お持ちのヘルメットを簡単にスマート化するシステム『Argon Transform(アルゴントランスフォーム)』
AR HUD搭載!GPSナビ・ハンズフリーで音楽/通話・ドラレコ。アプリ管理機能も

image paypay banner

Argon Transform(アルゴントランスフォーム)は、お持ちのヘルメットに後付けできる、GPSナビ・音楽/通話・ドラレコ・AR HUD(仮想現実 ヘッドアップディスプレイ)がすべて1つに集約したスマートHUDシステムです。

GPSを利用したカーナビ機能や、ハンズフリーでの通話/音楽視聴やドライブレコーダー機能に加えて、後方170°を見渡せるリアカメラがあり、バイクの運転を快適に支援するスマートドライブシステムです。

 

これまでのスマートヘルメットは20万円近く、非常に高額でした。

さらに複雑なシステムを組み込むことで、重くなりがちに・・・

Argon Transformなら愛用のヘルメットに装着できるので、買ってみたけどフィット感が無かった、こんなはずじゃなかったといった不満はありません。

今の時代ではあちこちでヘルメットの試着をするという事も難しくなっていて、愛着のあるヘルメットをスマートヘルメット化するメリットは非常に大きいと言えます。

 

 

ネジや穴あけは不要で、今お持ちのヘルメットに数分で装着できます。

 

Argon TransformのAR (仮想現実)は、近未来的な映像をディスプレイに表示できます。

また、HUD(ヘッドアップディスプレイ)は目の前の透明なディスプレイに情報を投影できるので、現実と仮想空間の情報を同時に表現可能です。

テレビゲームなどの「格闘ゲーム」や「RPG」などよく表示されているHPライフゲージのように、フルフェイス内にスピードメーターや後方映像、GPSナビなどの映像がワンタップ切り替えができる画期的なディスプレイです。

つまり、速度計を見るために目線を下に向けたり、後方を確認するための振り返りなどの動作が必要なくなり、
あおり運転を受けそうになっても、素早く後方確認をすることによって、未然に事故を防ぐことができます。

・ARだから前方から目を離さずに必要な情報を確認可能

・昼も夜も見やすい調光可能なディスプレイ

・着信の名前/音楽のタイトル

・GPSナビゲーション/車速

・後方カメラの映像

・デジタル時計

等の便利な情報を表示できます。

 

フロントカメラ

画素数:5MP

画像解像度:1920×1080p(最大)

動画解像度:1280×720p(最大)

視野角:90°

動画フォーマット:MP4

フロントカメラではBluetoothリモコンから写真や動画を簡単に撮影する事が可能です。

目線の向きがカメラの向きになるので、目で見たそのままの景色を記録に残す事が出来るので、ドライブレコーダーのように定点カメラとは違う便利なメリットがあります。

フロントカメラは上下左右に可動域があり、微調整が出来ます。

 

リアカメラ

動画解像度:1280×720p/30fps(最大)

視野角:170°

リアカメラでは動画のみ撮影する事が可能です。

 

 

Argon Transformアプリを使えば、本体の設定変更・ナビゲーション操作・プレイリストの再生/停止・コミュニティへの投稿などが一括管理できます。

 

穴あけ加工不要。強力な3M両面テープで接着するだけで装着できます。

 

 

 

従来のスマートヘルメットは、ヘルメット本体に「操作パネル」がついており、運転中に操作をするととても危険です。

Argon Transformは、ハンドルのそばにリモコンが設置されているため、操作する際にハンドルから手を放すことなく、操作ができるので
安全性を最大限に考慮した設計になっております。

 

 

 


 

 

Q. Argon Transformとは何ですか?

A.Argon Transformは、フルフェイスヘルメットをスマートヘルメットに変換するスマートドライブシステムで、デュアルカメラ(フロント&リア)拡張現実アタッチメントです。

Q.どのような機能がありますか?

A.AR HUD、リアビューカメラ、フロントダッシュカム、GPSナビゲーション、スピーカーとマイク、ワイヤレスハンドルバーコントローラー、製品に接続する専用モバイルアプリ、ライダーの統計情報を提供し、キャプチャしたライディングメディアを管理して、電話に簡単に転送できます。

Q.どのようにヘルメットに取り付けますか?

