image

【3パットが減り1パットが増える】世界で認められたパッティング練習器具PuttOUT(パットアウト)日本上陸

image

数多くのゴルフメディアで本当に効果が出るパッティング練習器具として紹介されている

「プレッシャーパットトレーナー」の特別モデル「Platinumプレッシャーパットトレーナー」がついに日本に上陸

日本上陸を記念して限定価格 & 190セット限定のクラウドファンディングキャンペーンを開催します。是非この機会にPuttOutのパッティングスタジオを手に入れてパッティングの達人になりませんか?

MyGolfSpy Editors' Choice⁣2年連続受賞🏆 / Golf Digest Editors' Choice⁣4年連続受賞🏆 / Golf Monthly Editors' Choice2年連続受賞🏆

知っていましたか?

コース上のショットの40%はパターで行われています。

ドライバーやアイアンの飛距離ばかりが注目されている近年ですが、ドライバーもパットも距離は違えど同じ1打。

にも関わらずアマチュアゴルファーの多くはパッティングの練習をほとんどしていません。それはなぜか?

PuttOutの創業者はパッティングの練習器具に問題があると考えました。

 

 

その問題は「パッティングの練習が面白くない」ということです。

そして、こうも感じました「もっと良い練習器具が作れるはず」と。そうして生まれたのがPuttOutのプレッシャーパットトレーナーです。

 

インスピレーションの源となったのは、気が遠くなるほど難しい1.5mのパットです。

"私たちは、ショートパットをもっと練習する機会を与えてくれるもの、パッティングに夢中になれる練習器具を作りたいと思いました。

さらに言うと、私たちはコースに立ったときに、自分たちが努力してきたことを実感できるものを作りたいと思いました。

プレッシャーパットトレーナーは、コースと同じサイズのホール型ターゲットに、ボールを返すための傾斜スロープが付いています。

このスロープのデザインがポイントで、真ん中が少しくぼんでいて、側面にはリップアウト(カップにボールが蹴られる時)を再現するための起伏があり、完璧なパットだけを「受け止める」ボールサイズの穴があります。

私たちは「本物のボールがカップインするときの理論を分析することで、放物線状のスロープがミスパットを正確に再現できることを発見しました」

それにより、プレッシャーパットトレーナーは、ボールがカップをオーバーしたのと同じ距離でプレーヤーに戻ってくるようになり、プレーヤーはボールをかき集めて次の1.5mパットに挑戦しやすくなりました。

何よりパッティング練習が楽しく、何度も挑戦したくなるのです!!

PuttOut社のプレッシャーパットトレーナーはパッティング練習が面白くなる。まるでゲームのような感覚で上達できる革新的な練習器具です。

ゴルフにおいて最も重要でありながら見落とされがちな要素でもあるパッティングに特化したブランドPuttOutの

「 プレッシャーパットトレーナー」を使えば3パットが減り1パットが増え、あなたのゴルフのスコアアップにつがなるでしょう。

世界中のプロゴルファーやアマチュアゴルファーが使用して皆パッティングが上達しています。

アメリカAmazonでいただいているレビューの一部を掲載します

「プレッシャーパットトレーナー」は、PuttOutを象徴とする革新的なパッティング練習器具です。

 

実際のホールに空いているカップと同じサイズで設計、練習で得たイメージをそのままにラウンドでカップインを狙うことができます。

科学的に形成された放物線状のランプにより、成功したパットは、ミスした場合にホールをオーバーしたのと同じ距離だけプレイヤーに戻されます。

打つたびにボールが戻されるので、正確なパッティングを続ける限り1つのボールで何度も練習が可能です。

つの小さなドットターゲットは、パッティングの際にカップを狙うのが好きな人には共通のターゲットとして、また、パッティング面のわずかな変化に対応するための練習用ターゲットとして、プレーヤーが集中して使用できるようになっています。この感覚になれるとコースでのホールがいつもより大きな穴に見えるでしょう。

絶対的に完璧なパットだけが、マイクロターゲットに保持されるパーフェクトパットです。

(ここでいう完璧なパットはミスした際のオーバーが45cm前後のパットを指します)

難易度の違う複数のターゲット設定が可能なため練習がチャレンジに変わり、飽きることなくパッティングを上達することができます。

近日中に発売予定の専用アライメントスティックを使用することで目標物に対してまっすぐアドレスをとる感覚を身につけることもできるようになります。

高品質のエラストマー・ポリカーボネート製で、人間工学に基づいたデザインは、折りたたんでゴルフバッグに簡単に収まるので、どこにでも持ち運びができ、スケジュールに合わせてトレーニングを行うことができます。

 

 

パッティングの練習にマットは欠かせません。PuttOUTのパッティングマットは、あなたの好きな場所でパッティングゲームのあらゆる側面を練習できるように設計されています。計算された1.8mまでのマーク、アライメントライン、ペースターゲットがプリントされています。

