わずか80gなのに耐衝撃・耐水設計で普段使いやアウトドアに最適!
音質にもこだわった常識破りのBluetoothスピーカー
「rokpod」(ロックポッド)

B5596daf5e277936e4fd8d460db05c04b5b88a77dd9e3bcee252055e2321?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170920%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170920t163813z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=6a61c4ff1f9ec204c86a458a019c4be7a93a34a090cd868364c8447a73bf8b8d

BOOMPODS社が作り出したrokpodは、これまでの携帯型bluetoothスピーカーのイメージを覆します。

多数搭載された独自のシステムによる、小さなボディから想像もできないような迫力あるサウンド。また、内臓のドライバーと背面のウーファーによって、従来の小型スピーカーとは一線を画するパワフルな低音を実現しました。

 

すべての「音楽フリーク」のために。

IPX7に対応する防水性と、マルチレイヤードデザインによる高い耐久性により、シーンを選ばずに使用できます。
圧倒的な軽さ、小さいながらも強靭なボディ、比類なきサウンド・・・

BOOMPODSのテーマである、“music, anywhere, everywhere”

このテーマを具現化した最高のスピーカーは、あなたの生活に欠かせないものになるかもしれません。

1 Full Range Driver/フルレンジドライバー

小型スピーカー用にBOOMPODS社で独自開発した、3W32mm径フルレンジドライバーを搭載。高音から低音まですべての音を再生するドライバーが、小型軽量ながらパワフルでダイナミックな音を演出し、音が広がりづらい屋外でもしっかりと響かせます。

2 Nano Speaker Technology/ナノスピーカーテクノロジー

フルレンジスピーカーの内部に、インターナルシールドチャンバーと呼ばれる小さな空洞を設置。その空洞部で音の波を増幅し、ダイレクトに放出。BOOMPODS社独自のこのシステムが、rokpodの核となっており、小さなボディから最高の音を生み出すことを可能にします。

3 Passive Bass System /パッシブバスシステム

一般的に、小さいスピーカーは音質が悪いと認識されています。本体のサイズが小さいと、どうしても低音域をしっかりと再現することが難しいため、音が物足りなく感じられてしまうからです。rokpodは、パッシブバスシステムを採用することにより、低音域の物足りなさを解消しました。

4 Passive Sub Woofer/パッシブサブウーファー

rokpodは、内部のフルレンジドライバーが、高音域から低音域まですべての音域を再生しています。しかし、パッシブバスシステムだけでは補えない部分があります。それは、「超低域」と呼ばれる部分。低音域よりさらに下の音域のことです。そこを解消するため、本体背面にパッシブサブウーファーを搭載しました。サブウーファーとは、超低域を再生するための専用のユニットで、これにより厚みのあるサウンドが生み出されます。

音質の良さだけがすべてではありません。
携帯用のスピーカーである以上、持ち運びやすさ、ひいては軽さも重要なポイントです。

ネットで小型スピーカーのレビューを見ていると、「持ち運び用に購入したのですが、案外重かったので家で使っています(笑)」
という意見をよく目にします。

参考までに他社製品のサイズ感を確認してみましょう。

A社:直径135mm 高さ40mm 重量330g ドライバー50mm
B社:直径141mm 高さ42mm 重量184g ドライバー40mm

330gは、大きめのリンゴと同じくらい。
184gは、オレンジと同程度の重さ。
どちらも、わりかしずっしりとしています。

なんとrokpodは、直径わずか70mmで高さ40mm、重さはたったの80gという完璧な手のひらサイズ。みかんと同じサイズ感です。

rokpod、A社、B社のスピーカーはすべて同価格帯で、内臓ドライバーのワット数も同じです。防水性の規格も一致しています。

いかにコンパクトか、よくご理解いただけたのではないでしょうか。

はっきり言って、rokpodの軽さ、小ささは異常です。
しかし何より驚くべきなのは、その異常なコンパクトさをして、競合製品に勝るとも劣らない音質を実現していることでしょう。


rokpodの特徴は、その強靭さでもあります。

名前の由来にもなっているrok=rock、つまり“石”のような強固さをもたらすのが、BOOMPODS社独自のマルチレイヤードデザインです。
rokpodは“石”なので、もちろん防水設計です。
“石”が水で壊れるわけがありません。
IPX7に対応する防水性能で、万一の水没にも対応しています。


クライミングザイルをヒントにした、強度の高い統合編み込みケーブル付き。自宅の椅子や、自転車のハンドル、リュックに吊したり、腕にぶら下げて歩いたり、どこにでもしっくりくる絶妙な長さです。


BOOMPODS社のスピーカーは、社名にも入っている通り、すべてpod(英語でさや、繭という意味)の形状をしています。
ロンドンのデザイナーがインスピレーションを受けたものに由来しています。

また、人々がBOOMPODSの製品を見たときに、ブランド名を見なくても形状だけでBOOMPODSのものだとわかるような存在になりたいという思いを持っています。

そして、デザイナーが意識しているのが“手触り”。
BOOMPODSの製品は、さらさら、すべすべとした独特な手触りをしています。形状も相まって、ずっと触っていたくなるようなものになっています。

聴覚だけではなく、視覚、触覚的にも楽しめるスピーカーです。

 

スピーカーを探していて、黒・白・銀などの面白みのないカラーリングが多いと思いませんか?

