Abea32bc4125285c9229c77a1022974298b487975a533268743e7c4ec680?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20191020%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20191020t085845z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=63f68cfb80b720750892a92118900560a04752d819d30c233ab8f9ac829f17fb

赤瓦の煙突蔵から望む大豆畑と小麦畑。
100年後も変わらぬ風景の中で、顔の見えるお客様にお醤油を届けたい。

79e28edeb7cfeae04bcf17af0c971acb28e33aa4e1f2df57104893a38bea?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20191020%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20191020t085845z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fb9de6420893e277d33041252bb755da1e58d3d4ddf25976eaf68c84080c709d

はじめまして、大賀香榮です。
丸新醤油醸造元は、島根県の西部・石見(いわみ)地方の益田という場所で、父であり代表を務める大賀進と、母と私の親子三人を中心にお醤油をつくっています。

丸新醤油は自分たちで栽培した原料を使ってお醤油づくりをしており、原料となる大豆・小麦畑が、醤油蔵を囲むように広がっています。私たちのお醤油は、目のゆき届く範囲の中でつくられ、石見益田の空気をゆっくりと染み込ませながら、時間をかけて熟成していきます。

そしてわたしたちは、100年後も、この風景が染み込んだお醤油を残したい。

私たちの次の世代がこれからも、今と変わらぬ景色の中で醤油づくりを続けていくために、改修が不可欠な煉瓦煙突の修復費用、また丸新醤油を応援くださる皆さまと次の100年を繋ぐ関係性をつくりたく、丸新醤油を応援くださる皆さまとの交流をはかる場としての会員組織、「丸新百年倶楽部」を立ち上げる費用を当プロジェクトで募らせていただければと考えております。


▲昭和20年頃の醤油蔵の風景


醤油蔵は、石見地方伝統の赤瓦で覆われ、今は使われなくなった煉瓦煙突が、創業した100年前と変わらずにそびえ立っています。

丸新醤油では、私たちの醤油づくりは土づくりからはじまるをモットーに、原料となる大豆・小麦の自家栽培を行っています。これは、父であり、弊社代表を務める大賀進の強い意志で実現されました。

日本中に醤油蔵多しといえども、原料から自家栽培してお醤油をつくっている蔵を私は他に知りません。

お醤油は毎日使われる調味料です。

食品から身体に取り込まれるもののうち、本来不必要なものは生態系の中で排出されず、体内に蓄積されてしまいます。 お母さんが身体に取り込んだものは、濃縮されてその赤ちゃんに引き継がれていきます。私たちは毎日使われるお醤油を通じて、お子さんやお孫さん、100年 後のご家族にも安心して楽しんでいただける商品をつくっていくことを目標にしています。


▲自家栽培の小麦畑のようす

現在、醤油の原料となる大豆と小麦はそのほとんどが外国産です。
 


※引用:「醤油の都道府県別原料使用量の推移農林水産省総合食料局資料より(2005年)」より
※解説:醤油に使われる大豆原料は「丸大豆」と「脱脂加工大豆」に分かれます。脱脂加工大豆は食用油へ利用するために油を取り除かれた大豆で、丸大豆はそのままの大豆です。丸大豆という品種等があるわけではなく脱脂加工大豆と区別する意味で使われています。

外国産のものが一概に良くないとは申しません
しかし、1998年に遺伝子組み換え作物の輸入が本格化したことをきっかけに、お醤油の原料について、また自分たちがどういう商品をお客様にお届けしていきたいかについて、改めてよく考える機会となりました。

私たちはこれから先も変わらず、自分たちのお醤油を心から人におすすめできるだろうか?
その時に決めたことは、遺伝子組み換え食品や外国産食品が危険だと感じる事以上に、自分たちが責任のもてる醤油づくりを行いたいという事です。

外国産にしろ、国産にしろ、原料となる大豆と小麦を生産した人の顔、考え方や信念を感じるものを使いたい。
100%自信を持っておすすめできるお醤油をつくるために、それ以降、原料のすべてを自家栽培に切り替えました。

