05c0a7358de5aaab4a55904a3442da291bc4f4d5b1161627dab3e89b72e6?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180815%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180815t092608z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=404a9e358e421b3e7edb792a639d99f5636faec6459c7e2c114ecae012023bd9

体験型プロジェクト展示「呼気 KOKI 」展

バルーン型作品が命名されました。「記嚢(きのう)」です。

鳥類の肺は「気嚢」と呼ばれるシステムを持ち、ほ乳類の肺とは違って、常に新鮮な空気が流れ、循環が完全に効率化されているそうです。発達したこの「気嚢」のおかげで、鳥は低酸素の高度を飛ぶことも出来るそうです。このバルーン状の作品は、この「気嚢」から着想し、また、人の呼吸データを記録して動くことから、記録の「記」を取って、「記嚢」と名付けられました。

2018/03/28 00:42