image

消費期限1日! 地元でしか食べられなかった
希少な志布志湾の朝獲れ【生しらす】を全国へお届けします。
〜急速冷凍生しらす(背白ちりめん)の商品化に向けた加治木水産の挑戦!!~

image

 

◆プロジェクトの起点

 

黒潮が注ぐ志布志湾では、しらす漁が盛んです。特に志布志湾で捕れる「しらす」はエサとなるプランクトンの質も良く、生で食べても苦みが少ないのが特徴です。背中が白いことから「背白ちりめん」と呼ばれています。特に乾燥した「しらす」は『ダイヤモンドちりめん』と呼ばれ高級食材として流通しております。

水揚げしたばかりの「しらす」は、身が透き通っていますが、傷みやすいため氷で冷やしながら加工場に運び込み、すぐに釜揚げ加工しています。

鹿児島県志布志市の加治木水産は、加治木良昭さんとレイ子さん夫婦が営む、しらす漁・加工会社です。事務所兼店舗が併設した昔ながらの水産加工場です。

ここへ通う人たちが口にする言葉があります。

 

「今日は、『生しらす』ある?」

 

「生しらす」とは、朝捕れたばかりの「生のしらす」のことです。

透明に透き通った「生しらす」は、キラキラと宝石のように輝いています。

この「生しらす」にポン酢をかけて、食べると・・・。

 

「感動」そのものです。

 

「しらす」はカタクチイワシの幼魚ですが、鰯(イワシ)の中でも新鮮なカタクチイワシの刺身は、最も美味しいと言われています。

 

お好みで「ポン酢」「ゆずポン酢」「へつか橙のポン酢」等・・・。様々な調味料を試して、味を変えることが常連の楽しみでもあります。

 

加治木水産の常連には「生しらす」があれば、2パック購入する方もいらっしゃいます。

 

しかし、「生しらす」がどんなに好きでも毎日購入できる訳ではありません。

・「しらす」が捕れる

・不純物(小エビや貝類等)などの混入が無い

※いわゆる、ちりめんモンスターの混入(下の写真は「しらす」に混入したツノガイ)

この二つの条件が満たされなければ、入手することはできません。また、「足が早い」ため、その日のうちに消費しなければなりません。スーパー等にも出していない為、加治木水産に直接買いに行かなければ入手することはできません。

「生しらす」を刺身で食べる。

 

それは、志布志でも知っている人がタイミングよく購入しなければ食することができない貴重な体験なのです。

 

もちろん、その日のうちに保冷剤に入れて運べれば良いのですが、遠方の方に食べていただくこともできません。

 

「もちろん、『釜揚げしらす』も『乾燥ちりめん』も美味しい。

しかし、『生しらす』の美味しさは群を抜いている。

 

この美味しさを、感動を

多くの人に伝えたい。

大切な人に食べてもらいたい。

 

長い間、その願いは叶いませんでした。

 

しかし、解決策が見つかったのです。

液体急速凍結機(リキッドフリーザー)です。

液体急速凍結機とは、パックした食品を-30℃の液体(アルコール)で冷凍する手法です。鮮度(品質)を維持したまま、瞬間的に凍結させることで長期冷凍保存・輸送が可能になります。また、凍結後の製品は一般冷蔵庫の冷凍室にて保管もできます。

凍結した「生しらす」は、流水解凍することですぐに美味しく召し上がることができます。

 

美味しい生しらすを全国にお届けしたい!!