原料を自家栽培することの利点は、安心面だけではありません。醤油づくりのすべてを一貫して管理することができるようになったことで、より自分たちが理想とする醤油づくりがやりやすくなりました。
例えば、現在この地域で栽培されている大豆のほとんどは水田での転作を目的とした転作栽培やお豆腐などの原料を目的としたものが主で、お醤油の原料づくりを念頭に置いて栽培されている大豆はほとんど見受けられません。

私たちは、当然醤油づくりを目的として栽培するので、最適な大豆栽培が可能です。

より醤油造りに適した特性を持つ中から、私どもの蔵がある島根益田の気候にあったものを選んで大豆も小麦も栽培しています。
自家栽培だからこそ、醤油づくりに特化した原料づくりを行うことができています。

出来上がった大豆と小麦をもとにした3日間の麹造りを経て、醤油づくりは3~5年をかけた長い長い熟成期間にはいります。

熟成は大手メーカー市販品で4~6ケ月、一般的な醤油蔵さんでも1~3年。
丸新醤油では長い熟成期間と共に諸味のブレンドを行う事で旨味と円味を出すことを心がけています。

この長い熟成期間の中で、醤油蔵を取り囲む畑の土やそこに吹く風、大豆や小麦の香り、その土地で産した原料をその土地の方法で、そして土地の気候で醸す事で、石見益田の風景がゆっくりとゆっくりと、お醤油に染みこんでいきます。

さて、お醤油の紹介が長くなってしまいましたが私は自分が生まれ育った石見地方益田、赤瓦や煙突のあるこの醤油蔵を取り囲む景色が大好きです。
100年後も、この匂いの中でつくられたお醤油を次の世代に味わってもらいたいと考えています。
そのために、次の100年に向けてこの景色を残していく準備をしていきたいと思っています。

実は先日、創業100年を目前に控え、煙突外壁が一部損傷したため安全確認をしたところ
煙突自体がすでに大分老朽化が進んでおり、全体補修をするか取り壊しをするか、という大きな判断を迫られました。

煙突は、麹づくりや加熱処理の際に熱源が必要なため昔は薪をたいて醤油づくりをしてた頃の名残です。
現在はボイラーを利用しているため、実際には煙突を利用していないのですが、わたしが生まれた時からそびえ立つこの煙突は、醤油蔵のシンボルでもありました。

費用的にも莫大になるため、当初は取り壊しを検討していました。ただ、煙突を望む大豆畑、小麦畑の風景を残して欲しいという温かいご要望をお客様から想定外に多く頂く中で、わたしたちも、この風景・煉瓦煙突を残していきたいと思うようになりました。今ではこの変わらない風景を、100年後も残していきたいと考えています。

また、今回お客様からお声をいただく中で、これまで全国から丸新醤油をお求めいただいているお客様と直接お話する機会がなかったことに気付きました。
そこで今回、煙突の修復を目指すとともに、丸新醤油を応援くださる皆さまと、次の100年を繋ぐ関係性をつくるべく、交流の場としての会員組織を新たにスタートしたいと思っています。



今回スタートする会員組織「丸新百年倶楽部」では、皆さんに改めて“食べる”ということを考えていただくきっかけの場になればと考えています。

私たちの身体は、爪先から髪の1本まで自分が食べたものだけでできあがっていますが、私ども丸新醤油では、食べることには身体を作るという以上の意味が含まれていると思っています。

食べることは、人が生きていくことの根幹です。
今回立ち上げる丸新醤油倶楽部を通じて、食べることにこう向き合ったらどうか、こうあって欲しい、という私たちの考えを共有する場としていければ幸いです。

会員の皆さまには、私どもの商品のお届けはもちろんですが、上記のようなきっかけを感じていただけるものも特典として随時お送りできればと考えております。また丸新醤油の近況やレシピ情報、イベント開催情報の提供をはじめ、何よりも遠方のお客様とのコミュニケーションの場になることを期待しています。

