周囲の“ノイズ”を徹底的に遮断!
一瞬で集中できる空間を作り出すウェアラブル端末「WEAR SPACE」

2b76e14ff1e4bd8b24dd9c01001659176309d0de096aabe04ee8662c9dd6?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181215%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181215t113804z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fb09598d455ec39bf656b76892ed961b199ab4507d2d0d2bd64829d702960bbe

「WEAR SPACE」は、周囲の音を遮断するノイズキャンセリング機能のヘッドホンと、視界を調整できるパーティションで構成された、新しいウェアラブル端末です。オープンな空間にいながらも、WEAR SPACEを身に着けることで、瞬時に周囲との境界を作り出し、心理的なパーソナル空間を生み出します。

 

製品概要

特徴1 視界を狭めることで目の前の作業に集中できるパーティション

本体側面のパーティションは、装着時に左右の視界を狭め、周囲の人の動きや光などの煩わしい視覚情報を遮ることができます。水平視野を約6割カットすることで、目の前の作業への集中を促進します。

 

特徴2 周囲の雑音を打ち消すアクティブノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンは、周囲の雑音や人の会話など作業に不要な音を遮断し、集中力の向上を図ります。専用アプリによって、ノイズキャンセリングは周囲の状況に応じて3段階に変更できます。

 

特徴3 Bluetooth搭載で音楽のワイヤレス再生にも対応

ヘッドホンには、スマートフォンやPCと接続して音声を聴取できるBluetooth対応のワイヤレス機能も搭載。動画編集や楽曲制作など音を聞くことが必要な作業はもちろん、好きな音楽を聴きながら作業することも可能です。

 

特徴4 快適さを追求した新しい装着スタイル

一般的なヘッドホンに用いられているヘッドバンドに比べ、頭頂部の圧迫感がない、快適な装着感を実現しました。ヘッドホンとパーティションを一体化した装着スタイルは、「空間を着る」WEAR SPACEのコンセプトを体現しています。

 

特徴5 一目見て集中していることが周囲に伝わるデザイン

イヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながら作業に集中しているにも関わらず、同僚や上司に話しかけられて集中力が途切れてしまったという経験はありませんか。WEAR SPACEなら装着しているだけで「作業に集中」していることを周囲に伝えることができます。

 

開発の経緯

働き方に対する注目が高まる現在、オフィスのフリーアドレス化やオープンなレイアウトへの変更、サテライトオフィスの活用といった動きが進んでいます。しかし、そのような働く環境が多様化する一方で、高い生産性を求められる人の中には、集中して仕事に没頭できる環境を求める声も多く上がっていることがわかりました。

WEAR SPACEは、装着することで周囲の雑音や不要な視覚情報を排除、オープンな空間にいながらも瞬時に周囲との境界を作り出し、心理的なパーソナル空間を生み出すことが可能になります。

 

WEAR SPACE projectについて

WEAR SPACE projectは、WEAR SPACEの事業化に向けて取り組む、FUTURE LIFE FACTORYとShiftallによる合同プロジェクトです。企画・デザインについてはFUTURE LIFE FACTORYが、設計・製造・販売についてはShiftallが担います。

 

FUTURE LIFE FACTORYについて

FUTURE LIFE FACTORYは、従来の常識にとらわれない発想で、新規事業の種や未来のくらしのビジョンを世に問いかける、先行開発に特化して活動するパナソニックのデザインスタジオです。2017年4月設立。

 

Shiftallについて

株式会社Shiftallは、パナソニックを経て独立、株式会社Cerevoを起業した岩佐琢磨が、2018年4月に設立したパナソニックのグループ会社です。IoT製品を主に扱い、設計・開発から、販売・サポートまでをトータルで行ないます。数百台から一千台程度の規模で製品を迅速に設計・開発し、海外の提携工場にて製造し販売。市場の反応を見つつ迅速な商品改良を行ない販売するというプロセスを繰り返してゆく‘アジャイル量産’手法を得意とします。