ぜひ、液体急速凍結機を加治木水産に導入するため、皆様のご支援をお願い致します。

 

【「しらす」と「ちりめん」】

鹿児島県は、全国でも有数のちりめん産地です。特に志布志湾一帯は、県全体の約半数を占めています。見た目や形状も似ている「しらす」と「ちりめん」は、どちらもイワシ(カタクチイワシやマイワシ、ウルメイワシ)の幼魚であることは同じです。違いは、乾燥の度合いです。魚そのものは「しらす」といい、水揚げ後、釜茹でされただけのものが「釜揚げしらす」です。

それを少し乾燥させたものを「しらす(しらす干し)」。さらに天日干しにしてカラカラに乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と呼んでいます。

どちらも、調理用途が多く幅広い層に親しまれています。栄養素が高いことから、牛乳と共にカルシウムを多く含む食品の代名詞とも言われています。

 

【加治木水産】

加治木水産は、現在の社長である加治木良昭さんのお父様が昭和41年に創業されました。当時は、地引網漁を行っていたそうです。現在のちりめん漁は、2隻の漁船で沖に出て、一つの底引網をUの字にして引っ張る「ばっち漁」へと変わりました。

年間を通して漁が行えますが、特に多く獲れるのは、春漁(3~4月)と秋漁(10~11月)。捕ったしらすは、すぐに工場で釜揚げ作業を行い、「釜揚げしらす」や、同社の定番商品「佃煮ちりめん」になります。釜揚げしらすは、塩と水だけでしらすを湯がき、夏場は2、3時間、冬は4、5時間ほど天日干し。出来たてを販売しています。

釜揚げは、機械を使うこともありますが、昔ながらの釜を使い続けていることが、加治木水産の大きな特徴と言えます。

現在、社長の娘の花田友香さん、友香さんの夫である花田龍二さんも3代目として加工や漁に参加しており、現場は活気付いています。

【丸八水産】

有限会社丸八水産は、志布志市内で水産加工業を営んでいます。

特にハモ伊勢海老は人気で、県外のファンの方も多くいらっしゃいます。

丸八水産は、先代から加治木水産と仲が良く、お互いに助け合いながら商品開発を行ってきました。加治木水産が新商品を作る際も、丸八水産は多くのアドバイスをして下さいます。

丸八水産の大王社長は、「今後の水産加工の為に、同業者が助け合って行くことが大事」と話してくださいました。

今回のプロジェクトは、丸八水産が液体急速凍結機を所有していることから実現できました。今回の返礼品である「生しらす」は丸八水産で凍結したものを発送いたします。

 

【志布志市観光特産品協会】

一般社団法人志布志市観光特産品協会は、志布志市における観光事業の振興と物産の販売促進を図り、地域産業の発展に寄与しています。今回のプロジェクトは、志布志市観光特品協会の全面協力のもと、実現しました。加治木水産、丸八水産との調整、返礼品のプラン立案、調達を一手に引き受けていただきました。「生しらす」を全国に届ける夢を応援いただいております。

 

【未来に残せるものを〜他田引水〜】

美味しい物を食べるとき、人は幸せになれます。それが、なかなか食べられない物であったり、その地域でしか食べられない物であったりすれば尚更です。

志布志の「生しらす」が志布志だけで食べられる。それは、その土地に赴いてこそ、体験できる素晴らしい価値なのかもしれません。しかしこのまま、その価値を抱え込んでいることが、最良の方法とは思いませんでした。

加治木水産のご夫婦や従業員の皆様、丸八水産の大王社長、志布志市観光特産品協会は、今、残さないといけないこと、取り組まなければならないこと、届けたいことを見出しました。

それが、今回のプロジェクトです。

皆さんの食卓に「生しらす」が並び、多くの方々が笑顔になっていただけることを切に願っています。

 

【返礼品】

プラン①〜生しらすをぜひご家庭でご満喫ください!〜

生しらす(急速低温冷凍)3食分セット

【限定40セット】

・生しらす150g×3

 

地元でも水揚げされた当日しか食すことができない生のままお召し上がり頂きたいという想いから、地元水産事業者がタッグを組み、いわゆる”足が早い”しらすを、液体急速凍結機(リキッドフリーザー)と真空パック装置を使い、鮮度を保ったままご家庭にお届けすることが可能となりました。生しらすは漁の出来に左右され、不純物(小エビや貝類等)が混ざってしまうと商品としてお出しすることはできず、「生」でお召し上がりいただける機会は大変希少なものと自負しております。ぜひ、この機会に温かいごはんにたっぷりの生しらすをのせてお好みの調味料でお召し上がりください!

