写真家 所幸則
アインシュタインへのオマージュとして作られたシリーズが
カラー版となって新な世界を作り出す

Bbebe327752c8b53973eb66d25945a9da7aac94846bb38c3afb26ee4491f?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171118%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171118t024948z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=697a80c879c9223bae1d8e9e8cb2913943acca908172b6bd10dd94ac5e82e27b

支援方法が分からない場合はこちらをご覧ください >>

※2015年に出版したモノクロームの写真集「アインシュタインロマン」がSan Francisco MOMA(サンフランシスコ近代美術館)に収蔵されましたが、今回は 新たに制作するカラー版写真集のプロジェクトで、この写真集もご支援くださった皆さんのお名前をクレジットに載せて、MOMAに収蔵することを目指しています。


『これは僕が少年の頃からのスーパースターであるアインシュタインの特殊相対性理論へのオマージュである。とても僕が生きている間には光に近い速度で地上を走りながら写真を撮る事は不可能だろう。せめてもの可愛い挑戦として300Kmで走る新幹線から撮る事で一部の人には伝わるかもしれないというささやかな試みである。そして、時間という存在自体が本当の正体はわからない、名前も人間が便宜上つけただけの物への実験のひとつでもる。』  

2015年の夏
モノクロームで出版した写真集「アインシュタインロマン」

広告写真を撮ってきた僕は今から約10年前にファインアートの世界に転向し、その後2013年から撮り始めたのが、走行中の新幹線の車窓からシャッターを切り、流れゆく風景をカメラに収めた「アインシュタインロマン」シリーズだ。

切り取られる一瞬の中で、被写体となる物は容易に形を変え、日常では感じ得ない危うさを画面に漂わせる。

僕は「1秒に光は30万km進む」といった話が好きな人間だから、One Secondシリーズの時から “1秒” に拘ってやってきた。「1秒に光は30万km進む」と言ったのは、僕の少年の頃からのスーパースター、アインシュタイン。このシリーズはアインシュタインの特殊相対性理論へのオマージュなのだ。

クラウドファンディングで写真集の先行予約を募り、

並行して写真集制作を進めた。

膨大(30,000枚近く! )にある中から何とか60〜70枚程まで絞り込み、判型や色味などの検討を重ね、2015年の夏、「アインシュタインロマン」の写真集が完成した。

 

San Francisco MOMAに収蔵

アインシュタインロマンの写真集が完成し、何度か東京で個展を開催していたが、ある日突然、San Francisco MOMA(サンフランシスコ近代美術館)の方からメールが届いた。

内容は、アインシュタインロマンの作品を収蔵したいという話で、しかも作品だけではなく、写真集も合わせてということだった。

作品だけでも嬉しいことだが、写真集も丸ごと収蔵されるという話で、それは写真集が本として完成度が高いということを意味するから尚のこと嬉しかった。みんながファンディングで支援してくれたおかげでMOMAにも認められる写真集を作ることが出来たということも含めて、とても喜ばしいことだと思っている。(ちなみに経緯を聞いてみると、東京で開催した個展でアインシュタインロマンの作品を購入くださった方が現代アートのコレクターの方で、その方がSan Francisco MOMAの方とも交流があったという事だった。)
 

その後も新幹線に乗るたびに撮り続けた

その後、8歳の娘との共作「うさぎガールと黒縁眼鏡」シリーズの制作が本格的に始まったが、

もともと故郷である高松と東京を行き来する生活をしていたこともあり、僕は新幹線に乗るたび、カメラを構えて窓に張りつき、アインシュタインロマンシリーズの写真を撮り続けた。

そうして気づけば、アインシュタインロマンシリーズとして撮った写真の枚数はトータルで50,000枚近くなっていた。

 

