「1秒着脱」あなたのスマホを一眼レフに。
「ゆがみゼロ」のプロ仕様 マグネット式アタッチメントレンズセット

D73ded2bde48a1394403c2982382a1f7fc1e17b6cb0ec3446e5d783784f4?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190217%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190217t155843z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=dfcf627fa253b8ba077e730344a9a12c9f8ca331595685241b4eb96066b58c63

誰もが手にしているスマートフォンは、同時に極めて高性能なカメラでもあります。

「USHADOW X1レンズシステム」は、手軽でありながらスマートフォンカメラの性能をスポイルすることなく、広角・望遠・マクロなどの効果を作り出し、プロフェッショナルクラスの撮影を可能にする画期的なレンズセットです。

USHADOWは光学製品専業メーカーであるBST社のブランドです。BST社はカメラ交換レンズ、ドローンやスマホなどに使うレンズフィルターシステム及びアタッチメントレンズ、その他撮影関連製品を開発から製造・販売までを一貫して行い、日本やドイツなどの一流光学機器メーカー様を含む数多くのお取引先に対し10年以上の納入実績があります。
これまで、OEM(相手先ブランドによる製品提供)を中心に展開してきましたが、スマートフォン用アタッチメントレンズの現状に一石を投じたい、という思いから「X1 レンズシステム」を考えました。

 

1秒着脱

クリップ式で、手軽にスマートフォンカメラに広角レンズや望遠レンズの機能を追加するアタッチメント・レンズ。安価な製品も多く、正直なところ高いコストパフォーマンスに驚かされることもあります。

しかし、クリップ式は装着に時間がかかりすぎるのが課題。また、装着したままの状態だと液晶画面の一部がふさがるのも難点です。
買ってはみたものの、煩雑さに閉口して結局使わなくなった方も多いのではないでしょうか。

 

X1 システムはマグネット式の固定金具の採用で1秒着脱を実現

 

アタッチメントレンズの煩雑さを軽減することに成功しました。

装着時間を比べてみると、クリップ式との差は一目瞭然です。

装着比較

 

「気軽に」「すばやく」装着できるので、
撮りたい!と思ったときにすぐに撮影姿勢に入れます。

操作に慣れ、アタッチメントレンズを見ずに装着できるようになれば、被写体から目を離すことなく撮影姿勢に移れます。

 

もう、撮影チャンスを逃しません。

 

専用ケースで完璧なレンズ位置

USHADOWのアタッチメントレンズにもクリップ式製品は存在します。
クリップ式は機種を選ばず、また製造コストも抑えられるなどメリットが多いのは事実なのです。
一方で、「お客様は本当に正しい使い方をしてくださっているだろうか」というモヤモヤ感が私達を悩ませてきました。

 

 

光学レンズは反射や屈折など、光の性質を追究した高度な技術のもとで成り立つ製品。
アタッチメントレンズが集めた光を、「正しく」スマートフォン側のレンズに届けるためには、「正しい」位置に配置しなければならない(つまり、アタッチメントレンズとスマートフォンカメラの光軸の中心を一致させる必要がある)
しかし、クリップ式だと、その重要な仕事をお客様の手に委ねる必要がある。
やむを得ない面はあるけれど、本当にそれでいいのだろうか?・・・と。

 

傾くクリップ

複数のリアレンズをもつスマートフォンが増えたことも問題に拍車をかけています。

カメラ部品が楕円形になり、長い段差をまたぐことになって、どうしても光軸が斜めにずれてしまうのです。

これは致命的な問題です。

 

そこで、私達はスマートフォン機種ごとの専用ケースをご用意することにしました。

位置も高さもドンピシャに決まるのでアタッチメントレンズもスマートフォンカメラも、最高のパフォーマンスを発揮できます。

マグネットが

また、クリップ式の場合、クリップがはみ出す影響で手が当たりやすく、また手が当たってしまうとレンズ位置がずれてしまいます。

専用ケース方式なら、その心配もありません。

 

旅先で雄大な景色に感動して撮影しようとしたら、思うように画面に収まらない、ということがあります。

USHADOW X1 広角レンズを取り付ければ、広がりのある映像を撮影でき、思い出を美しく残せます。

 

 

 

レストランで。
テーブルのお料理を収めようとしたら、スマートフォンを高く持ち上げないといけない。

そんなときは、USHADOW X1 広角レンズ。
立ち上がったりすることなく、スマートに撮影できます。

 

 

