7cca84d8695a9d0b22115a7de28e3b79b5b179ce4453e89d003717004cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181217%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181217t003756z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=e50019d8a0b426d4fa824318ba14d5a05ca83633501c670ea1937d763858d29d

テレビもタブレットももういらない。
Android搭載スマートプロジェクターJmGO

859fd4add94b0151bd7d597dc4f6f1d936b8161c03270084f2aa170910ca?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181217%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181217t003756z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=f981d3fdb01dcc791480dc744de7c499d58a35d46980d080f0a2c7e77400f11c

スマホやタブレットでYouTubeやNETFLIXを見る。

テレビでドラマやバラエティを見る。

リラックスするときや、暇つぶし、学習にも、ビジネスにだって、テレビやモニターは欠かせません。

 

いつも使うモニターやデバイスだからこそ、できればもっときれいな大画面で見たい。

でも、大画面テレビは高いし大きいし、置き場所もない・・・

立ち上がりに時間がかからず、スグに動画を視聴したい・・・

 

JmGO N7Lはandroid搭載のスマートプロジェクター。

電源を入れるだけで、普段使っているスマホやタブレットのように「簡単」に、「高画質大画面」で、YouTubeはもちろん、NETFLIXやHuluなどの「動画、テレビやゲームまで」楽しむことができます。

※テレビ視聴には別途チューナー必要です。

 

 

 

でも、プロジェクターというと、設定も難しくて、値段も高くて、周辺機器にもお金がかかって、こだわりがある人が買う物、なんて印象があるかもしれません。

JmGOのプロジェクターは今までのそんな印象を覆します。

 

JmGOプロジェクターで映像を楽しむのに必要なのは、電源、Wi-Fiそして白い壁のみ。

Hi-Fiスピーカー内蔵のため、スピーカーを準備する必要もありません。

コンセントにつなぐだけで、細かい設定も必要ありません。

 

JmGO N7Lを立ち上げると、まるでタブレットのようなアプリが並ぶ画面が広がります。

アプリを選択すると、スグに見たい動画にアクセスすることができます。

またandroidOS搭載のため、普段スマホやタブレットで使っているアプリをダウンロードして使うこともできます。

もちろん、Webブラウジングも簡単です。

※基本的にはGooglePlayにてダウンロードしていただく形になります。

※タッチ必須のアプリなどは対応しません。

 

プロジェクターの良さは何と言っても、大画面で見れるところ。

最大180インチもの画面にすることもでき、大画面で動画やゲーム、ブラウジングを楽しむことができます。

通常80インチレベルのテレビを購入するとなると、100万近い価格となってしまうため、自宅で大画面で視聴するのにはなかなか手が届かないところ。

JmGO N7Lを使えば、その10分の1くらいの価格で大迫力な映像を見ることができます。

※80インチ以下のサイズにすることもできます。

 

画質はフルハイビジョン。

大きな画面でもくっきりとした映像が映し出されます。

また、3Dモードも搭載しているため、3Dでの視聴も可能です。

※3Dモードはアクティブシャッター方式のため、アクティブシャッター方式に対応した3Dメガネが必要になります。

 

・暗い部屋じゃないと使えない?

プロジェクターというと、暗いところでしか使えない印象があるかもしれません。

しかしJmGO N7Lはある程度明るい部屋でもくっきり映し出せます。

また、コントラストも非常にはっきりしているため、非常に鮮やかな映像表現が可能です。

 

・最初の設定や設置が難しい?

JmGOのプロジェクターのセッティングはとても簡単。

電源コードを挿す、Wi-Fiにつなげるだけです。

スマートフォンやパソコンの画面はアプリを使ってコードレスで行うことができます。

 

また、斜めの設置も可能。

インテリアの配置も考えて、自分の好きな場所に置くことができます。

(角度45°まで)

 

別途スタンドを購入すれば、置く台がなくても簡単に設置でき、ケーブルもきれいにまとめることができます。

また、このスタンドを使うと真上に映像を投影することもできるため、天井に映像を映すこともできるようになります。

N7Lプロジェクター本体は1/4ネジ穴搭載のため、カメラで使うような三脚にも対応します。

(実際の対応については実機でお試しください。)

今回のプロジェクトでは、この専用スタンドもリターンでご提供します。

 

・焦点調節が難しい?