使いやすさを考慮して設計されたパッティングマットは、簡単に折りたたんで収納することができ、黒の巾着型キャリーバッグに入っているので、いつでもどこでもパッティングの練習ができます。

パッティングマットのグリーンスピードは10フィートに設定されており、コース以外の場所でも中速から高速のグリーンで練習することができます。マット下の床面の素材によってもグリーンスピードが変わります。

マットはしっかりとプレスされ、折り目がつきません。厚みのあるTPRゴムを使用しているため、梱包から出してすぐに平らに巻くことができ、常にスムーズで信頼性の高い巻き心地を実現しています。

PuttOutオリジナルのアライメントマークは、ターゲットに対して真っ直ぐ向けるアドレス、正しいストロークををサポートします。

カップに対して真っ直ぐ向けていないと、パッティングで真っ直ぐ打てても意味がありません。

 

パッティングミラーには、パッティングストロークに合わせて調整可能な2つのアライメントガイドがあり、正しいフォームでセットアップを行い、ピンへの角度を確実にスクエアにすることができます。

コンパクトミラーは、アドレス時のパターのフェースとトップラインの位置、自分の目線とボールラインを正確に確認することができます。

傷防止資素材を使用し、ラバー加工でコーティングされており、製品の底部には1.5mmのスパイクが付いているので、どんなパッティング面でもしっかりと固定できます。

 

重さ97g、長さ8.5インチのコンパクトミラーは、プレイヤーのバッグに入れてもすぐに取り出すことができます。傷に強く、様々な状況で耐久性を維持できるように設計されています。

 

158個の小さなゴム製スパイクがミラーのゴム製ベースを覆っています。ティーなどの小道具を使わなくても、屋内外での練習が可能です。

 

 

今回のGREENFUNDINGでは数量限定&最大25%OFFでパッティングスタジオセットを発売します。

 

PuttOutのプラチナムパッティング・スタジオは、自宅で完璧なパッティングストロークと距離感を身につけることができます。

この革命的なパッティングスタジオセットは紹介した3つの

「プラチナムプレッシャーパットトレーナー」

「パッティングマット」

「コンパクトパッティングミラー」

が全て含まれています。あなたのパッティングを飛躍的にレベルアップします。

室内でパッティングスキルを練習して向上させるために必要なものがすべて揃っているので、次のラウンドに向けて実際に結果を出す準備ができるでしょう。

 

有名メディア、マイゴルフスパイにてPuttOutが話題に上がりました。実際に使用しているユーザーのコメントをお聞きください。

Platunum Pressure Putt Trainer(プラチナムプレッシャーパットトレーナー)

本体サイズ:10.7cm x 15.3cm x 20.5cm

本体重量:177g

PuuOUT Mat(マット)

本体重量:スリム 1.1kg / ミディアム 2kg

 

Compact Mirror(コンパクトミラー)

サイズ:21 x 10.8 x 1

本体重量:97g

 

Q: 商品はいつ届きますか?

A:商品の配送は2021年9月中を予定しております。

 

Q:パラボラ曲線とは何ですか?

A:放物線とは、U字型の曲線のことです。パットアウトでは、この形状を採用しています。これは、「メイクした」パットを中央に集めて、プレイヤーにまっすぐ返すためです。また、ミスしたパットは横に落ちていくので、リップアウトのようになります。

 

Q:なぜパーフェクトパットポケットには、18インチを通過したパットしか入らないのですか?

A:調査によると、最も一般的な「完璧なミス」の認識は、ホールを45cm過ぎたところで外れたであろうパットであることがわかりました(ボールが落ちた/逸れなかった割合に基づく)。この調査をもとに、製品もそれに倣って設計しました。

 

Q: なぜスティンプ・メーカーで10フィートのマットなのか?

A:複数のグリーンキーパーに聞き取り調査を行った結果、グリーンスピードの平均値をもとに、あらゆるレベルのゴルファー、あらゆる規格のコースに対応するためには、スティンプメーターで10とするのが妥当であると判断しました。

 

Q:パッティングマットをスムーズに巻いておくにはどうしたらいいですか?

A:埃やペットの毛などが製品の表面に入り込むのを防ぐため、使用しないときは常にマットを巻いて邪魔にならないようにしてください。また、パッティングマットの表面に傷がついた場合は、手でブラッシングして繊維を滑らかにし、本来の性能を取り戻してください。

 

Q:パッティングマットに掃除機をかけてもいいですか?

A:問題ありませんが、パッティングマットを最高の状態に保つためには、丸めて保管し、一般的な摩耗や損傷を避けるのが最善です。

 

Q:製品はすべてロンドンでデザインされているのですか?

A:はい。2017年に最初の製品を発売して以来、私たちの本社はロンドンの中心部、トッテナム・コート・ロードからわずか30秒のところにあります。