image

【日本初上陸】常識を変える拡張型ハンディプリンター「PrintX」
「あらゆる物に印刷でき、あらゆる印刷の仕方ができる」
【ハンディプリンター/A4モバイルプリンター/ラベルプリンター/3Dプリンターなど】
ユーザー次第で無限の可能性!!

image paypay banner

・前作PrintPodsを超える拡張型ハンディプリンター

・【ハンディプリンター/A4モバイルプリンター/ラベルプリンター/3Dプリンターなど】
ユーザー次第であらゆる拡張が可能

・Bluetooth&Wi-Fi接続が可能で、簡単接続

常識を変える拡張型ハンディプリンターPrintX-プリントエックス-

より美しくデザインされ、簡単に使えて、あらゆる実務で使えるように。
PrintXはこれまでのプリンターの常識を変えます。
「Print X」は組み合わせ次第で、A4対応のプリンター3Dプリンターにもなる拡張型設計
しかも、本体は約6cmのコンパクトサイズで、ワイヤレスで使用できるから持ち運びにも便利。
将来的な拡張も見据えて、ラベルプリンターモジュールも開発中のほか、開発を手助けするSDK(ソフトウェア開発キット)も用意しています。
ユーザーのアイデア次第で、壁面アートを描いたり、3Dプリンターに組み込んでオブジェクトへ色を付けたりと、印刷機能を拡張できる拡張型モバイルプリンターです。

▶無限の拡張性

▶フルカラーハンディプリンター

▶A4(A5/A6)カラープリンター

▶将来の拡張ツールとSDK(ソフトウェア開発キット)

▶Bluetooth&Wi-Fi 接続

▶【Red Dot Design Award 2021受賞】世界でも認められたデザイン性

PrintXは、ツールとおもちゃ機能を統合した拡張型ハンディカラープリンターです。 PrintXをお好きな物にハンディプリンターとして使用して、汎用性を実現するか、A4拡張キットに接続して、印刷に必要な資料やデザインをBluetooth経由でアプリ内にアップロードし、ハンディプリンターではできない大きな印刷をすることもできます。 PrintXはA4印刷, ポータブルカラー印刷を実現でき、ソフトウェア開発キット (SDK)を使用して更に自由に、創造性を実現できるように、今も開発が進んでいます。 強力なSDKを備えたPrintXの将来の拡張機能としてラベル印刷や3D印刷機能など様々なアイデアを今もテスト中ですので、ご期待ください。

前回モデルの「PrintPods」は木材/プラスチック/金属/革/肌などあらゆる素材に印刷可能な超小型ハンディプリンターとして大ヒットを記録しました! 前回モデルの良いところは残しながらも最新作のPrintXではフルカラーになるなど、さらなる進化を遂げて登場です!。あらゆる素材に簡単かつカラフルに印刷して、想いのこもったオリジナル作品を作りましょう!!

手のひらサイズのPrintXを手に取り、素材の上をスライドさせるだけで、スマートフォンにある文字、画像、ロゴが印刷されます。

PrintXは、ありふれたものをオリジナルの作品にし、メッセージを際立たせることができ、アートやクラフトに最適なツールです。

PrintXを使用すると、正確な印刷を簡単に行うことができます。

ビジネスシーンや学生がドキュメントや学習資料を印刷するための標準的なA4印刷。
これまでのハンディプリンターは、実用性に欠け、道具というよりはおもちゃのようなものでした。
PrintXでは、それが変わります。
ポータブルな拡張機能により、A4用紙(A5、A6印刷対応)を簡単に処理できる貴重なツールとなり、学生やビジネスマンのカラー印刷のニーズに対応します。
外出先での打ち合わせやイベントでの印刷が可能になります。

これまでハンディプリンターでは難しかった大きなデザインもA4拡張キットを使用すれば簡単に。

封筒やハガキにオリジナルのデザインや宛名を入れて送れば特別なプレゼントになります。

手頃で便利なラベル印刷は、資料を整理したりお子様の名前入れなどに役立ちます。 強力なソフトウェア開発キットを備えたPrintXの将来の拡張の 1つとして、 現在、ラベル印刷をテストしています。
これが公開されれば、

・オフィス文書の整理

・部品ごとのマーキング

・子供の名前用のテキストラベル

これらを簡単に作成したり、カラフルなラベルをオリジナルでカスタマイズしたりできます。
ワイヤレス、多機能、セットアップが簡単な Print X は、家族全員で使えるプリンターです。

PrintXは、将来を見据えて設計されているため、無限に拡張可能で、更にユーザーへSDK(ソフトウェア開発キット)を提供します。
ユーザーは、インスピレーションがひらめいたときに自由にPrintXを拡張することができます。
ユーザーは、機器を組み合わせて、無限の楽しみを実現できます。 例えば、お気に入りの写真を印刷して壁に掛けてみませんか? 3Dプリンターと組み合わせると、すべての3Dプリント製品の色をパーソナライズできます。
この拡張性機能により、PrintXは将来にわたって実用的で、新しいプロジェクトを提供します。