実際、統計的に見ても、市販のスピーカーは50%以上が“ブラック”なんです。そうでなくとも、黒や白を基調としたデザインが多いのは事実です。

 

しかし、「人と違っていたい」そう思っている人は多い。

そう考えたBOOMPODSのデザイナーは、聴くだけでなく見ていて楽しくなるような、人々の目を引くような色のスピーカーを作ろうと考えました。

 

BOOMPODS Blue(ブルー×グリーン)

rok Grey (グレー×ブルー)

Vivid Orange (オレンジ)

Snow White (ホワイト×ピンク)

小型で持ち運びができる、防水設計のBluetoothスピーカーは、すでに様々なメーカーが販売しています。

私は音楽が大好きで、家では常に音楽を流しています。
料理をするときも、お風呂に入るときも、寝るときも、常にです。

そういうわけで、これまで10社以上のメーカーの防水スピーカーを使用してきたのですが、ある“フレーズ”の多さに気がつきました。

それは、“値段の割に”というもの。

・値段の割に音質が良くてとても満足しています!
・安くて小さい割に低音が響きます!
・少し物足りない音質ですが、この価格なら及第点です。

アマゾンで「防水 スピーカー」と検索し、レビュー欄を見てみると、こういった声ばかりです。

もちろん、自分で使ってみて「値段の割に音が良いなこれ」と思ったことも多々あります。

これはどういうことなのかというと、つまり「小さいスピーカーはあまり音質が良くない」という固定概念が流布しているということ。

考えるまでもなく、サイズが小さくなれば音の最大値も小さくなります。音質をよくするために組み込む技術、パーツにも限りが生まれてきます。防水機能なんてつけてしまえば、音質が悪くなるのも納得です。

しかし、それを覆すのがrokpodです。

コンパクトさと音質の良さを両立するため、多数の独自システムを搭載。高い防水性と耐久性を兼ね備えた、常識破りのスピーカーです。

 

rokpodには、マイクが搭載されており、本体のボタンを押すだけで、通話/終話が可能。

音楽を聴いている際、手元に携帯がない時に電話が来ても大丈夫です。


Bluetoothのバージョン Bluetooth4.1
待機電流        200μA
動作電圧        DC3~4.2V
充電電流        DC5V300mA(赤LEDランプ)
スピーカーユニット IPX7防水ドライバユニットφ32 4Ω 3W(最大)100~18000Hz
マイク         感度:−48±3db、無指向性、S.N.R≥60db
バッテリー             520mAH 3.7V リチウムポリマー電池
充電時間        2時間(フル充電)
待受時間        2000時間以上
動作時間        5時間以上(容量70%)
作動距離        10m以上(野外)
動作周波数       2.4~2.480GHz
防水等級        IPX7
S/N           70db以上
重量          80g
同梱品         本体・USB充電ケーブル

Q: お風呂の中で使っても大丈夫ですか?
もちろんです。rokpodの防水規格はIPX7です。
これは、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」という規格を意味しています。
お風呂の中でお気に入りの音楽を楽しんでください。

Q: 初めてBluetoothスピーカーを使うのですが、使い方のサポートはしてくれますか?
本体下部のボタンを長押しするとペアリングモードになります。接続したい機器で「rokpod」が検出されましたら接続してください。
日本語で書かれた説明書も付属していますので、ご安心ください。

Q: 落としても壊れませんか?
いつでもどこでも気軽に持ち運べるよう、耐久性には特にこだわりを持っています。
マルチレイヤードデザイン(複層構造)のおかげで、落とした程度の衝撃なら全く問題ありません。コンクリートの壁に向かって全力で投げつけるようなことでもしない限り壊れません。

Q: どの色がオススメですか?
強いていうならばrok Grey(グレー×ブルー)でしょうか。製品名の由来ともなっているrok=岩に近づけるため、グレーのみ他の色とは違う手触になっているので。独特とくな触り心地でついつい手に取ってしまいます。
他の色では全てサラサラ、ツルツルとした不思議な手触りです。こちらも手に取ってしまうことは間違いありません。

Q: 説明書は日本語版もありますか?
あります。各言語で書かれた説明が冊子にまとまっている説明書が付属しています。日本語版は最後のページにあるので、すぐに見つけていただけると思います。

Q: あまりにも小さいので音質が不安です。本当に良いんですか?
まさしく音質の悪さが、従来の携帯型スピーカーの問題点でした。
それを解決するべく、様々なテクノロジーを駆使して軽さと音質を両立したrokpodを開発いたしました。
自信を持ってみなさまにお届けいたします。

BOOMPODSは、2013年にイギリスで設立されたオーディオブランドです。
「music. anywhere, everywhere」をテーマに、オーディオ業界にこれまで見られなかった感性とデザインで、新たな製品を生み出し続けています。

音質はもちろんのこと、ユニークなカラーバリエーションによる見た目の楽しさや、独特の手触りによる触覚的な楽しさなど、五感に訴えかけるようなスピーカーシリーズが特徴です。

世界30ヶ国で展開中、新進気鋭のオーディオブランドが、いよいよ日本再上陸です。
 

グローバルな視点を持ち、まだ日本にないモノ・サービス・文化・情報を越境的に探し出し、それらをWEBマーケティングの力によって日本中に広め、流行を創造し、ヒット商品を生み出します。

日本代理店が不在の状況が続いていたBOOMPODS社と出会い、製品の素晴らしさに感激し、是非代理店をやらせていただきたいと担当の方にお願いし、プロジェクトを実施する運びになりました。

今回ご紹介する「rokpod」は、BOOMPODSが発表した2017年のスピーカーコレクションの中でも最新のもので、まだ本国イギリスでも発売されていない製品です。

今後は、rokpodのみでなく、BOOMPODS社の他製品も日本で販売していく予定です。
よろしくお願い致します。