1dd54a0906b48054e92acb820be1db95f3017cdee8ff6854a83d60142426?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171216%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171216t085945z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=9c6277424f2ced7ec62538b60f3e1e22c7e6cb50f75345ff24067574ed26b0ac

『超福祉展』を書籍化
そのノウハウを全国に広げ、世界に向けて発信したい!

4ee4e89059a8ec3242897f5682d470f74339a4b9ca8e13917f5e5a56d71e?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171216%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171216t085945z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=32fc4337b22c94ba149c7a2550192f5b324c973419e3afb7ddd935899d2a9901

支援方法が分からない場合はこちらをご覧ください >>


ピープルデザインとは?

NPO法人ピープルデザイン研究所 運営委員の金子です。
私は学生時代のボランティア参加を経て、現在 運営委員としてピープルデザインが展開するイベントやプロジェクトに関わっています。

団体名にある「ピープルデザイン」とは、私たちが提唱している概念で、”心のバリアフリー”をファッション・スポーツ・エンターテイメントなどの、ワクワク・ドキドキするようなコンテンツで、クリエイティブに実現する思想や方法のことです。

弊研究所は、性別・国籍・年齢・身体・意識のバリアを取払い、若くて柔軟な感性とライフスタイルが息づくような、共感・共存できるダイバーシティ/インクルージョンの街づくりを目指し、2012年4月、渋谷を拠点に活動を開始しました。障害者・LGBT・認知症を含む高齢者・子育て中のお母さん・外国人など5つのマイノリティの課題に立脚しています。

現在渋谷区や川崎市をはじめとする『行政と連携した街づくり』『国内外の大学・高校・中学校と連動した授業』『企業での研修や講演』『Jリーグ等のスポーツ、映画・音楽などのエンターテイメントとのコラボレーションイベント』などを通じて、ピープルデザインをテーマにした、モノづくり・コトづくり・ヒトづくり・シゴトづくり・マチづくりを展開しています。

 

超福祉展とは?

その中でも大変注目を集めているイベントが超福祉展(正式名称「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」)です。障害者をはじめとするマイノリティや福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうと、2014年より毎年11月の一週間、渋谷ヒカリエを中心に開催を続けている展示会です。

2012年に表参道・BA-TSU ART GALLERYや青山・国際連合大学前広場などで、従来の福祉を超えた機器の展示やパラスポーツ体験などを実施したことをきっかけに、2013年の東京国体でのコラボ開催を経て、2014年から定期開催を目指してスタート。以来、渋谷ヒカリエをメイン会場に、思わず「カッコイイ」「カワイイ」と使ってみたくなるデザイン、大きなイノベーションを期待させてくれる「ヤバイ」テクノロジーを備えたプロダクトの展示・体験に加え、従来の福祉の枠に収まらない魅力的なプレゼンターたちが登場するシンポジウム、多彩なワークショップなど、様々なコンテンツを充実させてきました。

 

超福祉展は、ダイバーシティ(多様性)の実現に向けて、文化創造性に富んだ渋谷という街を媒体に、国内外に向けて発信することを目的とし、意識や心のバリアフリーの実現に向けた「具体的な方法論のひとつ」として展開しています。

 

超福祉展のイベントをさらに多くの方に知って頂くために書籍化を計画中

“超福祉”の視点では、従来の福祉のイメージ、「ゼロ以下のマイナスである『かわいそうな人たち』をゼロに引き上げようとする」のではなく、全員がゼロ以上の地点にいて、混ざり合っていることを当たり前と考えます。

ハンディキャップがある人=障害者が、健常者よりも「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」と憧れられるような未来を目指し、「意識のバリア」を「憧れ」へ転換させる心のバリアフリー、意識のイノベーションを“超福祉”と定義しています。

 

集まった支援の使い道

アルファ ロメオ様にも多大なるサポートを頂きながら、2014年からの4年間で蓄積してきた運営ノウハウや、あっと驚く喜びを入口に魅力を伝える超福祉展イベントそのものの制作背景を、全国各地の皆さんに公開/伝達すべく、現在書籍化を計画しています。

行政や企業との繋がり方などの "How to" を開示し、公費に頼らない新しい福祉の伝達手段として活用します。毎年開催している約60企画のイベントや、大学・高校・中学校などを含む年間30以上の授業や講演、加えて一般の方々への書店販売で、「マネできる要素」を知ることで、全国に広げ、世界に向けた発信を狙います。

皆様にご支援いただいた貴重な資金は、書籍化・出版に際し発生する以下の経費の一部として、大切に活用させて頂きます。
・編集費
・印刷費
・各種発送費用等の経費

 

リターン

1,000円

・お礼のメッセージ

 

3,000円

・お礼のメッセージ
・アンティーク調シューホン
・ GIULIAオリジナル切手シート

 

5,000円

・お礼のメッセージ
・ペーパーウェイト
・オリジナル牛革カードケース

 

10,000円

・お礼のメッセージ
・ロゴ入り傘
・シューズケース
・牛革ブックカバー


 

30,000円 限定50名様

・お礼のメッセージ
・コミュニケーションチャーム
・ロゴ入り傘
・シューズケース
・牛革ブックカバー
・ペーパーウェイト
・オリジナル牛革カードケース
・アンティーク調シューホン
・GIULIAオリジナル切手シート
・須藤著「意識をデザインする仕事」(メッセージ入り)
・超福祉展書籍の最後のページにお名前を入れさせていただきます



 

50,000円 限定15名様

・お礼のメッセージ
・ モレスキンノートブック
・AR GIULIA 1/24ミニカー
・ロゴ入り傘
・シューズケース
・牛革ブックカバー
・ペーパーウェイト
・オリジナル牛革カードケース
・アンティーク調シューホン
・GIULIAオリジナル切手シート
・須藤著「意識をデザインする仕事」(メッセージ入り)
・超福祉展書籍の最後のページにお名前を入れさせていただきます。
・2018年度、超福祉展の関係者が参加するレセプションパーティーへご招待 




 

200,000円 限定5名様

・お礼のメッセージ
・代表理事須藤による講演会・セミナー・ワークショップの実施(交通費別、時期・内容等は要相談)