A.ヘルメットの安全性は私たちの最優先事項であり、ヘルメットの機械的完全性を変更するためのドリルやネジは含まれていません。Argon Transformは、ヘルメットの構造と安全性を損なうことなく完全に取り外し可能な超強力な3Mテープマウントを介して取り付けます。

Q.ジェット型のヘルメットに装着出来ますか?

A. いいえ。フルフェイス型のヘルメットにのみ取り付け可能です。

Q.防水ですか?

A.はい。Argon TransformのIP定格はIP65で、ほこりと雨の両方を防水します。ただし、本体を水没するような使用方法は避けて下さい。

Q.製品はどのように更新されますか?

A.無線(OTA)の更新は定期的に利用できます。製品をWi-Fi接続に接続するか、アプリに接続して最新の更新を取得できます

Q.AndroidやiOSに接続できますか?

A.はい。

Q. Argon Transformがない場合でもアプリを使用できますか?

A.はい、Argon Transformアプリは、コミュニティ内のすべてのライダーを支援するように設計されています。

Q.Argon Transformはドライバーの注意をそらしたり、視界を妨げたりしませんか?

A.Argon独自のHUDシステムは半透明であり、視界を確保しています。テストドライブでは250人以上のライダーが自身の好きな位置にHUDを配置でき、ライダーの直接の視野を遮るものがありません。

Q.バッテリーはどのくらい持ちますか?

A.バッテリー寿命は最大8時間の連続使用です。

Q.ライディング中にArgon Transformを制御するにはどうすればよいですか?

A.Argonをワイヤレスハンドルバーコントローラーとモバイルアプリにペアリングすると、通話、ナビゲーション、音楽、写真キャプチャー、ビデオ録画などの機能に完全にアクセスできるようになります。

Q.ストレージメモリのサイズはどれくらいですか?

A.Argon Transformはオンボードメモリを備えていますが、バックユニットのSDカードスロット(最大64GB)を拡張メモリとして利用できます。

Q.製品の充電方法を教えてください。

A.Argon Transformを充電するには、ケーブルをSDカードスロットのすぐ横の充電スロットに差し込みます。また、リリースボタンを押してマウントからバックピースを外すことにより、ヘルメットなしでArgon Transform自体を充電することもできます。

Q.カメラの解像度はどのくらいですか?

A.フロントカメラ:720P(最大1080P)HDカメラ、30fps(最大60fps)、100°視野角

バックカメラ: 720P HDカメラ、30fps(最大60fps)、160°視野角

Q.フロントユニットも充電する必要がありますか?

A.いいえ、製品全体は、単一のUSB-Cケーブルを介してバックマウントを介して接続されているバックピースによってのみ給電されます。

Q.フロントユニットにケーブルがあるのはなぜですか?

A.後方カメラの映像を遅延なくリアルタイムで投影するためです。これはライダーの安全にかかわる非常に重要な部分で、無線方式では遅延が問題になるからです。

Q.技術基準適合認定(技適マーク)は取得していますか?

A.プロジェクト進行中に取得を予定しております。ご支援者様に発送する製品は、技適マーク認定済みの製品となります。

 

Whyreは、世界中のライダーがより安全に、そしてより愉しめる環境を提供する事を使命として活動しています。

我々は5人のバイク仲間でもあり、日々お互いの意見を聴き、より良いアプリケーションを開発しています。

 

Argon Transformはライダーの感覚を高め、安全運転を支援する、全てのバイクを愛する人のために作られた「世界初のデュアルカメラARヘッドアップディスプレイヘルメットアタッチメント」です。

 

合同会社ココロックスは、総合輸出入貿易会社です。 香港、アメリカ、ドイツ、イタリア、イギリスの5か国と貿易取引をしており、今年で創業5年目になります。 主に、ゲーム機器やアウトドア用品を多く扱っており一般消費者向け海外製品の日本市場向けブランディング、マーケティング、販売を行っています。

 

 

 

今回ご提案させて頂きます「Argon Transform」の最大の特徴は、お持ちのヘルメットに装着するだけで「スマートヘルメット化」できることです。

 

 

 

高価なスマートヘルメットを購入することなく、お気に入りのヘルメットに取付けるだけでGPSナビ・音楽/通話・ドラレコ・ARHUD(ヘッドアップディスプレイ)が利用出来ます。

 

 

 

普段の通勤だけでなく、仲間とのツーリング旅行などのマストアイテムとして、一人でも多くのご支援者の皆様に「Argon Transform」をお届けするために今後も努力して参ります。

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。