6fceee4de303e40f34809c8571ee87298821178f0e9662f40853b3da6a36?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190723%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190723t182939z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=d3b725ea2cc049be16a2f7a67ce7a3c31a4b51c185c3dcc7f920f925b4a7f125

アーティストラベルによる限定日本酒を作って
アートイベント「木曽ペインティングス」を応援したい!

木曽ペインティングスの作品を見に行ってきました!

本日、木曽ペインティングスの作品をゆっくり見てきました。

空き家によって空気感が様々で、

元からそこにあったものと作品との境目がどこなんだろう?

っていう空間が作られていたり、

何か時空が歪んだかのような錯覚に陥ったり、

空き家ごとの空気感が、全然違って、

ゾクゾクしたりワクワクしたり、ちょっと怖かったりも。

この違いって、作品の違いというよりは、

その空き家がどれだけの間、閉ざされていたか。

そんな違いかも、とも思いながら見てきました。

日頃から通っている薮原の街道沿いなのに、

全く知らない世界に迷い込んだかのような、

そんな空間に引き込まれました。

 

また、もうひとつ感じたこと。

薮原は私の家も同じなのですが、

並び屋で南北から光が入らない長屋が多いため、

薄暗い家が多いのです。

それを、家人は様々な形で工夫をして光を取り入れていたんだ。

そんな痕跡が各家に残されていました。

ほんの小さな天窓から差し込む光や、

屋根をくり貫いて明り取りを作っていたり、

寒さ対策に壁が後から作られていたり、

決して住みやすい構造の家々ではなかったんだなと、

そこかしこから覗うことができました。

 

晴れた日に見るとまた印象が変わるだろうなって、

そんな作品も数々ありましたね。

薮原がお近くでお立ち寄りできる方は、

展示は22日までですので、ぜひお越し頂ければ幸いです。

2019/06/15 22:59