被災したビーチで、入場料無料の東北最大規模のビーチフェスを開催したい!

53a78cb14346e8725020cde7dd8850df10acfcf7fe5e61d3451986071b5b?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190916%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190916t064124z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=7613f13f9f2f9cf19215e471558a6bae47228a6a529e23079a7dd41ad182f01d

皆様、こんにちは。七ヶ浜ビーチフェス実行委員長の渡辺です。

私の生まれ育った、宮城県七ヶ浜町は仙台市中心部から東に約20kmにある人口2万人の 小さな町ですが、菖蒲田浜海水浴場という東北でも有数の素晴らしい海岸があり、以前は サーフィンや海水浴で大変賑わっていました。

しかし、2011年3月11日。東日本大震災が発生し、この菖蒲田浜の海岸は一瞬にして凄惨な風景へと変貌してしまいました。

data-cke-saved-src=https://greenfundingimg.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/1253/content_image.png

伯父さんの世代が守ってきた地元の祭りを、震災に負けず僕たちの世代が受け継ぎ、新しくし、次の世代へとつなげていきたい。

震災後、多くの方にボランティアに入って頂いたおかげで、菖蒲田海岸はまた元の奇麗な海岸に戻りつつあります。来て頂いた多くのボランティアの方には本当に感謝をしています。 だからこそ次は地元の僕等が立ち上がり、やがてくる海開きの為に被災した海岸というイメージをポジティブなものに変えていきたいと思っています。

しかし未だトイレや水道も無く、多くの人が来る為に充分な環境は整っていません。たった二日間かもしれませんが、このイベントを行う事で菖蒲田海岸を愛する多くの地元の人も、そして今まで夏に来ていた多くの方にも来て頂けるきっかけになれたらと思っています。

町のシンボルでもある菖蒲田浜海水浴をより良いものとして復活させたい!!皆が本当に楽しいと思えるイベントを作り、人々の笑顔をビーチに取り戻したい!!イベントを成功させ、新たな菖蒲田を作り出し、次の世代に渡していきたい!!そんなコンセプトでこのプロジェクトを立ち上げました。

町の伝統を絶やさず、受け継いでいきたい

100年以上の歴史がある菖蒲田海岸では昔から地域のお祭りが盛んで、夏になると櫓を組み、踊りや歌を歌い、人々は地域の絆を作っていました。海水浴の最盛期には一夏で10万人の客が訪れて夏の海を楽しんでいたそうです。


↑ 瓦礫の中から見つかった昔の菖蒲田祭りの写真


↑ 菖蒲田区長阿部久夫さん

「菖蒲田の夏祭りの歴史は古く、震災以前からたくさんの人が関わり地区の行事を運営していました。青年会、ヤングの会、ニューヤングの会と、時代によって名称は変わっていますが、有志が集まり協力し合って祭りをつくりあげることで結束を深めていました。 祭りを企画する中で膝を突き合わせて酒を飲み、行事の準備中に結婚する人もいました。外に勤めに出ても、祭りで人が集まることで話が生まれます。 受け継がれていく地区のコミュニケーションの場を誰もが楽しみにしています。 」


↑ 菖蒲田地区の住民 渡辺洋子さん

「私は海の本当にすぐ近くに住んでいました。菖蒲田浜は日本で3番目に古い海岸で昔から夏祭りがあり、地区で踊りや歌などの出し物をしていました。震災で家が流される被害を受けましたが、それでも住んでいた場所が恋しく、今でも元の家があった場所の草むしりをしています。波の音が本当に心地いいんです。 菖蒲田地区の人はほとんどが高台住宅移転をするために住む人がいなくなります。しかし、私はいつまでも「菖蒲田の文化」を残していきたいと思っています。 子ども達の為にもこれからは地元の人が動く必要があります、地元の若い人達と一緒に私達もできる事をやります。」

なぜビーチフェス?

ビーチに震災以前の規模の人を呼び戻すためには、以下の4つのステップが必要と考えています。

⑴ビーチのハード面の復旧
⑵ビーチに対する心理的障壁の克服
⑶ビーチ利用の「通常化」
⑷観光資源として地域活性化に利用

現在、がれきの撤去等が完了し、⑵ビーチに対する心理的障壁の克服が課題となっています。震災以降、ビーチで遊び、楽しみたいと思っているものの、心理的な要因で、足が遠のいている人が大多数であると考えています。(2)へのステップの施策として、ビーチにおいて、楽しめるコンテンツを用意し、毎年継続的に当イベントを開催していくことこそ、ビーチに足を運ぶきっかけを作り、心理的障壁の克服に寄与できると考えています。

東北ではビーチフェスはメジャーではなく、ほとんど行われることはありません。東北はリアス式海岸が多く、ビーチがあまり多くないことがその原因の一つとも言えると思います。七ヶ浜の美しく広いビーチはフェスを開くにはピッタリのビーチです!東北最大規模のビーチフェス、毎年開催される持続可能な、地域活性イベントを目指しています!イベントの収益金の一部は、町の将来を担う、七ヶ浜町の子ども達のために使用したいと思っています。皆様の支援がなければ素晴らしいイベントが開催できません。是非ご支援を お願い致します。

data-cke-saved-src=https://greenfundingimg.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/1256/content_970242_10151605631433774_1553373974_n.jpg

data-cke-saved-src=https://greenfundingimg.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/1153/content_SH.LOGO.png

イベント内容

イベント日時:2013年8月10日(土)、11日(日)
場所:宮城県七ヶ浜町菖蒲田浜特設会場
主催:Seventh Heaven七ヶ浜ビーチフェスティバル実行委員会
後援:七ヶ浜町
  多賀城七ヶ浜商工会
   七ヶ浜町社会福祉協議会
   浜を元気に!七ヶ浜町復興支援ボランティアセンター
   総合型地域スポーツクラブ NPO法人 アクアゆめクラブ

<音楽>  
・アーティストによるライブ
 - 餓鬼レンジャー  
 - THE REDEMPTION  
 - 堤 晋一  
 - FUNKIST
 - SENDIAN
 - 他出演交渉中
・地元バンドによるライブ
・子どもたち向け太鼓ワークショップ

<スポーツ>
・ビーチサッカー大会チャンピオンクラス
・ビーチサッカー大会エンジョイクラス
・子どもたちのビーチサッカー体験

<出店>
・地元の出店、特産品店など
・被災地復興ブース

リターン

▼3000円

・お礼のメッセージ&フェスの報告PDFを送らせて頂きます

▼5000円 

3000円コースのリターンに加えて
・パンフレットにお名前を掲載させて頂きます
・オリジナルうちわ&トートバッグorタオルをプレゼント

▼10000円

5000円コースのリターンに加えて(トートバッグとタオルは両方プレゼント)
・オリジナル Tシャツをプレゼント
・公式ウェブサイトのSpecial Thanksページにお名前を掲載

▼30000円

10000円コースのリターンに加えて
・フェス公式イメージソングCDをプレゼント
・フェス会場の協賛社名一覧にお名前を掲載

▼100000円(限定10個)

30000円コースのリターンに加えて
・公式ウェブサイトにバナー広告を掲載できる権利
・SEVENTH HEAVENスタッフ限定Tシャツにお名前(または社名・ロゴ等)を入れてプレゼント

▼200000円(限定10個)

100000円コースのリターンに加えて
・フェス会場に広告を掲載できる権利

↓ オリジナルタオルイメージ

↓ オリジナルトートバッグイメージ

↓ オリジナルTシャツイメージ