色を出すと驚くほど表情が変わり、僕自身驚いた

気づけば50,000枚近くになっていたアインシュタインロマンシリーズの一部をカラーで焼いてみたら、驚くほど表情が変わった。

写真の重量バランスが変わり、色も不思議なパターンが出てくるということ、そして抽象的なものもあれば具象的なものもあったりと、様々な表情が出てきて、これは面白い。

すでに出版した写真集「アインシュタインロマン」は、ストレート且つシンプルにテーマが描けたからモノクロームで出したという経緯があるけれど、カラーで焼いてみたら「これはモノクロの写真集ならセレクトしない」という写真がいくつもあって、カラー版の写真集も出そうという気持ちがどんどん大きくなっていった。

みんなにも意見をもらおうとFacebookにアップしたのが今年の2月。


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10209016994288197&set=pb.1417478249.-2207520000.1509016208.&type=3&theater

 

反響は上々で、8月の作品展に、この「アインシュタインロマン」シリーズのカラー版の一部を展示しようと決めた。

 

作品展でもらった言葉

今年8月、ソニーイメージングギャラリー銀座で「時のWizard」と題した作品展を開催し、

そこで「うさぎガールと黒縁眼鏡」シリーズと合わせて、「アインシュタインロマン」のカラー版を展示した。

銀座という場所柄もあり、海外の方も多く、

声をかけると「How much?」と聞く人も多かった。

「見たことがないタイプの写真だ」

「色彩が素晴らしい」

「構図(composition)がいい」

「動いてるように見えて面白い」

「great!」

など、みんな感想は様々で、サウジアラビアの女性はかなりの長文メッセージを芳名帳に書いてくれた。

初めてアインシュタインのカラー版を展示してみて、やはり同じアインシュタインロマンシリーズでも目のとまり方や、見た人が最初に感じる印象がモノクロ版とはまるで違うということを実感した。

アインシュタインロマンのカラー版は、アインシュタインロマンをただカラーにしたのではなく、アインシュタインロマンから生まれた 新しい表現なのだ。

 

色彩を極めた1990年代
モノクロームの表現に注力した2000年代

僕は、10年程前まで、主に芸能や広告の世界で写真を撮ってきた。

1990年代に確立した表現スタイルから「色彩の魔術師」と評されることも度々あり、

このイメージを払拭したいという思いから、ファインアートに転向した2007年以降の10年はモノクロームでの表現に注力してきたという経緯がある。一度敢えて色彩の世界を封印したのだ。しかし、時が経つにつれ、過去の所幸則のイメージに捕らわる人は少なくなってきたと感じるようになったので、去年再びカラーで構成する作品を作るようになった。

カラーとモノクロ。
写真家のキャリアにおいてそれぞれの作品制作に注力した時期を持つ僕が、今回は「アインシュタインロマン」というひとつのシリーズで、モノクロに続いてカラーの作品に挑む。ぜひ、モノクロとカラー、両方の写真集を手に入れて、両方楽しんでもらえたらとても嬉しい。

 

11月13〜19日 ギャラリーコンシール渋谷で写真展

所幸則 コンテンポラリー フォトファクトリー(所幸則主宰)として、11月13日(月)から19日(日)まで、渋谷にあるGallery Conceal Shibuya(ギャラリーコンシール渋谷)で、写真展「進化 evolution 2017」を開催する。
 
・場所:Gallery Conceal Shibuya(ギャラリーコンシール渋谷)
    ┗ 〒150-0043 東京都 渋谷区道玄坂1-11-3 第一富士商事ビル4F
    ┗ 03-3463-0720
・開館時間:11時〜23時(初日は16時より、最終日は22時30分まで)
・入場無料

 

