458ef8e2dab650086f0a5198cb9a02c47a7c2e4c4c01a523233b76d62c79?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190916%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190916t003447z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=8cbaf89c052ae2fd9e2d9b35a3d520cac35623233ae6ece66a4de14721cc81a7

新しい家族を待つシニア動物たちがシェルターで快適に過ごすために!

老犬クラブのポンディワン

アークには老人クラブならぬ老犬クラブというグループがあります。

そこで暮らしているのが、ポンディワン

ポンディは去年の8月にアークへやってきました。

飼い主さんは、身寄りのない動物を保護して暮らしていましたが、 不妊去勢手術をせずに、自由にさせていたため、みるみる犬の数が増えていきました。

だんだんとケアが行き届かなくなり、1頭1頭に十分なコミュニケーションを取ることもできず人に 対して臆病な子ばかりとなっていました。 多頭飼育崩壊の最中、飼い主さんが亡くなりアークで引き取りました。

ひどく人に怯える犬たちばかりの中、ポンディワンだけは人を怖がることなくむしろ、人が大好きな子でした。

年齢は分からず、獣医さんの見立てで2007年生まれとしました。 人が大好きで穏やかで、他の犬 とも上手に暮らせるお利口さんなのです。

ただ、アークに来てからは病気も増え、心肥大の影響で咳をしたり、お腹や肺には水が溜まり やすくなっています。 肥満細胞腫も見つかり、ステロイドを服用中です。

ポンディは飼い主さんの愛情を独り占めすることなく、育ってきました。 温かい家庭があることもまだ知らないポンディに、素敵な里親が見つかることを願ってやみません。

クラウドファンディング終了まで残り3日となりました。 温かいご支援に心より感謝申し上げ ます。 引き続き、私たちの活動を見守っていただければ幸いです。

2019/08/15 15:29