C64ac7c284d6748c9f796743115669af57de992b58f693879ddc69f82e16?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171021%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171021t193534z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=ec2ce1b9adb293fa9239bd165db03b9b4c19fc1527a226c56f17983d50a2a067

堀越千秋集大成
画集刊行・追悼プロジェクト

『堀越千秋画集』編集の進捗状況をお知らせいたします。

『堀越千秋画集』編集の進捗状況をお知らせいたします。

 早いもので堀越が亡くなってから、あっという間に半年が過ぎました。昨年、マドリッドに駆けつけたのは10月11日、それからちょうど 7ヶ月後の、5月11日 再びマドリード郊外、アルコルコン(Alcorcón)の彼のアトリエを訪ねました。

 季節は肌寒かった晩秋から、花咲き乱れる春に。主を失ったアトリエは、そのままに残されていました。画家のアトリエですから、その片付けも一筋縄ではいきません。アトリエの片付けを奥様と一緒にし、画集作成に必要な資料も見つけだすことができました。

 堀越の住んでいた街、アルコルコンの教会の屋根に、こうのとりが住み着き巣を作っています。奥様はこの鳥を見るのが、大好きなんだそうです。こうのとりの新しい家族が増える頃には、堀越千秋の画集を届けに行きたいと思っています。  

 5月末からは、画集収録の原画の撮影が再び始まります。刊行までほぼあと1年、編集に残された時間はそう多くはありません。鋭意、編集作業に邁進中です。どうぞご期待ください。(大原哲夫) 


堀越のアトリエのあるアパート玄関で、アトリエは2F(日本流にいえば3F)2017.5.15  photo ©T.O’hara


堀越のアトリエ
2017.5.12  photo ©T.O’hara

アルコルコン、教会の屋根の上のこうのとり
2017.5.17  photo ©T.O’hara

2017/05/22 13:41