Db1aa8528f81c8cc718aec9dd0e78bb1ae028428cdf1f7249e96d2a1b084?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190716%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190716t082450z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=6c511296eff731d7c87d151f0ecab5aa37eff74b9ebeb09aef9f610b9c5ab40b

世界に700kgしかない幻のスリランカコーヒー「Forest Coffee」を復活させたい!

E0c034157ca2493f4bd2a7c9ce523d89acb0a9ac8b9f1080eb0925fe94b6?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190716%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190716t082450z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=01e9a78238b7fa819bdf7384259ca2e4775ade5b68a3521f821ad4a7bd663156
 
こんにちは、日本フェアトレード委員会です。
 

幻のスリランカコーヒー

 

スリランカは、1972年まではセイロンと称していたこともあり、スリランカと言えば紅茶とはよく言われます。現在は、紅茶の生産が盛んで、生産量は世界第3位。 スリランカの名産品「セイロン紅茶」は、誰でも一度は耳にしたことがあるかと思います。 この紅茶の栽培は実は、コーヒーの代替であったと言われています。コーヒーの歴史は古く、17世紀オランダ統治時代にまでさかのぼります。そして18~19世紀にかけて、コーヒー産業は大産地として発展し続けました。 しかし、イギリス占領時にコーヒー産業は一気に衰退。 それに代わって、紅茶の栽培が盛んになったと言われています。そのため、スリランカ産のコーヒーはあまり知られておらず、幻のコーヒーと謳われることもあるほどです。
 
 
 

国家プロジェクトとして進められるコーヒーの木の植樹

 
そんなスリランカコーヒーですが、現在国家プロジェクトとして年間二万本を植樹しています。アラビカ種という豆の種類で、ブルーマウンテンや、キリマンジャロのような、スリランカでは、「スリパーダ」といわれる山の上での高地栽培を行なっています。年中気温が変わらず、高地でもあるということから、滑らかな口当たりの美味しいコーヒーになる豆が安定して収穫出来ます。 
 
 
また、スリランカのコーヒーはコーヒー畑で作られるわけではなく、森の中に植樹をします。木々を伐採せずにコーヒーの木を植えるので、スリランカの緑を守りながらコーヒーを栽培できることから、「Forest coffee(森のコーヒー)」と名づけました。
 
 
 

日本とスリランカコーヒーの関わり

 
元々JICA(国際協力機構)がコーヒー豆の育成指導を実施し、植樹が開始されました。その後、フェアトレード商品として、細く日本へも輸出がされています。 昨年の生産出荷実績は700kg、今年は2300kgと増えてはいますが、依然希少であり、日本で卸しから販売まで行なっているのは、日本フェアトレード委員会だけです。
 
 
 
スリランカコーヒーはスリパーダの荘厳な気高い雄姿の中にも、どこかぬくもりを感じる雰囲気と、味わい深い大自然に包まれるような非常に希少価値の高いコーヒーです。 その味は、フラワリーでグリーンハーブ系の味と香りの余韻が続く、スリランカコーヒーならではの独特の味わいに仕上がっています。カフェオレにして飲むと更に現地の味わいが増します。ぜひこのコーヒーを日本の方々にも飲んでほしい。そして、かつてコーヒー大産地だったスリランカの復活をとげ、貧しい暮らしを続ける現地の方々が豊かになることを目指して私たちは活動を続けています。
 
 
 

今回のプロジェクトでしたいこと

 
このプロジェクトではその活動の一環として、スリランカコーヒーをもっと日本で広く知って頂くべく、東京カレンダーオリジナルを制作したいと思います。東京カレンダーの読者に合った深くコクのある大人な味わい、パッケージもオリジナルデザインです。朝、起きたての一杯にも、食後の一杯にも、ぴったりのコーヒー。ぜひご堪能下さい。

このプロジェクトが成功しなければ、東京カレンダーオリジナルコーヒーは商品化できません。皆様のご支援をお願い致します!
 

リターン

 
▼1000円
・スリランカ生産者代表・日本フェアトレード委員会会長よりお礼のメッセージ
 
▼3000円
・スリランカ生産者代表・日本フェアトレード委員会会長よりお礼のメッセージ
・Forest Coffee 200gをお届けします。
・日本ではまだあまり知られていない、スリランカのお菓子「キトゥルジャガリー」をプレゼント致します。Forest coffeeと一緒にお楽しみ下さい。
 
 ↓ キトゥルジャガリーのイメージ
 
 
▼5000円
・スリランカ生産者代表・日本フェアトレード委員会会長よりお礼のメッセージ
・Forest Coffee 400g をスペシャル缶に入れてお届けします。
・日本ではまだあまり知られていない、スリランカのお菓子「キトゥルジャガリー」をプレゼント致します。Forest coffeeと一緒にお楽しみ下さい。
 
▼10000円
・スリランカ生産者代表・日本フェアトレード委員会会長よりお礼のメッセージ
・Forest Coffee 400g をスペシャル缶に入れてお届けします。
・日本ではまだあまり知られていない、スリランカのお菓子「キトゥルジャガリー」をプレゼント致します。Forest coffeeと一緒にお楽しみ下さい。
・2013年8月~2014年3月の間、日本フェアトレード委員会のウェブサイトにお名前を掲載させて頂きます。
・スリランカコーヒーお披露目会にご招待いたします。
 
お披露目会詳細
日程:2013年10月の土日または平日夜(詳細決定次第お知らせいたします)
スリランカ生産者代表をお招きして、日本フェアトレード委員会長からスリランカコーヒーの歴史や、美味しい飲み方などを、Forest coffeeをお飲み頂きながらお話させて頂きます。当日は焙煎の工程での違いを飲み比べて頂いたり、より美味しくコーヒーを頂くための挽き方をレクチャー致します。
 
▼30000円
・スリランカ生産者代表・日本フェアトレード委員会会長よりお礼のメッセージ
・スリランカコーヒーお披露目会にご招待いたします。
・Forest Coffee 200g、1年分を年4回に分けて200g×3パック、そのシーズンに焙煎した香り高いコーヒーをお送りします。