01752afe202f7428245bef309c51027e5e31fa72408296bba94ad9fabf38?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171118%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171118t231258z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=bca3e6b98b0990bd6a33b49138d841e2c1fcb0c524a099715f5bfad557979e5d

クラウド出版とは?

「出版を手助けしたい」をというコンセプトで生まれた、クラウドファンディングサイトです。

といってもクラウド出版では「自費出版を行う」だけの仕組みとなっています。
なぜこのクラウド出版があるのかというと「自費出版した本をもとに出版社に営業に行く」からです。

本は著者が書くだけでは商業出版になりません。
実際にはプロの編集がチェックして、そして読者の視点で「わからないところ」を指摘し、そして品質を上げることで商業出版に繋がります。

クラウド出版では編集プロダクションに参加してもらうことで「出版社への営業活動」を行うことで著者の商業出版を助けます。
クラウドファンディングでの資金調達はあくまでも「実績として本を作ること」でその【実績】と【できあがった本】を出版社に持ち込み営業をします。
実績作りの場として特化することで、出版社と敵対することなく、むしろ「出版社に本を持ち込むためのキッカケ」となる仕組みになるような動きができるように誕生しました。

現在、著者さんが出版社に持ち込むときには「ネットでどれくらい見られているの?」とか「実績は?」と聞かれるような世の中になっています。
クラウド出版とは、出版社に持ち込むためのキッカケとしてクラウドファンディングを利用し著者さんに成功してもらいたい、という試みなのです。

クラウド出版の仕組み

クラウド出版では、設定した期間内に目標金額に達成しプロジェクトが実現することで、起案者の活動を応援することができます。

期間内に目標金額に達しなかった場合は、それまでに集まった支援金は支払われず、返金されます。

プロジェクトを掲載したい方へ

今まで資金的に実行が難しかったクリエイティブな取り組みや、これから生まれる新しいもの、社会を良くすることにつながるプロジェクトのアイデアを『GREEN GIRL』にお寄せください。
一緒にアイデアを組み立てるお手伝いをさせていただきます。

プロジェクトを支援したい方へ

プロジェクトへの支援には、投資や寄付と異なり、金額に見合った様々お返し(リターン)を用意しています。
リターンには、実際のプロダクトから、プロジェクトの活動報告の連絡、リリースパーティーへの参加など普段では体験できないような特別なものまで含まれています。
ひとつのプロジェクトにどれだけ関わりを持ちたいか、どんな内容のリターンが欲しいかによって、支援金額を決めていただけます。

具体的なサイトの使用法につきましては、『ヘルプページ』をご覧ください。