捨てられてしまう宝石に光を…
ベビーリングネックレス【La Saku Baby Ring】

6451e065ea5e753c1067ec6376f81e8152eda7ce521f982141b27aa0e5ce?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20191020%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20191020t100244z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fcfde4ec5ca893295c7c5658f4aa1484034c61b91398800987d902151f28861c

ベビーリングネックレス【La Saku Baby Ring】について・・・

・捨てられてしまう小粒な宝石をベビーリングにすることで主役に!
・記念のリングとしてだけでなく、その後もネックレスとして
・本物の宝石(パワーストーン)を使っているのに、手軽で安価で、カジュアルに使える。
・出産や誕生日などのプレゼントに迷った時、贈る方の好きな色、好きな意味、誕生月で選べます。

プロジェクトについて

今ではニューボーンフォトや誕生の記念に、お子さんの誕生石のベビーリングを購入する方が増えています。
本物の宝石(パワーストーン)を使ったものであれば高価なもの、フェイクストーンであればかなり安価なもの。
その間がほとんどありません

また、ベビーリング自体もお子様が大きくなるまではしまっておく方が多いのが現状です。
大切にしたい」「綺麗なまま渡したい
そんな思いが込められているのだと思います。

そこで、手に取りやすい価格にもでき、日々のカジュアルな服装にも似合う!
そんなベビーリングのネックレスを作りたい!と思いました。

そうすればお子様に購入という形ではなく、誰でも気軽に、好きな色の石・好きな意味の石を選んで付けれる!
誕生石に縛り付けられない!普段使いであれば価格的にもシルバーなら手に取りやすい価格で販売できる!


そして、提携工場であれば普段使いとして手軽に付けられる価格で販売することが可能。
そこでサンプルを作り、このプロジェクトを立ち上げました。

そうすることには様々な理由がありました

宝石は高価なもの、普段使いではなくおしゃれをする時に付けるものという感覚の方が多いように思います。
今ではジルコニア・人工ダイアのように素晴らしい輝きを持つものもあり、
見た目も十分美しいので、わざわざ普段から高価な宝石を付けるという習慣がないのです。

ただ私は、石の持つ力「パワーストーン」にとても興味があり、
様々な石の持つ意味を調べていくうちに、やはり本物の宝石を使いたい!と思うようになりました。
小さな石でもパワーストーンとしての効果があると言われています。

以前から取引のある工場とやり取りする機会があったので
このプロジェクトの話を持ち掛けました。

 

 

「必ず作りますか?それなら請け負います。」と何度も確認されたので、少し疑問に思い、聞いてみました。

 

「以前日本で作ると約束した業者がいて、大量ロットで仕入れた誕生石がある。」
「仕入れた後に連絡がつかなくなり、不良在庫として捨てるしかなくなってしまった。」
「誕生石は特殊でダイアなら在庫をさばくことができるが、3mm大の色石はなかなかオーダーが入らない」
「このようなことがないために、必ず注文してくれるのかを確認したい!」

 

この話を聞いた時同じ日本人としてこの状況をなんとかしなければいけない!と思いました。
捨てる前にその宝石を主役にできるようなプロジェクトを考えましょう!
という提案をしました。

小さい石は引き立て役にはなれますが、主役になることはなかなかできません。

 

 

どうやったら主役にできるのか?普段使いできる宝石ってどんなものがあるんだろう?

カジュアルなお洋服に、高価なジュエリーは身に付けにくいですよね。

 

主役になれるのはどんなアクセサリーなのか?ということを工場と相談してみました。

 

「ピアス」「指輪」「ブレスレット」・・・?

 

その当時妊婦だった私は、ベビーリングにすれば小粒な宝石でも主役になれるのではないか?と考えました。

赤ちゃんの指にも付けられるほどの小さな指輪であれば主役になれる!

そう思い、このベビーリングネックレス【La Saku Baby Ring】のプロジェクト立ち上げたのです。

 

突然ですが、宝石が出来上がるまでの物語をご存じでしょうか・・・?

 

どのように加工されているのか?
どのような基準で価格設定がされているのか?
同じ大きさの石でも値段が大きく違うのはなぜなのか?
そしてジュエリーはなぜ高価なのか・・・?

 

 

分かりやすく、一般的なダイアモンドでお話します。

 

加工について。

ダイアモンドはカットの技術や品質によって同じ1カラットでも同じ値段にはなりません。

また、0.1カラットの10倍で1カラットだから単純に値段は10倍。

ではありません。

 

恐らく100倍以上の価格になることがほとんどです。

なぜそうなるのか?

 先に石をなるべく大きくカットし、大きなダイアを取ります。

大きなダイアには希少価値がありますが、その余りを加工した小粒のダイアの希少価値が低くなり、価格も安くなります。

 

余った部分を綺麗にカットしていき、出来上がるのが小粒ダイアなのでもともとは同じ石です。

この中でも主に0.1カラット以下のダイアを、メレダイアといいます。※「メレ」はフランス語で「小粒石」という意味です。

0.1カラット以下の石に使われる「メレ」ですが、 カットしたいらない部分=屑と思われがちですが、そんなことはありません。

 

指輪やネックレスのメインの宝石(主にダイア)の引き立て役として大きな役割を担っています。

品質の良い石をカットする時に余った部分なので同じ石なのですが、このメレダイアが主役になることはほとんどありません。

小さいので、なかなか主役になることは難しいのです。

ダイアモンドで説明しましたが、ルビーやサファイアなどその他の石も一緒です。

 

そして同じ大きさの石でも価格が違う、ジュエリーが高価な理由とは?

 

石の価値は石そのものの品質・カットの仕方・技術様々の要因で決まります。

流通経路もその一つですし、ブランド価値の高いところで販売されればその分、値上がりします。

 

また、ジュエリーの販売に至るまでには、通常いくつかの卸業者が入ります。
そのため、必然的に高くなってしまう現状があります。
ですから、ジュエリーの本当の価値というのは価格だけで一概に判断できるものではないのです。

 

 

誕生石と石の色・その意味について。

 

1月 ガーネット 「真実」「情熱」「勝利」「繁栄」(褐赤色)

ガーネットは「種子の石」といわれており、積み上げたものを成功へと導くと言われています。

 

2月 アメジスト 「誠実」「心の平和」(紫色)

マイナスのエネルギーをプラスに変えてくれる守護石と呼ばれています。

 

3月 アクアマリン 「勇敢」「聡明」「沈着」「幸福」「富」(水色)

海由来のアクアマリンは水の中にいるように澄んだ心を持たせてくれ、人間関係を円滑にすると言われています。

 

4月 ダイアモンド 「永遠の絆」「純潔」「清純無垢」「至宝の輝き」(透明白色)

地球上でもっとも硬いダイアモンドはその由来から永遠の絆、どんなものにも屈しない強さを意味し、

その力を与えてくれると言われています。

 

5月 エメラルド 「幸福」「夫婦愛」「健康」「安定」(緑色)

愛のパワーが強いエメラルドは恋愛成就や夫婦円満へ導いてくれると言われています。

 

6月 ムーンストーン 「健康」「長寿」「純粋な愛」「富貴」(薄水色)

月の力を宿したムーンストーンは予知・予言の石として不思議な力を持っていると言われています。危険を予知し回避する手助けをしてくれると言われています。

 

7月 ルビー 「情熱」「純愛」「永遠の命」「美」(赤ピンク色)

燃えるような赤は不滅の炎が宿ると言われ、困難に打ち勝ち、勝利へと導いてくれると言われています。

 

8月 ペリドット 「幸せ」「平和」「前向き」(薄黄緑色)

太陽の石と崇められている国もあるペリドットはポジティブな力を与えてくれると言われています。

 

9月 サファイア 「慈愛」「誠実」「忠実」「徳望」「不変」(紺色)

強い鎮静力を持たせると言われており、心を落ち着けることにより真実を見抜く力を授けてくれると言われています。

 

10月 ピンクトルマリン 「愛情」「情熱」「浄化」(濃ピンク色)

    イエロートルマリン「迅速」「観察眼」「判断力」「集中力」「金運UP

トルマリンは両端がプラスマイナスになっており、電気石と言われています。

いろいろな色の石があり、その色によって石の持つ言わが変わります。

 

11月 シトリン 「商売の繁盛」「富」「金運」

商売運や金運をUPしてくれ、「太陽のエネルギー」ともいわれる強い力を持つと言われています。

12月 タンザナイト 「冷静」「高貴」「誇り高き人」(水色)

疲れた体をリラックスさせる、思考をクリアにさせる力のあるこの石は正しい選択をさせてくれると言われています。

 

 

【天然石について】

必ずしも誕生石(自分の生まれた月)でないといけないというわけではありません。

好きな色、好きな石の意味で選んでいただいても全く問題はありません。

起案者の私は、各色の意味をその日の気分によって使い分けています。

 

商談のとき、

家族と過ごすとき、

リラックスしたいときなど。

 

その日の気分によって使い分けをしているため、自分の誕生石に限って身に着けているわけではありません。

 

 

また、出産や誕生日などのプレゼントに迷った時。

贈る方の好きな色、好きな意味、誕生月で・・・など。

プレゼントに迷った時に必ず喜ばれるもの、被らないものとして提案できるのもメリットだと考えています。

 

配送スケジュール

クラウドファンディング開始 8月30日

クラウドファンディング終了 9月30日

リターン配送 10月上旬予定