1feb87beb61f3a8cfd3a7bedb7dee919a716a95d1104905bbc1dc027d939?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181017%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181017t115813z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=6b7f74e7615b00efe7497fa8b86c0c132938a8c34bdaea79209f7fa2faa095f5

日本初!貧困・孤独・病気
負のスパイラルから抜け出すための『LGBT支援ハウス』をつくりたい!

クラウドファンディング終了のご報告と御礼

ご支援いただきました皆様、ありがとうございました。
今回のクラウドファンディングでは、当初の目標額100万円、さらにネクストゴールの150万円を上回る、1,552,000円のご支援をいただきました。また、期間中様々な励ましのお言葉をお寄せいただいた皆様、今回のプロジェクトについてSNS等で幅広く声掛けをして頂いた皆様にも、あわせてお礼申し上げます。

クラウドファンディングは、一旦ここで終了となりますが、支援ハウスの開設はこれから始まります。これまでの投稿記事に挙げて来た通り、様々な調査がゲイバイセクシュアル男性の生きにくさ、困難の抱えやすさを表していて、それは、もちろん、ゲイバイセクシュアル男性だけでなく、他のセクシュアルマイノリティでも同様だと思われます。私達は、困窮者相談の現場でも捉えきれていない、福祉サービスに繋がっていないセクシュアルマイノリティの困窮者が一定数、存在すると考えています。私達は、これまでになかった、セクシュアルマイノリティの困窮者のための支援ハウスを開設・運営し、他の諸機関と連携する事で、福祉の現場への影響や今後各地で同様の試みが始まる事も期待しています。

 ここで、支援ハウスについての進捗について、元々の予定から遅れている事をお詫び申し上げます。
 これまで、定期的な会議を行う中で、セクシュアルマイノリティの困窮者についての現状をリサーチしつつ、実際の運営について話しあってきました。その中で、現状について情報を共有し、運営についての話し合いに時間を要しました。現在は、支援ハウスに使用するための物件を探すための協力的な不動産業者と連絡を取り合い、支援ハウスの運営のための物件を探しています。
 運営ためのボランティアや他の関係機関との連絡会議は10月2日にも行われ、物件が見つかり次第、支援ハウスの開設準備を行います。そして、部屋が整い次第、開設となります。半年〜1年間にわたり1部屋の支援ハウスの運営を実践した後、報告会を開催し、その後の継続的な活動にも繋げていきたいと考えています。
   
 プロジェクトの定期的な進捗につきましては、私達のFacebookページやTwitterなどでご報告させていただく予定です。ぜひ「いいね」やフォローをお願いいたします。
   
●LGBTハウジングファーストを考える会東京 Facebookページ 
 https://www.facebook.com/LGBTHF/
●LGBTハウジングファーストを考える会東京 Twitter( @LGBT_HF )
https://twitter.com/LGBT_HF ハッシュタグ #LGBT支援ハウス 
   
ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後とも末長く継続的な応援をよろしくお願いいたします。

LGBTハウジングファーストを考える会東京
共同代表   松灘かずみ

2018/10/01 09:32