image

【通話が出来る・音楽が聴ける・楽しいを共有する】
骨伝導&インカム搭載スノーゴーグルはさらに進化!
「bONE IceBRKR 2.0」
スノーボード・スキーに新しいエンターテイメントを!

image

【bONE】IceBRKR 2.0(ビーワン アイスブレーカー2.0)はBluetooth 5.0 インカムテクノロジーと骨伝導オーディオを搭載。
極上のパウダーを滑りながら仲間との会話を楽しむ、ターンを刻む音と一緒に音楽を聞く。
いつものスノーボード、スキーに、新たなエンタテイメントをプラス、革新的な至高体験ができるスノーゴーグルです。

世界初となる骨伝導オーディオ&インカム機能を搭載した革新的なスノーゴーグルとして2020年に誕生したIceBRKR。日本のクラウドファンディングでも多くの注目を集め、2000万円を超える支援金額を集めました。

2022/23シーズンからは、【bONE】 IceBRKR2.0に進化。IceBRKR2.0は新たにハイコントラストレンズを搭載、音質を向上させる新形状の骨伝導アームを採用、前モデルに比べバッテリー性能も約25%UPしました。

▼実際に使用している様子はコチラの動画をご覧ください。

※動画では前モデル(IceBRKR1.0)を使用しています。

▼試乗会の体験イベントの様子

ショップ様の試乗会イベントに参加させていただいた時にはIceBRKR2.0のインカム通話を人気インフルエンサーのいぐっちゃん。(@igchan_sb)をはじめ多くのスノーボーダーに体験してもらいました。
すでに前モデルを愛用中の方にも体験していただきましたが、音質が上がり相手の声が聞こえやすくなったと感想をいただきました。

▼いぐっちゃん。に実際に【bONE】IceBRKR 2.0を使ってもらったレビュー動画です。

▼プロスノーボーダー藤本光海さんのYoutubeチャンネル【てるてるクラブ】様にレビュー動画を投稿していただきました!

ゲレンデのどちらのコースを選ぶか、バックカントリーのドロップやキッカーでのスタートの合図、リフトから仲間の滑りを見てるときなど、スノーボード・スキー中も気軽に仲間との会話できたらもっと楽しくなるはず!

IceBRKR 2.0はグループインカム機能を搭載しています。IceBRKR同士、最大約700m*の距離で会話が可能。 このテクノロジーは、もともとバイカーの人たちが、離れた仲間と連絡を取るのに、バイクの音等の騒音がある場所でも快適に、ハンドルから手を放すことなしに会話をすることができるように作られたものでした。 そのテクノロジーを、スキーヤー・スノーボーダーにも利用できるようにゴーグルに搭載しました。

 *実際の通信距離は、天気条件、地形、障害などによって変化する場合もございます。

▼グループで使える!

1対1の通話だけでなく複数台を接続することでグループインカム*として使えます。

 *最大18台で接続が行えますが、接続数が増えると通信が不安定になるため4~6台程度までの接続で使用することを推奨しております。

 

グループ通話のデバイスと言えばスマートフォンとペアリング、アプリを使うものもありますが、氷点下にもなるゲレンデや雪山ではスマートフォンのバッテリーが予想以上に消耗してしまうことがありました。 グループインカムテクノロジーではスマートフォンは必要ありません。IceBRKR2.0はBluetooth5.0を介してIceBRKR同士で通信することが出来ます。

↓IceBRKR2.0 3台でグループインカム中。こんな風に聞こえています。

↓パウダーを滑走中にテンション上がって思わず出てしまう声。このとき撮影者にもしっかり聞こえています。

 

スキー・スノーボード中にお気に入りの音楽が高音質で聴けたら最高ですよね。 従来のイヤホンやヘッドホンで音楽を楽しむことも出来ますが、ケーブルが煩わしいし、ワイヤレスイヤホンは落として紛失が心配。そして、一番のネックは耳を塞いでしまい周囲の音が聞こえなくなってしまうことでした。周囲の音が聞こえないことで接触などの思わぬ事故につながることも。 骨伝導テクノロジーにより、耳をイヤホンやヘッドホンで塞ぐことがないので、周囲の音を把握しながら、高品質な音楽を楽しむことができます。