通常、プロジェクターは焦点調整を手動でやらなければなりません。

ちょっと動画見たいだけなのに、いちいち設定して・・・と手間がかかってしまいます。

 

JmGOはオートフォーカス機能を有しているため、自動で焦点調整が可能。

電源を入れたときからスグに使うことができます。

 

このように、自宅の動画視聴環境を、簡単に劇的に変えることができます。

 

プロジェクターの良さというと、大画面で迫力がある映像が見れること。

それだけではありません。

 

・テレビがない空間づくり

今テレビを自宅に置いている方、テレビを置いている壁のスペースがデッドスペースになっていませんか?

自分の部屋のテレビやモニターを一度片づけてみてください。きっと、かなりすっきりした空間になるはずです。

 

テレビは電源を入れていなくてもモニター自体がそこにあるので、どうしても場所を取ってしまいます。

プロジェクターは使うときだけ画面を表示し、使わないときは真っ白な壁をそのまま使うことができます。

これによって、物がごちゃごちゃせず、すっきりとした部屋作りをすることができます。

 

・実は目にも優しい

暗いところで画面を見ていると目が悪くなりそう・・・と思うかもしれませんが、意外にもプロジェクターはモニター等の画面より目に優しいと言われています。

モニターはLEDスクリーンを使用しているため、発光源を直接目で見ることになります。

それに対し、プロジェクターは映像を投影するという形を取っているため、直接光を目で見ることなく、目にも優しいというわけです。

 

動画視聴に大切なのは映像だけではありません。

迫力ある映像を見るのに必須なのは、音声。

JmGO N7Lには高性能Hi-Fiスピーカーが内蔵されており、迫力がある音声を楽しむことができます。

 

・Bluetoothスピーカーとしても

内蔵スピーカーはBluetoothで他のデバイスとも接続できるので、Bluetoothスピーカーとしても活躍します。

この機能はプロジェクターが映像を映していないときでも使うことができるため、完全に独立したBluetoothスピーカーとして使うこともできます。

 

JmGO N7Lは非常にコンパクト。

280mm×120mm×280mmという小さなサイズで、重さもわずか1.2㎏です。

部屋に設置するときも、場所を取りません。

 

例えばグランピングに持っていく、旅行に持っていく、なんてこともできます。

デザインは非常にシャープ。

表面はアルミ合金でできており、非常にミニマルです。

 

 

ビジネスにおける、ミーティング・プレゼン・テレビ会議等にもマッチします。

 

・PC/スマホとの素早いアクセス

JmGO N7LはコードレスでPCやスマホとのミラーリングが可能です。

準備は本体のスイッチを入れ、アプリで立ち上げるだけ。

貴重なビジネスタイムを邪魔しません。

 

・動画を使ったプレゼンも最適

多くのプロジェクターはスピーカーを内蔵しておらず、別途スピーカーをセッティングする必要があります。

JmGO N7Lは内蔵スピーカー搭載のため、動画を使ったプレゼンやミーティングもこれ1つで行うことができます。

 

・ホワイトボードとかけ合わせる

ホワイトボードに映像を映し、マーカーで動画や画像に直接書き込む、なんて使い方もできます。

アイデアミーティングや、よりクリエイティブな作業にも非常にマッチします。

 

・操作はリモコンでも、スマホでも

JmGOには専用リモコンが付属していますが、スマートフォン用アプリでも簡単に操作することができます。

リモコンなくした、リモコンの電池が~とならず、JmGO本体が1つあれば、すぐにでも使い始められます。

 

・端子も豊富で、有線接続も

N7L本体には、オーディオ端子、HDMI、USB3.0等豊富な端子が装備されています。

有線で使う場合も安心して使用できます。

 

JmGOとは、Holatekという中国深圳の映像機器メーカーが生み出したプロジェクターブランド。

2011年に創業され、アリババ創業者ジャック・マーを始めとする世界的な投資家・ベンチャーキャピタルから合計8億6000万元(日本円にして約1400億円程度)の資金調達にも成功している、急成長企業です。

中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳にある企業の中でも技術力が高く、その品質が評価され、現在、中国国内のプロジェクター市場ではNo.1シェアを誇るブランドにまで成長しました。

