
難しいことを考えるのは大の苦手だけど、自分なりに考えてみました。

 


 

まず、このような状況だけど、いや、このような状況だからこそ、一息つける時間を提供したい、と願っています。
だってそれがバーの本来の役割のひとつではないでしょうか。そこに自分のハイボールが一役買えるなら、こんなに嬉しい事はありません。

 

 

バーの休業に入る直前に、週末の「おつまみ弁当」のテイクアウトを始めました。
支えてくださっているお馴染みさん方に家飲みを楽しんでもらえたら‥、という感謝の気持ちからです。ご希望のお客様のご注文に滞りなく応えられるよう、今後はより調理しやすい環境づくりに工夫を凝らし、作業効率や生産性を高めていきたいと思っています。

 

 

そして現在、期限付きの酒販免許を申請をしています。取得した際には、そして営業が再開出来た暁には、
「週末にのんびりと楽しめるおつまみ弁当とワイン」をテーマに、自分のおつまみにぴったりのワインも販売していきたいと思っています。決して高級じゃないけれど、自分のお弁当と一緒に美味しく楽しい気分になってもらえるようなワインです。

 

 

お店が従来どおり営業出来るようになるとしても、やはりしばらくの間は人との距離を考えた行動が必要になるでしょう。店内の設えもお客様の間隔を意識して一部変更する必要性を感じています。
お客様により寛いで過ごして頂くためにも重要な課題です。

 

 

メニューの見直しと再構築も、営業再開に向けて大きなテーマです。
今までの経済に戻るのにどのくらいの時間がかかるのか判らないけれど、その間もお客様に喜んで頂けるようなお酒やおつまみを提供することが出来る店でありたいと思っています。いつの時代にもお客様に寄り添えるお店でありたいのです。

 

 

そしてお客様に心地よく過ごして頂くために最も重要なこと、我々従業員の接客を今この休業を期にもう一度見直します。それには、自分を含めスタッフの教育が必要不可欠です。サービス業は人が財産という言葉をよく耳にします。店に対するお客様が感じる印象の多くは接客内容および態度で決まります。基本的なことではありますが、今だからこそ改めて考える必要があります。

 

 

自分を過大評価せず、規模の拡大や目先の利益にとらわれること無く、身の丈にあった出来る範囲の経営を目指しながら、お客様により豊かな時間を提供すること。そしてそれを継続していくことが、今の自分の大きな目標です。それらの実現のために皆様のご協力を頂きたく、今回はじめてこのクラウドファウンディングに踏み切りました。どうか宜しくお願い致します。

 

リターンについて‥

今回皆様のご協力を頂くにあたり、このような時だからこそ、なおのこと皆様にも喜んでもらえるような内容にしたいと思いました。でも残念ながらしばらくはお店では難しいから、少しでもお店で楽しんでいるような気分になってもらえたら、今回はそんな気持ちからグラスセットを考案しました。皆様のご自宅でのお酒ライフに少しでも花を添えられたら幸いです。

そして、今から楽しみになるような何かを提供できたら、との思いから、今までになかった企画をいくつか考えました。いつかまたのびのびとハイボールを楽しんで頂ける日が来たときに、当店で自分も皆様と一緒に喜びを分かち合えたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

それではまた皆様にお会い出来る日を楽しみにお待ちしております。

 

 

間 口 一 就


 

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト