近未来的!世界初ハイブリッド型IoTウオールクロック『Glance Clock』
アレクサ連動も可能!
【専用アプリで天気/タイマー/着信/アラームも表示可能】

E4dad32496ce54348e3c4e187d5bfce7722cf40e5c3eaa5540cff7940f68?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190921%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190921t112940z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=995d34a6ae32e34b1fb52b7897fe812a1fa97c371c8535b0bcd7438298056e30

【1週間でスマートフォンを手に取る回数は、平均1500回以上】
【1日でスマートフォンの使用時間は、平均3時間16分】
【1日にスマートフォンで行うタスクは、200個以上】

これはあくまで平均的な数字なので、これを読んで下さっているあなたは、もう少し長い時間をスマートフォンと過ごしているかもしれません。

Glance Clockは、そんなあなたの生活を生産的に変えてくれる、世界初のハイブリッドIoT壁掛け時計「Glance Clock」です!

 

※アプリで設定することにより、各機能を設定時間に表示させています。

 

また、Glance Clockはデザインにこだわり、品質が高いウォールクロックの中に様々IoT機能を追加しております。
本体の中にはLEDと通知機能を搭載しており、様々な通知を表示できるのがGlance Clockです。
IFTTTを利用しAlexaやスマートドアベルとの連携を行うことで使用できる幅が広がります。

Glance Clockアプリと連携して使える機能

日本語のアプリ(IOS/Android)で次のことができます。

1)カレンダーと自動連携

グーグルやアップルカレンダー(iCal)の連携を行うことでクロックフェイスに予定を表示することができます。
カレンダーアプリと連携する事で、予定が入っている時間があるとクロックフェイスにLEDで予定時刻を表示してくれます。
また、設定した予定名を文字で表示したり、定期スケジュールをLEDとテキスト(ローマ字と数字)で表示するなどカスタマイズも可能です。実際の表示方法は上記画像のように予定が入力されている時間が青く点滅を行い、点滅している間に予定名がクロックフェイス真ん中に表示されます。
※上記画像例:3時から4時の間が点滅している時に「Work」と表示されているのでその時間は仕事の予定が入っていると確認できます
※カレンダーの色表示はアップルカレンダー1色、グーグルカレンダーはカレンダー設定で指定した色が表示されています。

2)天気予報

時間の次によく調べるものといえば天気ではないでしょうか。Glance Clockは表面のLEDを利用してアイコンでその日の天気を表示し気温、風力、湿度、空気圧、降水確率、平均気温を任意で選び表示させることができます。
気温だけ知りたい人も湿度、降水確率だけ表示するなど自分好みにカスタマイズが可能です。

3)タイマー/インターバルタイマー

タイマーを設定することで残り時間が表示されます。手の離せない料理中や、複数人で残り時間を確認するゲームや勉強の時などに便利です。
室内運動など行う際に残り時間をスマホで確認する場合は煩わしさが軽減されます。

4)電話の通知表示

スマートフォンと連携するIoT機器といえば通知機能が一般的です。Glance Clockは電話がかかってきた際に
電話アイコンと併せて電話帳登録名または電話番号を表示しお知らせしてくれます。スマートフォンがマナーモード中でもGlance Clockから音が鳴り着信をお知らせしてくれます。
※表示される登録名は英数字のみ表示されます。日本語は表示されませんので予めご了承ください。

5)アラームと日にち

Glance Clockはもちろん時計なので通常の時計機能も搭載しております。
12個のドットLEDライトが1時間区切りとなり一目で時刻の確認が行えます。また、目覚まし時計としても使用することも可能です。
照度センサー機能を搭載しており、LEDライトの強さを自動で調整してくれます。寝室でのご使用する場合も妨げになりません。
LEDライトの強さは任意で変更することも可能ですのでお使いの部屋にあった光量を設定いただけます。

 

IFTTT搭載でAlexaとの連携も!

IFTTT(https://ja.wikipedia.org/wiki/IFTTT)を利用して行える例
-スヌーズアラームの設定
-Alexaが流している音楽のタイトルを表示
-スポーツチームのスコアを表示
-スマートドアベルが反応した際に通知を表示
-ウーバーの到着情報を表示
-ISSが通る時に通知を表示
-Eメールの件名を表示
-Fitbitの情報を表示
-雨が降り始めた時の通知
-新機能が開発された時の通知
などIFTTTを使用することで設定できる項目が広がります。

※IFTTTは現在英語でのサポートです。
英語が得意でない方もオンラインで日本語ガイド通りに設定いただくことでご使用いただけます。
(例:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1711/22/news031.html

 

超近未来的IoTウオールクロックで、快適な生活を!

Glance Clockはシルバーとグラファイト2つのデザインがあります。

シルバーはシンプルなデザインで部屋を選ばずご使用いただけます。光るLEDの色合いによりイメージが変わり自分好みに設定が行えます。

グラファイトは黒色で重厚感ある仕上がりです。LEDのランプの色が際立ちクールな印象を与えます。

Glance Clock側面はアルミフレームを使用しており機械的な印象を受けますが、フェイス部分に布カバーを使用しておりLEDが光ると淡く優しい光の印象を受けます。

LEDの明るさは変更できます。照度センサーによる自動変更も可能です。光量を調整することでお部屋に合わせカスタマイズがいただけます。

 

スペック

 カラーバリエーション

 シルバー/グラファイト

 サイズ

 直径22.8cm/厚さ3cm

 針の長さ

 6cm/8cm

 質量

 530g

 スクリーン解像度

 テキスト:32x8白色ドット

 データ: 48x4 RGBドット

 ケーブルタイプ

 USB

 ケーブル長さ

 300cm

 電池

 4400mAh リチウムポリマー電池

 オーディオ

 3W通知スピーカー

 接続

 Bluetooth 4.2 (BLE)

 センサー

 人感センサー/照度センサー

 原産国

 デザイン:シンガポール/生産:マレーシア

 アプリ互換性

 Android (6.0以降)/iOS (9.0以降)

 保証

 1年

 

 

Glance Clockを便利に使用する

Glance Clockをより楽しく便利に使用するのにおすすめの商品をご紹介します。

- 置くスタンド

Glance Clockは基本的にウォールクロックですが、デスクやテーブルので確認するのも便利です。Glance Clockのサイズは22.8cmと一般的なサイズですのでスタンドをご利用いただけますできます。公式スタンドの販売は行っておりませんが下記スタンドなどご使用いただけます。

Link1

Link2

- USB/AC アダプター

クラウドファンディングでお送りするGlance ClockはUSB/ACプラグが付属しておりません。

ご使用いただく際は1.5A以上の出力があるUSB/ACプラグをご使用ください。1.5A以下の出力(特に1A未満)USB/ACプラグを使用すると熱くなり危険ですのでご注意ください。

FAQ

 

バッテリーはありますか。

はい。本体に内蔵しております。使用頻度によりますがおよそ2日ほどご使用いただけます。
基本的にウォールクロックとして使用いただく場合は電源コードを付けた状態でのご使用を推奨しております。
停電時はバッテリーが切れるまで稼働します。

アナログ時計は時計の音がしますか。

全く音はしません。ライトの明るさも自動または設定で
変更できるので、寝室でも気にすることなくご使用いただけます。

2色ありますが、違いはなんですか。

違いはデザインのみです。性能などは全く同じ機能です。

複数の家族ですが、複数のスマートフォンで接続ができますか。

 ご使用いただけます。Glance Clockに近いスマホまたは最後に接続したスマホの設定を優先して表示します。

複数のGlance Clockを同じスマートフォンと使えますか。

申し訳ございません。現在1アプリにつき1つのGlance Clockのみ
接続が行えます

保証期間はどれぐらいですか。

通常使用による自然故障に限り1年間の保証でございます。国内代理店株式会社ビーラボがアフターサービス
を保証します。

Indiegogoに投資しましたが、Glance Clockがまだ届いていません。

万が一届いていない方は、こちらのメールアドレスに連絡ください。
メーカーに連絡を行いお送りいたします。

会社の説明

グランステックはシンガポールの会社アイデアを考えて、インディーゴゴでクラウドファンディングで4600個(5000万円以上)の注文を獲得できました。かなりの量があり、時計の一部のメーカーNeXtimeと共に一人一人にGlance Clockをお届けしました。(日本でまだ届いていない方々が居る場合は弊社に連絡ください。メーカーより必ずお届けいたします)

1970年にオランダのハールレムで現在のオーナーの両親がAlma(後のNeXtime)を成立しました。少しずつ拡大し、現在グローバルマーケットで時計が売れるようになりました。

Glance Clockのメーカーと手を組んで、世界初アナログIoT時計にチャレンジし、様々な苦労を乗り越えやっと商品の出来上がりが見えてきました。

様々な出来事に負けず、日本での正式な販売に向けて、再びクラウドファンディングに挑戦。皆様の御応援をよろしくお願いいたします。