明るさとゼロ収差を追究

マグネット式の採用を決断したことで、大きなチャレンジが生じました。

「レンズの口径を小さくしなければならない」のです。

レンズを大きくすれば光がたくさん入るので明るいレンズになりますが、反面、重たくなり、また撮影中に手やモノに当たって落下するリスクが高まります。

加えて、製品として流通させるならコストパフォーマンスも重要です。

 

USHADOW X1システムはこの難題に正面から向き合った製品です。

 

18mm広角レンズ分解図

 

取り込んだ光が失われないよう、高品質なガラスレンズの全てにマルチコートを施し、明るさを確保しました。

また、18mm広角レンズでは、歪みの少ない画像を得るために、7枚のレンズを組み合わせました(4群7枚)

 

広角レンズには、性質上、外周部が歪む「歪曲収差」がつきものです。また、縁辺部がぼやける「流れ」もあります。

これらは撮った写真をあとから見返した時の「ガッカリ」につながる、レンズの重大な欠点です。

X1 広角レンズの開発では、この問題を解決することに力を注ぎました。

 

 

18mm広角作例1

同じ場所で撮影した写真の左端の部分を、X1広角レンズと、市販のレンズとで比較してみます。

見上げるように撮影している関係で中央に倒れかかって見えますが、建物両端の柱は地面に対して垂直に立っており、柱はあくまで、まっすぐです。

 

他社作例

市販の広角レンズで撮影したものでは、柱の上端と下端を結んだ直線が柱に沿いません。

柱の像が外側に向かって歪曲してしまっているからです(樽型収差)。

また、柱の輪郭がぼやけていて、どこが柱の面の部分なのかを見分けるのに苦労します。

 

 

X1

一方、X1で撮影した写真では、この柱がまっすぐに再現され、画像もくっきりと鮮明です。

X1広角レンズは、徹底的に収差をゼロに近づけました。

まさに、プロフェッショナル・クラスの高級レンズと胸を張って言える仕上がりです。

 

USHADOW X1 レンズシステムの基本構成には「15Xマクロレンズ」が付属します。

 

 

花や、葉っぱの上の滴など小さいものを撮りたいと思っても、スマートフォンのレンズでは限界があります。
そんなときはマクロレンズを装着しましょう。クローズアップできるだけでなく、ボケ味が強く美しく表現できます。

 

 

USHADOWのマクロレンズは、縁辺部までしっかり表現できる高級仕様。

レンズ構成は、2群2枚です。

手軽でありながら、ハッとするような結果をお楽しみいただけます。

 

 

レンズを汚さず傷つけない

皮脂汚れ

レンズはとてもとても繊細な部品です。

衝撃を与えるのはもちろんのこと、レンズ面を指で直接触ってもいけません

皮脂汚れはそれ自体が映り込む場合がありますし、ホコリを引き寄せ、拭き取ろうとした時にレンズ表面を傷つけてしまうこともあります。

一方で、スマートフォン用アタッチメントレンズは、安定しない環境で取り付けることが多いため、分かっていても手でレンズに触れてしまうことが課題でした。

 

ケースから着脱

「X1システム」なら、レンズケースに入った状態ですばやく装着。

レンズに手を触れることなく取り出せます。

  特筆すべきは、レンズキャップがない!ということです!!

慣れれば、被写体から目を離さずに装着できる。

収納するときも、レンズケースに差し込んで傾けるだけ。

収納時はレンズを衝撃や傷つきから守り、そして、レンズキャップの煩わしさからも解放してくれる画期的アイテム。

皮脂汚れでレンズをダメにするリスクを最小限にしたいという願いから生まれた大きなイノベーションです。

 

商品の概要

基本構成

USHADOW X1 レンズシステムの基本構成は、

「専用スマートフォンケース」 x 1

「18mm 広角レンズ」 x 1

「15x マクロレンズ」 x 1

「広角&マクロレンズ 収納ケース」 x 1

「18mm 広角レンズ用 レンズフード」 x 1

「クリーニングクロス・収納袋」 x 1

です。


(上記のものはすべて「基本構成」に含まれます)

 

iPhone7以降のすべてのiPhone用ケースをご用意(お選びください)

iPhone 7/8、7Plus/8Plus、X、XS、XR、XSMaxのケースをそれぞれご用意しました。

表面には木製のパネルをあしらい、優しい手触りに仕上がっています。

周囲を完全に保護するなど、アクティブな現場での使用を意識した設計になっています。

※ 現在、設計中ですので、細部の仕様が変更となる場合がありますこと、ご了承ください。

※ 自然の素材を使用した製品ですので、木目や色調が製品ごとに異なります。ご了承ください。

 

 

デュアルレンズ対応機種では、望遠レンズ側にもレンズを取り付けできます。

(第2レンズ側に装着する場合は、アプリケーション側で使用するレンズを指定しなければなりません。サードパーティ製の撮影Appをお使いください)

 

広角レンズ & マクロレンズ

「X1レンズシステム」の基本構成には100°ゼロ収差広角レンズと、15X マクロレンズが含まれます。

広角レンズは4群7枚の高品質マルチコートレンズで構成され、明るくひずみのない写真を撮影できます。

マクロレンズは、2群2枚の高品質マルチコートレンズで構成されており、ミクロの世界を細部まで表現する迫力ある写真が撮影できます。

 

 

専用レンズケース

持ち運びに便利なだけでなく、特殊な塗装を施した高級感あふれるケースです。

持ち運び時には衝撃を緩和してレンズを守り、

レンズに直接手を触れずに着脱できるので、皮脂汚れがつきにくくする役割があります。

上下の蓋からレンズにアクセスできます。上下の蓋を取り替えればレンズの上下も逆転しますので、使いやすい入れ方にしてお使いください。

 

 

 

広角レンズ用レンズフード

レンズに入り込む光量をコントロールする(反射の防止)ために専用レンズフードをご用意(スクリュー式です)。

レンズの保護にも役立ちます。レンズをより効果的にご活用いただきたいという、技術者の製品愛の現れです。

 

 

オプションレンズ (基本構成には含まれません)

2X 望遠レンズ

デジタルズームに頼らずに拡大するので、美しく自然な写真を撮影できます。

 

2X望遠以外のオプションレンズは、お客様の声を聞きながら追加していく予定です。

 

マグネット式が不安ですか? ネジ式もご用意しました

そうは言ってもマグネット式は不安というお客様のために、ネジ式もご用意。

しっかり装着・固定できるから、アクティブな撮影現場でも安心です。

接合部がネジ式になっているだけで、仕様も見た目もほとんど変わりません。
 

 

 

 

ケース

カラー: ブラック(金属部)+オーク(木目部)

素材 : ソフトTPU(熱可塑性ポリウレタン)・鉄・木質パネル

特長 : 全周囲保護耐衝撃ケース ストラップホールあり X1レンズ用カメラホール

(現在開発中であり、改良の為に仕様が変わる場合があります。)

 

各レンズの仕様

  広角レンズ マクロレンズ 2倍望遠レンズ
レンズ構成枚数 4群7枚 2群2枚 4群5枚
35mm換算焦点距離 18mm - 75mm
最短撮影距離 20mm 10mm 20mm
撮影倍率 0.66 15X 2X
画角 100° - 48°
サイズ Φ41.5x30.25mm Φ36x13.75mm Φ41.51x29mm
重量

ネジ:76g
マグ:71g

ネジ:19g
マグ:22g

(開発中)
レンズ素材 ガラス ガラス ガラス
鏡胴素材 アルミニウム アルミニウム アルミニウム
その他 撥水・撥油・防キズ

 

 

各機能への影響

※本項目は支援者の皆様から寄せられたご質問にお応えして制作され、その後順次アップデートされております。(初回掲載2月12日・最終更新2月12日19:30)
※とても長いので、説明部は折りたたんであります。重要な内容も含まれますので、該当機能を重視されるお客様はお読みください。
※なお、現時点では最終製品での検証ができませんので、その点にはご留意ください。検証が可能になり次第アップデートいたします。

 

 

リング式操作補助具(バンカーリングなど)は取り付け可能か

厳密にはiPhoneの機能ではありませんが、ご興味ある方が多い内容と考えられるので検証いたしました。

 

【結論:長期の影響は不明ながら取付けそのものは可能です】

 

検証の詳細はこちらをご覧ください▼

 

数ヶ月間、ゲルにさらされた木質パネルが変質・変色するおそれがあること、強力なゲルを採用しているリングの場合には取り外しの際に破損リスクがあることについてご承知おきください。

 

ワイヤレス充電は利用可能か

iPhone 8以降の端末に採用された「Qi」という規格によるワイヤレス充電について検証を行いました。

IMDEN

 

【結論:現状、「不能例」はありませんが、充電器によってはだめな場合があるかもしれません】

 

検証の詳細はこちらをご覧ください▼

以上のような事情から、当社では完全な動作保証はできないものの、自社で検証した製品のリストをお示しした上でお客様にご判断を頂きたいと考えております。

 

  • (可) Anker PowerWave 7.5 Stand(横置き縦置き可)
  • (可) Anker PowerPort Q1 10 (位置判定がシビア)
  • (可) NANAMI 2コイルワイヤレスチャージャーモデルM220(横置き縦置き可)
  • (可) IMDEN GY-68 ワイヤレス充電スタンド
  • (可) Samsung Galaxy S6 edge Wireless Charger(縦置き横置き可)

