メイクで日本のエネルギーを伝えたい。Make up unknown in JPN

5f14e27d6f4d7bd856c026780ba92bcd78b2483e4d9c64271b9804b05c56?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190916%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190916t064041z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=23a1fe01a3d207d01b2db0d5a3aef825cab63a7c14098f833a0bc23b9af2ef79

日本の次世代を創造するエネルギーに溢れた女性の魅力をメイクによって表現し、紹介したものをphoto bookとしてまとめ、読み手に”今”のエネルギーを伝えたい!
8人のモデルを起用し、今の時代に必要な姿勢をメイクという切り口で表現し、最後には新しい価値というテーマで未来への期待を表現します。

Make up unknown in JPNとは?

日本で新しいチャレンジに向かって突き進んでいる女性達をフューチャーし、彼女達のエネルギーや生き方を発信することで、良い連鎖を生みだしたい!そして、日本の女性のエネルギーを彼女達の表情のキャンバスにメイクによって視覚化することで、あらゆる世代、国の人々に直観的にアプローチしたいと思い、”Make up unknown in JPN”プロジェクトを立ち上げました。
 

 

なぜメイクで表現?

Unkonwn代表のMIKIが元々、平面よりも多様な表現が可能な”顔”というキャンバスに興味があり、加えてメイクは人を美しく見せるだけでなく、内面に自信を与える素敵な行為だと思っていました。それにより、大学で化粧による印象分析を研究したり、メンバーのMOMOKAと一緒にメイク専用画像投稿アプリ「MAKIT」を開発していたりと、メイクや顔をテーマとした研究や作品を多く扱ってきました。
今回は、彼女たちのエネルギーや生き方を言葉だけではなく、メイクで”顔”というキャンバスで表現したいと考えています。
 

photobookの構成

8人のモデルをインタビューし、彼女らの言葉から想起した言葉をキーワードとし、メイクで表現。大きく3つに章立てて、ページを構成します。

【第一章:アイデンティティ】
日本人としての精神を再確認、独自の視点でアイデンティティを表現。

・黒を基調とすることでコントラストを意識し、あえて骨格を強調する大胆なメイクを施す事で攻めの姿勢を表現。また、少し先が尖ったラインストーンを唇に乗せることで、キラキラと輝く女性ならではの華やかさを残しました。
 


「事をなすに極端を想像す」(福沢諭吉)

・鯉のぼりのようにのびのびと勢いよくこの世の中を自分達で面白くしていこうとする姿勢を、大胆でカラフルなモチーフを多用したメイクで表現。


「おもしろきこともなきよをおもしろく」(高杉晋作)

【第二章:挑戦】
固定概念を打ち破り、新しい事へ挑戦する姿勢を表現。

・上唇を青に、その上部を白く塗る事で富士山に見立て、今までの固定概念の枠からはみ出すという意味で、わざとリップを擦り唇からはみ出させました。富士山を擦って否定→富士山は日本一だけど他にも登るべき高い山はある、といった意味も込めています。


「今までの自分なんか、蹴飛ばしてやる。そのつもりでちょうどいい。一番大切なのは、自分自身に打ち勝って、自分の生き甲斐を貫くこと、これが一番美しい。」(岡本太郎)

・強い意志を持ってひたすら突き進んでいるように見えても、実は孤独や不安を乗り越えた上での強さであったりするという二面性を、半面は強いメイク、半面は不安に満ちたメイクで表現しました。不安に満ちたメイクは、ドイツの芸術家であるキルヒナーの作風をオマージュしています。


「孤独で自分と闘っている人間は、鏡に向かって対話するんだよ。孤独を純粋に貫けば貫くほど、逆にそれは魅力になってくる。」(岡本太郎)

【第三章:新しい価値】
これからの未来への期待、可能性を表現。

今後の予定

8/9(金)にphoto book記念、展示イベントを渋谷にあるOZ studio galleryさんで開催する予定です。
小さいギャラリーなので来てくださった方一人一人とゆっくりお話しすることができると思います。また冬には大阪、福岡でも同じように展示イベントを行います。

■展示イベント@ OZ studio gallery
日時:8/9(金)18:00〜23:00
支援者様限定セレモニーを展示会中2回に分けて開催する予定です。
セレモニーでは特別ムービー上映やメンバー紹介、そしてテーマをこちらが用意しますので皆様と軽くディスカッションしようと考えています。
第一回 18:00〜18:45
第二回 20:00〜22:45
▼OZ studio gallery
http://ozgallery.jimdo.com/
*イベントの日程は撮影の状況によって変更する場合がございます。なるべく全力を尽くしてその日までに間に合わせる予定ですが、妥協はしたくないため、撮り直し等の関係でやむを得ず日程が遅れる場合がありますがご理解いただきたいと思います。その場合、分かった時点でいち早く皆様にはご連絡をさせていただきますのでよろしくお願いします。


撮影風景@慶応義塾大学SFCキャンパス

 


撮影風景@Shibuya

プロトタイプとしてのphoto book

今回モデルも含め、メンバーが得意とするスキル(graphic,photo,make up,web design,MD,styling等)のコラボレーションにより作品を作成しています。個人が最大限に能力を発揮して一つの物に向かうとここまでいい連鎖を生むのだと改めて実感しました。UNKNOWNの初めての作品”make up unknown in JPN” はこれから様々な道へ向かうメンバーとのコラボレーションによるプロトタイプ(試作品)となっています。

リターン

■500円
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。

■1000円
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。

■1500円
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックとオリジナルステッカーをお送りします。

■2000円[限定20個]
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックとオリジナルステッカーをお送りします。
・オリジナルトートバックをお送りします。

■2500円[限定40個]
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックとオリジナルステッカーをお送りします。 ・記念イベントにご招待(1drink付)いたします。

■3500円
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックとオリジナルステッカーをお送りします。
・フォトブックの巻末にspecial thanksとしてお名前を掲載させていただきます。

■5000円[限定15個]
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックのスペシャルver.をオリジナルステッカーと一緒にをお送りします。

■10000円[限定3名]
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックのスペシャルver.をオリジナルステッカーと一緒にをお送りします。
・UNKNOWNがあなたをメイクアップし、フォトシューティングした作品を作ります!
 (撮影スケジュール等はプロジェクト成立後、別途調整させていただきます。)

■15000円[限定2名]
・お礼のメッセージとPDF版フォトブックをメールにてお送りします。
・フォトブック制作過程のムービーをいち早くメールにてお知らせいたします。
・完成したフォトブックのスペシャルver.をオリジナルステッカーと一緒にをお送りします。
・UNKNOWNがあなたをメイクアップ&衣装をスタイリングし、フォトシューティングした作品を作ります!
 (撮影スケジュール等はプロジェクト成立後、別途調整させていただきます。)

資金の用途

photo book印刷代:62,800円
展示作品印刷代:26,880円
イベント開催費:40,000円
グッズ作成費::11,520円[トートバッグ代(9520円)+ステッカー用紙代(2000円)]
メイク用品:15,000円
雑費:10,000円(衣装、装飾品)
計:166,200円

最後に

私たちの一番の目的は多くの人に発信することです。そして、photo bookやイベントを通して読み手の方と何かコミュニケーションできたり、より良いものに向かって刺激し合えたらこれ以上嬉しいことはありません。


これを実現するためにもご支援の程、よろしくお願い致します。