 

これまでの活動

国際的なデザイン賞を受賞

2017年10月。WEAR SPACEは、世界三大デザイン賞のひとつとされる「Red Dot Design Award(レッド・ドット・デザイン賞)」のデザインコンセプト部門において、優秀なコンセプトに贈られる「Best of the Best Award」を受賞しました。

 

日本を代表するファッションブランドとのコラボ

ファッションブランド「ANREALAGE」が開催した展覧会「A LIGHT UN LIGHT」に、WEAR SPACEを特別出品。「ANREALAGE」のアーカイブ映像やドキュメンタリーを、WEAR SPACEを装着して鑑賞するコーナーを設置しました(展示会は、全国のパルコミュージアムや、日本文化を海外に発信する「JAPAN HOUSE」を巡回中)。

このコラボレーションは、「ANREALAGE」デザイナーの森永邦彦氏による、WEAR SPACEのコンセプトへの共感によって実現。展示会を通して、WEAR SPACEのファッションとしての新たな可能性を探ることができました。

 

SXSWで来場者の90%以上がコンセプトに共感

アメリカで開催される世界最大のオープンイノベーションの場「SXSW 2018」のインタラクティブ部門に出展し、多くの投資家やスタートアップが集まる場で意見を募りました。

会場で実施したアンケートでは、93%の方からコンセプトに共感するとの声を頂くことができ、「Cool!」「I enjoy!」「 I want to buy now!」など、海外の方からも想像以上に大きな反響を得ることができました。

(N=332人、Strong Agree 37%、Agree 56%)

 

ADHDに悩む方々からも期待の声

多動性や衝動性に悩む「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」の方からも、生活支援ツールとしてのWEAR SPACEの可能性に注目頂いております。感覚の違いから生じる問題を解決するセンサリーデザインを広める活動団体「TENTONTO」のメンバーの方々と体験会を実施し、WEAR SPACE装着による集中の効果があるとの感想をいただきました。

TENTONTOの体験会参加者からは、「このような商品が当たり前に使われる世界になってくれれば、普段の生活に悩む私たちのような障害を持つ方の手助けになってくれるはず。」と商品化へ期待の声を頂きました。

 

お酒のブラインドテイスティングで感覚を研ぎ澄ます

人工知能とブラインドテイスティングによって、「自分の味覚」と出会える日本酒テイスティングイベント「BAR YUMMY SAKE」とのコラボレーションを実施。味覚に集中するための、テイスティングデバイスとしてプロトタイプを提供しました。

 

仕様

型式 密閉型
ヘッドフォンドライバーユニット 40mm以上
通信方式 Bluetooth 4.1 or 4.2
対応Bluetoothプロファイル A2DP
対応Bluetoothコーデック SBC/AAC
ノイズキャンセリング方式 アクティブノイズキャンセル
バッテリー 内蔵リチウムイオンバッテリー
充電方法 USB
充電時間 約3〜4時間
連続利用時間 約20時間程度
連続音楽再生時間 約12時間程度
本体サイズ 約220×300× 140mm (幅×奥行×高)
重量 約330g
対応サイズ 頭囲54cm~62cm

仕様は開発中のため予告なく変更となる可能性があります

 

プロジェクト協力


映像制作:bouncy


サンプルプログラム提供: ドットインストール

 

注意事項

  • WEAR SPACEの対応サイズは頭囲54cm~62cmを予定しています。サイズ対象外の方はうまく装着できない可能性があります
  • 髪が長い場合、耳が出るように髪を耳の後ろに掛けるなど髪を整えて装着する必要があります。
  • 製品およびアプリケーションは開発中のため、予告なくデザインや仕様が変わる可能性があります
  • 本製品は日本国内に在住の方が対象であり、海外への発送は対象外となります
  • お申し込みいただいた際の住所が変更となった、または住所に間違いがあり、こちらからのご連絡で一定期間を過ぎても回答がいただけない場合には、製品をお届けすることができない場合があります。