C1ccef0eac5407afc1d22783abc8942fd8e2799cedc9ad254f4cc850a2b7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20160827%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20160827t183920z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=3cb369b70b0b36ec47d6621d9fdcc31a1467cddeb192e060310d58be8e546035

パエリア発祥の地、スペイン、エルパルマール
人気No.1レストランのパエリア。

9f9eed4bc19720dfdcd4eaa2c1fb878b75a7adcc2ec4d392fe501a1cbe2c?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20160827%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20160827t183920z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=7bfa5b78308622382276686972676ebaf09265277bf083bc24f62b2284bb21e8

パエジャ発祥の地【エルパルマール】人気レストラン直伝のパエジャや伝統の地元料理を目でも楽しめる華やかスタイルに格上げさせて提供したい。

世界一のレストランにも輝いた『セジュール・デ・カン・ロカ』のようにスペイン料理を目でも楽しめる『華やかかつ繊細に』をテーマとして、バルセロナやマドリードで人気のタパスの数々や、現在スペインで若者に大人気のスパニッシュバーガーを取りそろえ、目玉料理にはパエジャ発祥の地バレンシア、エルパルマール人気No1レストラン伝統の香ばしさ漂う絶妙なパエジャを来年1月にグランドオープンさせる予定のパエジャダイナー&ザ・バル“CASA AfeliZ”(カーサ アフェリス)で提供したいと思っています。

そこで、この味を、この店をグランドオープン前の今年末の12月に、しっかりと評価して頂ける先行モニターをGREENFUNDING限定で募集します。


素材を活かした伝統のパエリア&イベリコ豚のグリル

 

はじめまして!


現地のシェフと

こんにちは、松岡修平と申します。
まずは自己紹介をします。
幸運なことに、19歳で料理の世界に入り
23歳で、福岡のホテルニューオータニ系カフェレストランの料理長
25歳で、独立して3年間自分の店を経営
その後、上京。
土日休みを使って1年半、東京にしか無い店をまわっていろいろと勉強し、スペイン料理なのに、フレンチのような華やかさを持っているジローナにある世界一レストラン「セジェール・デ・カン・ロカ」の料理に触発されて”無形”というキーワードで自分らしさを表現するための目指すべき方向性を模索していました。


▲世界一のレストランに輝いた「セジェール・デ・カン・ロカ」
引用元:http://cellercanroca.com/index.htm

このタイミングで縁があってスペイン料理にフレンチのような華やかさを加えた料理を高額で一部の人の口にしか入らないグランメゾンではなく誰もが出せる価格帯で食べられるレストランの料理長をやらないかという話しを頂きました。話しを頂いた瞬間”これだ!”という心の声がこだまして、体中の毛が逆立ってワクワクした記憶が脳裏に残っています。

実は10月に結婚をしたのですが、一刻も早くメニュー開発をしたいという想いでいっぱいになり、妻には新婚旅行をお預けにさせていただき、スペインのパエリア発祥の地バレンシア、エル・バルマールという町に行ってきました。

現地スペインでの出会い

エルパルマールでは腹がはち切れるぐらい一日中パエリアを食べ歩きましたが、そんな中で1件の運命的なレストランPasqualetに出会いました。、今まで食べたパエリアの中でもダントツNO1。一口食べた瞬間が衝撃的でした。
後に知ったのですが、Pasqualetは国内外の口コミサイトでも群を抜いて評価の高いパエリアのお店だったのです。
実際食べたパエリアは何が違うのか・・・

そのパエリアは、一言で表すと、全ての素材の味わいがお米に浸透していて一口でいろんな味が楽しめる。そして、通常、食事の終盤に食べようかな。という扱いのパエリアですが、こちらではサラダなどを食べながらパエリアをつまみワインと一緒に楽しむ料理。【ちなみにパエリアパンより直接食べるのが地元の食べ方だそうです。。】
調理方法も、具材にゆっくり火を通しながら、自家製秘伝レシピのトマトソースと一緒に煮込み炊き上げる。そしてお米の状態を見極めながら一度火を止め、さらにじっくりと水分を飛ばしながら「おこげ」を作る。香ばしさと、お米の食感、各素材の風味と旨味が調和しあう極上のパエリアの完成です。
お店によっては30分少々で提供されていたパエリアもこのお店のこだわりの調理法では50~60分。
なにより驚いたのは、出来るだけお米を薄めに仕上げるとの事で、2人前でも、とても大きなパエリア鍋で調理を行うのです。

ダメもとで、何度か交渉するうちに、店長と料理長の寛大な人柄もあり、実際に店舗で研修期間を設け、その伝統のパエリアを教えてもらえることになりました!!
嬉しいとともに、この極上パエリアが日本で提供できるかもしれない、と興奮しました。
研修を終えても学んだことをイメージトレーニング・反復練習の日々でやっと形になり皆様にお届けできるまでになりました。(パエリアだけでなくバレンシアの伝統料理や料理長のお母さんの料理レシピも教えてもらいました。)

新たなスタイルのスペイン料理開発への思い

一概にスペイン料理といっても、地方によって特色は様々です。また、各地方〃で素晴らしい伝統料理が存在します。そんな伝統や味付けを守りつつ独自の新しいスタイルを開発していく。とても難しく、一筋縄では行きません。
国内のレストランやバルも歩き回り色々とお店に勉強もさせてもらいました。フレンチ業態で主に仕事をしていましたので調理法や食材の扱いにも新鮮さを感じ、同時に戸惑いもありました。
単に料理を綺麗に盛り付けるだけなら誰にでもできる。伝統をいかにお皿の上で新しく表現をするか、いかに目と舌で味わってもらえるのか、自己満足にならないか等、葛藤の日々でした。
ある時、日に何件も食べ歩いていた際、後から何を食べたのか思い返したところ、頭に浮かぶのは同じ色のお皿、同じ形の鉄板とクラシックな内装でした。それをヒントとして閃き、折角日本で開業するのだから和文化も観光客などに知ってもらい、一部食器も窯元さんに焼いてもらい盛り付けに反映することにしました。

今回パエジャを提供する店CASA AfeliZ(カーサ アフェリス)とは

スペイン料理=カジュアルなバルというイメージを払拭したい。ワンランク上のバル、”ザ・バル”を目指したい。メインディッシュとしてパエジャとワインを飲みながら誕生日、結婚記念日など大切な日に大切な人と食べて欲しい、そんなお店にしたいという想いで、会員制の特別なエリアから、開放感あるダイニングや大小個室・落ち着いたラウンジ席など他スペインバルでは見られない贅沢な席に加えて、思わず笑顔になるようにプロジェクションマッピング映像を導入したサプライズ演出も入れるというが経営陣の考えです。
自分としても笑顔が食事を美味しくする最高のスパイスだと考えていたので、経営陣のこの考え方に100%賛同して料理長の立場で、お客様のために頑張りたいと思っています。


ホールイメージ


バーカウンターイメージ

クラウドファンディングプロジェクトにかける想い

今回の料理は、様々な人達の協力も得て創り上げてますので絶対に美味しいという自信があります。しかし自分自身新しい挑戦がいくつもあり、それだけにお客様がどんな顔で食べてくれるのかといった事が心配です。
特に店のオープンが1年で一番大事な月、1年で一番の繁忙期である12月という事もあり、フロアーも含めたスタッフがオペレーションに慣れていない状況になりがちです。お客様にマイナスの思い出を残すわけにはいかないという強い想いがあります。
そこで、幹部で話しをして12月は稼ぎどきの繁盛期ではあるのですが通常営業は行わずに、今回支援くださった限られた人だけに限定したクローズドなプレオープンとして、グリーンファンディングでご支援頂いたモニターとしてのお客様だけに限定してあえてお店の不備をきちんと評価してもらう期間にしようと決めました。
そこで、誰もが、満足してもらえる店づくりをモニターの立場で評価していただき、さらにエバンジェリストとなり店の良さをしっかりと伝えてくれる人をクラウドファンディングを通じて募りたいと思っています。
私たちがつくろうとしているパエリア発祥の地エルパルマールの伝統パエジャやフレンチのように華やかで繊細に盛り付けられたタパスの数々、さらに現地で流行っているスパニッシュバーガーを上陸させ五感で楽しめる、ワンランク上のバル「THE BAR」創りを厳しくも温かい視点で応援していただけるとありがたいです。



※写真は一部イメージで実物とは異なることがございます。予めご了承ください。

By CASA AfeliZ 料理長 松岡修平
 

店舗オープン予定地

東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE8F
銀座4丁目交差点より、中央通り沿いを新橋方面に向かい、徒歩約4分。
「H&M」の入ったビルの8F。

ご支援へのお返し

※モニターとしてご来店いただく日時は、ご支援後メッセージ機能にて、プレオープン期間である12月22日~30日(各日18:00-23:00LO)から先着順で希望日時をお伺いいたします。
 プレオープン期間にご来店いただけない場合も、グランドオープン後にお使いいただけるお食事券としてご利用いただけます。

3,500円(席が埋まり次第終了支援する
パエリアペアモニター(2名) 30組60名様限定

・パエジャバレンシア (2,800円相当)
・スパークリングワイン×2 (2,400円相当)
 ※ご予約日時は先着順(5,200円相当)
or
・5,000円相当食事券(2016年1月~)
 ※食事券ご利用の際、お釣りは出ません。

7,000円(席が埋まり次第終了支援する
パエリア4モニター(4名) 20組80名様限定

・パエジャバレンシア (5,600円相当)
・スパークリングワイン×4 (4,800円相当)
 ※ご予約日時は先着順(10,400円相当)
or
・10,000円相当食事券(2016年1月~)
 ※食事券ご利用の際、お釣りは出ません。

10,000円(席が埋まり次第終了支援する
パエリア6モニター(6名) 10組60名様限定

・パエジャバレンシア (8,400円相当)
・スパークリングワイン×6 (7,200円相当)
 ※ご予約日時は先着順(15,600円相当)
or
・15,000円相当食事券(2016年1月~)
 ※食事券ご利用の際、お釣りは出ません。

15,000円(席が埋まり次第終了支援する
スペシャルコースペアモニター(2名) 20組40名様限定

・スペシャルコース(7,800円相当)×2名様分
・スパークリングワイン×2 (2,400円相当)
 ※ご予約日時は先着順(18,000円相当)
or
・15,000円相当食事券(2016年1月~)
 ※食事券ご利用の際、お釣りは出ません。

30,000円(席が埋まり次第終了支援する
スペシャルコース4モニター(4名) 15組60名様限定

・スペシャルコース(7,800円相当)×4名様分
・スパークリングワイン×4 (4,800円相当)
 ※ご予約日時は先着順(36,000円相当)
or
・30,000円相当食事券(2016年1月~)
 ※食事券ご利用の際、お釣りは出ません。

700,000円(席が埋まり次第終了支援する
貸切りパーティーモニター

・お食事ブッフェスタイル(¥6,000税抜/1名様)×70名様分相当
・フリードリンク3時間(通常2時間 ¥2,500税抜/1名様)×70名様分相当
・お食事券250,000円分(2016年度内有効:当日使用不可)
※貸切は90名様まで