image

雪上を靴のまま滑る感覚!バックパックに収まる世界一短いスキーSKISKATES「スキースケート」

image

 

2019年に日本初上陸したSnowfeet(スノーフィート)が更に進化。

滑走面をよりスキーに近い構造にすることで滑走スピード、安定性、走破性が更に向上。

「スキースケート」は、これまでのウィンタースポーツの概念を覆す、気軽で本格的なニューウィンタースポーツです。

 

靴のままゲレンデを滑る感覚を楽しめるチェコ発の全く新しいウィンタースポーツです。

ワンサイズで22.5cm〜30.5cmをカバーでき、片足わずか678gと非常に軽量なのでリフトの乗り降りも楽々。

値段もリーズナブルで、バックパックにもすっぽり収納できる利便性の良さから、ユーザー急増中の大注目アイテムです。

 

重たいスノーギアとは別次元に軽い「スキースケート」はまるで靴のまま滑っている感覚。

歩いたり走ったりしゃがんだり自由自在に動き回ることができます。

 

スキースケートは世界で最も短いスキー板です。

またその大きさはバックパックにも収納可能なので、持ち運びも便利です。

友達とシェアして使ったり、午前中はお子様がライドして午後からはパパが。なんて使い方も可能です。

スノーギアって重いし大きすぎてジャマだなぁ。と感じたことありませんか?

スキースケートはすべてにおいて身軽なので、リフトの乗り降りもラクラクです。

 

・Snowfeet では難しかったパウダーも克服

・スピード、アクションのキレ、エアの高さなど、全てにおいてハイパフォーマンスが可能に

・ヨーロッパ産の上質な材質と北欧デザイン

 

ブーツによってビンディング構造が異なるように設計する事で

よりフィットした履き心地を実現し、ライディング性能を高める事に成功しました。

 

 

 

・ドライブ感のあるライディングが好き

・身軽なのに高さのあるエアーやトリックに挑戦したい

・ゲレンデから遠のいてたけど、新しいギアで再復活してみたい

・スキーは重いし長すぎて不便だと思っていた

・コスパがよくてハイセンスな道具が好きだ

【SKISKATES & snowfeetの滑り方】

 

スキースケートは2種類ございます。お持ちのブーツによってビンディング構造をご選択ください。

 

私たちはチェコに本社を構えるSnowFeet(スノーフィート)と申します。

私たちが開発したスキースケートは、Snowfeet を超える、全く新しいウィンタースポーツです。

おかげさまで、初お披露目してからというもの、大変多くの方々がこの新しいウィンタースポーツに興奮されているのを実感しております。

snowfeet team japanでは、毎年人口が減っている日本のウィンタースポーツシーンをもっと盛り上げたいと強く思っています。日本には素晴らしい雪山が多く、海外から来られるお客様も年々増えています。これは海外には無い日本の魅力であり、もっと積極的に日本も発信していくべきだと考えています。

その為にも日本人がもっとスキー場に気軽に行けて楽しめるような取り組みをsnowfeetを通して行っていきたいと考えています。

是非、日本の皆さんにも気に入っていただければ嬉しい限りです。

ご支援お待ちしております!

 

2021年

2月16 日 クラウドファンディング 開始

3月31日 クラウドファンディング 終了

2021年12月ごろ リターン品 送付予定

 

Q.どのようにブレーキをかけますか?

A.スキーやアイススケートで止まるのと同じくサイドエッジで停止することができます。

 

Q.Snowfeet とスキースケートはどっちがオススメですか?

A.比較表にて特徴の違いを記載していますが、snowfeetは初心者やより気軽にウィンタースポーツを楽しみたい方。

スキースケートはスキーをメインで滑られる方や、snowfeetよりも本格的に始めたい方におすすめとなっております。

 

Q.日本のゲレンデで使用可能ですか?

A.Snowfeet 同様、おかげさまで使用可能な全国のスキー場は急激に増えています。

https://snowfeet.co.jp/pages/snowfeet_ok

また現時点では「滑走不可」という見解のスキー場様も、エッジが付いていて流れどめが付けれる構造の滑走具であれば「滑走可能」という見解に変わる事が多い為、今後もますます拡大する見込みとなっています。