音はこの左右の骨伝導アームから骨に直接伝わります。フレキシブルな素材で出来ているので頭のカタチに合わせて柔軟にフィットします。 イヤホンの長時間の装着で耳が痛くなるなんてこともありません。

▼NEW 骨伝導アームでクリアな音質に

IceBRKR2.0は新しい形状の骨伝導アームを採用しました。前モデルでは滑走中のインカム音声のボリュームに物足りなさがありましたが、新しい骨伝導アームによりクリアに相手の声や音楽が聴こえるようになりました。

▼ヘルメットを着用しても使用可能

IceBRKRはヘルメットを着用していても使用可能です。ヘルメットの上からゴーグルを装着する人、ゴーグルを装着した後にヘルメットを被る人とヘルメットの装着は人それぞれだと思います。ご安心ください。IceBRKRはどちらの装着方法でも、すべての機能を使うことが出来ます。

IceBRKR2.0はワイヤレスイヤホンのようにBluetoothで、お使いのスマートフォンとペアリングをすることも可能。お気に入りのプレイリストを聴くことはもちろん、Siri、OK Googleなど音声起動システムを利用することができます。マイクも搭載しているので電話の着信/発信、ハンズフリーで行うことが出来ます。わざわざグローブを外して操作を行う必要もありまん。

IceBRKR2.0では新たなリチウムテクノロジーを採用、少ない消費電力で駆動することでバッテリー性能はIceBRKR1.0に比べ約25%向上しました。フル充電の場合、インカムを接続したままの連続使用で約7時間*の連続使用が可能になりました。

*駆動時間は使用時のボリューム設定・使用環境などにより変わります。

IceBRKR2.0ではレンズを偏光レンズからハイコントラストレンズにアップグレード。 ハイコントラストレンズは、景色のコントラストを強くし、雪面の凸凹をくっきりと際立たせます。滑走時の雪面の状況判断が楽になります。 また、レンズによる視界色の調整は、眼精疲労も軽減してくれるので、より快適にスキー・スノーボードを楽しめるようになります。

4カラーのレンズからお好みのカラーをお選びいただけます。





21/22シーズンに登場した調光レンズ(フォトクロミックレンズ)もスペアレンズとしてご用意しております。

▼調光レンズ (フォトクロミックレンズ)

晴天時はレンズのが濃くなり、曇天時はレンズの色が薄くなるレンズです。
一枚で幅広い天候に対応します。

▼実際のレンズにUVライトを当てた様子

2カラーのレンズからお選びいただけます。


 

▼BLUEとREDの違い

ベースとなるカラーはブルーのほうが薄く、レッドのほうが濃くなっております。
どちらも調光機能により幅広い天候でご使用いただけますが、曇天や降雪時など暗いシーンをメインに使用した場合はブルー、ピーカン時など比較的明るいシーンをメインに使用したい場合はレッドをおススメします。

 *IceBRKR2.0に調光レンズ(フォトクロミックレンズ)は標準搭載はしていません。交換用スペアレンズとしてラインナップしております。

IceBRKR2.0はIceBRKR1.0と組み合わせてお使いいただけます。すでに前モデルをお持ちの方はIceBRKR1.0と接続しすることでインカムをお使いいただけます。
またレンズも併用が可能なのでハイコントラストレンズをIceBRKR1.0に装着していただくことも可能です。
 

レンズの装着にはマグネットレンズロックシステムを採用。マグネットの力で瞬時に適切な位置に装着することができます。また交換も素早く簡単に行うことが出来ます。 固定するマグネットは8個と多く、通常使用で外れてしまうといった心配はありません。

顔のカーブに合わせて曲げられることができる耐久性の高いフレームです。一日中快適に装着するために、あらゆるタイプ、あらゆるサイズのヘルメットにも合わせられることができます。バランス圧力と内部骨格系を調整する超軽量特許素材O-matter製ストラップで、鼻にかかる圧力を最小限に抑え、いつでも快適な呼吸を実現しています。IceBRKR2.0は、超軽量、超高耐久性素材を使用しています。さらに、快適なグリップ性を実現する3層フォームを採用しています。高耐久性のある3層ポーラー・フリースで、あらゆる湿気を逃がします。IceBRKR2.0自体が水、雪、寒さに強い構造になっています。