最後にメッセージ

来年の2月1日で、57歳になる。
最近は「還暦までにあとどのくらい作品が撮れるだろう」なんてことも考える。
ファインアートの世界でこんな毎年なんていうスパンで写真集を出している人は他にいないと言われるけど、僕はとにかく良い作品、良い写真集を一人でも多くの人に見てもらいたいという気持ちで、写真を撮り続けてきた。一昨年、クラウドファンディングで出版したアインシュタインロマンの写真集も、当初A4サイズ変形で出すはずがA3サイズ変形になったこともあり、結果的に僕が自腹で制作費の半分を出した。作品点数やページ数、装丁などを考えても本来なら1冊1万円以上はする内容になったが、出来るだけ販売価格を低く抑えたのも、あらゆる人に写真集を手に取って欲しいという思いからだ。

今回も、みんなの是非を問いたい。
僕がクラウドファンディングで写真集を出版するのはそういう意味合いが強い。みんなが見たいと思ってる作品か、その事実確認がしたい。首都圏にいる方は渋谷の写真展でぜひ実物も見てもらって、新しいアインシュタインロマンを楽しんでもらえたら嬉しい。

 

リターン

¥1,000

・お礼のメッセージ

¥8,000 カラー版写真集1冊(クレジットお名前入り)

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り


※表紙はイメージです。

¥13,000 カラー版写真集1冊+セレクトプリント

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り
・「アインシュタインロマン(カラー版)」のセレクトプリント
  ┗ A4サイズくらいのものを想定。ランダムにお送りするのでどの作品が届くかはお楽しみ。写真集に入っていない作品の可能性もあります。


※表紙はイメージです。

¥16,000 モノクロ版とカラー版の2冊セット+セレクトプリント

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り
・「アインシュタインロマン(カラー版)」のセレクトプリント
  ┗ A4サイズくらいのものを想定。ランダムにお送りするのでどの作品が届くかはお楽しみ。写真集に入っていない作品の可能性もあります。
・「アインシュタインロマン(モノクロ)」写真集1冊
  ┗ サイン入り


※カラー版アインシュタインロマン写真集の表紙はイメージです。

¥18,000 「うさぎガールと黒縁眼鏡」写真集を含む3冊セット+セレクトプリント

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り
・「アインシュタインロマン(カラー版)」のセレクトプリント
  ┗ A4サイズくらいのものを想定。ランダムにお送りするのでどの作品が届くかはお楽しみ。写真集に入っていない作品の可能性もあります。
・「アインシュタインロマン(モノクロ)」写真集1冊
  ┗ サイン入り
・「うさぎガールと黒縁眼鏡」写真集1冊
  ┗ サイン入り


※カラー版アインシュタインロマン写真集の表紙はイメージです。

¥60,000 オリジナルプリント(額装なし・四つ切りサイズ)+写真集1冊+セレクトプリント

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り
・「アインシュタインロマン(カラー版)」のセレクトプリント
  ┗ A4サイズくらいのものを想定。ランダムにお送りするのでどの作品が届くかはお楽しみ。写真集に入っていない作品の可能性もあります。
・アインシュタインロマンシリーズ(カラー版もしくはモノクロ)の中からお好きなもの1枚をお選びいただき、写真の四つ切りサイズ(約200mm×300mm)でオリジナルプリントしたものをプレゼト。
  ┗ サイン入り
  ┗ このプランに申し込みがあった方々のみの限定(エディション付き)

¥90,000 額装付きオリジナルプリント(四つ切りサイズ)+写真集1冊+セレクトプリント

・「アインシュタインロマン(カラー版)」写真集1冊
  ┗ サイン+お名前クレジット入り
・「アインシュタインロマン(カラー版)」のセレクトプリント
  ┗ A4サイズくらいのものを想定。ランダムにお送りするのでどの作品が届くかはお楽しみ。写真集に入っていない作品の可能性もあります。
・アインシュタインロマンシリーズ(カラー版もしくはモノクロ)の中からお好きなもの1枚をお選びいただき、写真の四つ切りサイズ(約200mm×300mm)でプリント額装(所幸則が自身の作品に合うようにデザインしたオーダーメイドのもの)してプレゼト。
  ┗ サイン入り
  ┗ このプランに申し込みがあった方々のみの限定(エディション付き)