Ecfb20478a78c3596bcb0803e3c0b3691ed9a9a27aef989733ec38089d5d?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170728%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170728t185036z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=13a9b0fc1a1de0ec317fc0a1c1d5e57769f48b4bb132c35bf3c0d56e66fc3e86

東日本大震災を風化させない!
世界的絵本作家が描き下ろす震災体験絵本化プロジェクト

F28a21ce1a7da70fcd6389ffe548d1a6e409f8419a2067ca0e277669f5e6?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170728%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170728t185036z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=c970985abc42be5cba949db5949bcb9633e96eec5a711ebe34e1f11ec2426cba

bayfm78リスナーのみなさま、PROJECT ROOMをご覧のみなさま、こんにちは!
bayfmのDJで震災直後から被災地の復興支援活動を行っている「KOUSAKU」です。

 

皆様のご支援により完成した絵本「トミジの海」を 下記学校、図書館、市町村教育委員会等に寄贈致しました。

●寄贈先一覧

千葉市花見川図書館 
つくば市立並木児童館 
NPO法人恩方キッズ
つくば市立桜幼稚園
茨城県竜ケ崎市立竜ヶ崎西小学校
佐倉市立井野小学校PTA本部
目黒不動尊瀧泉寺
東北福祉大学図書館
宮城県白石市図書館
鎌ケ谷市立図書館
市原市ちはら台コミュニティセンター
浦安市教育委員会
鎌ケ谷市教育委員会
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
防災楽団サークル
チャイルドハウス ふくまる
社会福祉法人つぼみの森保育園
茂原市立豊田小学校
大網白里市立増穂小学校
NPO法人 Hands for others
牛久市立中央図書館 銚子市教育委員会
大多喜町立大多喜図書館天賞文庫
山武市教育委員会
松戸市教育委員会
松戸市立図書館
佐倉市教育委員会
大多喜町教育委員会
流山市教育委員会
鋸南町中央公民館
君津市教育委員会
東庄町教育委員会
松戸市教育委員会
富津市教育委員会
旭市教育委員会
八千代市教育委員会
東庄町教育委員会
千葉市立西小中台小学校
浦安市立日の出小学校
船橋市中央図書館
旭市立飯岡中学校
公益財団法人人権教育啓発推進センター 人権ライブラリー
成田市立大栄幼稚園
山武市さんぶの森図書館
習志野市教育委員会
成田市立図書館
茨城県牛久市立牛久第二小学校
成田市立桜田小学校
成田市立公津小学校
成田市立遠山小学校
茨城県取手市立六郷小学校
木更津市教育委員会
四街道市立八木原小学校
下鎌田東小学校ひがしっこすくーる
白井市教育委員会
柏市立図書館 市原市教育委員会
下総みどり学園西図書室
山梨県甲府市立石田小学校
東庄町立石出小学校 まなこどもクリニック
船橋市立坪井小学校
大網白里市教育委員会
四街道市立南小学校
習志野市立大久保図書館
江戸川区立篠崎第五小学校
野田市教育委員会
千葉市立千城小学校
石巻市教育委員会 (順不同)
※市町村の教育委員会には必要冊数をまとめて寄贈し、 各教育委員会から管轄の各学校に配布されます。
 

東日本大震災から二年が過ぎ、これからもこの震災を風化させず、復興支援を継続してくため、何かできることはないかと考えたときに、支援活動で知り合った石巻の漁師「斎藤富嗣」さんの体験を絵本にし、まだ小さい子供やこれから生まれる子供達にも伝えて行けないかというアイデアが浮かびました。

そこに協力の手を挙げたのが、同じく被災地支援活動を積極的に行っている墨絵画家の「本多豊國」さん。この縁をきっかけに、斎藤さんの話を本多さんの墨絵で絵本にし、学校や図書館に届けるために、リスナーの皆さんから支援をお願いできればと思います。

東日本大震災の日、小舟で大波を乗り越えながら海の上で一夜を過ごした漁師がいました

KOUSAKUが被災地支援で石巻を訪れた時に、ひとりの漁師に出会いました。
その漁師の名は、「斎藤富嗣」さん。彼は、東日本大震災の日に小舟で大波を乗り越えながら海の上で一夜を過ごし、翌日変わり果てた港に戻って来るまで壮絶な体験を語ってくれたのです。
そんな話を聞いて、東日本大震災を風化させないために、子供から大人まで様々な年代に語り継ぎたいとKOUSAKUは思いました。

絵本のイラストは墨絵画家・本多豊國氏

この震災体験の話を絵本化してくれるのが、世界的な絵本作家・墨絵画家の本多豊國氏!
自らも被災地支援のイベント活動を行っている本多豊國氏が、この企画に賛同し、絵本化を引き受けてくれました。 海外のコンクールでも数々の受賞歴がある本多氏がこの震災体験を絵本として描き下ろしてくれます。


 

本多豊國プロフィール

墨絵画家・絵本作家
墨絵画家としての活動と共に、1964年より本格的に絵画制作活動を開始。 1987年イタリア・ボローニャ国際絵本原画ビエンナーレ入選を皮切りに次々と欧州で絵本の賞を受賞。 1990年にはフランス・ラニオン国際絵本原画ビエンナーレでグランプリ・イカロス賞を受賞するなど、海外でも評価の高い世界的な絵本作家。

 

 

 

 

 

まだまだ続く復興の支援のために・・・

絵本の製作費をbayfm PROJECT ROOMのクラウドファンディングを通じて、同じ被災県でもある千葉のラジオリスナーに呼びかけ、集めていこうと思います。
集まった資金は、
・絵本製作費
・絵本を学校/図書館に寄贈するための運搬費用
に使わせていただきます。

リターンについて

【Aコース:500円】
・絵本扉絵と同じデザインのポストカード1枚
(Aコース3口分で絵本1冊が寄付できます)

【Bコース:3,600円】
・絵本3冊制作
(1冊は支援者に進呈・2冊は学校や図書館に寄付)

【Cコース:10,000円】
・絵本8冊制作
(1冊は支援者に進呈・7冊は学校や図書館に寄付)

【Dコース:30,000円 (限定20)】
・絵本の校正紙(ページや絵は任意)見開き分1枚に本多豊國氏のサインを入れて進呈
・絵本15冊制作
(2冊は支援者に進呈・13冊は学校や図書館に寄付)

【Eコース:300,000円 (限定4)】
※法人用・こちらのコースのお申込みはevent@bayfm.co.jpまでご連絡願います。
・絵本の後付に企業名をクレジットとして掲載
・絵本の表紙を含む校正紙(表紙以外は任意)3枚に本多豊國氏のサインを入れて進呈 ・絵本30冊制作
(5冊は支援企業に進呈・25冊は学校や図書館に寄付)