丸新百年倶楽部
http://www.marushin.club/

皆さまからのご支援金は上記施設の補修及び、丸新百年倶楽部の運営資金として活用させていただきます。
島根県・石見益田の風景の中で、100年後も変わらずにお醤油をつくっていきたく、どうぞ皆さまからのご支援をよろしくお願い申し上げます。

【運営組織】
合資会社 丸新醤油醸造元
創業:大正6年
代表:大賀進
住所:島根県益田市喜阿弥町イ997-3


ご支援頂いた方には、その金額に応じて様々なお返し(リターン)をご用意しております。

◎丸新醤油商品

お醤油の他にも、お醤油が普及する前に一般的だった煎り酒という調味料など、各種調味料をお届けいたします。

ご支援感謝祭

島根県益田及び東京大阪など大都市圏でのご支援感謝祭を開催させていただき、弊社提供の煎り酒を用い、益田に伝わる江戸時代以前のおもてなし献立を再現した「中世の食」を召し上がっていただこうと考えております。

 

丸新特注ハッピ

丸新スタッフ限定のハッピをプレゼントいたします。
【7/3追記】
現在、ご支援いただいた方にお届け予定の丸新醤油醸造元特製ハッピですが、ご希望いただいた方には丸新醤油のロゴをデザインくださった地域デザインの第一人者、梅原真さんのサインと著作1点を添えてお送りすることができることになりました!
詳しくは7/3の活動報告をご覧ください!

 

◎醸造所受け取り特典

すべてのリターンは醸造所(島根県石見地方益田)までリターンを貰いに行くと濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)を1本おまけでお付け致します!

 

▼3,000円 お試しプチプラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新醤油商品をお送りします。
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(100ml)1本、煎り酒(100ml)1本、うめ酢(100ml)1本

▼5,000円 丸新一途にお醤油プラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新醤油商品をお送りします。
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)3本

 

▼5,000円 丸新お試しセットプラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新醤油商品をお送りします。
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)1本、煎り酒(100ml)1本、うめ酢(100ml)1本、だしぽん(300ml)1本、だしの花(300ml)1本

 
 

▼10,000円 丸新まるごと1年間プラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新百年倶楽部 メンバー1年権
【会員特典】
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)1本、煎り酒(100ml)1本、うめ酢(100ml)1本、だしぽん(300ml)1本、だしの花(300ml)1本を年に2回お届けします。
・島根県益田で開催するご支援感謝祭にご招待
※蔵・畑見学を含む
・東京大阪など大都市圏で開催するご支援感謝祭にご招待
※会費は実費となります

▼30,000円 丸新まるごと3年間プラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新百年倶楽部 メンバー3年権
【会員特典】
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)1本、煎り酒(100ml)1本、うめ酢(100ml)1本、だしぽん(300ml)1本、だしの花(300ml)1本を年に2回×3年間(計6回)お届けします。
・丸新醤油醸造元 特注ハッピ
・島根県益田で開催するご支援感謝祭にご招待 
※蔵・畑見学を含む、ハッピ着用にて参加費無料
・東京大阪など大都市圏で開催するご支援感謝祭にご招待
※ハッピ着用にて参加費無料

▼50,000円 丸新まるごと5年間プラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・丸新百年倶楽部 初年度メンバー5年権
【会員特典】
内容:濃口醤油本醸造 隠し醤(720ml)1本、煎り酒(100ml)1本、うめ酢(100ml)1本、だしぽん(300ml)1本、だしの花(300ml)1本を年に2回×5年間(計10回)お届けします。
・丸新醤油醸造元 特注ハッピ
・島根県益田で開催するご支援感謝祭にご招待 
※蔵・畑見学を含む、ハッピ着用にて参加費無料
・東京大阪など大都市圏で開催するご支援感謝祭にご招待
※ハッピ着用にて参加費無料

▼200,000円 スポンサープラン

・お料理レシピ付き御礼状メール
・ご希望の丸新商品10万円分と1年間すべての商品20%OFF特典
・島根県益田で開催するご支援感謝祭にご招待
・東京大阪など大都市圏で開催するご支援感謝祭にご招待
・すべての開催イベントにおける頒布物配布と会場にスポンサー様ロゴを展示