▼アジアンフィット

日本で展開するIceBRKRは、より日本人の骨格に合うように調整されたアジアンフィット仕様になります。

■主な機能
・インカム通話
・ 通信範囲:最大約700m
・ 携帯電話の通話もできる
・ 音声ダイアル
・ ボイス音/サウンド音通知
・ Bluetooth対応
・ 防水加工(IP56)
・ 高性能ノイズ制御

 ■IceBRKR2.0パッケージ内容
・IceBRKR2.0ゴーグル×1
・充電用ケーブル (USB-C to USB)×1
・ソフトケース×1

IceBRKRはイタリアのbONE Technology社のMarcoとMassimo Colliniという、スキーとバイクをこよなく愛する兄弟2人によって生み出されました。
兄弟はスキーとバイクをこよなく愛し、ゲレンデで離れた仲間との通信手段、周囲の音楽を楽しむ方法をずっと模索していました。そしてこの2つを実現する方法としてBluetoothインカムテクノロジーと骨伝導オーディオという最新のテクノロジーをスノーゴーグルに搭載することでした。
IceBRKRが最初のプロダクトに【bONE】(ビーワン)ブランドとして今後も骨伝導テクノロジーを搭載したプロダクトを開発していきます。

■保証期間:1年間

お届け日から1年間の保証がついておりますのでご安心ください。
保証の対象は初期不良や通常のご利用で故障した場合となります。
自然損耗や経年劣化、誤ったご使用による破損などは保証の対象外となります。



Q.インカムの通信可能距離はどれくらいですか?
A.様々な環境にって異なります。直近の山での試験では約700m以内までの範囲が良好な音質で会話することができております。

Q.前モデル(IceBRKR1.0)と一緒に使えますか?
A.IceBRKR2.0はIceBRKR1.0と組み合わせてお使いいただけます。インカム接続も対応、またレンズも併用が可能です。

Q、アジアンフィットですか?
A、日本での販売品は日本人の骨格に合うように調整されたアジアンフィット仕様になります。

Q.骨伝導のアームなど電子部品を取り外してゴーグルを使用することは出来ますか?
A.電子部品を取り外しての使用はできませんが、電子部品を含めてもゴーグルは軽量でアーム部分の圧迫感もほとんどないので快適に装着していただけます。

Q.濡れて壊れてしまわないか心配です。
A.IceBRKRはIP56の防水認定を受けており、スノーボードやスキーで通常使用する範囲では壊れない設計になっております。

Q.メガネを着用してゴーグルを使用することはできますか?
A.メガネのサイズによっては着用したままのゴーグルの使用は可能ですが、IceBRKRはメガネ対応として設計されていないため、メガネの着用したまま使用することは推奨しておりません。

Q.電波法に基づく技術基準適合証明(技適マーク)の認証を取得していますか?
A.はい。取得しております。認証番号は204-B00328です。

最後までお読み頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

スパーキークリエイトの内山と申します。

弊社は【生活を豊かにハッピーに】をモットーに、自社商品の開発並びに海外製品の輸入販売に取り組んでおります。

これからも自社商品の開発に精進してまいりますが、まずは、今回のプロジェクトを成功させるべく引き続き邁進して参ります。

皆様、ご支援を頂けますと幸甚です。

どうぞ、宜しくお願い致します。

※製造・お届けスケジュールについては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、支援数が想定を上回った場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。

※当プロジェクトはお申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

※プロジェクトページに記載している内容に変更がある場合、出来るだけ早く活動レポートなどで共有を行っていく予定です。

※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。 

※この商品は量産済みではありますが、製品改良などの必要な仕様の変更が発生する可能性があります。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後に、【bONE】IceBRKR 2.0を楽しみにされている皆様のご期待に応えるよう、メンバー一同頑張りますので応援よろしくお願いします。


 

公式SNSアカウント

IceBRKR2.0の最新情報はSNSでも発信中です!

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト