128238330cb58715514fe0e4a1f176289c8ac895ec89b1cca8eb08fd94a7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171214%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171214t223025z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=56012dd9b2324639154a185dfa646d58c03ca81cb29eebd91a5cb0f7ac8aef26

周囲360度鑑賞できる花火大会!
九州随一の花火師たちによる西日本大濠花火大会プロジェクト

D3fda4274d1baa2fa5e515556573fbee8952e79829a7279a5e60bd97c56a?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171214%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171214t223025z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=792160a62a5b6625954b51a9920c10972afbe9290c59504a634c5d35e8cad416

※このプロジェクトは、「西日本大濠花火大会」の運営資金の支援を募るためのプロジェクトです。

はじめまして、西日本大濠花火大会プロジェクト事務局の早渕です!
今年も、福博の夏の風物詩「西日本大濠花火大会」を様々な方に楽しんで貰うため、当プロジェクトを立ち上げました。


 

福博の夏の風物詩「西日本大濠花火大会」

毎年、45万人の観衆が真夏の大濠公園に涼を求め集う「西日本大濠花火大会」。近年は、毎年かならず8月1日20時からの打ち上げと、日時を固定して開催しています。「西日本大濠花火大会」は、いまから65年前、1950年に戦後復興の実感を感じて頂き、犠牲になった方の鎮魂の祈りを込めて、西日本新聞社が初めて開催いたしました。途中、公園の改修工事などの事情により12年間の中断を余儀なくされましたが、その後市民の強い要望もあり、1979年に復活。今では、みんなに愛される福博の夏の風物詩となっています。

周囲360度から見えるめずらしい花火大会

この大会の最大の魅力はなんと言っても国内屈指の「立地のよさ」にあります。
会場の大濠公園は約39万 8千m²の広さがあり、福岡市の中心部に位置しています。この立地の良さは、都心部で行われる花火大会の中では最大規模であり、福岡県外からも毎年沢山の方がこの花火を見に訪れます。

大濠公園中央の中の島から打ち上げられており、周囲360度から見える珍しい花火大会です。頭の上で花火が打ちあがるような、視覚・聴覚に響く、臨場感を感じて頂けると思います。360度から鑑賞が可能なので、百道地区や博多湾内、動物園周辺、九州一の商業集積地域・ 天神からも、花火見物を楽しむことができますよ。

九州随一の花火師たち

日本の花火技術は世界の中でもトップクラスの技術を博していると言われています。この「西日本大濠花火大会」で使用される花火も、九州選りすぐりの熟練花火師たちがひとつひとつ丹精を込めて作ったものです。一見、花火師たちは夏季だけが忙しいと思われがちですが、実は花火玉の仕込みは1年中行われ、日々試作品の実験や品評会のための新しい花火の研究に努めています。

しかも「西日本大濠花火大会」は、西日本花火・高田花火工業・唐津煙火の3社の花火会社により打ち上げられるため、九州随一の花火師たちによる、色とりどりの華麗な光の競演を見ることができるのです。

西日本花火・木塚社長より (花火師)
『西日本花火は第一回大会から大濠花火大会の打ち上げを担当しています。私がこの世界に入って、親父から直接打ち上げの指導を受けたのは、この大濠花火大会です。掲載している写真は、その父との思い出の写真です。


観客に囲まれる形で打ち上げる花火大会は全国でも珍しく、360度から歓声が押し寄せるのは花火師冥利につきます。

また、観客を飽きさせない進行方法として、公園の中の島3か所から間髪入れずに、打ち上げ花火が進行するプログラムをいち早く取り入れています。3か所から3社の花火会社が打ち上げるので、各社ライバル心をもって臨むので、内容のレベルアップにつながります。

会場の夜空いっぱいに広がる独創的な花火と水面に移る彩を楽しんでいただきたい。花火大会は、小さな子どもの方から、年配の方、男性・女性を問わずに、多くの方に楽しんでもらえるイベントだと思います。

花火師も「この一夜のために」来場した皆さんの歓声を聞き、キラキラした瞳を見るために準備を行います。この花火大会に携わるスタッフは、同じ気持ちだと思います。』


 

みんなの想い

歴史あるこの花火大会には、様々な方々の思い入れや思い出が沢山詰まっています。

春日市内在住のご夫婦(奥様)より
『彼と15年前に出会って、初めて行った花火大会です。
その帰りに彼から告白してもらい付き合い始めました。 それからは毎年必ず二人で行っています。そして、12回目の花火大会の日にプロポーズされ、13回目の8月1日に入籍しました。 私たち二人にとっては、大濠花火は特別です。毎年行っていますが、行くたびにいつも新鮮な気持になり、新しい思い出が増えていきます。これからも毎年行くと思いますし、今後も福岡を代表する花火大会であってほしいと思います。』
  

大会進行MC・西本美恵子さんより
『私は大濠花火大会のMCをさせて頂くようになってから、今年で8年目になりますが、毎年この花火大会で夏を感じ、またこの日はみんなが笑顔でいられるという花火大会の素晴らしさ感じています。

花火大会の日はまだ暗くなっていない明るい時間から、至る所にゆかた姿の方を見かけ、みなさんがとってもワクワクしているのを見て、私まで嬉しくなっています。みなさん、本当に花火大会を楽しみにしていらっしゃるんですよね! そして、花火が打ち上がる度に聞こえてくる歓声。その歓声を聞くたびに、この花火大会は決して無くなってはいけないもので、守っていかないといけないものだなと感じます。


考えてみれば、子供の頃から花火大会の日は特別な日で、学生の頃、そして大人になってからも、花火大会の数だけ思い出があります。きっとみなさんもそうだと思います。

しかし、スタッフとして関わるようになってから、花火大会の大変さも知りました。花火を上げるには、資金が必要ですし、スポンサーのみなさまが減ってしますと花火の数も減ってしまいます。 また、会場の近隣のみなさまの協力や花火師の方、警備の方やその他たくさんのスタッフのみなさんに支えられて毎年開催されているのです。1つでもうまく回らなくなると花火大会が無くなってしまうこともあるんです。

私ごとですが、去年の5月に娘が生まれました。去年はまだ生まれたばかりで分かりませんでしたが、今年はどんな顔をするのか楽しみですし、娘にもずっと花火大会を見せてあげたいなと思います。

是非、子供から大人までみんなの笑顔が溢れるこの素晴らしい福博の夏の風物詩・大濠花火大会をみんなで守って行きましょう。みなさまのご支援をよろしくお願い致します。』

 

2015年
第53回 西日本大濠花火大会 〜開催概要〜

おおほりまつり 2015年度 第53回西日本大濠花火大会
【日時】 2015年8月1日(土) 午後8時~同9時30分 【予定】 (荒天時は翌日に順延)
【場所】大濠公園(福岡市中央区)
【主催】西日本新聞社、おおほりまつり振興会
【後援】福岡県、福岡商工会議所、福岡県観光連盟、福岡観光コンベンションビューロー、テレビ西日本、TVQ九州放送、NHK福岡放送局、西日本リビング新聞社、FM福岡、クロスFМ、LOVE FM、九州旅客鉄道(順不同・予定)
【花火規模】 約6,000発(予定)
【花火師】西日本花火、唐津煙火、高田花火工業
【打ち上げ場所】大濠公園中の島一帯
【有料観覧場所】平和台陸上競技場
 

なぜクラウドファンディングに挑戦するか

皆さんは、花火大会に使用される打ち上げ花火の値段をご存知でしょうか?
あまり一般的には知られていないと思いますが、打ち上げて開花された時が およそ320メートルになる10号玉は1つ10万円から、450メートルになる20号玉は80万円からと、職人の手でひとつひとつ丁寧に作られる花火玉 は、作り上げるのに3〜4ヶ月ほどかかることから値段も相当なものになります。

もちろんこれらは花火単価の値段で、実際は打ち上げにかかるコスト、警備費、会場設営費など、"花火大会"を作り上げる資金も合わせると、1回の開催に掛かる費用はおよそ数千万円になります。



今まではスポンサーを募り、企業様からのご支援で今年まで西日本大濠花火大会を開催することができました。また近年は、一般の方に花火観覧特別券を販売させていただくことにより、チケット代を開催資金に充てさせて頂いておりました。

ただ、年々来場者が増えて、多くの方に喜んでいただいている反面で、来場される方の安全を確保するための警備費、公園内や周辺地域の方々にご迷惑がかからないように清掃を行うコストなども年々増加しています。

このままでは、将来的に存続が難しくなる可能性もあります。

今後は、九州だけではなく、四国、本州、北海道など、全国の方へもこの花火大会の存在を知ってもらえるように、そして私たちの花火大会の開催を是非応援して頂けるように、今回クラウドファンディングに挑戦することになりました。

まずは、ひとりでも多くの「西日本大濠花火大会」を楽しみにしている皆さまに、このプロジェクトの存在を知っていただけるよう、当ページのURL(https://greenfunding.jp/linkstart/projects/1250)を、拡散いただけますと幸いです。

世代・性別を問わず皆さまから愛される花火大会を、是非とも今年も開催し、大濠の夏の風物詩となり、ひとつの伝統として継承していきたいと思っています。よろしくお願い致します。

リターン

¥1,000 サンクスプラン

・お礼の残暑見舞い
会場に来ることが難しい方へ、今年撮影された花火のポストカードをご自宅まで お送りいたします。
 

¥2,500 スタンド入場券ペアプラン 

・お礼の残暑お見舞い 
・スタンド入場券ペア(2名)チケット
 場所:平和台陸上競技場(エリア入場券・自由席)
 

¥5,000 スタンド入場券グループプラン 

・お礼の残暑お見舞い
・スタンド入場券グループ(4名)チケット
 場所:平和台陸上競技場(エリア入場券・自由席)
 

¥15,000 特別区画指定入場券グループプラン 

・お礼の残暑お見舞い
・リターン限定:特別区画入場券グループ(4名)チケット
・支援者さまのお名前を大会終了後の新聞広告に掲載させていただきます!
場所:舞鶴公園西広場(エリア入場券)
 

¥30,000 花火レプリカプラン 

・お礼の残暑お見舞い
・リターン限定:特別区画入場券グループ(4名)チケット
・支援者さまのお名前を大会終了後の新聞広告に掲載させていただきます!
・大濠花火大会記念の5号玉 花火レプリカを1個プレゼントいたします 
場所:舞鶴公園西広場(エリア入場券)
 

¥50,000 特別桟敷席プラン **限定10組

・お礼の残暑お見舞い
・桟敷席招待券(4名)
※一般来場者が入ることができない、関係者・スポンサー様専用のお席です!大濠公園西側児童公園内・西側協賛社桟敷。先着順エリア入場。
・支援者さまのお名前を大会終了後の新聞広告に掲載させていただきます!
 

¥100,000 【A】進行本部 特別鑑賞プラン  **限定2組

・お礼の残暑お見舞い
・花火の進行本部に2名様をご招待いたします
※お弁当・飲物付(アルコールは飲めません)
※通常は入ることができない特等席です。
・支援者さまのお名前を大会終了後の新聞広告に掲載させていただきます!


※進行本部場所
 

¥100,000 【B】花火工場見学プラン  **限定3組

・支援者さまのお名前を大会終了後の新聞広告に掲載させていただきます!
・リターン限定:特別区画入場券グループ(4名)チケット
・大濠花火大会の打ち上げを行う花火師の解説いただき、2名様で花火工場の見学ができます。
※日程は9月以降の週末を想定しています。