 

 

モバイルSuicaやApple Payは使えるか

株式会社ROOXは代表的な商品として「ICカード用エラー防止シート」を擁しており、ICカード機能については一定の知見を有していると自負しています。

 

【結論:能力は落ちるものの、通常使用での大きな問題は認識していません】

 

検証の詳細はこちらをご覧ください▼

以上の検証結果から、

「ケースに起因して若干通信能力が落ちていることを意識いただいた上で、」

改札では「先端部をしっかりタッチ」「できれば液晶側でタッチが安全」

レジでは「取引完了まで動かさない」

を心がけていただければ、ほぼ実用に影響はないものと判断しております。

 

支援時に「ネジ式 or マグネット式」「対応機種」をご指定ください。
対応機種は「iPhone 7/8」「iPhone 7+/8+」「iPhone X」「iPhone Xs」「iPhone XR」「iPhone XsMax」です。

また、レンズの滑り止めゴムの色を「ブラック」と「レッド」からお選びいただけます。

 

1.【超早割】50名様限定 

   「X1システム」基本セット 約28% OFF
    予定価格 13,824円 → 9,950円

2.【超早割】50名様限定 

   「X1システム」 + 望遠セット 約28% OFF
    予定価格 21,168円 → 15,240円

3.【早割】200名様限定 

   「X1システム」基本セット 約20% OFF
    11,000円

4.【早割】200名様限定 

   「X1システム」望遠セット 約20% OFF
    16,900円

5.【特別割】 

   「X1システム」基本セット 約15% OFF
    11,750円

6.【特別割】 

   「X1システム」望遠セット 約15% OFF
    17,980円

 

iPhone以外のスマートフォンに対応していますか?

iPhone X用ケースはXSに使えますか?

今後新しく出るスマートフォンに対応しますか?機種変更しても使えますか?

ケースだけの販売価格はいくらですか?

マグネットはケース側についていますか?スマートフォンに常時、磁石をつけたくありません。

ネジ式のレンズをマグネット式ケースで使えますか?

iPhoneX用ケースとセットで買ったマグネット式レンズをiPhoneXS用ケースで使えますか?

製品開発はどこまで進んでいますか?

製品保証はありますか?

マグネット式マクロレンズはネジ式より重いのに、なぜ広角レンズでは逆なのですか?書き間違いではありませんか?

動画などに出てくる女性は誰ですか?社員の人ですか?

プロジェクト期間: 2019年2月8日(金)〜 4月15日(月)

発送スケジュール: 2019年5月下旬より順次発送予定

 

【ご留意ください】
リターンの発送スケジュールは現時点における計画です。開発や生産の関係で前後する可能性もありますのでご了承ください。
また、日本では4月末から5月にかけて今年固有の長期連休があります。
生産国からの輸送受入などについて例年にはない事象が発生する可能性があり、発送スケジュールに影響することも考えられます。
当社としましても事前に予見できることについては最大限の対策を講じますが、念のためにご承知おきください。

 

USHADOWは中国Bright Shadow Technology社のレンズブランドです。BST社はカメラ交換レンズ、ドローンやスマートフォン用レンズフィルターシステム及びアタッチメントレンズ、撮影関連製品を研究開発から製造・販売まで一貫して行っている光学機器専業会社です。10年以上にわたって日本やドイツなどの一流光学機器メーカーを含む数多くのお取引先に製品を提供してきた実績を有します。その実力をベースとして独自ブランドUSHADOWを立ち上げました。

USHADOWは、”You”または”右”+“Shadow”であり、あなたの影のように、常にあなたのかたわらにありたいという思いと、光学技術に関わる「影=シャドゥ」を組み合わせた造語です。

どんなに科学技術が発達しても、思い出は大事なもの。映像で思い出を残すことだけは形を変えて続いてくだろう。自分たちはそのために必要な技術を提供する者でありたい。そうした熱い想いで製品を開発している若い技術者の集団です。

 

 

株式会社ROOXは、スマートフォングッズの企画・輸入・販売を行う「アクセサリー事業」、日本の優れたマニアック文化を発信する「マニアックス・マニファクチャー事業」、お客様のビジネスを急速に加速させる「WEBコンサルティング事業」、細やかな心理描写までを言葉で伝える「翻訳事業」の4事業を営む、2009年創業の気鋭のチームです。

 

USHADOWとの強固な協力体制のもと、本製品の企画段階から関わってまいりました。

今後も日本のお客様のために、本製品に関する開発提案や製品サポートを行ってまいります。