"Editor most recommended top products"、"King of the Yearly Popular Award"、"Most Innovative Enterprise" and "Intelligent Hardware Unicorn Enterprise"などの海外メディアでも積極的に取り上げられ、現在も世界中で注目されています。

性能はもちろん、特にデザイン性にも評価が集まっており、2017年にはプロジェクター業界では異例のReddot & iF Design Awardにも入賞しています。

中国以外では、ロシア、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、アラブ首長国連邦、韓国、インド、シンガポール、オーストラリア、エジプト、南アフリカなど多くの国々でも展開しており、世界的なブランドになりつつあります。

 

JmGOのプロジェクターは当初「もっと家族と過ごす時間を大切に」という思いで開発されました。

現在は家庭はもちろん、世界中の企業や公共施設にも使われています。

 

JmGOプロジェクターはまだ日本で認知が低く、あまり知られていないプロジェクターです。

その為、今回クラウドファンディングを行う機種N7Lはコンセントも規格も海外仕様のままであり、日本仕様の物が未だない状態です。

 

電源部品の変更と日本市場に展開するための規格取得のためには資金ももちろん、日本市場の支持が必要です。

JmGOインターナショナルチームは現在日本への上陸を熱望しており、是非日本の皆さんにJmGOのプロジェクターを一度使ってもらいたいと考えております。

その為に、今回はN7L日本上陸特別価格でクラウドファンディングを実施する形となりました。

 

今回のクラウドファンディングでは、JmGO N7Lと専用スタンドをリターンとして特別価格でご準備しました。

もし専用スタンドをお使いになる場合は、N7Lと別にスタンドもご支援ください。

※N7L本体にスタンドは含まれません。

 

スクリーンまでの適正距離:1-5m

電源:160W

コントラスト比:5000:1

スクリーン比:4:3、16:9

OS:android4.4

光源:3000ルーメン(LED)

ANSI:700ANSI ルーメン

解像度:1920×1080dpi

パネルタイプ:DLP

ハードウェア:Quad Core CPU、Mali-450MP4 GPU

Bluetooth:Bluetooth4.0

Wi-Fi:2.4GHz、5GHz

スピーカー:Hi-Fiスピーカー

3D対応:有

騒音レベル:30db

 

9月中旬:クラウドファンディングスタート

11月中旬:クラウドファンディング終了

2月以降:商品お届け

 

JmGO実機動画

JmGO N7Lサンプルを元に実機動画を撮りました!

 

 

Q&A

Q.サウンドはステレオですか?

A.はい、ステレオです。

 

Q.天井釣りはできますか?

A.はい、可能です。

 しかし、その際は天井裏もしくは天井に配線をする必要があるため、延長コードや配線の処理が必要となります。

 製品自体は1/4インチネジで固定すれば問題ありません。

 

Q.天井釣りの際にサウンドは左右反転しますか?

A.反転しません。

 しかし、スピーカー自体が本体直径28cm内に内蔵されているため、あまり左右反転の影響はありません。

 

Q.3Dの視聴方式について教えてください。

A.アクティブシャッター方式となります。

 

Q.一般的な3Dメガネで視聴可能ですか?

A.サードパーティー製3Dメガネでの動作に関しては確認が取れていないため、もし視聴をご検討の場合、リターンからご支援くださいませ。

 

Q.androidをベースとしたOSとありますが、アプリはどのようにしてダウンロードするのですか?

A.GooglePlayがプリインストールされておりますので、基本的にはGooglePlayからダウンロードしていただく形になります。

 

Q.androidのバージョンはいくつですか?

A.4.4です。

 

Q.プロジェクターの寿命はどれくらいですか?

A.プロジェクターの寿命は基本的にプロジェクターランプの寿命と同等と言われています。

 JmGON7LはLEDプロジェクターを使用しているため、約30,000時間です。

 

Q.プロジェクターでテレビを見るには何が必要ですか?

A.テレビチューナー、もしくはチューナー付きDVD/Blu-rayプレーヤーとケーブルが必要です。

 接続にはHDMIケーブルを使うことが多いですが、プレーヤーによって必要なケーブルが異なる場合がございますので、ケーブルに関してはプレーヤーの仕様をご確認ください。

 

Q.HDMIのインターフェースはarc対応ですか?

A.非対応となります。