これまでのハンディプリンターはアプリとの接続が難しかったり、お使いの端末、住環境により差が大きいのが問題でした。
しかしPrintXではこの問題をBluetoothとWi-Fiの2種類に対応することで解決しました。
AndroidとiOSの専用アプリも用意されているため、ペアリングすれば、すぐに快適に使い始められます。

これまでのシリーズで蓄積してきたアップデートにより、ユーザーが本当に望んでいる機能を実現してきました。
一度デザインしたものをアプリ内に登録しておける、お気に入り登録機能や、インクの目詰まりをお使いのスマートフォンから解決できるようにするなど、今後もアップデートを続けていき、 全てのユーザーに満足頂けるブランドへと成長していきます。 (これらの機能はEVEBOTシリーズ全てで対応しております。)

世界3大デザイン賞の1つであるred dot design awardをプリンター部門で受賞しました。

人気Youtuberの【Mikasu-Channel】様にレビューをして頂きました!

人気Youtuberの【ダンディM】様にレビューをして頂きました。

 

A4拡張キット:縦7cm、横31cm、高さ5.8cm 重さ618g

これまでEVEBOT JAPANはハンディプリンター分野で業界にデザインと機能性で革新を起こしてきました。
前回モデルのPrintPodsは世界で5000台を超えるヒット商品で、日本でもクラウドファンディングで合計1000万円以上の支援を受け、正式販売開始わずか1年で3000台を超える大ヒット。
多数のメディアでも注目され、ハンディプリンター業界を牽引してきました。

EVEBOT JAPAN Nagoya Galleryオープン

EVEBOT JAPANのNagoya Galleryが8月にオープンし、そこではPrintXをはじめ、EVEBOT JAPAN製品など最先端の技術に触れられます。

EVEBOT JAPANが主催する第1回小牧・未来フェスティバル「こまみら」を開催致しました。またこの敬老の日にPrintXの体験やお絵かきロボット「Dr.Quincy(ドクトルクインシー)」も初公開され、来て頂いた方にとても楽しんで頂けました。

第一回クラウドファンディング限定特典追加のお知らせ!!【目指せ1000万円突破】

クラウドファンディング限定特典追加のお知らせです。

支援額が増えれば増えるほどお得になるストレッチゴール!

支援額が1000万円を突破しましたらEVEBOT JAPAN公式ストアで使える20%OFFクーポンを追加で支援者全員(PrintX)に追加リターンとして提供する太っ腹企画を実施することが決定しました!

早期支援者にメリットがあるだけではなくて、支援者が増えれば増えるほどメリットが拡大するストレッチゴールを採用させて頂きます。

支援額が増えれば増えるほど、リターン商品が追加されるので是非多くの方にシェアしてこのムーブメントを広めて行きましょう!!

今回、日頃よりEVEBOT JAPANをご愛用頂いている感謝を込めまして特別なキャンペーンを実施致します。
 「PrintX」をご支援頂いたことを、Twitterへ投稿頂いた方の中から抽選で【50名様】にEVEBOT JAPAN特性ルーラーをプレゼント致します。
【#EVEBOTJAPAN #PrintXをつけてご応募ください】 特性ルーラーはステンレス製で高級感がある作りで、もちろんPrintXなどEVEBOT 製品との相性も抜群です。
正確な印刷がしたい方などこの機会に是非参加してみてください。

Q1.PrintXの替えのインクカートリッジはどこで買えますか?

PrintXの専用インクカートリッジはクラウドファンディング終了後、EVEBOT JAPANの公式ストアや運営しているAmazonなどで購入できるよう準備します。

Q2.印刷可能な最大幅を教えてください。

PrintXの印刷できる最大幅は26mmです。

Q3.PrintXのインクカートリッジはどれくらい印刷できますか?

印刷可能枚数、A4サイズ(レター、印字率5%)で約415枚。但し、実際の印刷枚数は、ご使用条件により異なります。

Q4.PrintXのインク射出方式を教えてください。

PrintXは前作同様インクジェット方式を採用しております。

Q5.対応のOSを教えてください。

IOSとAndroidシステム両方に対応します。

Q7.インクカートリッジの交換は簡単に行えますか?

インクカートリッジは簡単に交換でき、インクカートリッジの保管については、各インクカートリッジに保護スリーブが付いていますので、新しいインクカートリッジを使用する場合は、前のインクカートリッジの保護スリーブを閉めるだけです。

 

リスク&チャレンジ

・開発中の製品については、デザインや仕様が一部変更になる可能性がございます。その場合は活動報告にてご連絡させて頂きます。

・ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。万が一遅延する場合は、早急に活動報告にてご報告させて頂きます。

・使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
最後に、「PrintX」を手に取ったみなさまに喜んでもらえるよう、 チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、応援よろしくお願い致します。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト