全日本ロードレース参戦を機に若手レーサーの育成とレース界の活性化を図りたい!

32f76ab8503c78aa112aaf48a7e91cbbf5cdf7b0f5fcff2b9a2d465ec395?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190121%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190121t225729z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=0387a1c1d5ab960f31a2b15e562dddde8afb6bcdd34aac16a0ef583510d2a545

レース参戦を機に、若手ライダーの育成と
日本ロードレース界の活性化を図っていきたい!

初めまして、レーシングライダーの武田雄一と申します。
私は5歳の時に父が買って来てくれた子供用のバイク、ポケットバイクに乗り始め、そこから、バイク、モータースポーツの楽しさを知り、今まで32年もの間走り続けています。

子供の頃に夢を描いた、”世界チャンピオンになりたい”という夢は、残念ながら実現する事は出来ませんでしたが、18歳の時にはホンダレーシングと契約し、世界選手権でも最年少、日本人初優勝、そして全日本選手権でのチャンピオンも獲得する事が出来ました。レース結果はもちろんですが、なによりもバイクに出会った事で、本当に素晴らしい方々と巡り合うことが出来たことが何事にもかえがたい私の貴重な財産になりました。

私も今年で37歳、さすがにこれから世界チャンピオンという夢を叶えるには厳しい年齢になりましたが、今後もバイク、モータースポーツに関わり続けこのスポーツの素晴らしさを多くの方々に伝えて行けたらと思います。
昨今では、これからの全日本ロードレース、世界へと羽ばたく事を夢見る若い世代のライダーが減少傾向にあります。私の幼少時と比べてもポケットバイクや、ミニバイクレースを行う人口が極端に減っており、次世代のライダーが育っていません。

このままでは日本からスターライダーが誕生する事がなくなり、最悪の場合、日本のモータースポーツが無くなってしまうのではと不安に感じています。
やはり、『ロードレースの世界チャンピオンになりたい!』という志を持った若いライダーを一人でも多く育てていかなければならないと思いますし今後私がやっていくべき使命だと考えております。

今度の全日本ロードレース選手権への出場を機に、若い世代へバイクレースの楽しさを伝えて、レース界を活性化させていきたいと思いますので、本プロジェクトへの支援をいただけますでしょうか。

【なぜレース参戦するのか】

今回、全日本のレースに参戦しようと考えたのは、私自身が最近では、テスト業務(大会コースのデータ収集等)を主に行っており、年齢の部分でも自分に残された”レース人生”はもう秒読みだと感じてます。
ただ、今ならまだレースで勝つ事が出来ると思っています!
レースで勝ちたい!という思いが自分にあるのなら挑戦しないと今後生きて行くうえでも悔いが残ってしまうという思いが一つ。
そして、もう一つが、私が使用するマシンはSUZUKIのオートバイになります。

このマシンは今後若手育成の為に使用しますが、世間では「ポテンシャルが低いのではないか?」といった声もあり、実際全日本でも1台しか参加していません。
未知数ですが、私はポテンシャルはあり、それを引き出せていないだけだと思っています。
それを証明する事、そして実際に私が戦うことで、若手へのアドバイスの仕方にも繋げる事ができると思い、立ち上げに至りました。

【レースは皆で力を合わせた完成品】

レースは一人では絶対に出来ないスポーツです。他のどのスポーツに比べても競技者一人に対して動く人の人数がすごく多いと思います。
その中で皆が一つの結果を追い求めて、結果が残った時の感動は何事にも代えられない達成感があります。その感動を見ている人にも伝えられる事、そして非日常な、あの驚異的なスピードや音の迫力を感じてもらえる素晴らしい競技だと思っています。

私はこのレースで本当に素晴らしい人との出会いがあり、レースの道を作ってくれた親には感謝の気持ちです。
このレースでバイクを作りあげ、それをきっかけに若手育成に取り組み、世界トップレベルのライダーにしてあげる事が今の私の夢であり今後やり続けていきたいことです。

日本メーカーのマシンに日本のライダーが乗り、世界チャンピオンに成るところを皆さん見たくないですか^^?

SUZUKIでは2015年から世界最高峰に復帰を果たします。
そこに、チームカガヤマからチャンスを掴んでもらえるライダーがこのスタートから生まれてくれれば最高です!

【支援金の使途について】

マシン制作、レース参戦、今後の若手育成に有効活用します。

全日本ロードレースには今年もチームカガヤマのスタッフとして帯同しますが、レースに出る予定はありません。
今回の全日本ロードレース選手権は私個人として参戦します。
チームカガヤマでは限られた予算で戦っている為に、レース以外に使う予算はなく、個人のレース費用(レース車両製作費や参戦運営費)までは捻出できません。
個人で参戦するとなると、当然レース用のバイクも一から作らなければならないのですが、多額の費用が掛かります。
そこで皆さんのご協力を頂ければと思います。

今回のレース用にと考えているバイクは 

このレース一回で終わるのでは無く、今後の若手育成バイクとして使用していきたいと考えています。

 

まず目先に見える目標の一つとして、全日本のレースに出れる体制を作れる事が出来れば、今現在ポケットバイクなどで頑張っている子供達を世界へと通じる道を作ってあげる事に注力していけます。
また、レースを知らない子供達にバイクの楽しさや夢を持たせてあげる事、そして人との出会いのきっかけを作ってあげられるような事に繋げていきたいと考えています。

今回のプロジェクトに集まった資金は、レース参戦の費用としてだけでなく、今後の若手を育てる階段作りの一環となります。

今後の日本のモータースポーツを盛り上げるべくどうか皆様、ご協力の程よろしくお願いいたします。

【リターンについて】

#1 1,000円

①お礼のメール

#2 5,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー1枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル1枚

※オリジナルステッカー

※TeamKAGAYAMAマフラータオル

#3 10,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー1枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル1枚
④応援Tシャツ1枚

※応援Tシャツ:写真は2012年タイプです。

#4 30,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー2枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル2枚
④応援Tシャツ1枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)1枚

※パドックパス

※パドック内

#5 50,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー2枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル2枚
④応援Tシャツ2枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)2枚

#6 100,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー4枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル4枚
④応援Tシャツ4枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)4枚
⑥チームカガヤマ ピット内案内ツアー(4名)

#7 300,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー4枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル4枚
④応援Tシャツ4枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)4枚
⑥チームカガヤマ ピット内案内ツアー(4名)
⑦ライダースーツへのロゴワッペン貼り付け

※ライダースーツ

#8 500,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー6枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル6枚
④応援Tシャツ6枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)6枚
⑥チームカガヤマ ピット内案内ツアー(6名)
⑦ライダースーツへのロゴワッペン貼り付け
 (大きさ約 幅70mm縦30mm)
⑧レースマシンへのステッカー貼り付け
 (大きさ最大 幅100mm50mm)
⑨武田雄一と一日オートバイで遊べる権利
 (サーキット先導、対決、ツーリングなど)
 ※走行にかかる費用は実費

#9 1,000,000円

①お礼のメール
②オリジナルステッカー6枚
③TeamKAGAYAMAマフラータオル6枚
④応援Tシャツ6枚
⑤パドックパス(パドックエリア、ピットウォーク入場)6枚
⑥チームカガヤマ ピット内案内ツアー(6名)
⑦ライダースーツへのロゴワッペン貼り付け
 (大きさ約 幅70mm縦30mm)
⑧レースマシンへのステッカー貼り付け
 (大きさ最大 幅100mm50mm)
⑨武田雄一と一日オートバイで遊べる権利
 (サーキット先導、対決、ツーリングなど)
 ※走行にかかる費用は実費
⑩チーム名にスポンサー名表示(個人名あり)
 ※表示内容は支援者様と協議の上確定させて頂きます。