賞味期間:要冷凍にて製造から1ヶ月
輸送温度帯:冷凍

 

プラン②~加治木水産のしらすを食べつくす!~

生しらす(急速低温冷凍)+ちりめん三昧セット

【限定40セット】

・生しらす150g
・釜揚げしらす150g
・乾燥ちりめん70g
・佃煮ちりめん130g
・彩りちりめん100g(ドライフルーツ入)

加治木水産と丸八水産が、志布志湾で捕れたしらすを、鮮度を保ったまま「生」でお召し上がりいただきたいという想いで出来た「急速冷凍生しらす」に、志布志地元の皆様から愛されている加治木水産のちりめん三昧商品を豪華にセットにしてご家庭にお届けいたします。

「ちりめん三昧セット」とは・・・

①天日干しした乾燥ちりめん
②釜揚げしらす
③加治木水産副社長のレイ子夫人が独自のレシピで開発した佃煮ちりめん
④ドライフルーツなどと和えて違った味をお楽しみいただける彩りちりめん

・・・と加治木水産のしらす商品のフルラインナップを合わせたものになります。

生しらすと釜揚げしらすのコラボ「生しらすハーフ丼」は、思わず笑顔が溢れる美味しさです!

賞味期間:要冷凍にて製造から1ヶ月
輸送温度帯:冷凍

 

プラン③~本プロジェクト特別コラボ記念!~

生しらす(急速低温冷凍)+釜揚げしらす+ハモ [丸八水産:湯引きorハモ天用]セット

【限定25セット】

・生しらす150g×4
・釜揚げしらす150g×3
・ハモ500g
【食べ方レシピ付】

加治木水産と丸八水産が、志布志湾で捕れたしらすを、鮮度を保ったまま「生」でお召し上がりいただきたいという想いで出来た「急速冷凍生しらす」に、水揚げされたしらすを釜揚げにして、しらす本来の味をお楽しみいただける「釜揚げしらす」、そしてちりめんと同じく志布志湾で水揚げされたハモをセットしてお届いたします。志布志湾のハモは京都の老舗等でも使用される高級食材です。お召し上がりいただきやすいように骨切り処理のうえ、美味しくお召し上がりいただくためのレシピをお付けしてお届けいたします。

生しらすと釜揚げしらすの上に揚げたてのハモ天を乗せた「生しらす&釜揚げしらすwithハモ天丼」。至福の時間をお楽しみください!

賞味期間:要冷凍にて
 生しらす・釜揚げしらす:製造から1ヶ月
 ハモ:製造から6ヶ月
輸送温度帯:冷凍

 

プラン④~加治木水産のしらすフルコースとともに、志布志湾の代表的な恵みを堪能!~

定期便『加治木水産 with 志布志湾の恵みプレミアムコース』3回

【限定10セット】

加治木水産と丸八水産が、志布志湾で捕れたしらすを、鮮度を保ったまま「生」でお召し上がりいただきたいという想いで出来た「急速冷凍生しらす」豪華に3回お届けいたします。また加治木水産のしらす商品である「釜揚げしらす」「佃煮ちりめん」「彩りちりめん」のちりめん三昧セットと志布志湾で水揚げされた冷凍骨切ハモご利用頂きやすいように3回に分けてお届けいたします。【食べ方レシピ付】

○1回目(4月頃)

〜「生しらす+釜揚げしらす+ハモ天」で、「ご当地丼選手権」で優勝し、地元飲食店でも人気の組合せを再現!〜(2〜3食分)

・生しらす150g×2
・釜揚げしらす150g×2
・ハモ500g

○2回目(6月頃)

〜佃煮・彩りちりめん+ハモ湯引きと合わせて初夏の晩酌コース!〜

・生しらす150g×2
・佃煮ちりめん130g
・彩りちりめん100g(ドライフルーツ入)
・ハモ500g

○3回目(8月頃)

〜志布志湾の伊勢海老を解禁されしだいお届け!ハモしゃぶと一緒で豪華味噌汁・鍋にも!〜

・生しらす150g
・乾燥ちりめん70g
・ハモ250g
・伊勢海老500g

贅沢に伊勢海老のお味噌汁は、いかがでしょうか⁉︎

賞味期間:要冷凍にて
 生しらす・釜揚げしらす・佃煮ちりめん・彩りちりめん:製造から1ヶ月
 ハモ:製造から6ヶ月
 伊勢海老:製造から6ヶ月
輸送温度帯:冷凍

 

プラン⑤~加治木水産のしらすフルコースとともに、志布志湾の代表的な恵みを堪能!~

定期便『加治木水産 with 志布志湾の恵みプレミアムコース』5回セット

【限定10セット】

加治木水産と丸八水産が、志布志湾で捕れたしらすを、鮮度を保ったまま「生」でお召し上がりいただきたいという想いで出来た「急速冷凍生しらす」豪華に5回お届けいたします。加治木水産のちりめん三昧セット(釜揚げしらす、佃煮ちりめん、彩りちりめん)の他、志布志湾で水揚げされたハモ。またうなぎ生産量日本一の鹿児島県において県内1位の生産量を誇る志布志市よりうなぎの蒲焼きをセットにし、志布志湾で水揚げされた伊勢海老をお召し上がりやすいように蒸してお届けし、締めは鯛とタカエビ、ハモの切り身を海鮮鍋セットにしてお届けいたします。ぜひこの機会に「志布志湾の恵み」をご堪能し尽くしてください!【食べ方レシピ付】

○1回目(4月頃)

〜「生しらす+釜揚げしらす+ハモ天」で、「ご当地丼選手権」で優勝し、地元飲食店でも人気の組合せを再現!〜(2〜3食分)

・生しらす150g×2
・釜揚げしらす150g×2
・ハモ500g

○2回目(6月頃)

〜佃煮・彩りちりめん+ハモ湯引きと合わせて初夏の晩酌コース!〜

・生しらす150g×2
・佃煮ちりめん130g
・彩りちりめん100g(ドライフルーツ入)
・ハモ500g

○3回目(7月頃)

〜「生しらす+釜揚げしらす+うなぎ」のスタミナ全開の組み合わせで夏バテ防止に!〜

・生しらす150g×2
・釜揚げしらす150g×2
・うなぎ(蒲焼き)150g

うなしらす丼にすると、志布志のコラボ絶品料理になります!

○4回目(8月頃)

〜志布志湾の伊勢海老を解禁されしだいお届け!ハモしゃぶと一緒に豪華味噌汁・鍋にも!〜

・生しらす150g
・乾燥ちりめん70g
・ハモ250g
・伊勢海老500g

○5回目(11月頃)

〜豪華海鮮鍋 !〜

・生しらす150g
・乾燥ちりめん70g
・海鮮鍋セット(鯛、タカエビ、ハモ、麺2つ)

賞味期間:要冷凍にて
 生しらす・釜揚げしらす・佃煮ちりめん・彩りちりめん:製造から1ヶ月
 ハモ:製造から6ヶ月
 伊勢海老:製造から6ヶ月
 乾燥ちりめん:製造から2ヶ月
 海鮮鍋セット:製造から6ヶ月
輸送温度帯:冷凍

 

◆有限会社加治木水産 所在地

 

 

 

◆起案者について

クラウドファンディングを活用して日本全国へ鹿児島県の特産品を情報発信することで、新たな市場でのサポーター作り、ブランド化・販路開拓を支援するため、鹿児島県特産品協会が立ち上げたプロジェクトです。県内出身の若手クリエーターたちを中心としたプロジェクトチームが、特産品製造事業者の「想い」を支援者につなぐため、コンテンツ制作からプロジェクトの運営管理、販促等をワンストップでサポートしています。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト